おかず

油を合わせることでリコピン吸収率UP!オリーブオイルを使った絶品夏のトマトレシピ2選!『フシコス』で夏のサビない体づくりを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャチ

さて夏本番。
サラダや冷製パスタなどが活躍する季節。
そして、紫外線を浴びる季節です。

紫外線を浴びて活性酸素の生じた体をサビから守るには、
抗酸化力の高い食品を摂って「体の中からアンチエイジング」をすることが大事。

今回は抗酸化作用のたっぷり詰まったオリーブオイルと夏野菜を使ったレシピを紹介します。

夏野菜はオリーブオイルとの相性抜群!脂溶性ビタミンは油と一緒に摂ると吸収率がアップする。

shutterstock_49095901 (2)

このレシピで使う、フシコス


旬の夏野菜にはビタミンや多種のフィトケミカルがたっぷりつまっていますね。
それに、夏野菜に豊富なカリウムは、体の熱をとってくれる働きを持っています。

夏野菜の代表、トマトやピーマン、茄子にかぼちゃ、オクラ、モロヘイヤ、などなど、
これら色の濃い野菜には脂溶性ビタミンが豊富に含まれています。

vegetables-1566051_960_720
実は、脂溶性のビタミンは、そのまま食べてもほとんど体に吸収されません。
ヘルシーだからと生野菜をノンオイルドレッシングで食べたり、
なんでもスムージーや野菜ジュースにすればビタミン補給できると思っている方、
そのビタミン、あまり体の構成要素として働いてくれませんよ。

脂溶性ビタミンは、その名の通り、油に溶け出すので、
油や油脂の多い食品と一緒に摂ることで吸収率が格段にアップするのです。
o0500037513358954667 by ameblo.jp/maki-han

昔からほうれん草や小松菜はナムルやごま和えに、
にんじんは油と一緒に炒めてきんぴらやグラッセに、
茄子は油揚げと一緒に味噌汁にしたり、揚げ茄子にしたりしますよね。
かぼちゃにはチーズや乳製品を合わせてグラタンやスープを作りますよね。

先人たちの美味しく食べる知恵は、
栄養を効率良く摂るための生きる知恵でもあるわけです。

昔の人は、これを頭で考えずに舌で感じていたのですから素晴らしいですね。

茄子
夏野菜ととにかく相性がいいのが、オリーブオイル!
オリーブオイルに含まれるポリフェノールやビタミンEは抗酸化力が非常に高く、
加熱による酸化を極力抑えてくれるだけでなく、
オレイン酸が脂溶性ビタミンの吸収を高め、体内で効率的に働く手助けをします。

特にトマトに含まれる抗酸化成分のリコピンは
オリーブオイルと一緒に摂ることで、吸収率が倍近くアップすることが知られています。
(参考)http://www.kagome.co.jp/research/summary/010518_01/

tomatoes-1476093_960_720

このレシピで使う、フシコスの購入はこちら


また、トマトは加熱するとリコピン吸収率はさらに2〜3倍に上がり、
抗酸化物質を効率的に摂る事が出来るんです。

オリーブオイルでトマトを炒めるパスタ料理は、まさに、イタリアマンマの知恵ですね!

pasta-955167_960_720
夏野菜のビタミンの吸収を高めてくれるオリーブオイルは、
もちろん良質なものを選ぶことが大前提。

INYOUいちおしのオリーブオイルは、
ギリシャ・クレタ島の上質なオリーブの実から作られる『フシコス』のエキストラバージンオリーブオイルです!

市販のオリーブオイル、ちょっと見直してみて。夏のサビない体作りに『フシコス』のエキストラバージンオリーブオイル。

DSCF8123-1-e1468833520301

このレシピで使う、フシコスの購入はこちら


私たちの周りには工業製品のように「製造された食品」で溢れ返っているという現状があります。

サラダオイルはどうでしょうか?
化学薬品を使って精製した油が透明なプラボトルで販売されています。
これは、日本だけでなく、海外でも多かれ少なかれ似たような状況でしょう。

イタリアでは農家の手を離れて販売に至るまでにあらゆる業者が仲介し、
利益のために安いオイルと混ぜたり、化学処理を施している現状から、
70%もの「エキストラヴァージンオリーブオイル」が
偽造品と指摘されています。


still-life-992475_960_720

このレシピで使う、フシコスの購入はこちら


有機JASがついていれば安心なのでしょうか?
有名メーカーなら安全なのでしょうか?

