おすすめ商品

ごてごてメイクに卒業を。これからはすっぴんの方が心地よい!自分らしいナチュラル肌を取り戻すために必要なことはあきゅらいずが教えてくれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tee-93172_960_720

普段ほとんど基礎化粧品は使わず、なるべくシンプルに済ませることにしている私。


余計なものを肌につけるよりも、自然の肌の再生能力を助けてあげる方が
心地よいから、最低限のものしか肌にはつけません。

肌は自分を生まれ変わらせる力を持っています。

外からはその再生能力を支えてあげることが大切で、過剰に色々と与える必要はないと思っています。

そして、もともと肌が敏感な方で、特にホルモンバランスの変化や季節の移ろいによっても
かなり肌のトラブルを抱えやすい方。

だからこそ、基礎化粧品選びにはかなり慎重です。

でも、そんな中でも肌につけた方が気持ちが良いと感じられる基礎化粧品に出会えました。

今回は、基礎化粧品の「あきゅらいず」をご紹介したいと思います。

「あきゅらいず」の3ステップで、すっぴん肌に自信


「美しさを容づくるのではなく、美を養うことからはじめよう」
をコンセプトに、2003年にあきゅらいずは誕生しました。


「あきゅらいず」の会社理念は「森」から発想を得ている

あきゅらいずという会社の社会貢献への考え方なども、とても評価が高い部分です。

road-815297_640

あきゅらいず きほんのセレクトについて見る。



会社理念は「森」から発想を得ているのだそう。

生物が多様性を持って生きている森のように
多様性を認め、育む環境を社内にも作っていこうという発想に好感を持ちました。

会社の理念というのは、商品づくりに反映されて、私たち使う側にも影響してくるから、
しっかりした考えを持った共感できる会社の製品を使っていきたいですよね。

あきゅらいずには、いくつかのラインがありますが、今回ご紹介するのは、「美養品」というラインです。
私は、美養品シリーズのとにかく楽なところが気に入っています。

洗顔から保湿までがたった3ステップだけで完了してしまうという手軽さ。


あきゅらいずの美養品のスキンケアは、洗顔、スクラブ、オールインワンタイプの乳液の3ステップだけ。

保湿がたった1つだけ?というと、物足りなさを感じそうですが、たった1本の乳液だけでも十分な保湿ができるのには訳があるのです。

25

あきゅらいずの美養品の3ステップ

1ステップ目:洗顔。「泡石」のたっぷりの泡でうっとり


届いて見てびっくりしたのが、深緑な石鹸の色。
でも、何だか良さそうな雰囲気がにじみ出ている・・・!

この色の秘訣はその含有成分にあります。
あきゅらいずの「泡石」には、東洋ハーブがたっぷり入っているのです。

10

「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」が秘訣

水抽出法という、抽出のための薬剤を使わない製法によって、なんと10種類の東洋ハーブを時間をかけて丁寧に抽出しているから、リッチな潤い。

23
この「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」はあきゅらいず美養品の【泡石】【優すくらぶ】【秀くりーむ】全てに配合されています。

とにかく、生薬や漢方などの和漢ハーブが大好きな私にとっては、あきゅらいずの成分それぞれが
とても魅力的でした。

中国の研究機関と共同開発された、「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」というエキス。
黒蜜のような黒い艶がある、そのエキスがあきゅらいず美養品には入っています。

丹参(タンジン)、玄参(ゲンジン)御種人参(ニンジン)をはじめとした全10種類のハーブを両手いっぱいにつかって
採取されるエキスはスプーンたった1杯分。

27

あきゅらいず きほんのセレクトについて見る。



とても貴重な天然の恵みをいただいているということなのです。

徹底した品質管理の下に製造されている


「草根木皮(そうこんもくひ)たまり」の品質については、次の通りしっかりと検査を行っているから安心です。

<検査項目>
色、香り、使用感などについての官能試験(人間の五感を使った試験)
性状、pH、比重などの物性試験
ヒ素、重金属などの安全性試験
残留農薬試験
人体および化粧品の保管に有害な微生物試験

