メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

その合成洗剤、いつまで使い続けますか?子や孫まで受けつがれる化学物質のキケン

jyunko
マクロビオティック料理研究家。二児の母。 お寺の長女として生まれ、幼少期より「いのち」のありがたさを聞かされて育つ。 第一子出産を機に、食を見直し、マクロビオティックと出会う。日々の暮らしを丁寧に生きることをモットーに、自然のありがたさや食への関心を持ってもらうよう情報を発信。マクロビオティックの考えを取り入れた料理教室を主催。

こんにちは。

春になりましたが、みなさんは体調面、いかがですか。

実はその花粉症、あなたが日々使っている合成洗剤が原因かもしれません!

washing-powder-1500058_640.jpg
花粉症もだいぶ落ち着いてきましたが、普段からアレルギー体質だという方も多いのでは?
あるいはお子さんがアレルギーっぽい方。

以下に当てはまることはありませんか。

もしあれば、洗剤を見直すタイミングです!


こんな症状があれば、合成洗剤による経皮毒を疑おう!


・急に花粉症になった。
・日頃使っている化粧品にアレルギーを起こし始めた。
・洗剤による手荒れがひどくなった。
・手の甲を濡らしたとき、水滴ができず、じわーっと広がる

有害な化学物質が蓄積されることで、それまで症状がなかった花粉症やアレルギーが起こることがあります。


また、赤ちゃんや子どもの肌は、羨ましいほど、水をはじきます。
肌のターンオーバーのサイクルが早いので、
赤ちゃんや子どもの肌はしっとりすべすべ。

年を重ねることによって、水はじきは悪くなっていくのですが、
合成洗剤のために、不要なダメージを得ているかもしれません。

手の甲を濡らして、水滴がきちんとできますか?
できない方、加齢のせいだけではないかもしれませんよ。

赤ちゃん

化学物質に囲まれているわたしたちの生活

プラスチックや合成ゴム、合成繊維、合成界面活性剤など、あらゆるものが石油から作られていることは、ご存知ですね。これらの合成化学物質はわたしたちの生活を支えてくれています。

ところが、これらの合成化学物質は、アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー、子宮内膜症など、様々な症状にかかわっていると言われています。

化学物質は主に3つのルートで体内に入ってきます。


化学物質を取り込む3つのルート

日常にあふれている化学物質、3つのルートで取り込まれています。

1、経口吸収

食べ物を通して、取り込まれる食品添加物や農薬などの化学物質ですね。
これらについては、この記事を読んでくださっている方は、すでに気をつけていらっしゃると思います。
食べ物と一緒に取り込まれた毒は、肝臓の代謝酵素の働きによって、多くが分解され、残りが全身に運ばれていきます。
健康な肝臓であれば、90%以上の有害物質が、肝臓で解毒されていると言われています。

2、経気道吸収

息を吸うときに一緒に取り込み、血液に吸収され、体のいたるところに分布していきます。
肝臓を経由せずに、全身に広がってしまうので、大気汚染は、食品以上に影響が大きいと言えます。

3、経皮吸収

皮膚から吸収されるのが経皮吸収。皮膚の真皮にある毛細血管から全身に広がったり、
皮下組織に蓄積されたりしていきます。
台所用洗剤、シャンプー、コンディショナー、化粧水、ローション、歯磨き粉など、直接肌に触れるものはもちろん、衣類に残った洗濯用洗剤が、肌に触れ、摩擦によって皮膚に付着し取り込まれていくことで、日々吸収されていきます。

baby-560890_960_720
薬学博士の竹内久米司さん、稲津教久さんによって、経皮吸収によって、有害な化学物質が吸収されることを「経皮毒」と名付けられました。

経皮毒はどうやって皮膚に侵入するか。


皮膚の角質層は、外界からの異物が入ってこないようにするバリアー機能があります。表面が脂質で覆われており、また、そこにいる常在菌たちが皮脂を餌に排泄物を出して、それが天然のクリームとなり、肌を守っています。