私はそうは思ってはいません。

市場にはコールドプレスを謳うオリーブオイルはたくさんあふれていますが、
そもそもオリーブ農家さんの顔が見える、育て方が見えるというのは、
とても大切なことだと思うのです。

DSCF1334-e1468911350396
フシコスのオリーブオイルは、オリーブの中でも最上級とされるギリシャ・クレタ島の原種に近いオリーブの実からつくられます。
家族経営のオリーブ農家シラキス家が、何千年も前から大切に受け継いできたオリーブの木々の実をつぶし、
丁寧に圧搾し、静置法で濾過されるのを、ひたすら待つだけ。

「自然」という名の通り、
一切の化学処理を行わず採油する、伝統製法で作られています。

20141022-DSCF4335

このレシピで使う、フシコスの購入はこちら


もちろん、オリーブの木々の下にはたくさんのクローバーが生い茂り、共存しています。
農園には樹齢200年を越す木も多く、これら生命力の高い木々から採れる実は、通常の慣行栽培のオリーブよりも
ポリフェノールが非常に豊富に含まれているのです。

13016844_1028295113924189_1192589077_o
これは、何世代にも渡り無農薬で大事に育てられている証拠。

知らない土地のどんな業者が仲介しているか分からないオイルよりも、
作り手の顔が見えて、製造から販売までが明確になっているものは、
栄養価や鮮度ともに信頼すべきクオリティが保証されています。

DSCF8110
ちなみに、私は『フシコス』を買ってから、オリーブオイルに対しての印象がガラリと変わりました。

大量生産のオイルは適切な温度管理もされず、貨物船で3週間〜1ヶ月かけて運ばれてくるわけですから、
たとえオーガニックでも、店頭で手にとる際にはすでに劣化しているものもなきにしもあらず。

shopping-1165437_960_720
ほんとうに無濾過で、非加熱で、静置法で、真っ当に作られた油って、
果汁のようにサラサラで、果実そのもののような新鮮さ、
それだけで飲めてしまうぐらいピュアなんです!

olive-850336_960_720 2

このレシピで使う、フシコスの購入はこちら


フシコスのオリーブオイルには雑味が一切なく、
ハーブのような純粋な香りと、
果実のピリッとした辛みを舌に感じます。

2日で空輸されてくるわけですから、
ギリシャの人達が食べているのとほとんど同じぐらいの鮮度で味わえると言ってもいいですね。

italian-salad-2156729_960_720

生の酵素がたっぷり!『フシコス』を使った超簡単トマトレシピ2選。

10653470_756871887692659_1281442425018411186_n
さて、旬のおいしいトマトで作れる超かんたんビタミンレシピ。
トマトはオリーブオイルとの相性がほんとうに良いですね!
火を使わずに作れるので、台所で汗だくにもならず、あっという間に作れちゃう。

忙しい時にも助かる2品を紹介します。

【①太陽の恵みたっぷり!ぶっかけトマトそうめん。】

IMG_7479
抗酸化作用抜群のビタミンそうめん。
野菜不足になりがちなそうめんの欠点を、トマトつゆがカバーします。
食欲のない時にもするする入るのは、なめらかでフルーティなフシコスのおかげ。

【材料】(2人分)

・そうめん 2束
・ねぎ、大葉、みょうがなどお好きな薬味好きなだけ
(トマトだれ↓)
・トマト(1cm角にきざむ) 1個分
・トマトピューレ 1カップ
・醤油麹大さじ2(またはめんつゆ1/4カップ)
・フシコスEXVオリーブオイル 大さじ3
・にんにくのすりおろし ほんの少し
・塩・こしょう 味をみて適宜


【作り方】

1、トマトだれの材料をすべて混ぜ合わせる。
麺が入ると味が薄まるので、濃いめに味つけをして冷蔵庫で冷やしておく。
2、そうめんを通常のゆで加減より少し固めにゆでる(アルデンテな感じに)。
流水で洗い、氷水でしっかり冷やしてから水気をきる。
3、器にトマトだれを注ぎ、2のそうめんを盛りつける。
大葉、ミョウガ、冷しゃぶなど、お好きな具をたっぷり添えていただきます。

