お手当法

古くから民間療法で使われ続けてきたビワの葉の驚くべき力とは?家庭ですぐに取り入れられる万能活用法。ビワの葉エキス、ビワの葉ローション、ビワの葉茶などの作り方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_3373

ビワといえば、濃い緑色の大きな葉っぱに小さく可愛らしいオレンジ色の果実。
ビワの実は、主に春先から夏前頃までが旬を迎えます。

種が大きく少し食べづらいですが、甘酸っぱいビワが出回る時期を楽しみにしている人も多いことと思います。

7299f983439c8750a99af768d063bb0a_s
さて、ビワといえば果実をいただく、ということが一般的ですが、実はビワの木に生い茂る濃緑のビワの葉っぱには、たくさんの効能が秘められているのです。
今日は、ビワの葉に秘められた驚くべき効能と、家庭ですぐに取り入れられるビワの葉活用法をご紹介します。

古くから民間療法に取り入れられてきたビワの葉に含まれる成分と効能とは

アトピー改善を謳えば商品は売れる!?世の中100%天然系はごくわずか

3b97317c7892b6176a2780fedde6f244_s
もともと私がビワの葉の効能について知るようになったきっかけは、
アトピー肌の子どものために効果的なローションや入浴剤がないかを模索していたことでした。

健康な肌の方でも、冬場はお風呂に入浴剤を入れたり、入浴後には保湿をするようになる方が多いと思いますが、
アトピー体質にとっては、なおさら冬場の乾燥は厳しいものです。

「保湿効果が高い」「温泉成分配合」「湯上りすべすべ」・・・など、
あらゆる入浴剤やスキンクリームを試したものの、小さな子供にも安心して利用でき、それなりの効果が期待できるものは簡単には見つかりません。

一般のドラッグストアなどで販売されている入浴剤はもとより、「無添加」や「オーガニック」の記載がある商品も、
成分表示をじっくり見てみると、天然成分のみでないものがほとんど。

おまけに、巷に出回るアトピー改善効果を謳う商品は効果が薄い割にコストがかかり、長続きしませんでした。

そのような中、たまたま友人から勧められたのが「ビワの葉エキス」だったのです。


そこで、ビワの葉について調べてみると、これまで知らなかったビワの葉の驚くべき効能を知ることになりました。

インドや中国が原産だと言われいるビワは日本でも大昔から人々に馴染みのビワの樹

5c9a6cb2f54ba516683d6dc90b922723_s
ビワは、古来インドや中国より、現代においても、漢方薬のひとつとして広く用いられています。
日本においても、弥生時代から人々に馴染みのお手当法として浸透してきました。

そんなビワの葉には、タンニン・アミダグリン・ブドウ糖・果糖・ショ糖・クエン酸・リンゴ酸などあらゆる成分が含まれており、
一般的には、以下のように様々な症状に対して効果的だといわれています。


・ ガン対策や緩和ケア
・ 疲労回復・滋養強壮作用
・ 咳止め・喘息予防・去痰作用
・ 湿疹・あせもによる肌荒れの予防
・ アトピー性皮膚炎の対策
・ 胃腸の不調対策
・ 下痢対策
・ 殺菌・消炎・鎮痛作用
・ 切り傷・やけど・虫刺され対策
・ 腰痛・肩こり・捻挫


一見、関連性が薄いようにも思えるそれぞれの症状に効果的だというビワは、本当に不思議な生薬です。

薬草による自然療法の第一人者である東城百合子先生の著書にも、ビワの樹は「大薬王樹」と出てきます。
このことからも、ビワの葉の持つ効果の絶大さが伺い知れます。

葉だけではない、ビワの果実に含まれる成分と効能

c48fe9ce67133f42825fe4cbc817e4df_s
ビワの葉の効能もさることながら、果実そのものにも意外と豊富な栄養素が含まれています。

ビワの果実の主な成分は水分ですが、「βカロチン」も豊富に含まれていることがわかっています。
人参やカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれていることで有名なβカロチンですが、これは体内で抗酸化作用が高いビタミンAに変換されます。

ビワの果実には、同様の効果があるビタミンCやポリフェノールも含まれていることから、皮膚や粘膜を保護し、老化防止・美肌に役立つと考えられます。
他にも、利尿効果のあるカリウムやカルシウム、クエン酸、リンゴ酸、鉄分などの栄養素がバランスよく含まれています。

最近では、家庭の食卓で見かけることが少なくなったビワの果実。
これだけの栄養と効果があるのであれば、旬の時期にはデザートのひとつに加えたいですね。

ビワの種や葉に含まれるアミダグリンという成分について

このように、多くの効果が期待できるビワですが、一方で、アミダグリンが有害物質であるとして、最近もニュースなどで取り上げられています。
これらの報道によると、有害物質は未熟な果実や種子に多く含まれており、一度に大量摂取した場合に毒性が高まるとされています。

