お悩み別

低体温を怖がるあまり過保護な「冷え性」になっていませんか?腹巻き、靴下三枚履き。「身体を冷やさない」= 過保護に重ね着することではありません。 冷えに良いと言われる事を一生懸命やっている人ほど冷え性がひどくなるのはなぜか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
socks-16112_960_720

一生懸命頑張れば頑張るほど、冷えはきつくなる


こんにちは。神戸貴子です。

私の元には不妊治療がうまくいかない人達が相談に来ます。
彼女達の特徴の一つとして、重度な冷えに悩み、それが原因で妊娠できないと思い込んでいるので、
皆、びっくりするくらい過保護スタイルで来店されます。

INYOU106

冷え性対策の過保護スタイル


わたしが勝手に呼んでいます。
過保護スタイルの特徴は首にはグルグルマフラーやスカーフを巻いて腕には日焼けよけのような膝より上まである
アームバンドお腹には腹巻を巻き、足元は靴下3枚から5枚履き。

冷たいものはもちろん飲まないよう気をつけているのは当たり前。
毎日生姜たっぷり料理を食べ、腰と足の裏にはホッカイロを貼り、冬の夜は電気毛布で寝る。

INYOU110
INYOU107
彼女たちがそこへ行き着いたのは、色んな冷えに良いという本を読んだり、テレビ見たり、ネット調べたり・・・。
しかし、一生懸命やっているのに、それでも冷えが良くならないだけでなく、どんどん冷えがキツくなっている気さえすると相談に来られます。

なぜ彼女達がわざわざ相談に来るのか。

よもぎ蒸しが不妊に良いと聞いたので・・・。

という方がほとんどです。

彼女達がサロンに来た時にまず質問させてもらうこと


①カイロの温度って、何度になるかご存知ですか?

INYOU130
最高温度73度というのまであるみたいですが、平均は65度前後です。
これほど高温に上がるものを毎日腰や足につけて生活しているということです。

つけることがダメなわけではないのです。

ただ、今この環境で本当に必要なのか?ということを考えて欲しいのです。
私たちの身体はタンパク質です。

たんぱく質が固まる温度


・卵→白身が58度、黄身は65~70度。


単純に考えるとカイロで卵焼きが焼けちゃう温度になるってことですよね。
(やったことありませんが)


INYOU116

・牛乳は40度あたりから膜が張ってタンパク質が変性してきます。
・湯葉は85度。


人間は温度が上がりすぎたらどうなるのか?

care-2285_960_720
では人間はどうなるのでしょう。

中枢体温は35.5度~37.5度なら正常。
病気や激しい運動による一時的な発熱でも40度程度までは問題ないけれど、41度を終えると生命の危機を感じだします。

INYOU129
41度~44度になると暑熱障害が起き、血流を増やそうとする末梢血管の拡張による熱失神、
電解質や塩分不足から起きる熱痙攣、激しい渇きや脱力感を感じる熱疲弊が起き、体力がない人が42度に達すると、10時間程度で死亡すると言われています。

44度~45度は生存限界の境界線で気合いと根性で頑張っても数時間しか耐えられない。

45度を超えると細胞のたんぱく質が変性し、回復はおろか生存の見込みは薄い。

人体で最も熱に弱いのは脳


体温が上昇しても熱い血液が届かないシステムが人間の体には、備えられています。
しかし、冷却がままならない気温状況の中では、熱い血潮が脳を破壊してしまいかねません。

INYOU123
45度を超えると、これだけの人体へのリスクがあるのに、なぜカイロは65度以上にもなるのでしょうか。
こうしたものを長時間つけていると、低温やけどのトラブルももちろんあります。

https://www.pref.saitama.lg.jp/b0304/syouhintest/kairotest.html

寒空の中、温かいと感じるには、これだけの温度まで上げる必要があるからだそうです。
環境によって、体感温度は変わる。

都会の暖房の効いた電車の中と雪山の山頂では、同じカイロでも、身体への影響は違うと言う事です。

INYOU122
ゆで卵は冷やしても生卵には戻りません。
それと同じで、私たちの体というタンパク質は、高温になり過ぎると、命の危険を感じて、身体を冷まそうと働いてくれます。

こう言った体の仕組みから、過保護すぎるほど、じとっと汗をかくほどに温めた状態を長時間続けている彼女たちには、
一生懸命身体を温めようと頑張れば頑張るほど、冷えはきつくなると、私は経験上お伝えしてきました。

15年ほど前によもぎ蒸しを導入した時は、今のようにあちこちでよもぎ蒸しに入れる場所がなかったので、遠くからよもぎ蒸しに入りにくる人もいました。

INYOU108
INYOU109
よもぎ蒸しに入りにきても、このパターンの人たちには、「熱いのに入らせて欲しい」と言われても、低い温度でしか入ってもらいません。
理由は、これ以上外から熱を加えすぎると、内側の機能が熱を下げることにしか働かなくなる可能性が高いからです。

