くらし

家族がガンになった過去を振り返って今、思うこと。病気に負けない生き方と食べ方を知る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
food-1022681_960_720

今後日本人の半数ががんになる時代だともいわれている?

これまで日本人の3大死因になる病気といえば脳卒中などの脳血管疾患、心筋梗塞など心疾患、そしてガン一般でした。そして、それらが上位死因をほぼ3等分していました。

1980年までは死亡原因の第1位は脳血管疾患でしたが、それ以降はガンが1位となり、そして今現在、事故や自殺なども含む全死亡原因の中で、ガンが3分の1を占めるようになりました。

さらに今後は、日本人の半数がガンにかかるとまで言われています。

図5
資料元:厚生労働省「参考資料3-1 死因別死亡確率の推移」

ガンは統計などでは、悪性新生物と呼ばれています。

なぜならガン細胞とは、人間の体内で正常な細胞が突然変異を起こして増殖したものであり、

そしてその結果、その人間自体の生命活動を阻んでしまうものだからです。

そしてご存知のとおり、ガンにも多様な種類があり、存命率や年数もそれらの種類によりさまざまです。

それはがん化した臓器にもよりますし、転移の早さにもよります。

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

がんの考えられる主な原因


ここからは主に私の主観として書きますが、特に後天的なガンの主な原因として考えられるのは、

・ 合成添加物や農薬、環境ホルモンなど食品に含まれる不自然な物質の継続摂取

・ 合成洗剤や合成ボディケア用品その他の薬剤からの経皮毒

・ 自然の少ない人工的な環境や、複雑な人間関係による交感神経優位性のアンバランスから来るストレスによる自己免疫力の低下



など、いずれも本来は生物として人間に備わっているはずの、生命力が機能しなくなった、
また、させられなくなったためだと、私は理解しています。

現代病といってしまえばそれまでかもしれません。

現代の便利さを甘受した代償なのかもしれません。

人間の都合で、自然そのものや、地球という環境をシェアして共存すべきだった、その他の生物をおろそかにした罰なのかもしれません。

とはいえ、実際ガンになったら?


理屈はどうあれ、それをそのまますんなり受け入れられる人は、あまりいないことと思います。

病院で現代医学に頼るにせよ、自己免疫力を目覚めさせるために自然治癒法を選ぶにせよ、出来ることなら治したい、

それが無理なら、せめて共存ながらでも生命を繋げたい、そう思うのではないでしょうか。

また無責任なことを言うようですが、自分がガンになるのは、まだ自身の気持ちに折り合いを付けられる可能性があるとして、

もっと辛いのが、家族など身近な親しい人がガンにかかることだとも思います。

がんで父を亡くした経験から思うこと

私自身、父をガンで亡くしました。

私が二十歳ぐらいの頃で、当時は、今現在の私のように食物や人間の身体について正しい知識も持ち合わせていませんでした。

そして、そんな考え方があることすら、これっぽっちも知りませんでした。

944b7ccc168c86c4719b8d2a7d7e2735_s

父は昭和初期生まれの世代の人でした。

毎日お酒をたくさん飲んでは、タバコも、現代のように周囲を気にすることもなく、思う存分吸っていました。

また団塊の世代らしく西洋かぶれしており、洋食を好んで食べ、お魚よりお肉を好みました。

お魚をもっと食べろと言ったら、レストランでヒラメのムニエルを注文するような人でした。

こんな感じでしたから、ガン年齢の40代になって、大腸ガンの大きなポリープが見つかりました。

すでにあちこちに転移した後で、余命は長くて2年だと私たち家族が告げられたときは、ショックと悲しみと共に。

正直、そうなって当然だった、という、どこかあきらめムードがすでにありました。

当時の知識でも、お肉を多く食べ、野菜など食物繊維の多く含まれる食品をあまり摂らないと、腸壁に肉類が停滞する時間が長くなり、それがガン細胞を作りやすくなるといわれていました。