さっぱり、そしてうっとりな洗い心地


洗顔してみると、とても泡立ちもよくて、さっぱりした洗い上がり。
肌がやさしい泡に包まれている感じが、とても心地が良いのです。

石鹸での洗顔って、そもそも肌にとって必要な油分なども取ってしまうから、
好きではありませんでした。

でも、この「泡石」の洗顔は、不要なものだけ取り去って、肌の潤いはキープしてくれる感じがあります。
石鹸に対する考え方が覆されてしまいました。

7
セラミドやアロエベラエキス、カッコンエキスなどが入っているから、洗い流すだけでなく、
しっかり保湿してくれるのです。

もともと、石鹸を使った洗顔はあまりしていなかった私も、洗顔するのが楽しくなりました

「泡石」はクレンジングも兼ねて使える


この「泡石」は、軽めのメークであればクレンジングもできてしまいます。
なんと、直接くるくると肌につけて、メイクを落とすことができるのです。

普通の石鹸だったら恐ろしくてできませんが、「泡石」は石鹸というよりも、保湿の塊みたいなもの
肌に直接つけても大丈夫なのです。

6

あきゅらいず きほんのセレクトについて見る。



とはいっても、濃いメークやウォータープルーフは落としきれないので、濃いめのポイントメイクは
使い分けが必要かもしれません。

私は普段からかなりメークは薄い方で、ファンデーションなどはオーガニックコスメを使用していることもあって、この「泡石」だけでもクレンジングは十分でした。

クレンジングと石鹸でのダブル洗顔がいらないというのは、かなり魅力的です。

2ステップ目の「優(ゆう)スクラブ」で肌の潤いをパックする

スクラブというと、肌の角質を除去するものを思い浮かべてしまいますが、この「優スクラブ」は違います。

じつはこれ、パックなんです。

11
荒れてしまった土壌に栄養をあげて、耕してあげるような存在で、最後の乳液による保湿のステップを
さらに高めてくれる優秀アイテムです。

しかも使い方は簡単。

「泡石」で洗顔したあとに、「優すくらぶ」を顔に塗り広げて30秒たってから
洗い流すだけでいい
のです。
スクラブ洗顔みたいに、くるくるしたり、ゴシゴシしたりする必要もありません。

使ってみると、本当に肌がしーーーっとり!
水で洗い流したあとなのに、不思議なことにつっぱりがない。

「スイゼンジノリ」はヒアルロン酸の5倍の保湿効果

優スクラブには、「草根木皮」はもちろん、九州で育つ「スイゼンジノリ」という成分が入っています。

river-algae-242169_640
この「水前寺のり(スイゼンジノリ)」、九州だけに自生する藻の一種です。
非常に高い保湿作用があることがわかっています。

「優スクラブ」には、スイゼンジノリ多糖体が配合されていて、なんとこの成分は
ヒアルロン酸の5倍以上の保水作用があります。

他にも海塩、オリーブオイル、はちみつなども含まれていて、保湿効果を高めています。

すこしだけザラッとするけど、よくあるスクラブみたいに強い刺激はありません。
ほとんど顔に伸ばすだけで、こすらずにつけてあげて30秒まつだけで、簡単に角質ケアができます。

肌の上に乗ってしまった角質を定期的に取ってあげることで、肌への保湿剤の浸透もよくなるし、
肌がワントーン明るくなるような印象もありますよ。

優スクラブを使ってから肌が変わってきた

使い始めて1週間くらいで、少しずつ肌のキメが整ってきて、今までよりも肌のしっとり感が
長続きするような感じがありました。

いままでパックは面倒でほとんど使ったことがなかったけれど、「優スクラブ」は毎日のケアに
溶け込んで、ずっと使い続けたいと思える優秀なアイテムです。

21
いままでのスクラブのイメージを根本から覆すような衝撃がありました。

3ステップ目:秀(しゅう)クリームで手軽に高保湿


あきゅらいずの美養品シリーズの中で、一番私が気に入ったのは、乳液タイプの保湿剤

「秀(しゅう)クリーム」 です。

名前のとおり、どこかシュークリームのカスタードのような、美味しそうな見た目をしています。

12
このクリームは、実は化粧水・乳液・美容液を兼ねたオールインワンタイプの乳液なのです。

テクスチャはトロッとした乳液ですが、顔に伸ばすとグングン肌が水を飲むように吸い込まれていく。
肌がもちっと、しっとりと・・・ 

これが本当に気持ちがよくて気に入ってしまいました。

使ったあとの肌はべたつかず、化粧の下地として使っても良い仕事をしてくれます。

そして、1日頑張ってクタクタな肌にもスーッとしみこみます。

ラインで使うからこそ効果が高まる

この「秀クリーム」はその前の2ステップがあるからこそより効果が発揮されます。

他の洗顔料で洗ったあとの肌に使っても良いけれど、ラインで使った時には、
さらに秀クリームの効果が格上げされる感じです。

28

あきゅらいず きほんのセレクトについて見る。



「草根木皮たまり」のほか、セラミド、コラーゲンなどが配合されていて、
防腐剤などは最低限に使用しているから安心して使うことができるのも嬉しい。

あと、私が気に入ったのは、肌につけたときに、ほのかに香る「あんず」のような香りです。
このあきゅらいずの美養品シリーズは、全ての商品が心地いい香りで、「ホッ」とリラックスできます。

