くらし

世界の食べ物のうち3分の1がゴミ箱行き!あなたの家の、冷蔵庫は大丈夫ですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、食べ物を一日のうちにどれくらい捨てますか?

・食べきれなかった夕飯ののこり
・頂き物
・冷蔵庫で眠っている腐りかけた総菜
・たくさん作ったけど、もう食べられない作り置き
・買いすぎて結局食べられなかった野菜


など。

毎日のようにゴミ捨て場に行って大量のごみを捨てている、というご家庭もあるかもしれません。

フードロス、と聞くと世界の知らないどこかの国で起こっている
関係のない他人事のように聞こえてしまいますか?


フードロスと聞くと、なじみがない言葉なので、
日本人には関係がない・・と思う人もいるかもしれません。

しかし、実はあなたもよく知るとても身近な場所、

スーパー、コンビニ、デパ地下、カフェ、レストラン、チェーン店・・・・
などでも、毎日せっせと大量の食品が捨てられていることをご存知でしょうか。


garbage-1622130_960_720

ところで、あなたは世界の食べ物の3分の1は
ゴミ箱いきであるということを信じられますか?


スペインのクリスマスの後は
1/3もの食べ物がゴミ箱行きに!?

スペインではクリスマスを家族や親戚で集まって盛大にお祝いする習慣があります。
私も今年のクリスマスはスペイン人の彼の家族と一緒にお祝いしました。

plate-1968011_960_720
お祝いということもあってクリスマスイヴには
すごくたくさんの料理がテーブルに並びました。

並んだというよりは、次から次へと料理が運ばれてきます

X'mas and Newyear #2_7811_0
生ハムやチーズ、サラダ、イカのから揚げ、パエリア、子羊のオーブン焼き、ムール貝の香草焼き...
さらにデザートのレモンシャーベット、ドライフルーツのワイン煮など...

X'mas and Newyear #2_9325
どれもとっても美味しいのですがとても全部を食べきれる量ではありませんでした。

X'mas and Newyear #2_9504_0
結局それらの多くは捨てられてしまいます。

これはスペインではよく聞く話。


スペインの新聞El Paisによると、
2016年のクリスマスのために購入された食材の三分の一はゴミ箱行きになってしまったそうです。


スペインなど地中海エリアの国ではもともと食に対する強いこだわりがあります。

給料の17%を食費にかけている人がほとんど

と言われ、
日曜日には離れて住んでいても必ず家族が集まって食事をしたりと、
大勢で食事を囲む文化を大切にしています。

wine-1938924__340
しかし、たくさんの料理でもてなそうとする気持ちが強すぎ、
多く作りすぎてしまったり食材を無駄にしてしまっているのも事実です。

日本もお正月や家族が集まったりするときには食べきれないほどたくさんの料理が振舞われますよね。
オードブルなど余って捨てられてしまっているのを
誰もが一度は見たことがあると思います。


cold-buffet-338538_960_720

無宗教・イベント好きな日本人の行事食が生んだ悲惨な食品破棄問題

イベントやお祝い事の時などだけではありません。

海外だけではありません。

最近では
日本でも節分の日の恵方巻きが大量の食品廃棄で問題になっています。



節分の日、恵方巻きが隙間なく並べられているスーパーやコンビニ。
売れ残った食品たちは一体どこへ行くのでしょうか。


スーパーやコンビニやデパ地下で大量に売れ残った恵方巻は、もう行事が終わればニーズがなくなります。
さらに、生モノであるため、次の日には廃棄処分されています。しかも大量に。


garbage-1260833_640
恵方巻きだけではなく、
季節に合わせた期間限定の新商品は期間が過ぎると廃棄されてしまいます。

「食べられるのに捨てられる食品」

普段の食卓でもどれだけの人が残さず毎日完食出来ているでしょうか。
せっかく美味しい料理なのに、食べられることなく捨てられてしまうのは本当に残念です。

スペイン・日本だけではない!
世界でも食品ロスは大きな問題となっています。


ヨーロッパでは毎年8800万トンもの食べ物が無駄に捨てられてしまっています。


金額すると1,430億ユーロにもなるという驚愕の事実。
世界全体を見ても、全世界で生産されている食品の約1/3が無駄にされているのです。

india-585078_640

日本では年間約632万トンもの食品が無駄に捨てられてしまっています。


632万トンと言われてもピンとこないかも知れません。

でもこれは一人当たりに換算すると
毎日お茶碗一杯分の食べ物を捨てているということなんです。

お茶碗一杯と考えるとそれほど多くは感じませんよね。
しかし、毎日大量の人口がお茶碗一杯のご飯を捨てたらどうなるか・・ご自身の中で、イメージしてみてください。


心当たりがある人、あるいはそれ以上捨ててしまっているという人が多いのではないでしょうか?

世界では現在約8億人もの人が飢餓に苦しんでいます。


そして、

毎年1700万人もの人が命を落としている

のです。

people-1550501__340
それに対し、あまりにも多くの食品が無駄にされているのを知ると、悲しく怒りさえこみ上げて来ます。

無駄にされている食料で今、
飢餓に苦しんでいる人を何人救えるでしょうか。


先進国では消費者が理由でフードロスになっていた

発展途上国の食品ロスのほとんどが収穫後や仕分けの段階で処分されてしまうのに対し、

先進国での食品ロスは、40%以上が小売りや消費者レベルで捨てられてしまっています。


つまり日本やスペインなど、
先進国に住むわたしたち消費者が主な食品ロスの原因
となっているのです。

ものがあふれた結果、捨てるしかなくなってしまったのです。
責任を感じる必要がありますね。

食品ロスは地球温暖化の原因にもなっている!

食品が廃棄されると一部は家畜の飼料や肥料として使用することが出来ますが
ほとんどが処分されることになります。

食品を処分する工程で発生する二酸化炭素の量は
日本では

年間4500万トン

と言われています。

earth-1996528__340
逆に言うと食品ロスを無くせば

年間4500万トンもの二酸化炭素の排出削減になるのです!


また食品の生産には人件費、肥料や機械など多くのお金と労力がかけられています。
その努力がすべて無駄になってしまうのです。

コスト削減や地球環境保護のためにも、
食品ロスをなくすことはとても重要なステップといことですね。

食品ロスの主な原因はいったいなんなのでしょうか。


食品ロスには様々な理由があります。

大企業のマーケティング戦略によってたくさん買ってもらおうとすることによって生まれる食品ロスや
企業が、在庫管理が出来ていないケース、もちろん消費者の私たちに責任のあるものもあります。

paying-1438142__340

具体的にはこれらのものがあげられます。


・お店でよく見かける
「1つ買うと2つ目は無料」などの広告

お得に多く購入することが出来るので消費者には嬉しいように思いますが、
本当に2つ必要なのでしょうか。
余って捨てられてしまう可能性があるのなら、必要な分だけ買うようにしなければなりません。

・「賞味期限」と「消費期限」の意味をよく理解せず、
まだ食べられるのに処分してしまうケース。


賞味期限が過ぎてもまだ十分食べられるのですが、
消費期限との意味の違いをしっかり把握していない人もいます。
その結果、腐ってもいないのに捨てている可能性があるのです。

・レストランなどで提供されるメニューのサイズ

は適切でしょうか。
量が多くてお得でも、残されてしまっては意味がありません。
海外では多く提供する習慣があるように思いますが、全ての人が食べきれる量を考える必要があると思います。

・ケータリングサービスなどで顧客数を把握するのが困難なケース

よくケータリングなどでビュッフェが綺麗なまま残っていたりします。
食べ物はデコレーションではないのですから、しっかり美味しく頂いてください。

高品質基準

特に日本では形の整った野菜や果物しか流通せず、基準を満たさないものは処分されてしまっています。
前回の記事で記載したように、形は劣っていても品質や味に問題はありません!

安物好きの日本人が生んだフードロス

Japanese_bread_Otsutome
また安かろう悪かろうを好む日本人は
高いものを買って、ひとつひとつ大切にいただくのではなく、安いものをちょこちょこ買う傾向にあります。


安物セールで「低品質なものを安価で買う」といった貧乏根性もまた、
消費期限切れの食べ物を増やし「安かったし捨ててもいいか」といった気持にさせます。


このように食品ロスの原因は様々で消費者にも市場にも問題があるのです。
両方からのアプローチによって改善していく必要があります。

私たちが日常で取り組めることは?


実際に私たちの生活の中で出来ることがあります。
ひとりひとりが気を付けて生活をすることで、食品ロスを減らすことが出来ます。

買い物メモを作る

冷蔵庫にある食材も確認し、不要な買い物を避けましょう。

日付を確認する

消費期限までに使い切れる分だけ買いましょう。

予算を決める

食品ロスはお金のロスでもあるのです。
予算を決めて買い物をすれば買いすぎを防ぐことが出来ます!

古いものから使う

買ってきた食材は冷蔵庫の奥に入れて
消費期限の短いものから先に使えるように冷蔵庫の目の届くところに置き
整理整頓された冷蔵庫にしましょう。

大盛りより小盛りに

食事を出すときは盛りすぎないようにして
全て食べきってからおかわりをするようにします。

・安いものを買うのではなく高いものを選んで大事に食べる。

安物を買った結果、大量に捨てる。
高いものを買った額よりも高くついていることにお気づきでしょうか。

であればオーガニックなど、多少高くてもよいものを選んで買って
そのかわりできる限り捨てないように大切に食べきる努力をするなど工夫していただきたいと思います。


他にも食品ロスを減らすために出来ることはたくさんあります。
自分の生活をもう一度見直し、出来ることから初めてみましょう。

大量生産大量消費型の社会から循環型社会へ
あなたの貴重な選択が必要とされています。
IN YOUMarketでORGANICなプロダクトを選択してみませんか。



IN YOUMarketから始まる食品ロス削減

「食べること」や「食べ物を大切にしたいという人間本来の気持ち」に立ち返って、
「食べる」ことへの感謝を。


安物を大量に買うのではなく、
オーガニックなものを買って、食べることに対する感謝をし、フードロスを守りませんか。


おすすめの記事

私達は盲目牛やストレスにさらされた病気同然の肉を食べている。その肉と卵の実態、知っていますか?

国内の約三倍の農地を海外に頼り、世界中の資源を消費する日本。9人に1人が栄養不足、1/3の食料が捨てられる深刻な食料事情。

農薬のついた綺麗な野菜に騙されないで。海外の施策から学ぶ、外見に惑わされない野菜の選び方。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

オーガニック料理ソムリエ はりまや佳子先生の1DAYクラス

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

廣瀬花
実家は北海道にある小さなオーガニックファーム。 大学を卒業後、現在はスペインに住みながらライター活動をしています。ヨーロッパと日本とを繋ぐ存在として、芸術やファッションに関わるコーディネート業務も。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. %e7%82%ad 天然の空気清浄機で浄水器を作ろう。農薬・放射性物質にも立ち向う力…
  2. img_2435 風邪やインフルエンザに負けない!いざというときに食べたい「ゆずは…
  3. 17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_s おつまみで翌朝の悪酔い・二日酔いを予防する裏技!二日酔い対策にお…
  4. DSC_6344 超簡単・時短!ご飯のお供に。醤油麹でつくる、砂糖不使用&うまみた…
  5. DSC00803 (1) グルテンフリーパンケーキミックスで、とっても簡単! 超美味しいヴ…
  6. groats-1459940_960_720 「気にしていたら食べるものがなくなる」は思考停止のサイン。これか…
  7. 20 プレゼントにもぴったり【白砂糖・小麦粉・卵・チョコレート不使用】…
  8. seed 健康に暮らすなら絶対知っておきたい野菜の種のお話

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • 松永加奈恵
  • ami tominaga
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 松橋佳奈子
  • 室谷 真由美
  • watanabe  
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  • jyunko
  • yuriesasaki
  • 上村 歩
  • 池田 歩
  • emi tanaka
  • 齋藤 香帆
  • mimi saito
  • 柿谷圭之助
  • WakasugiHiroko
  • 加藤 晴之
  • ひかりあめゆうすけ
  • Mao
  • Nakamura Akitsu
  • mariko ito
  • Mint
  • 細道眞希
  • 煙山昭子

カテゴリー

PAGE TOP