その他

日本のオーガニック農地面積はたった0.1%。海外と比べ100倍の差があるのはなぜなのか。グリーンピースに理由を聞いてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aaaaff

オーガニック栽培面積、日本は世界最底レベル。

IFOAM(国際有機農業運動連盟)によると、2003年に主要国の耕地面積に占める有機栽培面積の割合は、オーストラリア11.3%、スイス9.7%、イタリア7.9%、イギリス4%、アメリカ0.5%。それに対し日本はわずか0.1%だったことが明らかになりました。

オリンピック開催地である日本は、世界の農薬規制の基準値に満たないとされ、海外選手や関係者へ提供する食品の品質の安全性が問題になっているようです。

日本有機栽培面積わずか0.1パーセント・・・。

ほかの国と比較すると最大100倍以上の開きがあるのです。


noyaku111
私も自分自身が健康でありたいという気持はもちろん、オーガニック市場を少しでも拡大させたいという気持ちで、
普段からオーガニック食材を積極的に農家から直接購入するようにしていますし、外食に行くときもなるべくオーガニック食材を使ったお店に行くようにしています。

私の周りでも、そうした人は少しずつ増えてきたように見えます。
そしてIN YOUの読者さんの多くも、おそらくオーガニック食材を積極的に購入している方が多いのではないかと思います。

にもかかわらず、日本はいまだ農薬大国。
オーガニック先進国と比較して約100倍も差が開いているのはなぜなのでしょうか。


今回はそんな素朴な疑問を投げかけるため、国際環境NGOグリーンピースの方々にお話を伺ってきました。

グリーンピースをすでにご存知の方も多いと思いますが、日本を含む世界55以上の国と地域に活動を展開し「脱原発」「自然エネルギーの確実な導入」「持続可能な漁業と農業の実現」を実現するため、企業や政府に働きかける活動を行う団体です。過去にはユニクロなどの大手企業ともコラボレーションし、クリーンな環境を目指して日々邁進しています。

最近では「食の分野」すなわち農薬に頼らないオーガニックの拡大を目的とした活動に力をいれているそうです。

お話を伺ったのはスペインからいらしたグリーンピース・インターナショナル科学部門 名誉研究員 食と農業担当のレイエス・ティラドさん。
そして、ご協力いただいたのは、グリーンピース・ジャパン 食と農業担当の関根彩子さん。


早速、お話をきいてみましょう。

農薬大国と呼ばれる日本は農薬規制にとても甘い印象です。
中でも、この国は世界で常に農薬使用トップ3以内を維持していることで有名ですが、これについてレイエスさんはどのようにお考えですか。


確かに、そうですね。

日本はほかのヨーロッパ諸国と比べてオーガニックマーケットやオーガニック農地の割合が非常に少ないといえるでしょう。


市場だとUSA270億ドル、日本は10億ドル、ドイツはその10倍です。

けれども、私は日本にも今後、可能性があると思っています。

最近耳にしましたが、ビオセボンなどのオーガニック専門店(スーパー)の展開が日本でも検討されています。

ただし、大きな拡大を目指すには

政府が有機農家を支援するなどの協力が不可欠になりますね。


オーガニック農地が大きいとはいえない米国と比べても市場に約27倍の開きがあるということですね。
ちなみに、他の諸国ではオーガニックマーケットの拡大に成功した国もありますよね。
日本が他国から学べる施策は何があると思いますか?


他国の事例ですが、まず、ブラジルでは生態系農業を伸ばす施策があります。
オーガニック食材の消費量を増やすため、例えば給食などでオーガニック食材の消費が推奨されています。

デンマークでも、政府が国をあげてオーガニック促進計画を実施していました。
病院などの公共機関でオーガニック野菜や食材を提供することによって、治療を受けている患者さんが健康になる、といった事例もあります。

先月のデータではコペンハーゲンにおける学校給食の88%がオーガニックであることが明らかになりました。
これも政府の補助金によってなされた実績だといえます。

オーガニック農地や消費量が多く、

オーガニック先進国として成功している国々の事例を見ると、やはりその多くが国をあげて何らかの政策をとっている、ということが言える

と思います。

オーガニック市場の拡大に至った国々の大きな理由の一つとして「政府の取り組み」がキーになっているということですね。

では、日本はどうでしょうか?