ごちゃごちゃしがちな、洗面台も「秀クリーム」1本にまとまることで、すっきり。

オールインワンタイプには色々なメーカーのものがあるけれど、

なるべく安全で気持ちの良い商品を使いたい。

あきゅらいずの「秀クリーム」はそんな私の要望を叶えてくれました。

肌が明るく、美しくなってくると、ココロも軽くなる気がする


あきゅらいずの美養品シリーズを使い始めて、3週間。


この3ステップだけで、完結してしまうという手軽さと、香りや使用感の快適さ、
そして何よりも保湿力の高さに、すっかり心を奪われてしまった私。

今ではいつでも手が届く場所に、「秀クリーム」を置いておき、
ちょっとリフレッシュしたい時、肌をしっとりさせたい時にさっとつけています。

18
毎日帰ってきてから、いままでは面倒な時間でしかなかったクレンジングタイムも、
あきゅらいずに変えてからというもの、もはやリラックスできる至福な時間に。

使っていくうちに、肌が生まれ変わって、自分本来の肌を取り戻している感じです。

優しいブランドイメージとは裏腹に、洗顔から保湿という、従来のお決まりの概念を、
この「あきゅらいず」はガラッと変えてしまう、 そんな強いインパクトもありました。

あくまでもシンプルに、心地よく、そしてナチュラルな肌に導いてくれる。

そんな私の希望を叶えてくれたのが「あきゅらいず」でした。

この「あきゅらいず美養品シリーズ」、皆さんもぜひ一度体感してみてください。

22

あきゅらいず きほんのセレクトについて見る。




おすすめの記事

脱ファンデしてみませんか?すっぴんでお出かけできる肌をめざした「あきゅらいず」のシンプルスキンケア。

過剰に塗りたくるお手入れは、肌の細胞をなまけさせる!本当はシンプルでいい、脱石油系スキンケア。「HANAオーガニック」


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

manami sasao
タイ在住、ときどき日本。フリーライター兼薬剤師。 薬剤師でありながらも、ヨガを始めてから薬に頼りすぎないセルフケアに関心が高まる。祖父がタイ人、ハーブを多用したタイ料理、タイの穏やかな空気に魅了され外資系製薬企業を退職して夫と共にタイに渡る。現在は薬局での経験と知識を生かして、ヘルスケア関連ライターとして活動中。西洋、東洋医学にも自然療法にも偏りすぎない方法を発信していきたいと考えている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. make-up-1941573_960_720 化学成分たっぷりの無添加風コスメにご注意。危険なコスメを見分ける…
  2. 01_1200x628_160419 どんなシャンプー使ってる?自然派ヘアケア選びに迷っている人におす…
  3. black-beans-14522_960_720 冬の養生法の基本中の基本。パワフルに寒さを乗り切るために必要な薬…
  4. yogurt-2035323_960_720 生きたまま腸まで届くプロバイオティクス、驚異の実力と効果。植物性…
  5. fotorcreated それでもあなたは「牛乳」を選びますか?なぜ学校給食ではいまだに「…
  6. tttty その症状「自分すら気づいていない原因」からきているかも?目に見え…
  7. chemistry-740453_960_720 病院では教えてくれない!アレルギーやアトピーの方、絶対必見。今す…
  8. %e7%82%ad 天然の空気清浄機で浄水器を作ろう。農薬・放射性物質にも立ち向う力…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • ami tominaga
  • まどか
  • tomomi
  • izumi
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuko matsuoka
  • 佐野亜衣子
  • 高橋直弓
  • Koyuri
  • 金戸 隆雄
  • 伊賀るり子
  • 廣瀬花
  • 上村 歩
  • 赤嶺 福海
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 弛津ひなこ
  • kei
  • Mint
  • maejima kanako
  • haru.
  • jyunko
  • akimura

カテゴリー

PAGE TOP