よみもの

「おばあちゃん、ありがとう・・」。人生を変える料理教室で起きた、感動の体験とは?あのヒット映画にも出演した女優のお話し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sddf

ここにある一人の女性がいる。
彼女の名前は岡田絵里香さん。

P3200966
透き通るような美しい肌と、大きな瞳が特徴だ。
飾りっ気のない笑顔で笑う彼女は、過去に大ヒット映画バベルに出演歴があり、かつては女優としての活動という華やかな経歴を持つ。

そんな彼女は、実は生まれつき耳が聴こえなかった。
だが、それをマイナスとしてとらえるのではなく、彼女はそれをあえて強みにして「耳の聴こえない役」にも挑戦するなどし、女優業や仕事に活かしてきた。

女優業という一見華々しい業界に身を置いてきた彼女だが、これまで歩んできた人生は、決して楽な道ではなかった。

今日はそんな一人の女性の人生と価値観を一新させた、ある一人の先生との出会いのストーリーをお伝えしようと思う。

両親の離婚を経験し、小学生から添加物まみれの生活を送った。

岐阜県出身の岡田さん。

遺伝で耳が聴こえなかった岡田さんは、早い段階で両親の離婚を経験したことから複雑な家庭環境で育っていた。
子供時代はそのような背景もあり、つらい毎日を送っていたが、そんな中でも彼女が唯一頼れる存在がいた。

それは、「おばあちゃん」だった。

inaka
おばあちゃんは岡田さんのために、手作りの料理をよく作ってくれたという。
おばあちゃんのつくる料理は畑でとれた無農薬の野菜や昔ながらの材料でつくった素朴な料理ばかりだった。

その後、引越しをして小学校へ進学するも、このあたりから、彼女の生活環境は一気に急変した。

唯一面倒を見てくれていたおばあちゃんとの暮らしに別れを告げ、いまや彼女に毎日料理を作ってくれる人はいなくなってしまった。
以前の健康的な和食生活から食生活は一転し、コンビニ弁当や、コンビニで買ったお菓子など、添加物まみれの生活に・・。

コンビニ
岡田さんは、心身ともにボロボロになっていく。
ジャンクな生活を余儀なくされた岡田さんは、幼少期に毎日食べていた、おばあちゃんの味を次第に忘れていった。

不正出血・救急車で運ばれる壮絶な日々・・

救急
それから年月がたち、大人になった彼女はいまだにコンビニやファストフードに頼る毎日を送っていた。
そんな時、彼女の体に異変が起きる。

突然生理が突然とまったのだ。
さらに止まったばかりではなく、ときおり原因不明の不正出血もみられた。

朝起きても体はだるく、やる気が起きない毎日・・。

一年に何度も何か月も治らない慢性的な風邪が、続いた。
友達との遊びの約束もすべてキャンセルするほどになり、友達からも呆れられる始末。

ある日、肉を食べたら直後に吐き気に見舞われた。
止まらない悪寒・・。
激痛に襲われ、意識が遠のく中、彼女はサイレンの鳴る、救急車で運ばれていった。

運よく一命をとりとめた岡田さん。彼女にはある変化があった。

― その日から彼女は肉が食べられなくなったのだ。

劇団の関係者から「東京においで」と誘われ、20代前半で上京後、女優としてデビュー。

jyosei
女優になる前、関西に住んでいたという岡田さん。
乱れた食生活で体は弱かったものの、趣味で舞台を始めてから、その活動が楽しくて仕方なくなった。
演技は、彼女にとっての新しい生きがいになる。

そんなある日、劇団の関係者から「東京においで」と誘われた。
二つ返事で上京した彼女。
その後、とんとん拍子で仕事を勝ち取り、瞬く間に全国放送のテレビドラマや映画「バベル」にも出演するように。

朝起きて自分の顔を見て愕然とする岡田さん。


一方で、依然として食生活が不規則だった岡田さんは、レトルト、コンビニ食も多く、ついには女優にとって命の肌に致命的な肌荒れがしばしば起きるようになる。

ある日、起きたら顔中に膿がたまる大きな吹き出物ができており、途方に暮れた。
エステに高級クリームをつけても、改善はほとんど見られず落ち込んだ。
醜い肌荒れは、彼女の大きなコンプレックスに。
さらに日々のハードスケジュールのせいか、疲れていてもなぜか眠りにつけないことも多く睡眠不足は続いた・・

