おすすめ商品

市販のオリーブオイル、ちょっと見直してみて。夏のサビない体作りに『フシコス』のエキストラバージンオリーブオイル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_7293そうめん

さて夏本番。
サラダや冷製パスタなどが活躍する季節。
夏のギフト選びに悩む季節。
そして、紫外線を浴びる季節です。

紫外線を浴びて活性酸素の生じた体をサビから守るには、
抗酸化力の高い食品を摂って「体の中からアンチエイジング」をすることが大事。

今回は、夏場のサビから「おいしく、美しく」体を守る、
「フシコス」の上質なエキストラバージンオリーブオイルをご紹介します。

フシコスについて詳しくみる



油は食品?工業製品?大量生産のオリーブオイル、ちょっと見直してみて。

fgvvvv
オリーブオイルの偽装が後を絶たない昨今。
そもそもこの偽装問題は、米の産地偽装ぐらい当たり前にあることで、
ひどいものではオリーブオイル風味の菜種油を混ぜたものまであります。

これは、ビンやラベルを見ただけでは判断できないものです。

もちろん有機JASがついていたとしても、
認定機関によっては1回きりの審査で通してしまう機関もあり、
毎年、ずさんな有機認定機関が資格剥奪されたりしていますね。

良いオリーブオイルはコールドプレス(低温圧搾法)で遮光瓶に入っていることだけでは判断できません。

まずは「生産者の顔が見えること」。

日本酒だって、米だって、
ワインだって、味噌だって、醤油だって、
野菜だって、
作り手の仕事が分かってこそ。

私たちのまわりには、まるで工業製品のように「製造された食品」が溢れ返っています。
食べ物さえ工場で生まれてしまう時代。
丁寧に作られているとは言いがたいものまであります。

ヘキサンという化学薬品を使って抽出・精製された「サラダ油」だけではありません。
オリーブオイルやキャノーラオイルなど、海外の油に関しても同じような状況です。

olive-oil-507129_960_720
「工業製品のように製造されたオイルを家族にたべさせたくない。」

そんな思いから生まれた『フシコス』のエキストラバージンオリーブオイルは、
オリーブの栽培・収穫・日本への輸送・ボトリングまで、すべて信頼のできる家族が作ることで、
大量生産される工業製品とは違う「作り手の見えるオイル」が実現できています。

もちろん、高温・加熱処理を一切行わない「ノンフィルター製法」で自然のままの圧搾です。

スクリーンショット 2016-04-11 11.59.06
しぼりたての鮮度が保たれているので、感動するくらいサラサラ。
亜麻仁油に近いテクスチャーです。
オイルというよりジュース??
そして未精製ならではのスパイシーな辛味。

このオリーブオイルと岩塩だけで、
ルッコラやクレソンをわしわし食べたくなる爽やかさです。
レモンをぎゅっとしぼって。

フシコスグリーンサラダ

>フシコスオリーブオイルの購入はこちら



顔が見えるオリーブの実。家族経営、小規模農家の育む伝統的なオリーブオイル。


editedolivehands
一般的にオリーブオイルは「複数の産地のオリーブを混ぜて作っている」のが当たり前です。
お米や小麦粉などもそうですが、
「新潟県産コシヒカリ」とあっても、ひとつの農家さんが育てた米だけをパッケージングしているわけではありません。
複数の農家から出荷された米を混ぜてひとつの商品が出来上がるわけです。

それは海外のオリーブオイルやワインなども同じ。
複数の産地から収穫されたものを混ぜて作られることがほとんどで、
たとえオーガニックであっても、ひとつひとつの農場の栽培法や管理までを明確にすることは難しい。

「フシコス」は、
ギリシャ・クレタ島の原種に近いコロネイキ種のオリーブだけを使用している単一原料のオイル。

フシコスに使われるオリーブの実は、オリーブ農家シラキス家が400万本のオリーブの木々を代々受け継ぎ栽培しています。
木々の下にはたくさんのクローバーが生い茂り、共存しています。
それは、過剰な農薬や除草剤を使っていない証。
樹齢200年を越す木も多く、長い年月をかけて地中深くに根をはり、通常の慣行栽培オリーブよりも、
ポリフェノールが非常に豊富に含まれています。

13016844_1028295113924189_1192589077_o
私がこのオイルにときめいたのは、伝統製法へのこだわりだけでなく、
ボトルや梱包されてくるパッケージがとても素敵なこと。

大切な人への贈り物やお中元にもいいなと思いました。

>フシコスオリーブオイルの購入はこちら



体の熱をとってくれるオリーブオイル。今がおいしいフシコスを使った夏レシピ


DSCF2576- 2
オリーブオイルはマクロビオティックな観点から見ると、「陰性」に位置します。
今の時期は「陽性」のごま油やバターよりも、
体に溜まった熱を鎮静させてくれる「オリーブオイル」が最適。

また、オリーブオイルのオレイン酸は、腸の蠕動運動を刺激し、腸内の潤滑油としても働いてくれるので、
胃腸の調子が悪くなりがちなこの時期は、お通じの面でもオリーブオイルが適しています。

フルーツや豆乳ヨーグルトにオリーブオイルをかけて食べるだけでも、
かなりお通じが改善されるのでぜひ試してみてくださいね!