オーガニック農業の拡大を行うばかりか、逆の方策に向かって進んでいますよね。


農薬を使用する慣行栽培にほとんどの補助金が回ってしまっている現状があります。


国は農業コミュニティーと消費者の健康を守ることが重要だと考えます。

確実に言えることは、国をあげて政策を行わなければまずオーガニックの大幅な拡大は厳しい、ということです。

国の政策に大きな違いがあるということですね。では消費者の行動の違いはどうでしょうか?
日本ではオーガニックスーパーやマルシェで野菜を買う人もいるようですが、
多くの方はオーガニックの意味すら知らない場合も多く、
オーガニック=ヘルシー風な食品全般という、誤った理解が広まっているようにすら思います。


はい。

他国でオーガニックが広がっていった国の特徴を見ると、二つのことがわかります。


一つ目は食品にからんだスキャンダルが絶えなかった、ということ。



これは偽装問題や食品における事件などですね。

20年前にイギリスでの狂牛病の発生で、食への不信が高まりました。
この問題が一般市民に広がったことで、食に関する教育が大きく前進しました。

この事件がきっかけとなり、政府はオーガニックが体に良く、農業にも良く、社会全体にとっていいのだということを国民に教えるようになったのです。

二つ目は医師がより良い食事、野菜や果物を食べること、
なかでもオーガニック食品を奨励していることです。


i
患者さんの多くは健康な体を取り戻したいと願っています。

彼らに医者たちはオーガニック食品を食べることによって健康になれるということを伝えています。
私が運営する有機農園に野菜を買いに来る人々も、「医師に勧められたから来ました。」という方がいますよ。

Sampling for Water Testing in Bihar レイエスさんがインドの畑で水質検査をしている様子

日本ではそういう指導をする医療機関は少ないように感じます。
少なくとも私が出会った機関でそのようなことをいう人はいませんでした。
確かに野菜などを「バランスよく食べたほうがいい」という人はいますがオーガニック食品を勧める方にはほぼ出会いません。


なぜ日本にそういうことを教える人がいないのか、私にはわかりません笑

私たちの国では、良いものを食べて、健康を害することを予防する、
日常生活でできることを専門家たちが国民に伝え、健康になれる人を増やせるよう活動しています。


とはいえ、どのような食べ物がどのような影響を及ぼすかなど、食品が体にいいということを示す研究はまだ遅れています。
医者は食に関して深い知識があるわけではありません。

しかし、近年では、オーガニック食品は単に農薬の含有が少ないということだけではなく、抗酸化作用、オメガ脂肪酸など、いい成分が多いことが様々な研究の中で明らかになっています。

国民がオーガニック食品を食べて健康になったら患者が減ってしまう可能性があると思うのですが・・
ヨーロッパでは問題にならないのですか?


ヨーロッパにおいて、医療機関で働く人々は、市民を健康にすることがミッションですからね。

消費者がオーガニックを選択するのはどんな時だと思いますか?


この質問において3つの重要な視点があると思います。

一つ目は健康面です。

一般の消費者であっても健康でありたいと考える方は多いでしょう。
あと、出産が一つのきっかけになるケースも多いようですね。
小さなお子さんを持つ方は食事に対してとても敏感になる傾向にあります。

もうひとつは味です。

食の文化が発展する地域では、消費者がどのような食べ物がおいしいのかについてよく知っています。
ヨーロッパや日本がそれにあたりますね。

スーパーにおいてある、見かけが均一でプラスティックのようなトマトではなく
自然のエネルギーを受けて育った、よりよい土から生まれたトマトは、私たちが忘れていたような味を思い起こさせてくれるはずです。

三つめは信頼です。

体に取り込むものは、信頼できるものであることが必要とされています。
食べているものが有害でないかどうか。そうしたことについて、一般の消費者も知りたいはずです。

では、健康や環境面に対して興味がなく、意識の高くない消費者についてはどう思いますか?


