よみもの

大豆をめぐる混乱。大豆は結局、身体に良いのか悪いのか?海外でも疑われ始めた大豆神話。私たち日本人にはどうなのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
soy-milk-2084018_960_720

日本人の伝統的食文化、大豆製品

日本人の食卓には欠かせない大豆。
豆腐、味噌、醤油、
それから豆乳、湯葉、油揚げ、煮豆などの豆料理。
もともと肉食をあまりしなかった日本人にとっては
古くからの貴重なタンパク源でもありました。


PAK85_misotomame_TP_V1
最近では研究が進みコレステロールの抑制に効く、
腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖をたくさん含んでいる、
植物エストロゲンである中性脂肪やイソフラボンの効果で
更年期障害などにも効く
などなど、その健康促進への効果は数え切れないほどです。


海外でも大豆は大人気の健康食品

海外でも健康に関心が高まるにつれ注目を浴びるようになり
1999年に米国食品医薬品局がその効用を認めてからは
爆発的に大豆製品の生産と消費が増加しました。


ヘルスコンシャスな人は牛乳の代わりに豆乳を飲み
動物愛護主義のビーガン(菜食主義)たちは動物性蛋白質を一切摂らない代わりに
大豆を加工して作ったひき肉のようなもの
を食べます。


Unknown
ミュージシャンのポールマッカートニーの妻リンダマッカートニーの名前のブランドの
ビーガン向けの大豆加工食品は定番です。


大豆が身体に悪い??外国で疑われ始めた大豆神話。

ところがここ何年か外国のメディアでは
アグリカルチャーサイエンスジャーナル誌などに掲載された
実験や研究結果に基づいた学術論文に刺激されて大豆の健康効果に対する疑問を投げかける傾向が見られ始めました。


soy-milk-2263942_640
「大豆製品を男の子に与えすぎると精子の数が減るらしいよ」
「大豆製品が癌を誘発するらしい」

などと実際に私も友人から聞かされたこともあります。


それを聞いた私は毎日煮豆やおからや味噌を食べながら
子沢山で長生きだった祖父と祖母
を思い出して
ちょっと信じられないなあ、と思ったものです。


大豆が健康に与える害の数々???

欧米の健康問題を取り扱うメディアによると
大豆製品に含まれるイソフラボンがエストロゲンの吸収を助長しすぎる結果
ホルモンバランスを崩し体重増加、気分の落ち込み、

慢性疲労の原因になりひいては乳癌の原因
になる。
男性には前立腺癌と精子減少の原因になる。

甲状腺ホルモンの分泌を抑える作用があり甲状腺機能低下症を引き起こす可能性がある、などなど
大豆製品の害を挙げる健康に関する記事は続々と出ています。


headach

もうひとつの大豆をめぐる混乱

もうひとつ大きな混乱があります。

お店で売られている大豆製品のラベルを見ると
「有機大豆」「丸大豆」「脱脂加工大豆」
「国産大豆」「遺伝子組み換えでない」
(遺伝子組み換えである、とは決して表示していませんが)

などなど実に様々な表示があり、なにがなんだかわからないのです。


soy-beans-968986_640
そこで整理してみましょう。

国産大豆は安全か?

まず「国産大豆」であれば安全か?というとそうでもないらしい。
国産大豆で化学肥料や農薬を使わなくなって3年経った土壌で
生産された有機JASお墨付きの大豆はわずか0、43%。
生産地によって農薬を散布する回数は異なりますが、かなりの農薬と除草剤を使う地域もあるようです。


外国で栽培された有機大豆の製品も市場に出回っています。
国産の有機大豆よりも値段が安くなっています。
そうなるとその生産国の政治背景なども考慮に入れて
信用のおけそうな国を選んでいく
しかなさそうです。


「脱脂加工大豆」とは?

醤油の原材料名によく見られる「脱脂加工大豆」というのは
醤油作りに必要なタンバク質のみを取り出し油分を取り除いた
フレーク状に加工した大豆のことです。
流通している醤油の原材料の80パーセント以上を占めています。


Soy-mushroom_sauce_from_China
対して「丸大豆」とは加工していないそのままの大豆。

脱脂加工大豆」は「搾りかす」というイメージがつきまといますが
「脱脂加工大豆」使用の醤油の方が深い旨味が出やすいという
醤油業者さんもいます。
扱いやすいのでコストを抑えて醤油を作れるという利点もあります。


ただし「脱脂加工大豆」は加工の過程で薬品を使うため
その安全性を疑問視する人もいるようですし
脱脂加工大豆は輸入されたものがほとんどですから
その生産の過程まで遡るのが難しい
という問題があります。



植物版ブレードランナー「遺伝子組み換え」

海外で大豆の安全性について一番問題視されているのが
この「遺伝子組み換え」大豆についてのようです。


「遺伝子組み換え」とは主に大豆やコーンなどの作物を
大量生産しやすいように除草剤や殺虫剤を使用しても
枯れない作物に遺伝子レベルから作り替えた作物
のこと。

ベトナム戦争に使用された悪名高き「枯れ葉剤」を製造した
モンサント社をはじめとする世界的大企業が
食産業に展開し始めた大ビジネスです。


この遺伝子組み換えは
来たるべき食糧危機から人類を救うとも謳われていますが
何しろほとんど人工的に作った作物。
いわば「ブレードランナー」の植物版です。


modified-1744952_640
その生産過程で使用されるニューロトクシンと呼ばれる農薬は
脳や神経に障害を及ぼす危険な物質
であることが知られていますし
世界中でさまざまな実験や研究の結果ガンやアレルギーなどの健康被害を人体に及ぼす恐れが高いとの報告が相次いでいます。

また飛行機で広範囲にわたって撒く除草剤が
地下水や土壌を汚染し、遺伝子組み換え作物の農場のある地域の住民にも
健康被害の報告が見られます。


airplane-465619_640

日本にも流入している遺伝子組み換えの原材料

日本では遺伝子組み換えの作物生産は行われていませんが
輸入品として多く市場に出回っているのが現実です。


しかも醤油と大豆油の原材料として使用されている場合
「遺伝子組み換えを使用している」という表示は義務付けられていません。
それで「遺伝子組み換えではない」という表示のみを見かけるのですね。



消費者の声がメーカーを変えていく

この「遺伝子組み換え」作物への疑問は
国内の有志の活動家の方々も盛んに訴えています。


gmo-254539_640
その成果が消費者の声として届いたのか
大手醤油製造メーカーのキッコーマンは
2003年には全ての醤油製品に使用する小麦と大豆を
遺伝子組み換えではない原材料に切り替えると発表しましたし
他社の大手メーカーも努力を重ねているようです。


果たして大豆製品は健康に良いのか?

さて海外で近年盛んに論じられるようになった
「大豆製品が健康に良いのか?悪いのか?」という
主題に戻りましょう。


「遺伝子組み換え」の大豆製品に関しては
まさに国内外を問わず論じられており
しかも誰一人答えを見つけてはいない問題です。


個人的には実験段階のものを口に入れたくはない、
というのが正直な気持ちです。


soybean_field_abbeville_county_south_carolina_usa

バランスの良い食事の大切さー過激な健康食に走ることの危険性

その他の「ホルモンバランス」が云々、
乳癌や前立腺癌の原因になる、などなどの実験報告などを
調べていてふと思い浮かべたのは
欧米の極端なベジタリアンの食生活です。

ベジタリアンとは言うもののその野菜のバリエーションと量は
普通に肉や魚を食べる日本人の食生活の野菜摂取より劣ったりしています。

伝統的に肉料理と付け合せとしての野菜を摂ってきた欧米の文化では
せいぜいサラダや茹で野菜を摂るだけなのです。


c120e7fa554f493b3e97e0933087a337_s
そこに肉の代わりのタンパク質として
しかも加工された大豆製品を大量に摂ることが
とてもバランスの良い食生活とは思えないのです。



日本の伝統的な食生活では大豆製品は
主に納豆、醤油、味噌などの発酵食品であること、
根菜や葉もの野菜をふんだんに使った野菜料理と共にバランスよを食事に取り込んでいることを

見落としているのではないか?と思われます。


160823_misoshiru_top
さらに陰陽のバランスから見れば
発酵食品ではない豆腐や大豆製品は陰に偏った食品です。


食べ過ぎに注意したり生姜や味噌と食べ合わせることは
マクロビオティックの立場からは普通に言われていることですし
特に甲状腺機能低下症には注意が促されています。


加工食品、健康食品の落とし穴

また大豆ブームで欧米でも日本でも
大豆由来のイソフラボンを錠剤にした製品が出回っています。
そもそも加工食品には安価な大豆が
乳化剤もしくはレシチンなどと呼ばれる食品添加物として使用
されていることも多く
食事のメニューで大豆を楽しむのではなく不自然な形での大豆を過剰に摂取してしまう危険性も高いと思います。


vitaminsupplementpills2

地産地消が一番。

大豆はアジアでは2000年以上食べられてきた歴史がある、でも、欧米では?

そもそも大豆は中国南部やタイで栽培されていたものが
弥生時代に朝鮮半島を通って日本に伝わったものとされています。
アジアではじつに2000年以上食べられてきたものなのです。

agriculture_of_bangladesh_11
対してアメリカに大豆が初めて持ち込まれたのは1758年。
黒船に乗ってきたペリー総督国も本国に持ち帰って
栽培しようと試みたとかみなかったとか。


そのアメリカが中国を抜いて
世界で最大の大豆生産国になったのは1954年。

そもそもは大豆油からクレヨンや石鹸を生産したり畜産用の飼料にするために生産し始めたものです。

313db91937b8f615f8533570e20899dd_s
つまり欧米人が大豆製品を食事に取り入れ始めたのは
ほんのここ半世紀にもならない浅い歴史というわけです。


欧米人が何百年もの長い時間をかけて
乳製品を分解消化する酵素を身体に作り上げたのと同じく
我々の身体も大豆を分解消化するために
長い時間をかけて適応してきたに違いないと私は思います。



私の体験:日本人には日本人にあった食生活がある

212B7193-870A-4CDF-9308-4C264B4CFBD9
実際私自身もイギリス在住時代に
月経困難症でハーブ療法士に診察を受けた時に
「日本人である貴女の体質に欧米の食事が合うはずはない」と言われ
それまでイギリスでは全く食べなかった日本食に切り替えてから体調が改善した経験があります。

ある中国系の友人は健康に良いと評判のキヌアがお気に入りでしたが
キヌアサラダを食べるたびに手の関節がほんの少しですが腫れるのです。
「やっぱり私は中国大陸で採れるヒエや粟を食べるべきで
南米原産のキヌアなんて身体に合わないんだわ」
と好物をあきらめました。


femal hand Injury
今や流通が発達して世界中のいろんな珍しい食べ物が手に入り
毎日の食卓もバラエティーに富んで楽しいですが
やはり遺伝子レベルの体質というものは多かれ少なかれ存在するものだと感じます。


healthy-food-1348430_640
自分の生まれた土地で伝統的に食べられてきたものを
バランスよくいただきつつ珍しい食べ物もほどほどに楽しむというのが一番中庸で健康な食事の基本姿勢ではないでしょうか。


身土不二。

これを考えれば、大豆という食材への向き合い方は自ずと見えてくるのではないかと思います。

やっぱり和食が一番。
日本人の体にあったorganicなソウルフードを食べてみよう! オススメのオーガニックな梅干し、味噌、玄米

0624213238_594e5be660b46
1011121530_59dd8cd2abe68

オススメの記事

結局「大豆イソフラボン」ってどうなの?人によって作用が全く異なる大豆製品の真実。

香ばしい香りがたまらない!大豆粉と玄米粉で作るヴィーガンフロランタンの作り方

豆腐や納豆を健康の為に食べているなら、ちょっと待って!東洋医学から見る、ヘルシーフードの代名詞である大豆製品の落とし穴。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

クレイトンまき
大手雑誌などをはじめとしたフリーランスのライターを経験したのちにフランスに2年、イギリスに6年、ブルネイに11年。海外経験豊富。全米ヨガアライアンス200時間修得。ヨガ、マクロビオティックやナチュロパス、時事に精通する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. durian-pancake-1203030_960_720 見た目が若い人には理由がある。老化物質AGEが溜まりにくい食生活…
  2. IMG_9221 (2) 卵・乳製品・白砂糖・小麦粉不使用!サックサク感がたまらない『ライ…
  3. 2 ヨガを今の3倍楽しむために、私がやっていること。ヨガをさらに楽し…
  4. masuda_san 【特集/信州の伝統野菜を知る、食す、守る】長さ、食感、香りが良い…
  5. IMG_4923 乳製品・卵・白砂糖不使用!至極の玄米スイーツ!濃厚でクリーミーな…
  6. beef-17040_960_720 日本が誇る選手たちも取り入れた「勝てる食生活」とは?今こそ見直す…
  7. black-cup-2084535_960_720 日本人のほとんどが砂糖中毒といわれる現代社会。性格まで変わる恐ろ…
  8. IMG_3858 水銀・有害物質・添加物が不安?市販ツナ缶の中身を調べてみました!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • hiroro
  • 工藤 万季
  • izumi
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • うちゅう
  • lelien
  • 煙山 昭子
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • yokosato
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • 桺町 瑠璃
  • 霜崎 ひろみ
  • ZuYu
  • 福原真一郎
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 永樂茶百合
  • hata ikue
  • mamiko
  • 加藤 晴之
  • ayukotaniguchi
  • MARIE
  • 柳千妃路
  • ゆみえこば
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 山﨑 拓
  • 滝野 清
  • Akitsu Kitahara
  • 室谷 真由美
  • 山口 りりこ
  • Kayo
  • Ayako Endo
  • 井村 政子
  • UharaRisa
  • YoshiAraki
  • arikawatoshiko
  • 中村 りえ
  • 深井ゆきえ
  • 坂田 まこと
  • keiko nakagawara
  • 豊池 晃
  • 森智世
  • joko
  • 鈴木 こなみ
  • yumi
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • 近藤 栞
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 小泉 沙耶
  • jyuan
  • 柳原 里実
  • akemi
  • 古村優里
  • ami iwasaki
  • 関塚 祥子
  • 桜桃
  • 高根 佳子
  • 袴田 はるか
  • 阿南 まどか
  • 三浦 郁惠
  • nana
  • yoko
  • 平野浩靖
  • 益戸 梢子
  • 佐々木 里奈
  • 岡田 佳子
  • ayumifukuda
  • 日向葵
  • Kawasaki Mariko
  • 桑村 亜美
  • 小西 尚子
  • yoshimike

カテゴリー

PAGE TOP