お悩み別

オーガニックの原点。気になっていた話題の【ワイルドフラワーエッセンス】って何?初心者でもわかる!フラワーエッセンスについて大解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
homeopathy-1063292_960_720

ナチュラルライフやオーガニック・自然療法に興味のある方なら、聞いたことがあるかもしれません。
フラワーエッセンス

しかし、実際のところ、よくわからない・効果が不明瞭・どう使ったらいいかわからない・・・そんな声がまだ多いのも事実。

はじめてみたいけれど敷居が高くて・・という方も多いのではないでしょうか。

そこで!数あるフラワーエッセンスの中で「オーストラリアン ワイルド フラワーエッセンス」
(※以下、ワイルドフラワーエッセンス)を徹底解説します。

今大注目の「ワイルドフラワーエッセンス」って何なの?

2008_0312_220155-p10941-b01-018-0
お花に囲まれていると、心が癒されるなと思ったことはありませんか?

ワイルドフラワーエッセンスは、そんな
花の癒しエネルギー(波動)を水に転写し、人間の心と体、精神の調和に活用したもの
です。

しかし、いわゆる花屋さんに売っている花ではその効果はほぼありません。
人間の手がまだ及んでいない汚染されていない地域に咲いている花、というのが大事です。

オーストラリアの原住民アボリジニをご存知でしょうか?

彼らは、心身の不調を感じた時、森の中の野花に手をかざし、その花が発するメッセージに耳を傾けるといいます。
そして、自分にとって必要な花を見分けるとその花びらの上にのっている朝露を飲むことで、心と身体を癒してきました。

こういった方法は古くから様々な地域で行われていましたが、1930年代にイギリスのバッチ博士が療法として確立しました。
その後、バッチ博士が死去し、研究開発は途絶えていましたが、自然医学博士であるバルナオ博士夫妻が研究を開始し、
フラワーエッセンスに新しい時代を作りました。これがワイルドフラワーエッセンスの始まりです。

アロマとは違い、製油などの成分は一切含まれません。

IMG_9590

どれくらい種類があるの?自分に合った選び方



ワイルドフラワーエッセンスは、88種類あり、すべて植物のエッセンスです。

また、「リラックス」「エネルギー」など、すでに目的別にいくつかの花のエネルギーがブレンドされているエッセンスが8種類、計96種類あります。

花によって癒しの特性が違うので、フラワーエッセンスは目的に合わせて選ぶことがとても大切ですが、
前述のとおりすごい数があるので、どうやって選べばいいの?と思うのではないでしょうか。

それにはまずはなんといっても自分が抱えている問題を正しく分かっている必要がありますので、
場合によっては専門家のカウンセリングを受けたほうがいいこともありますが、問題が明確な場合は、「花カード診断」
を行っていきます。

IMG_9589

「花カード」とは、その名の通り、88種類の花写真のカードです。

問題を解決するためにどの花が必要かを、まずは直感で(好き、嫌い、どちらでもない)に分けて選んでいきます。

どちらでもない花は、今の自分には不要(中立的な立場)なのでいったん除きます。
その後、好きな花を広げて眺め、より好きと感じる花を好きな順番に並べます。嫌いなカードも同じように行い並べておきましょう。

終わったら、好き・嫌いの花を同時に見て、より「インパクトが強い」方を選んでいきます。最終的に、好き・嫌いがミックスされた「インパクトが強い順番」ができたら終了です。

つまり、一番最初に選んだ「一番インパクトが強い」花が今の自分に一番必要ということになります。


2008_0312_230843-p10941-b01-076-0
「嫌いな花が一番自分に必要な場合もあるの?」


と思うかもしれませんが、嫌いと強く感じるネガティブな反応は、問題解決のために必要な自分の内側の要素に気づいていない、気づきたくない(認めたくない)場合に起こります。

そうした直視したくない要素を花に見つけることで不快感=嫌いという感情が芽生える、という訳です。

なお、こうして一枚一枚振り分けなくても、全ての花を見た時「自分に似た花を選ぶ」方法もおすすめです。

ワイルドフラワーエッセンスは花のエネルギー(波動)を閉じ込めたものだけあり、やはり直観に働きかけるものがありますので、インスピレーションも大事です。こうして気軽に日々の生活に取り入れて選んでみるのも楽しいです。

ワイルドフラワーエッセンスの使い方。
飲むの?塗るの?



