ご飯もの

【乾物レシピ】秋のデトックス、煮物より簡単!切り干し大根の炊き込みご飯。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
炊き込み御飯1

秋だ!ごはんだ!新米だ!

前回に引き続き、今回も乾物レシピです。
日本人の鉄分・カルシウム源、ミネラル源、台所の常備ストック、乾物。
武士の強靭な肉体や、飛脚やお百姓たちの丈夫な足腰を作ったのは、牛乳やチーズやプロテインではなく、味噌、漬物、そして乾物。
干し大根に、海苔、昆布、ごま、ひじき、豆、きな粉、高野豆腐に、干し野菜に干し椎茸に、鰹節に。
どれもビタミン・ミネラル群がたっぷり。

夏野菜の季節もそろそろ終わり、体もいよいよ秋の準備です。
夏は毒素が溜まりやすい時期。トマトにきゅうりに茄子にスイカなどなど水分の多い夏野菜や果物、冷たい食べ物や飲み物で体はゆるみまくり、冷えも溜め込みまくり。
そろそろ体は余分な水分(にともなう老廃物)の排出を求める時期。
体に溜まった余分な水分をとって、今度はゆるんだ体をしめる季節ですね。

夏場にため込んだ冷えを冬に持ち込むとツライ、旬を過ぎたきゅうりや茄子をいつまでも食べていると体はどんどん水分を溜め込みます。
「秋なすは嫁に食わすな」は、「大事な嫁の体を冷やさないように」という意味も含まれているそうですよ。
(ちなみに茄子なら漬物や揚げ物で水分を抜いたり、きゅうりは味噌を合わせたり、トマトは煮込んだり、工夫次第でなるべく体を冷やさないように食べることができます。)

自分の体は1ヶ月前に食べたもので出来ている。
と考えると、
今日の肌荒れや不調は夏場の偏食や冷えが溜めこんだ毒素かも。
と考えると、
夏の終わりは新しい季節に向けてのデトックス期間かも。

ま、そんな難しいことは考えずに、秋になったら秋の旬を味わう、冬になったら冬野菜を楽しむ、それでもじゅうぶん。
日本には四季があり、その季節に採れる作物を食べることで体調は整えられていきます。
そして乾物は一年を通して食べることができる保存食。自然のサプリですね。

というわけで、今回は切り干し大根で炊き込みご飯です。

切り干し大根のカルシウムは牛乳の2倍!鉄分もお肉なみ!
カリウムと食物繊維が体の滞りやむくみをとり、腸のお掃除をしてくれるデトックス食材の代表格。
主食でミネラル・食物繊維が補えるなんてうれしいでしょ。

はい、育ち盛りがいるので富士山盛り(笑)

炊き込みご飯2

具材を入れて炊飯器のスイッチ押すだけだから、煮物より簡単!
切り干し大根からいいお出汁がでるので、だし要らずです。

できればぜひ土鍋で炊いてみて。
炊きたてのしゃっきりと立ちあがったお米と香ばしい醤油の風味、そしてお煎餅みたいにパリッとしたおこげがなによりのご馳走になります。

煮物より簡単!切り干し大根の炊き込みご飯。

By くみんちゅ 公開: 9月 4, 2014

  • 出来上がり量: 2合分

材料

  • 2合
  • 切り干し大根 30g(1袋)
  • ★油揚げ(細切りに) 1/2〜1枚
  • ★切り昆布、または塩昆布(できれば無添加のもの) ふたつまみ
  • ★あれば鰹節 小包装1パック
  • しょうゆ 大さじ2(塩昆布を使う場合は量を加減する)
  • みりん 大さじ1
  • 大さじ1
  • ひとつまみ
  • あれば塩ゆで枝豆 ひとつかみ〜好きなだけ

作り方

  1. 【炊飯器で炊く場合】 米は炊く30分前には洗い、ザルにあけ、米が乾燥しないよう釜に入れておく。 切り干し大根はたっぷりの水で戻す。
  2. 炊飯器に米を入れ、2合の目盛りまで水を注いでから調味料を加える。 (水の代わりに切干し大根の戻し汁を使えばうま味アップ!)
  3. 水気をしぼって適当に切った切干し大根と★を米の上にちらして、炊飯スイッチオン。 (切り昆布がない場合は普通の昆布を乗せて炊く。)
  4. 炊きあがったらさやから出した枝豆をちらし、ざっくり混ぜたら出来上がり。 枝豆は炊きあがってから混ぜたほうが食感がよく、彩りもきれいです。