そういった関心のない方でも、「味が美味しいから」という理由で選ぶ可能性はあるかもしれませんね。


ちなみに、日本など所得の高い国では意外に、食費にかけている部分が少ないんですよ。


50年前は40-50%を食費に使っていたのに、いまは10%以下になってしまいました。

彼らは高級な電化製品とかファッションなどにお金を使っているんです。

でも、月に一万円くらい多くオーガニック食品に払っても、じゅうぶんなメリットがあると私は思いますけれどね。

日本では農薬の問題が顕著になってきています。
ネオニコチノイドの規制が日本ではさらに緩和されましたが、ヨーロッパでは規制がかかったとききました。
両社の違いはなんでしょうか?

kmituabsi1
基本的に農薬の問題は、どこの国でも同じです。
農業に必要とされる量、農業者の健康、そして環境への影響へのバランスで議論されてきました。

農薬や新しい化学肥料の歴史を見てはっきりとわかることがあります。
何か新しい農薬・化学肥料等が出てきたとき、各業者はそれらを積極的に使います。

しかし、ほとんどの場合、人体や環境への影響は不確かです。

そして、

数年使用するうちに、何人もの科学者や専門家たちが危険性を指摘しはじめます。


このようなことは過去を見ても何度もあったことです。

ネオニコチノイドもそうです。

「非常にいい農薬」として業界に登場したものの、何年かすると、さまざまな生態系へのリスクがあることがわかりました。
そして、欧米では規制がかかりはじめました。

害虫のコントロールは、農薬に頼らずにできることです。でも生態系への影響のコントロールは難しいんです。
花粉媒介者であるミツバチなどは農業においてとても重要な役割を果たしています。
農薬によって彼らが居なくなると、まったく違う環境になってしまうんです。

長年これについては議論が繰り返されています。
農家から見ても、ネオニコチノイドなしでも農業が可能なことはすでに示されています。

農業者にとってオーガニックへシフトするのは難しいとききます。
特に日本ではすでに出来上がっている農業システムの問題もあり、なかなか有機農業の従事者が増えていかない。
やはり政府の力が重要になるのでしょうか?


先ほどお伝えした通り、オーガニック先進国は政策としてオーガニック農地の拡大をビジョンに掲げ、実行に向けて実践していることが見受けられます。
一部、大手企業が出資するなどしてそのような事業に投資したりするケースもありますが、そうした割合よりも圧倒的に国の影響力が大きいですね。

今後、オーガニックが日本で拡大するために重要になる要素は何でしょうか?


(1)科学者たちがオーガニックの有効性を証明すること。

自然界で作物が育つためにミツバチなどの花粉媒介者が重要な役割を果たしています。
また、海外では肥料で水が汚染されていたということが発覚し、厳しい規制ができたことがありました。
日本でも科学者の研究が蓄積され、「オーガニックが環境・健康面ともにより良い影響を及ぼし優れたシステムだ」という発表がされることが大事ですね。

(2)有機農業従事者の利益を増やすこと。

農業は利益率の還元が少ない産業だといえます。
しかし、政府や企業によるサポートがあれば拡大は可能でしょう。

農家も農薬の危険性については知っています。

その証拠に多くの農家が、自分たちが食べる野菜だけ別にしています。
農薬のかかったほうの野菜を消費者向けに出荷しているのです。


農家も農薬の危険性について理解しているので、サポートさえ得られれば、オーガニックにしたい人は多いと思いますし、オーガニックの生産は十分に伸びていくと思います。

(3)市民が正しい情報を入手し、オーガニックを選択する。
そして政府や企業に必要性を伝える行動を。

消費者自身が様々な情報収集を行い、オーガニックの食べ物がよいものであると知ることが大切です。
そしてそれを消費者自らが政府や企業に伝えるのです。

IN YOUの読者へ、伝えたいことはなんですか?

オーガニックで、私たちが得られるメリットは食だけではない、

ということです。

家族、自然や土とのつながり、自分の食べものがどこから来るのか。
そうしたことは、私たちに大きな気づきを与えてくれるに違いありません。

自然、とくに食べ物を通じて満足感や幸せが得られる。
これは、科学的にも証明されていることです。


食べ物や植物について自分で調べてみたり、オーガニック農園を訪ねてみて、どんな風に作られているか見てみるといいですよ。

オーガニックの可能性についてどう思われますか?