ワイルドフラワーエッセンスは、ボディーから浸透させる「フラワーエッセンスボディークリーム」を使っていくことが基本です。まずは

カラダから心へ


全身に塗って、花のエネルギーを感じてみます。リラックスする・エネルギーが湧いてくる・・・

体感はいろいろです。

普段の生活で「クリームを塗る」というのは、冬場などの乾燥時期以外はあまり行わず、億劫に感じるかもしれません。
そのため、初めはお風呂上りなどにまずは全身にザッと塗るだけでもいいです。

心に問題がある場合は、大抵カラダにも何かしらの症状が現れているもの。

そのため、遠回りに感じるかも知れませんが、まずはカラダそのものをケアすることがとても有効です。

IMG_9591
エッセンスについては、基本的に飲用していきます。

成分は、花のエネルギーを転写した水・ブランデー(保存のため)・塩です。

朝・昼・晩・寝る前と4回飲むとより効果的です。スポイトになっていますので、それを数滴舌下に垂らす、もしくはお水に入れてもいいです。

保存のためにブランデーを含んでいるので、極端にお酒に弱い方は直接ではなく、お水に数滴たらす方法がおすすめです。

なお、使用方法に禁止事項はほとんどありません。クリームと混ぜて塗ったり、自分が心地いいと感じる使い方ができます。

これが一番気になる!!果たして何か変化はあるの?


ワイルドフラワーエッセンスの一番の特徴は

「“心”を含む心とつながりのあるカラダに働きかける」
「心を癒しカラダに変化をもたらす」ことです。


例えば、

・自分に自信がもてなくてくよくよしている

・過去のトラウマが原因で前進することができない

・仕事のストレスが原因でいつもイライラしている


こんな「心のトラブル」にぴったりです。心の問題が大きくなるにつれ、自分の思考が凝り固まってきます。

“きっとまだダメにちがいない”

“あの人は私のことが嫌いに違いない”

こうした凝り固まった思考パターンにワイルドフラワーエッセンスは優しく働きかけてくれます。

2008_0313_150033-p10941-b01-059-1
使い続けていると、自分の「心」つまり、思考が変わっていき、周りの見え方や日常に起こる出来事への捉え方が変わってきます。

他人を変えるのは大変ですよね?しかし、自分は自分で変えられます。

するとどうでしょう。
自分が変わると周りも変わるのです。結果的に、人生もが変わります。


日々のストレスを、何にも頼らず乗り越える事はほぼ不可能ですよね?そのため、少しでも対処法を多くもっていることが大事で、ワイルドフラワーエッセンスはその一つです。

なお、一般的にフラワーエッセンスというと飲用を思い浮かべると思いますが、
先に少し書いた通り一番即効性があり、かつ変化の過程を楽しめるのはクリームです。

理由は、肌に塗る(触れる)ことで、ワイルドフラワーエッセンスの力を借りながら自分で自分を癒す、つまりセルフケアができるようになるからです


続けていくうちに、日々の調子がだんだんわかるようになってきて、必要なエッセンスを的確に選ぶことも可能になってきますし、エネルギーが定着していきます。

ワイルドフラワーエッセンスって安全?
使用してはいけない人はいるの?


こんなに変化があると言うと、安全性を心配されるかもしれません。

しかし、使用してはいけない人は基本的にいません。
老若男女使用可能です。


ワイルドフラワーエッセンスの一番の魅力は、安全性です。

よって、副作用もありません。
例えば、自分に必要ないエッセンスを飲んでしまっても、ただ水分となって体から出ていくだけで、必要ない人には何の効果もありません。

ただし、保存にブランデーを使用していますので、子どもや極端にお酒が弱い方は少し注意が必要です。
といっても、一度に大量に飲むのではなく数滴なので、基本はあまり気にしなくて大丈夫です。

フラワーエッセンスはオーガニックの原点!




2008_0313_150011-p10941-b01-036-1
繰り返しになりますが、ワイルドフラワーエッセンスは花のエネルギー(波動)を水に転写したものです。
以前は、花を摘み取って行っていましたが、近年では開花している状態のまま摘み取らない方法でも行われています。
そうすることで、花自体を傷つけずにすむからです。

自然の植物で私たちのカラダと心が癒され満たされる


オーガニックの原点ではないでしょうか。
自然療法にたどり着く方は、かなり精神的に参ってから、もしくはそういった経験がある方が多いというのが実態として多くあるのが現状です。
本当はそうではなくて、未病の一つとしてもっと気軽に色々な人が使用し、そして浸透していくといいと思います。

気になった方、一家に一つワイルドフラワーエッセンス、初めてみませんか。



IN YOUMarketで自分のための心身を整えるインナーパフュームを買ってみよう!

0820190140_59995e04a2f0d




紹介するのは、自然栽培の原料を使用し、
非加熱、未精製で作られた「フレグランスセット」。

とにかく香りが良いのが特徴で、精油が濃縮ジュースなら、
こちらのフレグランスはフレッシュジュースのよう!
一般的な香水と違って、自分の心身を整えるためのフレグランスです。

心身のバランスを崩さないように、全体性を保った香りになっています。
精油を試すと香りあたりしてクラクラしてくるという方も、このフレグランスならきっと大丈夫。

合成香料、合成着色料、合成保存料、パラベンなども不使用です。
自然栽培の植物を非加熱未精製で抽出しているから、香りの命の成分が生きています。

長く香りは残りませんが、身体の深くまで届き、身体と心のバランスを整えるのに最適なフレグランスです。
特殊な酵素を加え、有機エタノールで抽出した非加熱未精製の香りは、
一般的な水蒸気蒸留の精油で切り捨てられてしまう微量の香り成分も残っています。

生命の生きられる温度帯で作ってあるため、香り成分のみでなく、48度程度で壊れてしまう酵素、
58度程度で壊れてしまうビタミンも残り、ミネラルも溶け出ているのです。
月の運行も考慮に入れた独自の方法で抽出し、体と心へ働きかけるフレグランスです。


オススメの記事

天然由来の香りだったら安全なの?「答えは、NOです。」健康被害のリスクも危惧されるキケンな香りのこと。

香水は有害と使用を諦めていませんか?病の予防効果もある位実はすごい「香り」の威力。様々な効果を得られるオーガニック香水で幸快適な毎日を送る方法

予防接種の本数=3歳までに発熱する回数。あなたはそれでも我が子に予防接種を打ちますか?


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

akiko takishita
ワイルドフラワーエッセンス アドバイザー/JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター 育児と自身の大人になってからの喘息発症を機にオーガニック・自然療法を本格的に勉強。毎日体調に合わせたブレンドハーブティーを入れるのが日課。 美容雑誌の公式ブロガー経験もあり、ビューティー面からのアプローチも得意。 現在は、ワイルドフラワーエッセンスアドバイザーの資格を活かし、「心と身体に効くフラワーエッセンス」をコンセプトに普及活動にも精力的に取り組んでいる。 東京都内在住。二児の男子を持つ働く母。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMGP8729 縄文時代から続く驚異の海の野菜。簡単「昆布水」の作り方とその活用…
  2. 82E54A32-CD07-4AB5-B0FB-C168222C27B5 さまざまな料理と相性抜群!万能「ハニーマスタードドレッシング」と…
  3. 一袋200円のサプリに意味はあるのか?国内に出回る市販サプリメン…
  4. fullsizeoutput_161 甘いものがやめられない!味が薄いと物足りない!コントロールできな…
  5. FotorCreatedp 除菌・消臭スプレーは毒の霧!除菌し過ぎは免疫力を確実に低下させる…
  6. siriarugazou1 一見健康そうなのに、本当は不健康な食品「シリアル」の原材料知って…
  7. 2000px-Mitochondrion_structure.svg 細胞レベルで健康に。体に備わる「ミトコンドリア」を活性化させ、病…
  8. tractor-field-spray いまだ日本国内で使われ続けるネオニコチノイド系農薬 安全神話の崩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • 佐野亜衣子
  • izumi
  • hiroro
  • kahosaito
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • 池田 歩
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuriesasaki
  • jyunko
  • haruna
  • maejima kanako
  • 加藤 晴之
  • 室谷 真由美
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • yuko ueno
  • ひかりあめゆうすけ
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • akiko takishita
  • クレイトンまき
  • Mao
  • 坂上恭子
  • kajikawa akiko
  • 東條 由美子
  • yokosato

カテゴリー

PAGE TOP