おかず

捨てないで!根より栄養豊富な大根葉。10分で簡単!ご飯がすすむ大根葉で常備菜の作り方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dsc_5845

大根が旬を迎えました。

これから春先まで大根が市場に出回りますが、時に葉付きの大根を手に入れる事も多いと思います。
無農薬野菜のマルシェで大根を購入したとき、家庭菜園などされている方など、大根の葉を活用したいと思ったことありませんか?

栄養が豊富で体によい、ということは耳にするけれど
刻んでお味噌汁の具にする位しか思い浮かばない・・・

なんて方に是非おススメしたい大根の葉を活用した10分でできる常備菜レシピをご紹介します。

捨てないで!大根の葉は緑黄色野菜。
根よりも栄養が豊富

dsc_5845

大根の葉は緑黄色野菜だとご存じでしたか?

「大根どきの医者いらず」ということわざがあります。
大根は消化酵素が豊富で、胃やお腹の調子をととのえることから、冬場の旬に食べるとよい、という意味が込められています。

大根の葉は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミン、カリウム、カルシウムなどのミネラルと多くの栄養素が含まれています。

中でもビタミンCや鉄分、カルシウムなど、女性に必要な栄養素は豊富に含まれ、
これらは同じようにほうれん草にも含まれていますが、ほうれん草と比較しても


ビタミンC 約5.5倍
鉄分 約1.5倍
カルシウム 約5.3倍


となっています。

大根の葉の茎の部分は繊維質が多く、収穫して時間がたつごとに硬くなります。
なるべく新鮮なうちに調理するのがベターですが、茹でることでより食べやすくなり、えぐみも抜けるので一度ゆがくのがおすすめです。

ビタミンCは加熱調理で失われてしまいますが、βカロテンは加熱調理に向いています。
体内に入るとビタミンAに変わり、油と一緒に摂ることで吸収率が高まります。



加熱することで吸収率が10%(生の状態)から47%にアップし、油と一緒になることで80%まで吸収率が高まると言われています。
また、ビタミンKも脂溶性ビタミンですので、相乗効果で一石二鳥です。


このレシピのメリット
1)大量の葉を一度にすべて調理できる。
2)常備菜として数日保存可能
3)副菜にぴったり。お弁当の添え物にも
4)他の食材と和え混ぜるなどアレンジがきく。
6)出汁ガラの昆布を使いまわせる。
7)時短でできる

古く大阪には「始末の料理」という美学があります。
本来であれば、捨てる部分を有効に繰りまわすことで「もったいない」も解消され、節約にもなります。
なによりその捨てる部分に栄養が豊富なのであれば、有効活用しない手はありません。

大根の葉のナムル

【材料】

大根の葉 1本分
塩麹 大さじ1
刻み昆布 10g なければ3ミリ程度に細かく昆布を刻んでもOK
EVオリーブオイル 大さじ2

おすすめオリーブオイル

★ 塩麹がない場合は自然塩を小さじ1で代用します。お好みで調節して下さいね。


★ 刻み昆布とEVオリーブオイルの代わりに以前ご紹介した、昆布出汁をとった後の刻み昆布をオリーブオイルに浸した昆布を使ってもOK! 使い回せるのでおススメです!

【以前ご紹介した昆布の記事はこちら】

海の薬草「昆布」の知られざるパワー!昆布の簡単出汁の作り方と使いまわし方法を教えます。

★ EVオリーブオイル以外にもごま油にすれば本来のナムルっぽくなります。
風味が濃い目が好きな方におすすめ。

【作り方】

1)刻み昆布、EVオリーブオイル、塩麹を保存用の器やボウルに入れ、混ぜ合わせておく。

dsc_5839
dsc_5854
2)大根は、葉の部分から3-4㎝残して切る。

3)茎の部分は外側の傷んだ部分は取り除き、1本ずつ切っていきます。
(中心の柔らかい部分は残して水につけておけば新芽が出てくるのでミニキッチン菜園などにおすすめ!薬味などに使えます。)

4)固めの茎の部分と茎が細くなった葉の部分と分けます。茎についた葉は葉のほうに分けておきます。

dsc_5846
5)茎を画像のように斜めに切る。
★こうすることでザク切りにするよりも繊維が気にならなくなり食べやすくなります。

dsc_5847
6)沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、先に茎を1分半茹でる。

7)茎を茹でたらザルにあけ、同じように葉を茹でる。葉は1分程茹でる。

8)粗熱をとったら、茎と葉の水分を搾り、1)と混ぜる。

dsc_5855
9)よく混ぜたら仕上げにいりごまをふる。

dsc_5856
1晩冷蔵庫などで保存すると昆布が馴染んでうまみが出て美味しくなります。

【おススメの応用法】

★茎の部分と葉を別々に茹でる事で食感を変えますので、繊維も気にならずにパクパクいけます。
★お弁当の付け合わせはもちろん、ご飯の副菜などにも箸が自然と進みます。
★人参や大根の根をピーラーで薄く剥いたもの(生のままでOK)などを加えたり、生わかめを和えても美味しくいただけます。
★暖かいおうどんやお蕎麦の具としてもおすすめ!

残った切り落とした大根の葉は・・・・・
↓↓
dsc_5857
こんなカンジでプチ菜園はいかがですか?
器に水を張っておいておくだけで新しい葉がどんどん出てきます。

新しい葉は、お味噌汁やおうどんの薬味にしたり、細かく刻んで納豆に和えたり、
ご飯に散しても彩りが綺麗で、しかもむだなく色どりも綺麗でおススメですよ♪

無駄なく美味しくいただけますので、是非試してみてくださいね!

おまけ:IN YOUおすすめオリーブオイル「フシコス」

fusikosu5 フシコスの購入はこちら

偽装問題が懸念される近年、本物のオリーブオイルを探すのは至難の業。
フシコスのクオリティは、食べたらすぐにわかると思います。
質は製造工程を見たら一目瞭然。ギリシャクレタ島の由緒あるオリーブ農園と福岡の老舗油やがコラボし、長年築き上げた技術を駆使したこだわり商品。少量生産で密閉・空輸された、またとない極上のオリーブオイルをお楽しみください。

この記事を読んだ人におすすめのほかの記事

養生のどシロップ「はちみつ大根」の作り方。気温差が気になり、乾燥する季節、内から潤してお手当しよう。

花粉症対策は秋からが勝負。アレルギー体質を改善する万能「切り干し大根茶」の作り方

【薬膳レシピ】自分で作る風邪薬・胃腸薬『第一大根湯』の作り方。〜肩こりや生理痛にも効果大。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

izumi
発酵食料理研究家。食育インストラクターとしても活動。 石川県を中心に活動する「発酵食大学」の東京サテライトの講師も務め、東京都内や近郊で発酵食品の活用にまつわる講座を開催。 izumiのNo 糀, No Life:http://cyuramoon.minibird.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 16 あなたの毎日が変わる瞬間:2017年4月、INYOUオーガニック…
  2. drink-872593_960_720 人工甘味料でよく見かける「スクラロース」は安全?それとも危険?そ…
  3. 表紙2 材料4つだけ。乳製品を使わず5分で作れる、幸せブランマンジェ
  4. b2971ea37d57a50e77b4d6146adf28ae_s その梅酒大丈夫?漬けるものによっては酒税法違反にも?!砂糖不使用…
  5. egg-1467336_960_720 ストレス耐性の鍵を握るのは「副腎」です。ストレス社会に打ち勝つた…
  6. 稲荷寿司 東洋医学から見た秋の養生食。秋に活発になる「肺・大腸」を助ける!…
  7. 7 食べながらデトックス!小腹がすいた時に満点感たっぷりデザート、シ…
  8. 10979_703161206437583_6055700003450532530_n ココロもカラダもハッピーになれる、トキメキそば粉パンケーキ

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • haruna
  • 加藤 晴之
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • 室谷 真由美
  • クレイトンまき
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • 工藤 万季
  • yokosato
  • Mao
  • 横田 浩
  • 坂田 まこと
  • 足立 由紀子
  • 佐藤いづみ
  • yumi
  • 東條 由美子
  • akemi
  • うちゅう
  • jyuan
  • Halu
  • yoshi.fukusawa
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 加藤 貴大

カテゴリー

PAGE TOP