よみもの

接種した子から発症。子どもにインフルエンザワクチンは意味がない?小児科の先生がハッキリ言い切るインフルエンザワクチンの役割とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
needle-professional-arm-human-body-blood-skin-647863-pxhere.com

毎年流行る、インフルエンザ。
早い時には10月前後から流行の兆しが見られ、冬には必ず学級閉鎖するクラスが出るほど猛威を振るいます。

44f53f15eb2700d588409d851bab3514_s
毎年のことながら、インフルエンザにかかる人、かからない人がいるのも事実。
どんなに大流行して学級閉鎖になっても、インフルエンザを発症しない子どもだっているし、

満員電車に乗ったって発症しない大人だっているのです。
「発症しないで元気に過ごしている人たちは、インフルエンザの予防接種をきちんとしているからでしょう?」
と、思っていませんか?

実は、それは大きな間違い。
実際に、「インフルエンザワクチンを接種した」人の方が多く発症しているとしたら、あなたは来年からワクチン接種をしますか?

インフルエンザワクチンは接種した子どもが多く発症しているという現実

240766d7c7eed62f6e1a68b272087fa0_s
昨年の大流行の時期、近所の学校も例にもれずインフルエンザにより学級閉鎖となりました。
一通りの流行が終わり、娘が冷静になって私に話したことが、とても印象に残っています。

「ママ、インフルエンザの注射をした子の方が、インフルエンザで休んでいたよ。」
「友達のお母さんは、インフルエンザの注射は意味ないから、来年は(予防接種を)もうしないって言ってたよ。」


小学生でさえ、実体験で感じるほどの確率で、”ワクチン接種した子が発症している”という事実。
実は、これについては裏付けとなる有名な研究があります。

小学校での集団接種が中止される背景となった報告書である「前橋レポート」が有名な調査として残っているのです。

インフルエンザワクチンと発症率を調査した「前橋レポート(スタディ)」とは

今の親世代が小学生だったころ、全国では小学校でのインフルエンザワクチンの集団接種があったことが記憶にある方も多いと思います。
1990年代に集団接種は中止され、医療機関での任意の摂取となりました。

そもそも、流行の源であろう学校という集団から感染拡大を阻止しようとして始めたのが、インフルエンザワクチンの集団接種。
しかし、流行の阻止を目的としている割には、毎年のように流行する様子を見て、おかしいと思う人は多かったはずです。

群馬県前橋市は、インフルエンザワクチンが引き起こした重篤な副作用をきっかけにいち早く集団接種を中止しました。
そんなワクチンの効果に疑問を抱いていた群馬県前橋市の医師会が、集団接種の中止をきっかけに実際に調査を開始。

インフルエンザワクチンの接種率と発症率を5年にわたって調査したレポートが、「前橋レポート」です。

とても読み応えのある、しっかりと子どものワクチン接種について考えさせられるレポートですが、超ざっくりと結論からというと、ワクチンを集団接種している時とワクチンの集団接種をやめた時のインフルエンザの発症率にあまり変化が見られない、つまり「インフルエンザの児童への集団予防接種に効果が認められない」という事を報告書にまとめました。

前橋レポートの結果には、接種後発症した子は15.8%、接種せず発症した子は8.2%という衝撃的な数字を発表しています。

そして、この報告書をきっかけとして、全国でも児童への集団接種が廃止される流れとなりました。
つまり、インフルエンザワクチンはその歴史においても「流行の拡大阻止に効果がない」と認められたようなものなのです。

集団接種をしていた時代と、任意の接種に切り替わってからでは、インフルエンザの流行に大きな変化は見られません。
にもかかわらず、2000年を境に再びインフルエンザの任意接種が急激に増えてきました。
インフルエンザ流行の様子は20年間変わらないのに、任意接種が増えた背景には、厚生労働省やメディアの接種の推奨があげられます。

娘の学校では中学受験の子も多いからか、任意で接種をしてくる子がとても多くいました。

しかし、娘が肌で感じるほどにその効果は薄く、「接種した子からインフルエンザにかかる」という前橋レポートと同じような話が子どもたち同士の日常会話で出てくるのは、異常としか言えません。

ワクチン接種してもかかる時はかかるのよという看護師さんの言葉


さらに私がはっきりと「インフルエンザ予防にワクチンは意味がない」ことを念押しされたのが、小児科の看護師さんの言葉でした。
アメリカでは、インフルエンザシーズンにワクチンである「flu shot」を打つのは当たり前。

病院は軽い感じでワクチンをうちにやって来る大人で溢れ、ドラッグストアやスーパーの一角でも気軽に打てるので
買い物ついでに赤ちゃんからお年寄りまでみんな打ちに行きます。

例にもれず我が家の子どもたちも打っていましたが、日本に帰国後に発熱でダウン。
信頼している小児科へ行き、「インフルエンザの検査しますね~」と言われたのですが、
あの鼻ぐりぐりを何とか免れたい思いで「flu shot打っています」と報告したものの・・・。

看護師さんはさらりと
「ああ、打ってても(インフルエンザに)かかるからね!」
と。あっさりとあの長い棒で鼻をぐりぐりされ、あえなく陽性。

「インフルエンザワクチンって何なの?もう打たない!!」

と強く思った出来事となりました。

インフルエンザは予防のためのものじゃないの?