4979(修正)

【②中からじゅわっと出汁がしみ出る、太陽みたいなトマトのまるごとおひたし。】

f6cd5c8020f0a9c07053fff41633b6c9
つゆのしみた果肉がジューシー!
ビタミン不足の時は、これでトマトをペロリと平らげます。
面倒なトマトの湯むきは、直火剥きで時短に。
日持ちするので冷蔵庫にたくさん仕込んでおいても。

【材料】(2人分)

・トマト(柔らかいほうが味がしみこみやすい)2個
・バジルの葉適宜
(つけだれ↓)
・しょうゆ 大さじ2
・バルサミコ酢 大さじ1
・フシコスEXVオリーブオイル 大さじ1
・はちみつ 大さじ1/2
・だし汁 大さじ1/4カップ


【作り方】

1、トマトのへたの部分は切り落とし、頭のほうに包丁で十字に切り目を入れる。
ヘタの方にフォークを刺し、コンロの火であぶってから、水にさらす。
スルスルと簡単に皮がむけます。
2、保存容器またはビニール袋につけだれとトマトを入れ、トマト全体が浸るように空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で一晩おく。
(タッパーなどの保存容器でつける場合は、途中で上下を返す。)
3、トマトの十字に切り目を入れた部分にバジルの葉を刺して完成。
一晩ゆっくり寝かせると、中まで出汁がじゅわ〜っと染みて絶品です!

dae7a685ee4bad1ef6c5e2779735eeff
リコピン摂取に!
まさに食べる日焼け止めですね!

なつはスッと体に入っていくものが美味しい。
ミネラルたっぷり、水分補給にもぴったりです。

自分の目でみて、つくるごはんは、おいしい、しあわせ。

おすすめオリーブオイル「フシコス」

fusikosu5

このレシピで使う、フシコスの購入はこちら


偽装問題が懸念される近年、本物のオリーブオイルを探すのは至難の業。
フシコスのクオリティは、食べたらすぐにわかると思います。
質は製造工程を見たら一目瞭然。
ギリシャクレタ島の由緒あるオリーブ農園と福岡の老舗油屋がコラボし、長年築き上げた技術を駆使したこだわり商品。
少量生産で密閉・空輸された、またとない極上のオリーブオイルをお楽しみください。

提供:クレタシラキス社


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 季節の変わり目や女性の不調に。日本のスーパーフード「味噌」の知ら…
  2. beverage-1869716_960_720 春バテ・春のデトックスにおすすめ!昔から愛されてきたヨモギのパワ…
  3. 抹茶ババロア表紙 のコピー 【白砂糖・乳製品不使用。材料4つ。5分で作れる「紀の善」みたいな…
  4. img_1652 材料3つで作れる濃厚ヴィーガン・ホワイトソース。クリスマスパーテ…
  5. spices-877515_960_720 婦人病と生活習慣病の特効薬ともいわれる、優秀すぎるハーブの王様「…
  6. dddffg 型がなくても簡単!低糖質ころころ混ぜるだけ「グルテンフリーお豆腐…
  7. IMG_3514 【食養レシピ】梅雨時の体の低気圧を乗り切ろう!超万能、超簡単、絶…
  8. baby-716738_960_720 不妊症の原因と、妊娠しやすい体になるための東洋医学から見た体質別…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • 佐野亜衣子
  • izumi
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • WakasugiHiroko
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 池田 歩
  • kahosaito
  • 細道眞希
  • EMI
  • yuriesasaki
  • 室谷 真由美
  • jyunko
  • maejima kanako
  • 加藤 晴之
  • ひかりあめゆうすけ
  • haruna
  • Mint
  • yokosekichiro
  • 桺町 瑠璃
  • 岡田 恵子
  • Mao
  • lelien
  • 煙山 昭子
  • 坂上恭子
  • 東條 由美子
  • kajikawa akiko
  • 與儀俊一
  • yuko ueno
  • maho tanabe

カテゴリー

PAGE TOP