しかし、ビワに限らず、何事も過剰摂取は禁物です。
偏った食生活や生活がよくないのは、みなさんもよくおわかりのことと思います。

自然のものを、必要なだけ適量用いるのではなく、効果があるからとサプリメントなどで過剰摂取すると、
有効なものが有害になるのは容易に想像できるのではないでしょうか。

大切なことは、その効果や毒性にのみ注目するのではなく、適切な容量と正しい使い方なのです。
ビワの葉療法は、あくまでも家庭で簡単に取り入れることができる、自然療法の一つです。

ご自身や療法を受ける当事者の状態をみながら、それぞれに合った形で取り入れるようにしてください。

家庭ですぐに取り入れられるビワの葉5つのお手当法

6cd1ce75ff6e8cdc808ac42fe276eee7_s
それでは、ビワの葉による恩恵を受けるにはどのような方法があるのでしょうか。

我が家で取り入れている5つの方法をご紹介します。


1 ビワの葉茶

<材料>

大きめの無農薬ビワの葉 2〜3枚
水       1.5リッ
トル


<作り方>
① 葉をタワシで表裏ともにしっかり洗い、水気を拭き取って乾燥させた上で2cm程度にカットする
IMG_3374
② カットした葉をフライパンで煎ったうえで、水を加えて煮出す
IMG_3377
清潔なガーゼで漉してから飲むと、口当たりが良く飲みやすくなります。

2 ビワの葉ローション

<材料>

大きめのビワの葉 2〜3枚
水       1リットル
グリセリン    50ml


<作り方>
① 葉をタワシで表裏ともにしっかり洗い、水気を拭き取って乾燥させた上で2cm程度にカットする
② カットした葉と水を鍋に入れ、約半分の量になるまで煮詰める
③ 清潔なガーゼで漉し、冷めてからグリセリンを加える

作ったローションは無添加のため冷蔵庫で保存し、3日程度で使い切るようにしてください。

3 ビワの葉エキス

<材料>
ビワの葉           約150グラム
焼酎など35度以上のアルコール 1.8リットル

<作り方>
① 葉をタワシで表裏ともにしっかり洗い、水気を拭き取って乾燥させた上で2cm程度にカットする
② 保存容器(瓶が好ましい)に葉とアルコールを入れ、漬け込む
③ 密封して直射日光の当たらない屋内に、3〜4ヶ月以上寝かせる

IMG_3641
IMG_3642
アルコールはどのようなものでも構いませんが、引用したり肌につけるなどの用途が考えられるので、安心・安全なものを用いるようにしましょう。

また、半年以上保存する場合は、ビワの葉を取り除いた上で冷暗所で保管してください。

取り除いたビワの葉は、ネットなどに入れて湯船に浮かすと入浴剤として再利用することも可能です。

4 ビワの葉温浴

<材料>

大きめのビワの葉 2〜3枚
水       1〜1.5リットル


<作り方>
① 葉をタワシで表裏ともにしっかり洗い、水気を拭き取って乾燥させた上で2cm程度にカットする
② 水を加えて、半量程度になるまで煮出す

そのまま湯船に加えてください。
煮出し終えた葉も、ネットなどの袋に入れて一緒に入れるとより効果が高まります。

5 ビワの葉こんにゃくシップ

<材料>

無農薬のビワの葉   1枚
有機こんにゃく  1枚
タオル    2枚


<作り方>
① こんにゃくを約10分茹でる
② ビワの葉の上に茹でたこんにゃくを乗せ、タオルで包む
③ 患部にあてる

基本的な作り方は、①葉をきれいに洗って②刻んで③煮出す、というシンプルなものです。

すぐに使用する場合は、お茶やローション・入浴剤として使用するのがおすすめですし、長期間保存しながら使う場合は、エキスにすると便利です。
急性的な不調には、シップがより効果的です。

すぐに使用する必要がない場合は、時間をかけてエキスを作り、エキスからローションや入浴剤を作ることもできます。
ただし、アルコールを使用しているので、お子さんや高齢者などアルコールによる刺激を懸念する場合は、アルコール不使用の作り方が良いでしょう。

エキスからローションやアルコールを作る場合は、下記を目安にして下さい。

肌の弱い部分や粘膜に使用する場合・・・3〜4倍程度希釈
ローションにする場合・・・4〜5倍程度希釈
入浴剤にする場合・・・原液を大さじ1(15ml)程度浴槽に入れる


最後に、ビワの葉はご自宅や近所に自生しているものが使用できます。

また、インターネットでも無農薬のビワの葉が販売されていますので、そちらから簡単に手に入れていただくことが可能です。
ご家庭に合ったスタイルで取り入れてくださいね。

ビワの葉と合わせて使いたい!
全身に塗って健やかな肌と健康づくりを。

ビワの葉オイルにオススメの、オーガニックオイルを探してみよう!