さて、インフルエンザワクチンは「流行の拡大を防ぐ」「発症しないようにする」と思っていた方は結構いらっしゃることでしょう。
それもそのはず、厚生労働省はインフルエンザ予防対策の一つとして流行前接種を推奨していますし、はっきりとその有用性を摂取前に説明してくれるお医者さんも少ないのではないでしょうか。

誤解したまま「インフルエンザにかからないように」と予防接種をしに行く人は多いと思います。

これを、誤解したままなんとなく毎年打っているとか、受験生だから打っておくとか、そんな選択の仕方になるのが一番恐ろしいのです。
ここでしっかり、打つか打たないかの選択が自分でしっかりできるようにするための知識を入れておきましょう。

信頼できる小児科医のインフルエンザワクチンの説明に納得

61598fe3f80c9ca4ca3de524e082e9e3_s
わが家のかかりつけ医の先生は、私が子どものころからお世話になっている先生でとても信用が置ける近所の小児科の先生です。

子どものころから「近いから」という理由だけで通っていましたが、とてもラッキーなことに、この先生がとても誠実で、
無駄な医療を行わず、子どもの健康を長い目で見てくれる先生だという事を大人になってから知りました。

インフルエンザワクチンの有効性について知っていますか


この先生は、インフルエンザワクチンについてもしっかり説明を行ってくれます。
これは医師としての義務であると法律で決められているはずなのです。

さらに、インフルエンザワクチンの有用性についてはしっかりと事前にネットや本で調べれば簡単に出てくることですが、これを全くせずにただお子さんにワクチンを接種しに行く保護者の方ががとても多いのです。

その結果、「ワクチン接種したのにインフルエンザにかかった!!」なんてことに。

先生は、

「赤ちゃんや小さい子どもは体力も免疫力も低いから、重症化しやすいんだよ。
だからワクチンを打っておけば、後からかかってもまあ軽くて済むよ。小中学生は打たなくてもいい。
自力で治るし、自然にかかった方が何年も自然な免疫が残るんだよ。

そんなことよりも、かかんないように食べて運動して寝ること。」
といいます。

ぶっきらぼうですが、きちんとこうして説明してくれます。
そこで納得すればワクチン接種という流れです。

きちんと、発症後のリスクの高い赤ちゃんや低年齢の子、持病などがあって発症すると重症化する可能性のある子には推奨し、
それ以外の子は打たなくたっていい、かかる時はかかる、とはっきり言うのです。

ワクチンの中身を知っていますか?

予防接種ワクチンは、弱体化したウイルスを身体に入れて、感染した時のような抗体をつくりだすというものです。

でも、ワクチンにもよりますが、ウイルスの他にも抗生物質や水銀、アルミ、ホルムアルデヒドなどの添加物がたくさん入っています。
子宮頸がんワクチンにおいては、蛾から抽出したものを使用しているとのこと。

水銀だけでなく合成界面活性剤やホルムアルデヒドをも含むワクチン。あなたが日頃避けている危険成分がワクチンには入っていることご存知ですか?ワクチンが起こす弊害・リスクとは。


このような添加物がてんこ盛りのものを打ち続けているがために、その抗体とは別のところで副作用が出てきているのです。

ここではいんふインフルエンザワクチンについて書いているので詳細は省きますが、たとえば、アレルギーになりやすい。
これは、ワクチンの添加物によるものが大きいことが少しづつわかってきています。
さらにアメリカでは、自閉症との関連についても研究が進んでいるところです。

日本の医師や保健師は、これらのメリットデメリットを説明する義務があると、法律で決まっています。
ワクチンを推奨して、私たちが選択する、というのが日本の予防接種のスタイルのはずなのです。

特にインフルエンザワクチンにおいては、ワクチンを打ったその年は抗体ができて発症しても軽くなると言われていますが、その翌年には抗体はなくなってしまいます。毎年ワクチンに含まれる添加物を、直接体に入れているのがインフルエンザワクチンなのです。

副作用よりもずっと怖いのが、この添加物を体に直接打ち込んでいるという事。
現在のインフルエンザワクチンの大半は卵の成分を含有いているため、アレルギーのある子どもにとっては危険なものです。
さらに、こんなに危険なものを打ち込んでいるにもかかわらず、流行している型と違うワクチンであれば全く意味がありません。