P7210191
私は、オーガニックの未来はすごく明るいと思っています。
50、100年以内に必然的に全て有機農家になるとすら思うほどです。

もっと多くの科学や医者が、オーガニックのほうが健康や環境にいいと伝えるようになるでしょう。
気候変動の真っただ中にいる現在、生態系農業が干ばつや洪水などに対応できる解決策としてオーガニックが挙げられています。

農家の所得が限られている発展途上国にとっても経済的発展を支える大きな可能性を秘めています。
すでにデンマークやブラジルでもそのような傾向が見え始めています。
工業型農業にも投資していますが、オーガニックにも投資しているんです。
ですから、オーガニックの可能性はとても明るいと思いますよ。

最後に

未来に残された無限の可能性を信じて一つでもふたつでも行動を起こすことが私たちに求められている


今回グリーンピースの農業担当の方にお話を伺って、私の中で認識が少しだけ変わりました。
日本でオーガニックが広まらないのは国の政策の問題もあれど、私たち消費者の意識が低いことが問題だと感じていたのです。
しかしお話を伺ってあらためて思ったのは、やはり一人一人の消費者の力だけではどうにもならない問題もあるのだということです。

国全体でオーガニック農業を拡大させ、農薬に頼らない食品の消費量を増やすこと・・
農薬大国日本という悲惨な立ち位置を早く抜け出すためには、同時に政府や国の機関や大手企業からの理解と協力が必要不可欠であるということがわかりました。

IN YOUとしてはこれからもこうした記事を多くの方に読んでもらったり、多くの方に最大限シェアしてもらうことによって、消費者の意識を変えていきたいと考えていますし、これを見たあなたにも一人でも多くの相手に、なんらかの働きかけを行っていただきたいと思います。
2016年以降、少しずつオーガニック事業に注目する人や企業が増えてきたように思います。

今後の5年、10年、20年を、あなたはどのような世界で生きていきたいですか?

今の現状へ嘆くのではなく、レイエスさんがおっしゃっていたように、未来に残された無限の可能性を信じて一つでもふたつでも行動を起こすことが私たちに求められているのです。

グリーンピース・ジャパン公式フェイスブック

グリーンピース・ジャパンHP


この記事を読んだ人にお勧めしたい他の記事
農薬使用率世界3位をキープし続ける農薬大国日本。崩れ去る国産野菜の安全神話。

農薬大国・オーガニック後進国「日本」でオーガニック食品が広まらない本当の理由。なぜ日本ではオーガニックが割高で特殊な扱いなのか?

遺伝子組み換え食品と農薬残留パラダイス、知らなきゃマズイ「TPPが成立されたリアルな日本」とは?


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

松浦愛
facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長。 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 日頃の癒しは読者からのメッセージを読む時間。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オンラインマーケットIN YOU Market。 そのほかコアな読者向けに有料オンラインサロン 「IN YOUリアルタイム通信」なども運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 381-1233891708GdW7 (1) デトックスを始めるタイミングは「月」がポイントでした。デトックス…
  2. a_20150706-111048 「肺」を潤して肌を内側から保湿する養生スイーツ「白きくらげと梨の…
  3. 1 ノンシュガー調味料。麹糖と和の調味料でできる【発酵トマトケチャッ…
  4. 今年こそ土鍋デビューしませんか?マクロビオティックの基本のマルチ…
  5. kudo_san 「あなたはどこと繋がっていますか?」マクロビオティックの本質を語…
  6. fotorcreated 魚を通じて人体に悪影響を及ぼす。日本人に最も身近な有害物質 マイ…
  7. %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-22-19-40-57 驚愕。本物そっくり!動物性食材を使わず再現「なんちゃって」ヴィー…
  8. img_1485 安眠・美肌に効果抜群!玉ねぎの皮のお出汁で作る簡単「野菜おでん」…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 各務裕史
    • 2016年 7月 30日

    ヨーロッパのオーガニック制度を教えて下さい。
    日本では有機農産物の表示に厳しい審査と高額な審査費が必要で、多くの根菜が無農薬農産物であってもその認証を取る事を躊躇しますがヨーロッパでは如何でしょうか。

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • izumi
  • まどか
  • 越野美樹
  • TakiAki
  • 佐次本陽子
  • IN YOU 編集部
  • kimuratomomi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 河口あすか
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 前之園知子
  • 山口菜摘美
  • ami tominaga
  • 金戸 隆雄
  • 松永加奈恵
  • yuko matsuoka
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • 村井砂織
  • 加藤美希
  • 伊賀るり子
  • Shoko Fujii
  • 増田佳子
  • 穴沢悦子
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 千原 清花
  • 水川美希
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • 湊 綾香
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 室谷 真由美
  • kanaho takahashi
  • tori
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 山田朋枝
  • タカ大丸
  • 西田 かおり

カテゴリー

PAGE TOP