0104234047_586d096f878b9
米ぬかの鮮度にこだわり、低温圧搾法による無農薬米油を使った
天然成分100%の安心安全なスキンケアオイル。「飲む薔薇の香油」と言われるブルガリア産のダマスクローズオイルを配合し、
すべて食べられる原料で作られています。

防腐剤・界面活性剤・酸化防止剤などを一切使っていない天然成分100%の安心安全なスキンケアオイルです。

オススメの記事

病人が救われる驚くべきびわの葉のチカラ。自然療法に懐疑心すら持っていた私の母が、末期ガンの痛みを和らげるために行っていたビワの葉を使った超カンタンお手当法。

第7の栄養素として再注目される植物固有のファイトケミカルを使った自然治癒力に働きかける自然療法『フィトセラピー』の威力とその効果。

未病、アトピー、美肌、むくみにも効く?!驚異の薬草「ビワの葉パワー」を凝縮したビワの葉エキスとその作り方。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

hata ikue
兵庫県加古川市在住。 育児をきっかけに食の安全に関心を持ち、無農薬野菜・無添加食品を中心とした食生活を始める。 私たちの身体は食べたものでできており、特に子供の成長・発達に大きく影響すると実感すると同時に、身の回りの化学物質や薬剤にも疑問をもつ。 以来、オーガニックとは食べ物だけではなく、身の回りを取り巻く環境全てのことだと気付き、それらを排除した生活を取り入れている。 安心な食べ物・安全な環境を求めて、子どもたちのこれからが 真に健やかなものとなるよう願いつつ、家族みんなが笑顔で生活していけるような 情報を発信していきたい。 【ブログ https://ameblo.jp/organic-healthy-life 】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. baking-1417494_960_720 勇気を持って子供から砂糖を取り上げましょう!甘いものを与えなくて…
  2. soup-2268278_960_720 妊娠しやすい体とは健康的な体ということです。アーユルヴェーダから…
  3. seaweed-2406020_960_720 マクロビオティックで原因不明の偏頭痛と体調不良を改善した私が取り…
  4. fotorcreated 不調を見れば食べるべきものがわかる!陰陽五行説で見る、状態にあっ…
  5. 335 「遺伝子組み換えでない」表示に隠された危険な罠。知らないうちに遺…
  6. baby-933559_640 実践した私が教えます!生まれ持った排泄能力を活かす「おむつなし育…
  7. bacon-2766375_960_720 季節性のかゆみ、乾燥肌、肌トラブルは乾燥だけが原因じゃない。アー…
  8. baby-1266117_640 『アトピーの子供は3回風邪を引けば改善する』って?『そんな馬鹿な…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • hiroro
  • 工藤 万季
  • izumi
  • riko tanaka
  • うちゅう
  • 河口あすか
  • lelien
  • 煙山 昭子
  • 池田 歩
  • yokosato
  • yuriesasaki
  • 松橋佳奈子
  • 前之園知子
  • haruna
  • 桺町 瑠璃
  • 霜崎 ひろみ
  • ZuYu
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 永樂茶百合
  • 福原真一郎
  • mamiko
  • hata ikue
  • 加藤 晴之
  • ayukotaniguchi
  • MARIE
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 柳千妃路
  • ゆみえこば
  • 滝野 清
  • 山﨑 拓
  • Akitsu Kitahara
  • 室谷 真由美
  • 山口 りりこ
  • UharaRisa
  • YoshiAraki
  • Ayako Endo
  • 井村 政子
  • 中村 りえ
  • 深井ゆきえ
  • Kayo
  • arikawatoshiko
  • 鈴木 こなみ
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • keiko nakagawara
  • 豊池 晃
  • joko
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 小泉 沙耶
  • jyuan
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • 森智世
  • 近藤 栞
  • akemi
  • 古村優里
  • ami iwasaki
  • 柳原 里実
  • 関塚 祥子
  • 桜桃
  • 三浦 郁惠
  • nana
  • yoko
  • 平野浩靖
  • 高根 佳子
  • 袴田 はるか
  • 阿南 まどか
  • 佐々木 里奈
  • 岡田 佳子
  • ayumifukuda
  • 日向葵
  • Kawasaki Mariko
  • 桑村 亜美
  • 小西 尚子
  • yoshimike
  • 益戸 梢子

カテゴリー

PAGE TOP