「これが野菜だけの料理?」衝撃的な銀座のマクロビオティックレストランとの出会い。

肉が食べられない彼女は、ある日野菜がおいしく食べられるという話題のお店、銀座のキレイ料理レストランジーアンドヴィ(G&V)※に出会う。※現在は不定期営業。

レストランに行って、一口食べて、驚いた。
出てきた料理の数々は彼女を驚かせるものばかりだったのだ。

asd
そこにあるものは、どれもキラキラしていて、華やかで、おいしかった

まるで宝石箱のように美しい料理。
味気ないコンビニ食とは全然違う、夢のような世界が広がっていた。

その料理は、どうやら「マクロビオティック」というものだということが分かった。

「これならおいしいし、体にもよさそうだから私もやってみたい。」

G&Vは人気の料理教室G-veggieも主宰していることが分かり、彼女は迷わず、1DAYレッスンに参加してみることに。

はきはきと元気に話す、快活な先生を見て「これなら私にも参加できそう」岡田さんは思った。

しかし、彼女には一つ大きな不安が残っていた。

耳が聴こえないのに、果たしてうまく料理教室に通えるのだろうか?
周りとうまくなじめなかったらどうしよう。

でも、そんな不安はG-veggieの教室に行って、すぐに解消された。

G-veggieの代表をつとめる先生は、不安そうな岡田さんを、まるで太陽のような明るい笑顔で優しく迎え入れてくれた。

教室の講師を務めていたのは、はりまや佳子先生
この日、彼女が出会った先生は、数々のメディアにも取り上げられ、数知れない生徒を輩出てきたオーガニック料理教室G-veggieを立ち上げた代表者であり、あのレストランで食べた美しいマクロビオティック料理を広めた、第一人者だ。

先生は、大きくはきはきとした声でわかりやすく説明をしてくれたので、耳の聴こえない彼女にもすぐにわかった。

岡田さんは、先生の話を聞いているうちに、「あること」に気が付く。

「あれ、これ、どこかで聞いたことがあるお話だ・・」

どこかで食べたことのある、懐かしい味を思い出した岡田さん


kome
岡田さんは料理教室で先生が語る様子を見て、ふと、不思議に思った。
「前にもこの話、どこかで聞いたことがある・・・。」

そんな懐かしい気持ちになっている自分に気が付いたのだ。

その気持ちが、どこから来ているのか、徐々に思い出すことができた。
そう、それは「おばあちゃん」だった。

幼少期に無農薬の野菜や調味料で昔ながらならの美味しい料理を作ってくれたおばあちゃん。彼女の心を支えてくれた唯一無二の存在。
旬のものを食べる、無農薬のものを食べる、お味噌や醤油を使って作る料理・・。

あれは、思えば今習っている「マクロビオティック」だったのだ。
講座を受けながら幼き時代に過ごしたおばあちゃんとの日々を思い出した。
「おばあちゃんありがとう。」心の中でそう思った。

そしてその日、すぐに料理教室に申し込み、定期的に受講するようになった。

「風邪をひいている時は、食べずに寝てなさい、」と先生に言われてその通りにしたら治った。

ある日、彼女は料理教室の日に限って風邪をひいてしまった。
以前からの習慣で、風邪をひいて食欲がなくても「とにかく食べなさい」という周りの言葉を信じて食べていた岡田さん。

しかしはりまや先生はこう言った。

「食欲ないなら食べずに寝てなさい」
そのほかにもマクロビオティックの手当てなどを丁寧に教えてくれた。

先生のいう通りにしたら、驚くことが起こった。

いつもなら何日も治らなかった風邪が、たった一日で治ったのだ。

食生活を変えて、ベビーパウダーだけでもいいくらいの素肌に。風邪も滅多にひかなくなった。

G-veggieに通うようになってから、度々出る、吹き出物やニキビもあっさりと治った。
友人には「どんな化粧品をつかっているの?」「どんなものを食べているの?」と、たえず美容の相談を受けるように。

頻繁にひいていた風邪もほとんどひかなくなり、日常でストレスを感じることもなくなったのだそう。

【人生を変える、マクロビオティック基礎コースについてもっと見る。】



人生の中で、また一つ楽しいことが増えた。

「G-veggieに出会って、毎日がとても楽しくなった。」
そう、生き生きとした表情で語る、岡田さん。

P3200915
「もともと食べることが大好きでしたが、今はオーガニック野菜を買うために、よく都内のマルシェに行きます。
野菜を選ぶのがとても楽しいんです。
人生において、演技というものが仕事であり生きがいでしたが、今はもう一つの大きな生きがいを見つけました。
それは食です。

基礎コースは卒業し、今度はG-veggieの応用コースに通っています。
G-veggieとの出会いがなかったら、いったい今頃、どんな生活をおくって、どんな人生だったんだろうと思います・・

はりまや先生は、私にとってはまるでパワースポットのような存在
元気がなくてもはりまや先生に教室で会うとウソみたいに元気になれるんです。

今私には新しい夢があります。

P3200930
それは将来、家の前で畑をつくること。
その日とれた無農薬野菜でカレーライスを作るんです。やぎや犬と一緒にくらしたいですね。
食生活を変えるまでは、こんなこと、想像したこともなかったんですけどね。笑」

そんな彼女は現在、無農薬農家の手伝いもしているという。
自宅では最近、ハーブも育て始めたのだそうだ。
そんな彼女から最後にメッセージを一言いただいた。

「塗りたくる美容よりも、内側から変えるほうが早い。食べているものがそのまま肌に出るんです。」

幼少時、無意識にマクロビオティックな生活を送っていたときの私は、健康体でした。
たまたまあの日、はりまや先生の主宰されるG-veggieに出会って、奇跡的に元の食生活に戻ることができました。

おかげで今は本当に調子がいいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
女性の中には高いものを外から塗りたくることばかりで内側にはあまり気を付けていない方も多い印象です。
きれいになりたい人はまず、G-veggieをお勧めしますね。

素肌が美しい人はかならずといってよいほど質の良いものを食べています。
食べているものがそのまま体に出るんですよね。

G-veggieなら、初心者でも基礎からしっかりマクロビオティックを学べます。
内側=食生活を変えたほうが、肌にも、髪の毛にも爪にもすべてにとってプラスです。
健康にはもちろんですし、もっときれいになりたい人には特におすすめしたいです。
私もエステに高級コスメにいろいろと試しましたが、結局これが一番確実な美容方法だと思いますよ。

【人生を変える、マクロビオティック基礎コースについてもっと見る。】



人生やいまの生活にすこしでも疑問や悩みを抱えているあなたへ。筆者からのメッセージ

sddf マクロビオティックという食との出会いを通じて、揺るぎない大きな軸ができた今、岡田さんの可能性は無限大です。

さて、今、あなたがもし日常において少しでも食、健康、人間関係、恋愛、人生、仕事について何か悩んでいるのであれば、この料理教室があなたの人生を変えるためのひとつのきっかけになるかもしれません。

岡田さんが紹介してくれたG-veggieは、ほかの料理教室とは一味違います。
彼女だけでなく、G-veggieに出会ってから大きなチャンスを手にした人、好きな仕事で独立した人、そのほかにも数えきれないほどの素晴らしい体験をした生徒さんが大勢いるのだそうです。

単に料理だけを教える場ではなく、「人生のヒント」を与えてくれる料理教室ともいえるでしょう。

食を変えることは、人生を変えること。
今この記事を見たのは、きっと、今のあなたに必要だったから。

一度、下記のリンクをクリックし、人生を変える料理教室G-veggieに足を運んでみてはいかでしょうか。

【人生を変える、マクロビオティック基礎コースの内容はこちら】



オーガニック料理教室G-veggie 蒲田校
東京都大田区東蒲田2-5-11
TEL :0120-756-888
[アクセス] 「京急蒲田駅東口」より徒歩6分
JR「蒲田駅・東急蒲田駅東口」より徒歩12分
お問い合わせ :info@g-veggie.com

オーガニック料理教室G-veggie 銀座校
東京都中央区銀座3-12-19 1F
TEL :0120-756-888
[アクセス] 地下鉄「日比谷線:東銀座駅(3番出口)」徒歩3分
地下鉄「都営浅草線:東銀座駅(A7番出口)」徒歩2分
お問い合わせ : info@g-veggie.com

こちらの講座に関するお問い合わせは 0120-756-888 まで


今回の記事と合わせて読みたい

「信じられないようなことが、次々と起こった。」ある料理教室がきっかけで、完全に人生が変わった一人の主婦の実話。

「えっ、これがマクロビオティック料理・・?!」マクロビオティック料理教室に行ってわかった5つの意外なこと。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

松浦愛
facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長。 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 日頃の癒しは読者からのメッセージを読む時間。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オンラインマーケットIN YOU Market。 そのほかコアな読者向けに有料オンラインサロン 「IN YOUリアルタイム通信」なども運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. #6_0004 【混ぜるだけで疲労回復】黒米ごはん
  2. ginger-803017_640 冷え性にもタイプがあった!東洋医学冷えタイプ診断。 あなたの体質…
  3. roast-beef-1881520_960_720 糖質制限ダイエットの知られざる落とし穴。痩せる=健康じゃない!健…
  4. OLYMPUS DIGITAL CAMERA I・K・U 青山
  5. Exif_JPEG_PICTURE スギナで被ばく症状が改善された驚きの経験。有害物質・放射性物質の…
  6. ame8542madomochi_tp_v 砂糖不使用・あまったお餅を使い切る、マクロビオティック「玄米モッ…
  7. 東日本大震災_足立区内_コンビニエンスストア(セブンイレブン)_2014年3月11日 あの日何が起きたのか?今だから明かせる 3.11当時、福島にいた…
  8. drink-341489_960_720 ぱっと見美味しそうに見える、発ガン性を疑われる添加物「カラメル色…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuriesasaki
  • haruna
  • 加藤 晴之
  • 室谷 真由美
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • クレイトンまき
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • 工藤 万季
  • yokosato
  • Mao
  • 横田 浩
  • 足立 由紀子
  • 佐藤いづみ
  • 坂田 まこと
  • 東條 由美子
  • akemi
  • yumi
  • うちゅう
  • jyuan
  • Halu
  • AKIKO MIYAKAWA
  • yoshi.fukusawa
  • 加藤 貴大

カテゴリー

PAGE TOP