でも、入ってもらう。
体を温めることを目的に入ってもらうのではなく、汗腺の刺激のため、腎臓や子宮の筋肉運動の刺激のために、入ってもらうのです。
この考えは、彼女たちが思っている、外から温めればいいという考えではありません。

INYOU111
頑張れば頑張るほど冷えを招くとあえて説明させてもらうのは、やはりいつものごとく
多くの方の中から、「なぜ?」が抜けて、闇雲にテレビや雑誌に振り回され、自身の体の機能を信頼することを忘れてしまっているからです。

私たちの体は常にこの命守るためにしか設計されていません。


INYOU112
雪山で遭難した人たちが凍傷になって足切断なんて話、聞いたことある人もいるかと思います。

心臓が止まる温度を、知っていますか?

heart-1767552_960_720
低体温症で死亡するときの温度は一定ではないのですが、
深部体温(血液の温度)が32度より低くなると、不整脈によって心臓が止まるリスクが高まるようです。

INYOU113
心臓から出た血液は再び心臓へ戻ってくる。
この循環を繰り返しているのが私たちの体。

INYOU124
心臓の温度が下がると死亡です。上がりすぎても、下がりすぎても死亡です。
血液の温度が下がってくると冷えから命守るため、まずは身体を震わせ(筋肉運動)て、体温を上げようと試みます。

INYOU114
それでも次々に末端の冷たい血液が戻ってきてしまうと、心臓の温度が下がりだし、筋肉が熱を逃がさないでおこうと収縮しだします。

INYOU125
毎日すさまじい暑さの中、外を歩いたら体内に熱がこもって、火傷しないよう筋肉を緩め、毛穴を開き、汗を出して熱を追い出します。

INYOU115
私たちの身体は、このように血管を収縮したり、拡張したり、毛穴を閉じたり開いたりして、体温調整をしています。
ゆで卵のようにならないよう、熱が上がりすぎないようにちゃんと熱を下げる力を持ってます。

生まれた瞬間からエアコンが温度管理してる中で生まれ育った現代っ子たちは、意識して汗をかく環境をつくってあげないと、汗腺の働きが生まれ持って低い。
だからこそ成長段階で汗腺を刺激をしてあげる必要があります。ちなみに、汗をかくことが苦手な子は、熱中症などで倒れやすい傾向にあります。

INYOU117
毛穴を閉めたり開いたりして温度調整する力(自律神経)が怠けてしまう。
自分で調整しなくても、外からしてくれると、やる必要ない?と、機能が低下してしまい汗がかけない身体の完成。

日頃、自身の体の温度管理を放棄していた体が、急にこの暑さの中放り出されたら、毛穴はぼけ〜っと怠けてますから、
汗をうまく出すことができません。熱を放出できなくて、倒れてしまう。

INYOU131
倒れたことがある人は、私、暑さに弱いんですと言ってる場合ではなく汗腺を刺激して、汗をかける身体になる必要がある人ということです。

INYOU119

「北風と太陽」絵本あるの覚えていますか?

INYOU120
コートを脱がそうと北風がぴゅーぴゅー風で飛ばそうとしたら、旅人はコートをがっしり巻きつけてはなさない。
でも太陽がサンサンと温かい光を当てたら、旅人は暑くてコートを脱ぐというお話です。

INYOU121
このお話聞いたら、もうわかりますよね?
減量したい人はこの原理を使うとリバウンドしにくい減量に成功できます。

しかし、重度の冷えで悩んでいる人は、太陽がサンサンだろうが、北風ぴゅーぴゅーだろうが、そんな周りの環境は関係ありません。
とにかく、冷やしたらダメだと上からたくさん衣服を纏い、カイロや電気毛布、ホットカーペット等で、過度に熱を与えすぎてしまいます。

結果、身体が自分の力で熱を作ることをしなくなるのではなく、上がりすぎる熱を下げる方向へ機能してしまい、いつも寒い寒いという寒がりさんになってしまっているのです。

カイロで熱くしすぎて、身体はカイロの熱から命を守ろうと、体温を下げる。

INYOU127
過保護にすればするほど、自分の力は奪われ、カイロなどに頼れば頼るほど、
サンサンと降り注ぐ太陽の光が熱くてコートを脱いだ旅人のように、身体は体温を下げて快適にしようと働いてくれる。

体を不自然に温めなくても体が温まる方法とは?

体を冷やさない=過保護に温めることではない


ではどうしたらいいのでしょうか?

シンプルなことを実践してみるだけでも効果はあります。

身体を冷やす砂糖を使った食品の食べ過ぎに気を付ける。
そして、暑いからといって、冷たいそうめんなど飲食物ばかりを食べない。
パンやパスタだけなどの栄養失調な食事に気をつける。


・ぬるめのお風呂からじっくり温度を上げ、汗腺を刺激する習慣をつける。
・半身浴ではなく温冷浴にして、汗腺に刺激を与えて身体をびっくりさせる
・熱を作るためには筋肉ポンプをスムーズに動かす必要がある。鍛えるのではなく、柔軟にすることが大切。
・胸腹式呼吸で胸のあつみを広げて、心臓や肺の機能をあげていく。


INYOU128
身体を冷やさない=グルグル巻きに衣服で自分をカードする事ではないと言う事を意識して、今日から早速過保護をやめてみてください。

日常の歩くこと、ただ息をすることがお腹の刺激となり、
自然に熱を作る身体に導くことが、過保護冷え性さんには大切だと経験上考えています。


肺機能がアップすると、細胞の隅々にまで酸素が行き届くようになるので、自身の力で熱を作りやすくなるという相乗効果も期待できるはず。

INYOU132
参考になりましたでしょうか?

IN YOUMarketで体を温めるアイテムを探そう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく見かけるオーガニックの生地は 実際には100%オーガニックではないものがほとんどのため、今まで使用してこなかったそう。
しかし今回、希少な100%オーガニックコットンと出会えたため、より本物の下着を目指し、今回取り入れることを決意されたそうです。
また、一般的な生地は、そのままだと肌触りが良くないため、風合いを出すために化学処理をして、柔らかく加工されているものがほとんどです。
今回使用されている生地は、そういった化学処理は一切されていないにも関わらず、とてもやわらかな付け心地。
天然の生地でその良さが出せるのは、今まで生地を扱ってきた方からすると、驚異的だそうですよ! 


空気パンツは、履いているだけで勝手に身体と心の力を取り戻し 「自分に生まれてよかった!」 と、本来の自分を愛せる人を増やすことを目的としています。
「本物を身に着けて、本当の自分を取り戻して、自分の人生を楽しみましょう!」という思いから より「本物」を目指して作られたのが、オーガニックコットン100%空気パンツ&空気ブラです。


オススメの記事

冷え性が何をしても治らないあなたへ。冷え性脱却の方法。基礎体温を上げる方法は、ズバリ「汗腺・お尻・腸」を重点的にケアするのが大事だった!

腹巻きはNG!? 万病の元になる低体温、水毒、冷え性の原因とは。常識を覆す驚き低体温と冷え改善方法

「冷え」は体質ではありません。冷え性改善のポイントは鉄・糖・二酸化炭素。冷えの仕組みと本当の原因とは。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

神戸 貴子
「心と体」「美容と健康」の関係をお伝えするダイティシャン(健康美指導士)として 28年間美容に携わってきました。 日本はアメリカより最低50年、予防医学の分野で遅れていると言われていた時代にドクターズデータ社による毛髪分析、分子整合医学を取り入れた施術法で、自身の喘息やアトピー、無排卵など様々な疾患を克服。 自身の体験、お客様の改善に感動し、分子整合医学を学ぶ。 ハワイ大学では、医者であり、法律家であり、ハワイアンヒーリングセラピストでもある世界的栄養学の権威、ハワイの人間国宝Drテリーシンタニ氏に、 独自に開発した栄養療法プログラムを学ぶ。 ハワイでは、美しい風景は神々の造形と考え、「マナ」という霊力が宿ると伝えられ、 ハワイの王族たちはそのパワーを神から与えられた人として代々受け継がれ「カフナ」というハワイのシャーマンとなります。 政府に認められているたった5人のシャーマンのうちの1人 ハワイ王家末裔「フランク・ヒューイット」(フラの神様とも呼ばれている)による「病とスピリチュアルの関係」などを学ぶ機会にも恵まれ これらたくさんの出逢いがあり、何を頑張っても欲しい変化が出なくて悩んでいた人たちへライトワーカーとして、光、振動数、細胞の関係をお伝えし、 「信じる者は救われる♪頑張らずに手に入れる生まれ変わりダイエット(体質改善)」で全国変身フォトコンテスト4度入賞 最近は、遠方や子供さんの相談が多くなってきたことから発信力のあるこの場所でしっかり情報をシェアしたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「オーガニック=非効率」はもう古い!環境・健康面において優れた農…
  2. brush-2859656_960_720 子どもが1歳半でむし歯になったけど、3歳まで進行が止まっています…
  3. mac2 驚異的なデトックス力と浄化力を持つ、縄文時代から食されてきた「ま…
  4. vegetable-3267624_640 デトックスはいきなり行っても意味がない!日常から自然にデトックス…
  5. food-3269831_960_720 添加物、排気ガス、環境ホルモン。もはや生活毒素から逃れられない私…
  6. b7c553ba-3ca8-4555-ac9e-da037131b337 家族がなかなか玄米を食べたがらない!マクロビオティックで玄米をお…
  7. vegetable-soup-933527_960_720 調味料不使用!野菜の味だけでできる、病から身を守る最強「ファイト…
  8. Cow_female_black_white 日本の牛乳の95%以上は不自然に処理されている!もし選ぶならより…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー