お悩み別

日本女性、危機的状況!?私には関係ない…と思わないで!日本の不妊治療の厳しい実情と日常で心掛けたい習慣・食生活・対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
embryo-1514192_960_720

6組に1組という数字をみて何の数字だと思いますか?

ネットでこのワードを検索すると1番にヒットします。

「6組に1組」は、2010年6月に行われた「第14回出生動向基本調査」がもとになっているようです。

そのデータを見てみると、
不妊の「検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)」
と答えた夫婦が全体で16.4%。


およそ6組に1組の計算になります。

http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou14/doukou14.asp(参照記事)

こまる
また、同じ調査では「流産を経験した夫婦」の割合も16.1%で、およそ6組に1組。

ちなみに、5年ごとに行われているこの調査では、
前回(2005年)は13.4%で「7組に1組」
前々回(2000年)は12.7%で「8組に1人」となっているので、
不妊のカップルは年々増えているといえます。

ただ、すべてこの数字が不妊症と診断されたわけではないので気を付けて下さい。


赤ちゃん

不妊の定義

従来の定義の「2年というのが一般的」
「1年というのが一般的」と変更するのが適当であるとの結論に達しました。

わが国において、女性の晩婚化やキャリア形成指向、
その他の理由により女性の妊娠する年齢が上昇する中、
不妊(症)の定義の変更により、女性がより早期に適切な不妊治療を受けることにつながると期待されます。

技術
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20150902.html 参照記事

不妊治療の実状

日本は残念ながら、体外受精の実施件数は世界一なのに
出産率は世界最下位なのが実状だというのです。

http://toyokeizai.net/articles/-/168431 参照記事


技術レベルが低いわけではないのです。
日本の技術はトップレベルの施設で行われているので治療はむしろ、欧米より日本の方が技術力はあります。


日本人は妊娠や不妊治療に関する正しい知識を持っていないがゆえに、
妊娠のチャンスを自ら逃してしまっていることもがあるんです。

身体は冷えていることが多く、冷えが妊娠しにくいことが原因

となっていることを理解する必要があります。

不妊治療の進め方

たまご
病院に行くとまず、必ずAMH(アンチミューラリアホルモン)の値を測るケースが多いです。

AMHとは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。

血中AMH値が原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられています。
その値は、卵巣内にどれぐらい卵の数が残っているか、
つまり卵巣の予備能がどれほどかを反映するものです。

その為、この値が低いと卵子の数が少なく妊娠しにくいと思われがちになりますが、
そうではありません。

値が0に近い方でも妊娠・出産はできる可能性はあるのです。


受精卵さえできれば、妊娠出来る可能性は出てきます。

重要なのは、その受精するまでの利用できる卵が残っているかどうかが問題で、
その卵が残っているかどうかを判断するのがAMHの測定なのです。
元の卵子(原始卵胞)は十分あっても反応が悪いため、育とうとする卵子が少ないだけ、かもしれません。
※個人差・状況にもよりますが、数値が0に近くても悲しまないで下さいね!!不妊専門のヨガの先生がお話してくださいました。

(これは、個人差もあることですが、育つ卵がない、他の疾病がある場合は又別の方法を考える必要があります。)

原因は季節や身体のコンディションによって値も変わったりします。
数値は上げる努力をすると、卵子が育ちます!


それには、ミトコンドリアを増やすことが大切。


薬には必ず副作用がある

くすり
不妊治療を行う中で、排卵誘発剤の「クロミッド」を使用する場面が多くあります。
特にタイミング法での妊娠率を上げたいときには、クロミッドを服用します。

このクラミッドは卵子を成熟せてくれる効果はありますが、
副作用として子宮内膜がツルツルになり薄くなる可能性があることが分かっています。
子宮内膜がツルツルで薄くなってしますと、せっかく受精した卵も着床しません。

薬を使うのは、タイミングを見て確率が高い場合では、試す価値はあると思いますがタイミングが大切と産婦人科の先生がおっしゃっていました。

卵巣は傷つきます

あな
クロミッドを使用して卵胞が育ったら、経膣超音波で確認しながら採卵を行います。
膣壁から卵巣にハリを差し込んで、卵胞液ごと卵子を吸引するのです。
すごく細いハリを使いますがその為、何度もチャレンジした場合卵巣は穴があきます。
身体を傷付けることになるのであれば、回数は少なくしたいですよね・・・

こんな話を聞くとビックリ・・・
ショックですね・・・

以前私が産婦人科で働いていた時にドクターから聞いた話です。

私も話を聞いた時にはびっくりしましたし、ショックでした。
でも、この情報もデータも知らない人の方が多いと思い、今回記事にさせて頂きました。

データは、必ずしも全ての方に当てはまるものではないでしょう。
ですが、一番は怖いのはやはり・・知らないということが怖いと思うのです。

個人差があることなので、全ての人が当てはまることではないでしょう。
私が実際に専門家に聞いて自分もどうするか考えているところです。

ただ、私は以前赤ちゃんを諦めないといけないことがあり、ある疾患で手術もしたことがありました。
いざ子どもが欲しいと思ったときに、なかなか授かることが出来なかったのです。