父は野菜や果物があまり好きでなかったので、私たちは父が大腸がんになったのはきっとそのせいで、だからしょうがなかったとあきらめて、結局これといったこともしませんでした。

父にはまだ食事ができる間は自分の好きなものを食べてもらい、痛みなどがひどくなり寝起きもままならなくなると、病院に入院して気休めの検査や痛みの元を取り除くだけの手術。

そして痛み止めのモルヒネの注射を数時間ごと、最後には点滴にして意識も戻らなくなったのち、当たり前のように命を失くしました。

あの時に戻れたら私は何ができたのだろうか。

ですが、今になって、もっといろいろなことが出来たのではないかと思っています。

必ずしもガンを治せたかどうかはわかりません。

ですが、例えばそのガンになる前に、例え父が野菜をあまり食べず、洋食好みだったとして、それでもガンを防ぐ食事が出来たのではないかと思うのです。

前述のように、父はお酒が好きでしたけれど、その代わりおつまみとして、お刺身や冷奴はよく食べていました。

当時はオーガニックという言葉すら知られていなかった時代でしたが、近海もののお魚は今のように汚染されていませんでした。

また遺伝子組み換え大豆もありませんでしたから、普通の品でも今よりはずっと安全でした。

お葱やしょうがなとの薬味も、当時は中国から輸入されていませんでしたし、日本の農薬汚染もそれほどではありませんでした。

その時代にはその時代の、いい面があるものです。

決して父に無理強いして食べさせるのではなくて、そういったものを多めに食べてもらえばよかったのではないか?

また、父はタバコもよく吸いましたが、実は父の母である祖母も、女性ながらかなりのヘビースモーカーだったそうなのです。

ガンのもうひとつの大きな原因:ストレスとストレス発散のためのお酒。


そういえば、父はガンになる少し前から、かなりストレスを感じていたようでした。

長距離通勤や、会社で中堅になったことによる人間関係。、

若い頃から好きでずっと続けていた社会人野球のレギュラーを、40代という年齢のため止めざるをえなかったこと。

そのせいか、飲酒の楽しみばかりがさらに強調されて、土日もお酒をよく飲み、晩酌の酒量もかなり増えていたようです。

そしてその分、経済的な事情から安価なものを選ぶようになり、お酒の質が下がってきました。

それらは保存料などの食品添加物が多く含まれていたり、原材料の精米その他もあまり良質なものとはいえなかったのではと思います。

同じお酒を頂くにしても、上質なウイスキーやブランデー、ワイン、地ビールなどならずっとよかったはずなのに・・と今となっては思います。

a6f69762b60276cc7e413eb03b14971c_s

食生活の質の低下や、身体的あるいは心理的ストレスなどから大腸がんに繋がったことのほうが、単に肉類を好んで食べていたことよりも大きかったのではないでしょうか。

どのような気持ちで食べ物をいただくのか、ということが体の状態も左右する。

food-salad-healthy-vegetables
人それぞれ免疫力も体質も違うので、こればかりは何ともいえません。

・・・が、どのような状態で過ごしているのか、またどのような心境で食べているのか、

それがとても重要であると思うのです。

もし食物を、仮にお肉であろうとお酒であろうとも

ストレスを溜め込んだ状態でストレスをごまかす目的での暴飲暴食の場合と

味覚で以って、純粋にその時間を楽しんでいたのとでは

それらの与える影響は異なってくるのではないか。

きっと身体の生命活動も本来の働きをして免疫活動も活発になり、少々のがん細胞ぐらい自分で消してしまう、そんなこともありえるのかもしれないとも思います。

あえて時間と労力を使い、安全なものを作るために生産が限られていてもいいものを作る人がいることのありがたみ。

病気に負けない食べ方と生き方とは?

