メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

今世界中で話題の脱プラスチックの流れ。繰り返し使えて可愛いエコラップとは?プラスチックラップとどう違う?

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。

今世界中で話題の脱プラスチックの流れ。繰り返し使えて可愛いエコラップとは?プラスチックラップとどう違う?

img_1470.jpg

エコラップ・ミツロウラップって、知っていますか?

カラフルで可愛くて、天然の素材だけでできたエコラップ。

普段私たちが使っているのはプラスチックラップですが、実はこのエコラップ、
海外の一部の国ではエコの観点からも、インテリアの観点からも大注目されているんです。

可愛いだけではなく、天然の抗菌作用があって、土に還る、エコなラップ。
エコラップを知ってしまったら、プラスチックラップに戻れなくなるかもしれません・・・

無添加のプラスチックラップを見つけた。プラスチックラップに添加物を使っていたの?

今日スーパーでふと見つけたこちら。


「無添加」ラップです。

よく見ると、「粘着付与剤等を使用していません」と書いてあります。
うすうすラップの毒性に気づいていたものの、便利だし特に気にしなかったプラスチックラップ。

みんなが普から段使っているもので、生活に浸透しているので、ほとんど気にも留めていませんでした。。

産まれた時からあるものって、あまり疑いを持ちません。

でも、ふいに

「無添加ラップ」

なんてデカデカと書かれたものを見つけてしまったら、

「じゃあ 無添加じゃないラップは何か不都合があるのかしら??」

と考えてしまったのです。

プラスチックラップも添加物が!食品に移ってしまう危険性大。

3f8e943c5f3acae84d9ee7eb18e6a1b8_s
では、何も知らずに便利だと思っていたこのプラスチックラップ、
一体どんな添加物が使われているのでしょう。

プラスチックラップの添加物と原材料

無添加ラップは、原材料が「ポリエチレン」のみ。

スーパーのビニールや洋服など、いたるところに使われているプラスチックです。

一方のプラスチックラップは、原材料が「ポリ塩化ビニルデン」

その下に添加物「脂肪酸誘導体(柔軟剤)、エポシキ化植物油(安定剤)」

と書いてあります。

ポリ塩化ビニルデンは、燃やすとダイオキシンが発生する物質。
動物実験では、発がん性が確認されています。
だから、ラップを捨てる時は「燃えないゴミ」に分別しなくてはいけないのです。

油脂がついた状態で電子レンジを使用すると、簡単にダイオキシンが発生する温度にまで上がってしまうこともわかっています。

脂肪酸誘導体にはいくつかの種類があり、工業の現場において広く使われている界面活性剤の原料です。
いったいどの脂肪酸誘導体がラップに使用されているのか、わかりません。
エポシキ化植物油は、大豆を原料としたもので、どんな大豆が使用されているかわかりません。

ラップに添加物を使ってたんだといまさら思ってしまいました。

プラスチックラップが直接食品に触れる場合は、使用を避けたいところ。

お皿にラップをするのは良いとしても、おにぎりを包んだり、果物の切り口を包んだりするのは気が引けてしまいます。

実はこれらの添加物が食品に移行する危険性も、これまでに指摘されてきました。
しかし当然といっては当然ですが、それが表に出てくることはあまりありませんでした。

無添加ラップでもいいのだけれど、イマイチ使い心地は良くないし、
できればプラスチックラップをやめたいなあ。
と思っていたのですが。

そこで思い出しました。

以前、アメリカの友人がビーラップというものを紹介してくれたことを。

エコラップとは、ミツロウを原料としたエコなミツロウラップ

img_1473.jpg
アメリカでじわじわと流行中のエコラップ。

オーガニックな素材で販売しているところもありますが、
友人たちが手作りしていたのを思い出しました。

その手作りエコラップがこちらです。

img_1466.jpg
「えっ ラップ??」と思うほどカラフル。
好きな絵柄で作れるので、とっても可愛いですよね。

実は、ミツロウラップとして環境への意識の高いオーストラリアでは日常で流通しているそう。

オーストラリアでミツロウラップを制作・販売している方も多くいると聞いています。

その中のおひとり、オーストラリアのリズモアという地域でミツロウラップを販売している日本人の方にお話が聞けました。

(この記事のいくつかのお写真は、この方にお借りしたものです)