相手に問題があるのかと思い、検査もしました。
(最近の不妊の問題では、男性に問題がある場合もあることがわかっている)

でも、相手の方は問題ありませんでした。

そこで原因はやっぱり私・・・と思い、ある時に不妊専門のヨガの先生に出会い、話を聞いてきました。
そこでも、やはり産婦人科の先生がお話していたことと同じ話を聞きました。

そのような経験を踏まえてやはりまずは自分で出来ることをやってみよう。
まず、自分に出来ることは自分の身体のケアをすることが大切なのだと実感してしています。

そして、その先に薬や病院に行くことは自分で選択するべきタイミングで決めていこう。と考えるようになりました。
女性は、タイムリミットがあるとよく言いますよね。

本当にそうだと思います。
ですが、ネガティブなこと、情報だけを考えるのでなく、改善できる策があるのならばトライしていくべきだと思います。


不妊治療をしている方、治療をしようか考えている方・・
その方には辛く、厳しい話かもしれませんが、私も話を聞いた時自分が直面した時にとても辛くなりました。

ですが、産婦人科の先生も、不妊専門のヨガの先生も
自分で選んで選択して決めて後悔の無いようにしていく必要があります。と、おっしゃってました。

ステップアップして治療を行うことも大事ですが、一度身体を休めてケアすることも大事です。

どうしても、不妊治療で悩んでしまうと・・・


年齢という壁・AMHの値が低い・受精卵が出来ない・生理が来る・・・落ち込む。
私もそうです・・・

ですが、ネガティブな情報だけではなく、
ポジティブに考えていくことが一番の妊娠に近道となるとい思いますよ!

なく

時間と心に余裕を持って望むことが大切です!

妊娠への近道は、通院ではなく根本的に妊娠できるための基礎:身体作りが大切です。

時間と心に余裕を持つことは、今は私は理解出来るようになりました。

今の若い人、まだまだ子どもは・・と思っていて、いざ欲しい。と思ったときには難しい・・・時間が無い。と後悔をする前に知ってもらいたい情報です。


子どもを授かるために気を付けたい3つのポイント


1 ストレスを貯めない
2 適度な運動をする
3 食事を気をつける


心はストレスが一番影響が大きくあります。
NOストレスな生活が大切です。

運動をして、身体の活性化をしましょう。
食事で体を温め、本当の健康体にすることも大事。

料理

3つのポイントの中でも最も大切なのが身体を温める食事


「身土不二」という言葉を聞かれたことがありますか?

これは仏教用語なのですが、「身」と「土」は切っても切り離せない関係があるということです。
それでは、意味がわかりませんね。

分かりやすくご説明しましょう。

人間の体は、生まれ育った土地で生産される食物と深い関係があるということ。
寒い地方で育った人は、その地方でとれる果物や野菜が最も体に合っているのです。

その逆もしかり。

「身土不二」を大きな意味で捉えると、日本人は日本で作られた食物が、最も体に合っているということになります。


体を冷やすと言われている海外の果物ですが、日本で栽培された果物は海外の果物よりも身体を冷やす作用が少ないと言われています。
地元の食材が最も体にいいということがマクロビオティックの基本です。

これは、お水もそうです。
ミネラルウォーターを買うときには、海外のものではなく国産の住んでいるところに近いものを買うようにしうてみると良いです。

陰(身体を冷やす)食べ物
陽(身体を温める)食べ物


陰 陽
身体を温める、陽(身体を温める)食べ物を積極的に取り入れて行きましょう。

体を温める食べ物・食材と体を冷やす食べ物・食材の目安(冷え性対策:食材選択のポイント)

生産された場所

寒い地方で産出された食べ物(食材)、冬が旬の食べ物(食材)は体を温めます。

北方産の食べ物(食材)は体を温め(陽性食品)、
南方産の食べ物(食材)は体を冷やす(陰性食品)。


北方に住む人はただでさえ寒いのだから、自然に体をあたためる食べ物(食材)を摂るようになり、
また、それが育ちます。

南方に住む人は暑くて仕方がないから、そこでは体を冷やす食べ物(食材)と摂るようになり、
また、それらがよく収穫されることになります。

たとえば、そば、塩しゃけなどの北方産の食物は体をあたためる。

また、果物は一般に体を冷やす作用がありますが、例外としてリンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーンなど、
コーカサス地方原産の果物は体を冷やさないです。