  5. 【土鍋で炊く場合】 行程は簡単。 『沸騰したら弱火12分→火を止めて15分』 失敗なし! では詳しくいきます。
  6. 炊飯器で炊く用量と同じように、米を洗ったら米と同量の水を入れる(米2カップらな水も2カップ)。
  7. 調味料を入れて軽くかき混ぜる。 水気をしぼって適当に切った切干し大根と★を米の上にちらしたら、土鍋を火にかける。
  8. 5分ほどで沸騰してきます。 穴から勢いのある蒸気が吹き出して、煮立ったら弱火にして12分。 (途中ふたを開けても大丈夫です。) 12〜13分で穴から湯気が出てこなくなったら炊きあがりの合図。 火を止めてそのまま15分間蒸らして出来上がり。
  9. 蒸らし終わったらすぐにしゃもじで底からひっくり返すようにかき混ぜて、空気を入れてください。

そしてこのご飯にかぎっては、玄米より白米が合います。
玄米・干し大根・昆布・醤油の組み合わせだといきなり陽性が強すぎるので、体のあたたかい子供や男性は熱くなりすぎて、逆に甘いお菓子や添加物入りの飲み物など陰性の食べ物を欲しがってしまうかもしれません。

また、玄米は排出力も高いので、慣れない人はしっかり浸水してフィチン酸を抜いても、ミネラル排出作用によって肌が乾燥したり髪がパサついたりするかもしれません(幼児や妊婦さんは鉄分不足になる場合も)。

夏が終わったばかりの体には、「白米または分づき米+陽性」の食べ物でちょうど中庸のバランスがとれるご飯になるような気がします。

食べる物は、あくまでその人の性質や年齢、その時の体調や気候により大きく左右されるということです。
「健康にいいから」といって旬を問わず毎日同じものを食べ続けるのではなく、「今、体は何を欲しているか、どんな栄養を食べたがっているか。」、自分の体に耳を済ませてみてください。
自分の体に耳を傾けることは、体の直感力を研ぎ澄ますことに繋がると思います。

体調管理の基本です。

今日ある自分の体は、今日までに食べてきたものでできている。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 麻婆麺4 【夏のカンタン辛うま麺!】高野豆腐ミンチを使った『汁なし肉みそ麺…
  2. fIayCYyoXOHK8KF1429353303_1429353376 セロリ嫌いも克服できるかも?ついパクパク食べてしまうセロリ美味レ…
  3. %e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc 大さじ3の計量だけで出来るパンプキンスティックビスケット。グルテ…
  4. panpa イーストパンは体を冷やす?安心材料で意外と簡単!天然酵母パンの作…
  5. Ep4qie9FEWaGfU01420288939_1420289003 お家でつくる簡単スイーツ。粉雪風アイス きなこがけ
  6. 11449576673_a5cb4b1768_b 自覚症状なく進行する現代病や高血圧に効く!「干ししいたけ」使った…
  7. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 肉・卵不使用。食べごたえ抜群!島豆腐でつくる「苦くない豆腐チャン…
  8. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 【いくらでも食べたい】旨みのつまった簡単「ネギ飯」のつくり方。

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 戸田 耕一郎
  • 小林 くみん
  • 宮本知明
  • izumi
  • まどか
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • IN YOU 編集部
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 河口あすか
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 山口菜摘美
  • 前之園知子
  • 村井砂織
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • 越野美樹
  • yuko matsuoka
  • 加藤美希
  • 金戸 隆雄
  • 増田佳子
  • Shoko Fujii
  • 小池 桃香
  • kimuratomomi
  • 青山 ひかり
  • 水川美希
  • 伊賀るり子
  • 千原 清花
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • 穴沢悦子
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • iisa
  • isacoco
  • Mika K. Alpay
  • タカ大丸
  • 室谷 真由美
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi
  • 茂木紀三巴
  • ami tominaga
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 松永加奈恵
  • tori

カテゴリー

PAGE TOP