「オーストラリアではエコの意識が高く、今多くの人がミツロウラップを個人でつくったり

ミツロウラップを製造するたくさんのお店があります。手広くやっている日本人の方も結構います」

という事で、エコの先進国オーストラリアでは既にかなり人気のミツロウラップ。
個人でも作れるという事で、好きな絵柄で作れるのも魅力ですね。

ミツロウラップのざっくりと大まかな原材料を言うと、

コットン、ミツロウと、コールドプレス製法のホホバオイル、木の樹脂から作られている、オーガニック素材のフードラップです。

作る人によっても違いますが、

地球にやさしく、プラスチックを使わないラップで、
これがラップ??と思うほど、可愛いデザインがたくさんできます。

販売しているものもありますが、自分でもササット作れてしまうんです。

見ているだけでも楽しくなりますが、実際に残りものにササっとかけづけただけでも、キッチンが楽しく可愛くなってしまいます♪

テーブルに置きっぱなしの残りものだって、インテリアに大変身♪

きちんと使えば平均で1年間は繰り返し使えるという事なので、少しづついろんなデザインを増やしていくのも楽しいですね。

ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ今すぐここをクリック!

ミツロウラップの取り扱い上の注意

●お水で洗って下さい。(お湯は使わないでください)
●環境にやさいしい洗剤を最小限の量でお使いください。
●自然乾燥の上保管してください。
●熱に当てないでください。
●電子レンジでの使用は出来ません。
●油っぽいもの、生肉/魚への直接の使用は推奨致しません。(熱湯洗浄が出来ない為。器に入れてお使いください)
●酸性の強い食品(例:柑橘類(レモンやライム)・パイナップル)への使用は避けて下さい。(酸がミツロウを解かしてしまいます)

エコラップの酸化防止力がプラスチックラップよりすごい!

ecorap
ミツロウラップはかわいいしエコだけれど、肝心のラップ力はどうなの?
と思いますよね。

アメリカの友人が、リンゴを包んで実験をした結果がこちらです。
img_1468.jpg
ミツロウラップの方がリンゴの変色を防いでくれています。
かわいいだけでなく、しっかりと空気を通さずに酸化を防いでくれるんです。

エコラップは環境にも優しいエコなラップ!

img_1471.jpg
プラスチックとは違い、土に埋めれば分解され、たい肥にもなるというミツロウラップ。
分解されずにゴミとなる上に、燃やすとダイオキシンを発生させるようなプラスチックラップとは違って、地球を全く汚すことなく、土へ返すことができます。

それに、お手入れしながら丁寧に使うことで何回も使用が可能。

使い捨て商品があふれる中に生きてきた私たち。

使っては捨てる、が当たり前の現代ですが、少し立ち止まってひとつの「モノ」に長く愛情をかけてみるべき時なのかもしれませんね。
何といっても、私たちの口にするものに触れているものが安全でなければいけません。

しかも原材料のホホバオイルとミツロウには高い抗菌性があるので、天然の力で包んだ食べ物を守ってくれます。
とても心強いですね!

小さなお子さんがいるおうちは、プラスチックラップでおにぎりを包んだり果物の残りを包んだりする機会も多いですよね。
お子さんの口にするものには気を遣っていても、ラップの事を忘れていませんか?

添加物が食品にベタっと移ってしまうその前に、エコラップを試してみてください♪
親子遠足に、クリスマスパーティに。
持って行ったら、ものすごくオシャレで映えますよ。

お皿にかけるだけなら、経済的にもプラスチックラップで良いかもしれません。
用途とシーンを選んで、賢くエコラップを使いたいものです♪

環境にも人間にも優しいエコラップをIN YOU Marketで買ってみよう!


ソーダブレッド ラップ2 ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ今すぐここをクリック!
オススメの記事
お家で今すぐ少量から作れる!自家製「餃子の皮」の作り方。繰り返し使える安全な次世代型ラップ「エコラップ」を活用すれば、あなたも食品問題「フードロス」削減に貢献できる!?

世界各国が合意した宣言「SDGs」とは分かりやすく言うと何?あなたができることで日本の食を守りませんか?今日からでもできることがあります。

コンビニやスーパーからだけではない家庭から出るゴミ・フードロスの深刻な問題。廃棄された有害化学物質が引き起こす問題とは

写真提供インタビュー協力Eco×Bee Eco-Wrap
参考Wikipedia「使うなら、どっち?」渡辺雄二

この記事のタグ
お気に入り登録する
FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。
関連記事
ページ上部へ