昨シーズンにアメリカで猛威を振るったインフルエンザ。コンビニ接種ができ、かなり多くの人々が接種しているにもかかわらず大流行となりました。
実は効果的なワクチンではなかったことがわかっています。つまり、多くの人々が接種していたインフルエンザワクチンは流行したインフルエンザには何の意味もなく、過去最悪の流行となってしまったのです。

BCGワクチンも実は効果なしというインドの研究結果も

BCG_apparatus_ja1
これだけインフルエンザワクチンについて効果がないと言われれば、「他のワクチンはどうなの?」と思われるところでしょう。
他のワクチンも同じく添加物が山ほど入ってくることに変わりありませんが、それによって命に関わるような病気が流行らずに済んでいるのも本当です。

でも、BCGだけはすでに研究結果で接種の有用性は無いとして、欧米ではすでに接種されていません。
わが家の子どもたちも、アメリカではBCGの接種記録はありませんし、接種項目もありません。

針が何本も一気に刺さった跡が何年もずっと残るような、よく考えればとてもひどい予防接種は、本当は受ける必要がないのです。

インフルエンザを防ぐには免疫力を高めることが一番

b33ea111f408e0324c10fb57b778609a_t
先生の、「食べて運動して寝なさい」は、口癖のようなもの。

熱を出した子どもを抱えて必死なお母さんからすると、「何なのよ!」となりがちですが、
子どもの大切な成長期に強い免疫力を養うには基本的なことだと思いませんか?

インフルエンザワクチンなど打たなくとも、毎年かからない子はかからないのがインフルエンザ。

先の前橋レポートでは、感染しても発症しない子どもは20%ほどいるという結果もある通り、
発症するかしないかの分かれ目はその子自身の自己免疫力にあるといっても過言ではありません。

どうしたら免疫力を高められるのか生活を見直すとともに、世の中に溢れかえる免疫力を落とすものも見分けられるようにないといけませんね。


関連商品:オーガニック抗酸化対策パウダー。スプーン1杯で1日に必要な【野菜果物に含むORACの量】に相当。

0621181614_5b2b6cde1a968

・身体の内側から若々しく!強力な抗酸化作用をもつ9種類の果物、ナッツがたっぷり。新鮮なフルーツの栄養素と酵素を凝縮。
・手の平8杯分の野菜と果物に含まれるアンチ・オキシダントの量に相当!小さじ1杯でORAC4000に相当。
・カラダの酸化は様々な病気を引き起こします。抗酸化物質を効率よく摂取し、様々な病気からカラダを守りましょう。
・抗酸化の美容効果で健康的な美しさを目指しましょう。カラダの中から若々しく。サビないカラダへ。


ACO(Australia Certified Organic)/USDA認定食品

フリーズドライで凝縮された9つの天然果実成分

・話題のアントシアニンを豊富に含むアサイベリー&ブルーベリー。
・βカロチンやゼアキサンチンの豊富なゴジベリー。
・ポリフェノールたっぷりのオリーブ、ラズベリー、ストロベリー。
・美容サポートにザクロ。
・栄養価に着目したコーヒーの実とカカオが含まれています。


オススメの記事

驚愕のニュース。赤ちゃんへの治験の実施や遺伝子組み換えワクチンが水面下で進められている?!安全性が確立されていない新ワクチンに子ども達がさらされているかも。あなたの大切な命を守るために今すべきこととは。

BCGワクチンが原因で2歳の子供の手首に腫瘍ができた母親に話を伺いました。予防接種は100%安全じゃない。

水銀だけでなく合成界面活性剤やホルムアルデヒドをも含むワクチン。あなたが日頃避けている危険成分がワクチンには入っていることご存知ですか?ワクチンが起こす弊害・リスクとは。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. durian-pancake-1203030_960_720 見た目が若い人には理由がある。老化物質AGEが溜まりにくい食生活…
  2. 100420-F-1256D-001 過剰な健康志向はうつや新型摂食障害(オルトレキシア)になりやすい…
  3. fruits-386758_640 食中毒か健康か?!市販のカット野菜や果物、サラダの殺菌洗浄に用い…
  4. sushi-928894_640 えっノリにも農薬?!安価な養殖海苔に使用される海の農薬「海苔の酸…
  5. 実は洗濯洗剤より怖い柔軟剤。あなたと家族の肌に染み込む『良い香り…
  6. cd2b5e1f4e05f0424a5c63a2a9f1a23d 「油分は味方」。体を健康にするオージャスと油の関係性。オリーブオ…
  7. zahnreinigung-1514693_960_720 子供のフッ素入り歯磨き粉、歯科医院で塗布されるフッ素も今すぐやめ…
  8. alcohol-gel-818256_960_720 屋内遊びが多くなってから子供のアレルギーは急増していた!腸内細菌…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP