スイーツ・ドリンク

材料たった3つだけ。究極に簡単なノンシュガー・ジェラートの作り方2種。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベリーアイス

いよいよ暑さもピークを迎え、みなさんそろそろ冷たいものの飲み過ぎ、
甘いアイスクリームの食べ過ぎで、むくみやお肌の調子が悪くなってくる頃ではないでしょうか?

私はというと、
甘いものを食べると必ず胃腸の反射区である「あごの上」に吹き出物が出てきます。
そして、だるさを感じてきます。
体は摂りすぎた砂糖を排出しようと、いろいろなサインとなって体に現れてきます。

とにかく、市販のアイスクリームは甘すぎる。
いくらオーガニックのアイスクリームを選んだとしても、甘味料の量はとても多い。
そして乳化剤・安定剤などの添加物も必ず入ってくる。

ice-cream-770994_960_720
そもそも冷たいもので胃腸に負担をかけるわけですから、
どうしても夏は、内臓もお疲れ気味になってきますよね。

今回は、なるべく体に負担をかけないアイスクリームの作り方。
砂糖も卵も牛乳も豆乳もいらない、クリーミーでや穏やかな甘さのジェラート2種をお教えします。

材料はたった3つだけ!
作業時間1分で食べられます。

ice-cream-1440834_960_720
作ってみたーい!と思った方、
えと、作ってみて。
冷凍ストックした果物さえあれば、「食べたい!」と思った瞬間にできます!

ハチミツやアガベシロップや甘酒やメープルなどの「代替甘味料」と呼ばれる糖類も一切使いません
乳化剤も入っていないのに、なめらかクリーミー。

材料がシンプルなほど、自分の体を作るものもシンプルになっていきますね。

ice-cream-1074599_960_720

【究極に簡単なジェラートその1。バナナポリフェノールたっぷり!クリーミーバナナジェラート】

ice-cream-1440834_960_720
わが家の子供たちの大好物です。
砂糖や甘味料は一切使いませんが、果物そのものの甘さが美味しい!

バナナには免疫力を高めるビタミンB群や葉酸の他、カリウムやマグネシウムなどミネラル類も豊富。
火を使わないので、生きた酵素やビタミンがそのまままるごといただけます。
汗と一緒に体から出ていってしまうネラルの補給にもなりますよ。

おやつでビタミン・ミネラル・食物繊維が補給できるのって嬉しいですよね。

【材料】
・冷凍したバナナ 大1本(なるべく黒い斑点が出るまで熟したバナナを凍らせてください。)
・無糖ピーナッツバター(または練りごまやアーモンドバターでも。) 大さじ1
・あればバニラエキストラクト(バニラエッセンス)少々
(好みで塩ひとつまみを加えると、甘みがグッと増しますよ。)

※もう少し甘くしたいと思う方は、メープルシロップやはちみつなどお好きな甘味料を足してくださいね。

【作り方】
1、完熟バナナは皮をむいてから一晩凍らせておく。
5646c45ca36c26efbd80bf335a77261a
皮をむいてから丸一本づつ冷凍してもOK。
凍ってもカチカチにならないので、手で簡単に折れます。
IMG_3864
2、材料をすべてフードプロセッサにかけて、なめらかなソフトクリーム状にして出来上がり。

ca97f099608cebc20178cd7b1e721af8
好みでココアや抹茶を混ぜたり、グラノーラやカカオニブを混ぜたり、
お好きなアレンジを楽しんでください。
ice-cream-690147_960_720
ピーナッツバターは糖質と思われがちですが、実は植物性たんぱく質と食物繊維の宝庫。
体を酸化から守るオレイン酸やビタミンEもたっぷり含まれているので、
抗酸化力も高い低GI食品なのです。

もちろんピーナッツバターの代わりに練りごまやタヒニで作っても美味。
ごまも同じく体を酸化から守るビタミンEやミネラルの宝庫です。

シンプルなレシピだからこそ無糖・無添加のものを。
私のおすすめはアリサンの無糖ピーナッツバター。
ナッツそのものをすりつぶしただけの、感動するくらいピュアな味わいです。

純粋なピーナッツバターを食べると、
「今までピーナッツバターだと思って食べてきたものは何だったんだ?!」って思えるくらい。
パーム油?それともマーガリン??

無糖なので青菜のピーナッツ和えなど料理にも活用できますよ。
peanut-1532906_960_720
また、ナッツバターを手作りするのもおすすめです。
作り方は簡単。
アーモンドやくるみやピーナッツなど好みのナッツをフライパンでから煎りしてから、
好みのオイル(ココナッツオイルや菜種油などお好きなもの)少々と、
塩ひとつまみをフープロにかけてペーストにするだけ。

a87e78db4d13481bd426ed3afdd48c79
手作りの「アーモンドバター」や「くるみバター」は、森の滋養がたっぷり詰まった栄養食品ですね。
私のおすすめはカシューナッツバター!
カシューナッツはクセもなく、ほのかな甘みとクリーミーなコクがやみつきになります。
bake-1238884_960_720
さて、次は夏のアンチエイジングに効きそうなジェラートを
紹介します。

こちらもフープロにかけるだけ。
ベリーの他にも冷凍した桃やりんご、マンゴーなど、とにかくどんな果物で作っても美味しいですよ!

【究極に簡単なジェラートその2。美肌の見方!ベリーベリージェラート】

ベリージェラート
レモンやグレープフルーツなどの柑橘類やキウイには「ソラニン」という紫外線の吸収を促進してしまう成分が含まれているので、
朝食べるとシミやしわの原因になるというのはアンチエイジング界(笑)では有名ですよね。
一方、ベリー類やにんじんやスイカなどの「赤い食べ物」は、
豊富なポリフェノールやアントシアニンが紫外線でダメージを受けた肌の修復に効果を発揮します。

【材料】
・冷凍したバナナ 1本(なるべく黒い斑点が出るまで熟したバナナを凍らせてください。)
・ブルーベリー、ラズベリー、いちごなど冷凍のベリー類 たっぷりひとつかみ
・ココナッツオイル(またはオリーブオイルやココナッツバターでもOK) 大さじ1〜2

【作り方】
1、完熟バナナは皮をむいてから一晩凍らせておく。他のベリー類も凍らせて。
5646c45ca36c26efbd80bf335a77261a
2、材料をすべてフードプロセッサにかけて、なめらかなソフトクリーム状にして出来上がり。

ice-cream-1218369_960_720
材料はココナッツオイルでもよいですが、あればココナッツミルクから「ココナッツバター」をとるのも楽しいですよ。
ココナッツバターは、ココナッツミルクが分離した時にできる固形分です。
IMG_3270
ココナッツオイルよりも油分が少なく、とてもミルキー。
バターの代わりにパンケーキにぬったり、あらゆるお菓子作りに使えますよ。
IMG_4289

【ココナッツバターのとりかた】

1、乳化剤の添加されたココナッツミルクだと脂肪分が分離しないので、
必ず乳化剤の表示がないものを選んでください。
bfd3d303a8f259e66ecc0f478eea0011
2、ココナッツ缶を冷蔵庫で一晩冷やす。
開封すると固形分と水分が分離しています。
この固形部分をスプーンですくい取り、ココナッツバターとして使います。
ead7c6a4c790439b547e14f0d198bec8
分離して残ったココナッツジュースのほうは通常のミルクの代わりとして、パンケーキやお菓子・パン作り、カレーなど料理にも使えます。
coconut-oil-1469337_960_720
試してみなくちゃ始まらない。
台所で試行して、思考して、発見する。
しかも、おいしい、楽しい発見です。

まずは有機バナナ、買ってみる?
この記事を読んだ人にお勧めしたい他のレシピ
乳製品・卵・白砂糖不使用!至極の玄米スイーツ!濃厚でクリーミーな『ライス・アイスクリーム』の作り方

美味しすぎる!甘味料砂糖不使用で作れる、「ころころチョコアイスキューブ」の作り方。

【ヘルシーなのに濃厚】米麹甘酒アイスクリームで美肌をつくり、夏の疲れを癒しましょう


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. img_3121 クリスマスに作りたい!冬に疲れ気味の身体も心も元気になる丸ごと玉…
  2. IMG_4966 東京で、白砂糖・乳製品不使用のVeganパフェを食べられるカフェ…
  3. ぬかみそ漬けの19倍の乳酸菌。効能がすごい!お家で簡単「水キムチ…
  4. 900x675xP8141431_jpg_pagespeed_ic_CZzRgk46Ps 夏の終わりはボディバランスを整える美味しいベリー系ジュースを作ろ…
  5. img_3791 風邪を引いた時に一番食べたい養生食の決定版!身体が芯から温まる「…
  6. IMGP8729 縄文時代から続く驚異の海の野菜。簡単「昆布水」の作り方とその活用…
  7. オリーブオイルを使って作る、美味しくて簡単な「焼きおにぎり」の作…
  8. ede46a9e165be6fb2ee5c5e3883792ab 新しいマクロビオティックなベジおかず。栄養豊富で簡単!大豆ミート…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 松橋佳奈子
  • 室谷 真由美
  • 赤嶺 福海
  •  とっくん
  • 上村 歩
  • kei
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  • jyunko
  • mimi saito
  • 池田 歩
  • watanabe  
  • 柿谷圭之助
  • yuriesasaki
  • mariko ito
  • 加藤 晴之
  • Mint
  • emi tanaka
  • 飯塚 愛
  • Mai nakanishi
  • Mao
  • ookawahara
  • ひかりあめゆうすけ
  • 齋藤 香帆
  • Nakamura Akitsu
  • 橋本佳子
  • fujisakishun

カテゴリー

PAGE TOP