004a999c66943abee84623a0f24395fa_s

今現在、スーパーには農薬で汚染された安価な野菜や果物、抗生物質だらけの肉類、合成添加物ばかりで出来た製品が食品売り場に並んでいます。

それらを避けることはもちろんなのですが、有機野菜、オーガニック食品をいただくとき、

それらを口に出来ることのありがたさ、本物の天然素材の美味しさを感ぜずにはいられません。

特に現代において、きっと農薬や合成物質を使ったほうが、遥かにたやすく作っては売って金銭に換えられるかもしれないのに。

敢えて時間や労力を使い、生産高が限られてでも、安全な食品を届けて下さる方がいる。


vegetable-basket-349667_640
なんて素晴らしい、そして喜ばしいことなんでしょう。

また、これまでマイナーで、ほとんどの人にとって関心も、知る由すらなかったオーガニック食品について、ここ数年関心を持つ人が増え始めています。

以前に比べたくさんの人々がその貴重さを実感し始め、もっともっと入手できることを求め始めています。

そしてさらに、ただ個人各々でだけなく、そんな人々がお互いに連帯感や共感を持ち始めたことは、本当にごく最近見られ始めたことです。

まだそれらが仮にわずかな数であったとしてもとても素敵で、希望溢れることだと思っています。

そのことを感じながら、真実の意味で美しい食物をいただくこと。

それは、きっと私たちの身体中の細胞を元気いっぱいにして、その生命力を余すところなくフル活用させてくれるのではないでしょうか。

まるで、それら自然の力に満ち溢れた食物と、私たちの体内がコネクトして連動するかのように。

これこそが、ガンやその他の病い、あるいはアトピーやアレルギー症状といった、現代特有の病状に打ち勝つ真の生き方なのではと思います。

おすすめ記事 こちらも読んでみよう。

知らずに食べ続けている。毎日の食事に潜むショートケーキ一個分以上の砂糖の実態。

何気なく食べている食べ物があなたの腸を炎症させている!知らないとコワイ消化管の慢性炎症から起こるリーキーガット症候群とは。

日本ではなぜ残留農薬規定が緩和され続けているのか?毒性の強いネオニコチノイドが私達に与える影響とは。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

yuko matsuoka
神戸生まれ、関西弁の翻訳業兼ライター。 アメリカ滞在中に現地の肉類過多・工場生産加工食品中心の食生活から、十代に治ったはずのアトピーが再発症。 その後、食生活について深く考えるようになりオーガニック食材に切り替えるも、日本に戻ってそれが困難であることを痛感。努力の甲斐あってアトピーが完治した経験を踏まえ今後は本来あるべき食生活について追求・情報発信していきたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. yoga-1146280_960_720 (1) 医療機関や代替治療でも注目を浴びるヨガの新たな可能性。初めての方…
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 不調時におすすめ。1分でできる自然のお薬「梅醤番茶」の作り方。
  3. flu-shot-1719334_960_720 3.11にかき消されたワクチン同時接種による乳幼児の死亡事故。そ…
  4. IMG_2626 日本のベジタリアン率は4.7%、うちヴィーガン率は2.7%。柔軟…
  5. sam 秋のごちそう!シンプルで滋養たっぷり!さつまいもご飯の作り方。
  6. 4577 1日5分でも効果的な簡単ストレスケア。「瞑想」のやり方とは?
  7. IMGP6703 - コピー 雑草として捨てるのは勿体なすぎる驚くべきスギナのデトックス効能と…
  8. alarm-clock-1191561_960_720 「休み明け仕事に行きたくない!」を解消。東洋医学から見た休暇明け…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuriesasaki
  • haruna
  • 加藤 晴之
  • 煙山 昭子
  • 室谷 真由美
  • lelien
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • クレイトンまき
  • 工藤 万季
  • yokosato
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • 横田 浩
  • 足立 由紀子
  • akemi
  • 坂田 まこと
  • 東條 由美子
  • yumi
  • Halu
  • fukusawa yoshiharu
  • うちゅう
  • 加藤 貴大
  • jyuan

カテゴリー

PAGE TOP