玄米

食材の色

色の黒っぽい食べ物(食材)
濃い食べ物(食材)
暖色(赤・黒・黄・橙色)
の食べ物(食材)は体をあたためます。


例えば黒豆、小豆、ひじきなの黒に近い色をしているものは、体を温めます。

また、白米より玄米、緑茶より紅茶、白ごまより黒ごま、白砂糖より黒砂糖、白ワインより赤ワインなどいろの濃いもののほうが体を温めます。
肉や魚も、白身より赤身が体を温めます。

IN YOUでは自然栽培の玄米をおすすめしています。


食材の生育の仕方

土
地下でエネルギーを蓄えた食べ物(食材)は体を温めます。
地面の下に埋もれているものは、体を温める性質
をもっています。

根菜類やイモ類は自分に熱があるので、熱い太陽から逃れようとして、地面の下へ深く伸びようとします。
逆に冷たい性質をもつ食材は、熱を得ようと太陽に向かって伸びていきます。

気になるものや、直接土に接していないものは冷やすものが多いです。

食材の硬さ

vegetables-2268682_640
水分が少なく硬い食物(食材)は、柔らかいものより体を温めます。
柔らかい食物(食材)は、水分や油分を多く含み、体を冷やします。

水分は体に大切なものですが、摂取した水が尿や汗として排出されないと、
水分が体に溜まって体を冷やすことになります。

油は水とは反対の性質ではあるが、体を冷やすということでは同じです。

今の季節  春

春
春という時期は冬から夏への季節の変わり目で、
体の中で「緊張の神経」とも呼ばれる交感神経が優位の状態から「リラックスの神経」
とも呼ばれる副交感神経が優位の状態に体調が変わる変わり目の季節です。

春でも寒い日は交感神経がよく働き、温かい日は副交感神経がよく働く。

一週間のうち、ある日は交感神経優位、ある日は副交感神経優位になるので、
バランスがとりにくく、
ここから自律神経失調という状態が起こりやすくなります。その為5月病などがあります。


自律神経の神経細胞に必要な栄養素はビタミンB1とカルシウムです。

ビタミンはB1はネギ、ニラ、ニンニク、タマネギ、らっきょうに入っています。
春には特にこれらを多めに摂りましょう。


小麦、胚芽にも入っているので、黒パンや胚芽米をしっかり摂るのもいいでしょう。
カルシウムは小魚やエビ,イカ、タコ、貝、牡蠣などの魚介類、黒砂糖、海藻類、自然塩などに入っています。

また、漢方では生姜とシソの葉が昔から「気を開く」「抑うつ状態をとる」といわれています。

生姜紅茶やシソの葉を入れた味噌汁、
シソの葉のてんぷらなど、
生姜やシソの葉を摂ることは春先の精神的な不調には効果的なんです。

この時期を乗り越えるには、野山に芽吹く山菜や、花菜(菜の花、ふきのとうなど)を食べるようにすると良いでしょう。

edible-wild-plants-972998_640
山菜や芽のものには、植物が活動をはじめるのに必要な良質のたんぱく質や、多種多様なビタミン、ミネラルが含まれます。

こうした山菜や花菜、木の芽に含まれるアルカロイドという苦味成分には、人の細胞を活性化する作用があります。
これを食べることで人の細胞も刺激を受け、冷えが緩和され、身体が温められる効果があります。

調味料・その他に含まれるものにも注意が必要

バナナ_糖質高い
コーラ、砂糖入り飲料水、 アイスクリーム、牛乳、砂糖菓子、菓子パン
日本酒(合成酒)、白砂糖、化学調味料、イーストパン(砂糖入り)

この食材は身体を冷やしてしまいます。

石油由来の残留農薬を使われている野菜なども、
せっかく身体を温める野菜でも意味が無くなってしまいます。

白砂糖などの甘味料、人工的に作られた食品添加物、などは身体を冷やすだけではなく、
ミネラル不足から、腸内環境の悪化や、身体の不調・未病が悪化し重病になる原因にもなりかねません。

これらは、まったく身体に必要のないもので、不妊の原因を悪化させることへとも繋がります。

食べ物以外でも身体を温める必要があります!

ケミカルナプキンから、布ナプキンに替えることで、冷えを防ぐことが出来ます。

おすすめはこちらです。

【大人気!再入荷!】オーガニック認証オーガニックコットン100%の安心布ナプキンスターターセット


一生のうちにあと何度、ナプキンを使うと思いますか?「市販ナプキン」を使っている全ての女性へ伝えたい、布ナプキンの基本の「き」。布ナプキン生活のメリット。

腹巻やレッグウォーマーなどを使って、お腹、手首、首、足首を温めると身体を冷えから守れます。
こういった身体を温めることも大切です。

すべての女性の方へお伝えしたいこと。

笑顔の女性
女性なら子どもを産みたいと思う方が多くいらっしゃると思います。

このご時世で、女性も働き忙しく、ストレス社会の中で、気を張り詰めて我慢して働く方が多くいる世の中で、
少しでも、身体や心の負担を無くし、妊娠を望み、家庭の繁栄に繋がっていけたらと願います。

病院に通う時間、心も身体も疲れる前に、食事で改善していきましょう。

私の周りでも、不妊で悩み治療を考えている方が多くいます。

治療をしてなかなか妊娠できず悩んでいる方もやはり多くいらっしゃいます。
ですが、その後食事を変える・意識することで改善していく方も多くいらっしゃいます。

私も、知らないことがたくさん最初は沢山ありましたが、自分がその当事者になるとやはり辛くなります。
ですが、正直知らないより知ったことで後悔なく自分で選択していけると思いました

心と身体に優しいものを食していれば、健康で健やかな気持ちになれると、パートナーとの距離もグッと近づきますよ!


まずは体を温めることから始めてみよう!
IN YOUMarketで体がぽかぽか温めるためのグッズをGETしてみよう。

0418185819_58f5e33b793b4




最高級のシルクに、ボタニカルダイという特殊な染色技術を使い、薔薇のもつパワーを余すことなく感じていただけます。

身体と生命の要である、
子宮という大事な存在を愛していたわってあげてください。
まずは第一歩としてナプキン、 またはライナーから。


体を温める小豆もCHECK!

0413132125_58eefcc5735d8




有機肥料すら使わない、栄養価豊富な完全自然栽培!
私たちの体を作ってくれている食べ物の質と美味しさを高めてくれ、
毎日の食事作りの大切さを教えてくれる豆です。

おすすめ記事

「生まれる前」からできる子への最大の贈り物「腎精」を減らす習慣と増やす習慣とは。父母となる前に知っておいてほしいこと。
その身近な不調は既に体内に蓄積されている化学物質のせいかもしれません。化学物質の健康への知られざる影響について。
えっ鼻歌習慣で健康に?!不妊対策やアレルギー疾患にも効果的!誰でも出来る「鼻歌 腹式呼吸」のやり方。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

maejima kanako
東京生まれ東京育ち、 保育園栄養士経験14年。 オーガニック料理ソムリエ。 シッター経験も含め500人以上の子ども達の (食物アレルギー相談、偏食・好き嫌い・障害児の食事のサポートをする) 食事は身体や心の形成にもっとも大切であるというポリシーをもとに ママや妊婦さんや、子ども の食事・栄養・子育てをもっと楽しくしたい人の手助けをしています。子どもの持っている生きる力は無限大、その力をもっと引き出してあげて、本能を伸ばしていけるコツが食と子どもとの関わり方にあると考えています。 小さい時、重度のアレルギー・アトピーの体質で産まれてきました。中学生になるころにはアトピーも治り、アレルギーも完治。自分の免疫で治していきました。今では何でも食べられますが、添加物・農薬には敏感で・身体の反応はすぐにでます。この経験からも、子どもを育てているママや、これから子育てしていく女性に大切なことを伝えていきたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. strawberries-1955280_960_720 アトピー性皮膚炎の症状が、季節の変化によって症状変化するのは何故…
  2. fotorcreated アスリートは風邪を引きやすい?!ハードな運動は免疫力を下げ逆効果…
  3. avocado-2644150__480 高いコスメやエステ通いはもう不要!食べられる天然素材だけでできる…
  4. mugwort-170812_960_720 初夏の虫除け&虫刺され対策どうしてる?おばあちゃんの知恵袋から、…
  5. ice-374148_960_720 お子さまの平熱は何℃ですか?大人だけじゃない深刻な子供の低温化。…
  6. bathroom-15612_960_720 体臭や口臭は体からの異常のサインです。洗ってもうがいしても治らな…
  7. 体内毒素・便秘・花粉症に。ドクダミ茶でデトックスして毒溜め体質を…
  8. コーヒーは陰性でも悪ではない!全てのコーヒーラバーに送る、薬膳的…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 煙山 昭子
  • 工藤 万季
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • 桺町 瑠璃
  • 室谷 真由美
  • クレイトンまき
  • yokosato
  • Mint
  • ゆみえこば
  • 横田 浩
  • うちゅう
  • 坂田 まこと
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • yumi
  • 足立 由紀子
  • 加藤 貴大
  • jyuan
  • 霜崎 ひろみ
  • akemi
  • 東條 由美子
  • AYANO
  • AKIKO MIYAKAWA
  • yoshi.fukusawa
  • 永樂茶百合
  • Halu
  • MARIE
  • hata ikue
  • 結緒織
  • 高根 佳子
  • riko tanaka

カテゴリー

PAGE TOP