しかし、天然のバリアー機能は完璧ではありません。

1、皮膚に接触した物質の0.5%はどうしても皮膚の内部まで入ってしまう

2、洗顔やボディーシャンプーなどで常在菌たちが住みにくくしてしまうとバリア機能が落ちる

3、直接触れた合成界面活性剤はバリアー機能を破壊してしまう。

バリアー機能を破壊してしまう代表的なもの
・溶解剤としてプロピレングリコールを含む薬用クリームやスキンケア用品、化粧品
・ラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤を含む、シャンプーやリンス、入浴剤、合成洗剤

経皮吸収の特徴

排出に時間がかかり、日々蓄積される。

口から食べ物と一緒に入ったり、空気と一緒に入ったりすることよりも、体に入ってくる量は決して多くありません。
でも、真皮の毛細血管を経由して全身にまわったり、皮下組織に取り込まれたりして、なかなか排出されません。
吸収された化学物質は、10日経っても尿、汗、髪の毛、爪などから10%程度排泄されるだけだそうです。
しかも、洗剤に触れる頻度は、毎日のこと。合成洗剤を使っていると、毎日毎日、少しずつ体内に蓄積される量が増えていく
排出が間に合わないのです。

自覚症状がないまま蓄積され、或る日突然不調となって現れる。


さらに、日々の積み重ねのため、異変に気づくまで時間がかかってしまいますし、不調を感じていても、洗剤による化学物質が原因だと特定しにくい。
自覚する頃には、有害物質が相当蓄積された状態になる、ということです。

本来、人間には、口から入った有害物質を肝臓で解毒してくれる、という仕組みがあります。
でも、人の体は自然界に存在する危険から身を守れるようになっていますが、人工的な毒には、対応していないのですね。
化学物質によって空気が汚染されていたり、身にまとう物が汚染されていたりしては、
皮膚に立派なバリアー機能があっても体を守りきれないのです。

経皮からの吸収率は、子どもたちが高い!!

年齢によっても、吸収率に差があります。成人に比べると、子どもたちのほうが、吸収されやすいのは、想像できますよね。
baby-1151351_640
子どもは、皮膚が薄く、バリア機能がまだきちんとできあがっていません。肝機能も未発達なので、取り込んだ毒を解毒する力がそもそも弱いです

また、血液脳関門といって、大切な脳に有害なものが入らないようにする網のようなものがあるのですが、
それは2歳くらいで完成します。つまり、2歳未満の子どもは有害な化学物質から脳を守る機能が弱い、ということ。
学習障害などをもった子どもが増えていますが、脳は60%が神経細胞膜などの脂肪成分でできています。脂溶性の有害な化学物質が取り込まれると、脳は影響を受けやすいのですね。

子どもたちが有害な化学物質と接触する機会、できるかぎり避けてあげましょう。


これからママになる方も、要注意!!

先ほど、経皮毒は、日々の解毒がわずかなのに、少しずつ蓄積されていくと伝えました。
何十年も何も起こらないのに、突然発症する場合があります。

本人に自覚症状がなくても、有害物質が体の中に蓄積されており、
羊水や胎盤を通して、胎児まで危険におかされていた、ということが起こりかねません。
adult-18604_640

《胎児に影響があった、アメリカの事例》

過去に、アメリカでDESという流産の防止に効果があるという化学物質が作られ、多くの女性たちに経口服用で広まっていきました。ところが、生まれてくる子どもが女児だった場合に子宮ガンになる可能性が高く、合成に成功してから30年以上経って、服用が禁止される、という出来事がありました。これは、皮膚を経由した例ではありませんが、孫の世代に影響がある、というのは本当におそろしいことです。

小児科医の真弓定夫先生は「育児は子どもが生まれる20年前から始まっている」とおっしゃっています。

子どもだけではなく、孫にまで、その影響がある、しかも毒性に気づけるのは、かなり時間が経ってから・・・と思うと、疑わしきは、できるかぎり避けておきたいですね。

洗濯洗剤、どれを選んだらいいの?

子どもや赤ちゃんを経皮毒から守るために、どういった洗剤がよいのでしょう。子どもや赤ちゃんにも安心、などの表記があっても、普通の洗剤と同じであるというものもあるので、要注意です。

PRTR制度はご存知ですか?

国が環境や人の健康に影響を及ぼすとして、有害であると指定した化学物質があり、それらの排出に関する情報を1年ごとに集め、公表する制度です。この制度で指定されている化学物質は、市販の洗剤に普通に使用されています。

 

ラウリル硫酸ナトリウム
 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
 ポリオキシエチレンアルキルエーテル
 α—スルホ脂肪酸エステルナトリウム
 アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム


上記は、PRTR制度で有害であると指定されているものです。

これらの具体的な名称を覚えてもいいのですが、政令名称と、市販品の表示名称の表現が微妙に違うことがありますし、カタカナばかりでよくわからなくなります。

そこで、「合成洗剤」と書かれたものをやめてみる、というのがオススメです。


やっぱり、石けん!

「石けん」には、PRTR制度で指定されている有害物質は含まれていません。自然界に石けんカスが出ても、魚が食べてしまうので、環境を汚しません。牛のエサとしても石けんカスが利用されていることもあるんですよ。

使い方に少しコツがいりますが、洗浄力は合成洗剤以上!コツについては、こちらの記事をご覧ください。
9割の人が知らない!洗濯洗剤の洗浄力を最大限に上げるエコな裏ワザ教えます。

界面活性剤を含まない洗剤をチョイスするという選択も。


IN YOUでは以下のような洗剤もおすすめしています。
こちらは肌につけても問題ないレベルの安全性。

床にこぼれても床拭きにも使えるので便利ですよ。
詳しくは以下の記事も見てみてくださいね。
IN YOU オススメはこちら 大豆由来の界面活性成分で洗浄する衣類洗い ふわっしゅ

DSC_0105

IN YOUおすすめの洗濯用洗剤をCHECK!


環境を汚さないし、衣類に残ってしまったとしても、肌に害がありません。
なにより環境によいものというのは、大体人間の体にも害がないものが多いです。

ぜひ納得できるプロダクトを使ってみてください。

終わりに

市販の洗剤は、仕上がりのよさを優先させて、一番重要な汚れ落ちはあまりよくありません。
汚れ落ちの悪さをカバーするため、蛍光増白剤で白く見せて、臭くならないように抗菌剤を使ったり、仕上がりのよさのために柔軟剤を入れていたり、香りをつけてみたり・・・。

衣類をきれいにしたいのに、実はきれいに「見せているだけ」で、しかも環境まで汚してしまっている。
未来の子どもたちや地球に対する愛が全く感じられません。

hand-1270531_640
見た目を優先させるのは、洗剤以外にも、食べ物などでも同様です。特にフルーツなんて、見た目だけのために、不要な殺虫剤を使ったり、ワックスを塗ったり・・・。でも、食べる人は、見た目だけのために有害なものを摂取したいと思っているのでしょうか。

わたしたちにできることは、質のよいものを生産している人を応援すること。未来の子どもたちや地球に負担がかからないように、努力されている方を応援すること。そうした生産者がこれからも質の高いものを提供できるように、「買う」「利用する」ということで、エールを送っていきませんか。

IN YOUMarketでおすすめの洗濯洗剤を買ってみよう。

blur-1852911_960_720 (1)

IN YOUおすすめの洗濯用洗剤をCHECK!


IN YOUではけい皮毒の心配がない、肌につけても安心な洗剤をご紹介しています。
大人の下着やワンピース等にはもちろん、お子様の肌着にもおすすめできますよ。
是非使ってみては。

お勧めの記事

無添加カレールーを使ったヴィーガン・タンドリーチキンの作り方 連載04 オーガニック・ライターだからこそ分かる、オーガニック最新事情。 

化学成分たっぷりの無添加風コスメにご注意。危険なコスメを見分ける方法と安全なコスメの選び方。

結局、経皮毒ってどうなの?根拠と信ぴょう性は?肌に化学物資が吸収する経皮毒について

この記事のタグ
お気に入り登録する
FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

jyunko
マクロビオティック料理研究家。二児の母。 お寺の長女として生まれ、幼少期より「いのち」のありがたさを聞かされて育つ。 第一子出産を機に、食を見直し、マクロビオティックと出会う。日々の暮らしを丁寧に生きることをモットーに、自然のありがたさや食への関心を持ってもらうよう情報を発信。マクロビオティックの考えを取り入れた料理教室を主催。
関連記事
ページ上部へ