今回は、夏バテ・紫外線対策・腸内環境改善に効果が期待できるオリーブオイルのレシピをお教えします。
陰性に傾きがちな「オリーブオイル+夏野菜」の組み合わせですが、
調理法や材料次第で、体の負担になりすぎない「中庸」に持っていくことができますよ。

【1、フシコスでキウイとグレープフルーツのはちみつマリネ】


キウイ1_3660
夏場に摂りたいビタミンたっぷりのフルーツに、オリーブオイルのポリフェノールが相乗的に効果を発揮します。
さわやかな甘みとスパイシーなオイルの相性は抜群!
体を陽性にしてくれる岩塩をふるのをお忘れなく。
塩と黒胡椒をふることで、全体の味がキュッとしまりますよ。

1、グレープフルーツとキウイを食べやすい大きさに切り、フシコスオリーブオイルを適量まわしかける。
2、岩塩と黒胡椒少々をふってひと混ぜしたら、冷蔵庫でしばらく冷やし、味をなじませて出来上がり。


ただし、キウイや柑橘類は皮膚の紫外線吸収を促進してしまう果物なので、朝食に食べるのはNG
ビタミンが紫外線ダメージを修復してくれる夕方〜夜に食べるのが効果的です。

>フシコスオリーブオイルの購入はこちら



【2、枝豆クリームの冷製パスタ】


枝豆フシコスパスタ2
夏の定番「枝豆」は、実は緑黄色野菜なんですよ。
タンパク質以外にもビタミン・ミネラル群がたっぷり含まれています。

火を使わずにミキサーでガーッとするだけ。
枝豆と豆腐の大豆コンビで、チーズや生クリームなしでもじゅうぶんコクのあるソースができます。
暑い日でもパパッと作れますよ。

ただし、枝豆も豆腐も大豆なので陰性が強く、食べ過ぎれば体を冷やしすぎてしまいます。
ミネラル豊富な天日塩を使って、体を冷やしすぎない工夫をプラスして。


・スパゲッティ 2人分
・枝豆(塩ゆで。冷凍のものでもOK) 150〜200g
・絹ごし豆腐 1/2丁
・にんにくのすりおろし 少々
・フシコスオリーブオイル 大さじ2〜3
・自然塩 小さじ1/2
・豆乳(またはだし汁) ソースの固さをみて適宜


1、材料すべてをなめらかになるまでミキサーにかける。
ソースが固いようなら豆乳(またはだし汁)でのばし、パスタがゆで上がるまで冷蔵庫で冷やしておく。
2、パスタは表示どおりに茹でてから冷水にさらす。
3、水気をしっかりきったパスタと枝豆ソースを和えたら器に盛り、フシコス(分量外)をまわしかけて出来上がり。
仕上げに枝豆のむき身を飾っても。

>フシコスオリーブオイルの購入はこちら



【3、フシコスを使って、ガスパチョそうめん】


IMG_7293そうめん
こちらも夏野菜をミキサーにかけるだけの超簡単ローレシピ。
生の酵素がたっぷり
抗酸化作用抜群のビタミンそうめん。
野菜不足になりがちなそうめんの欠点を、ガスパチョだれでカバーします。

食欲のない時にもするする入るのは、なめらかでコク深いフシコスのおかげ。
陽性の昆布だしの効いためんつゆと絶妙にマッチします。

(3〜4人分)
・トマト 3〜4個
・キュウリ 1本
・赤パプリカ 1/4〜1/2個
・玉ねぎ 1/4個
・バジルまたは大葉 少々
・にんにく 少々
・めんつゆ(濃縮) 1/2カップ
・フシコスオリーブオイル 1/4カップ
・好みで黒胡椒やタバスコを少々


1、材料すべてをなめらかになるまでミキサーにかける。
これでガスパチョつゆの完成。そうめんがゆで上がるまで冷蔵庫で冷やしておく。
2、しっかり水切りしたそうめんにつけながらいただきます。
麺と合わせることを考えて、ガスパチョつゆの味つけは濃いめにつけておきましょう。

野菜の分量はお好みで。
玉ねぎの分量が多すぎると辛くなるので注意してください。
トマト多めが美味しいですよ。

IMG_7292そうめん

>>フシコスのオリーブオイルの購入はこちら



おわりに。


紫外線でダメージを受けた細胞を修復してくれるのは、
高価な美容液やクリームではなく、自分の免疫力です。
私たちの体には自然治癒力があり、古くなった細胞を生まれ変わらせる力があります。

その自己免疫力をサポートするのは、抗酸化力のある食生活、睡眠、運動。

今、紫外線や夏バテに負けない食生活を送ることで、
免疫力の低下しがちな冬場の体づくりにもグンと差が出るはずです。


まずは、
「何を食べたらよいか?」より、「何を食べたらいけないか」。

体に良いものをどんどんプラスしていくよりも、
余計な原料や体に悪いものを排除していく。
こちらのほうが、より体が軽くなることは明らかですね。
食生活というのは体だけでなく、心にも影響してくるものです。

調味料も、余計な原料や、余計な処理がされていないものを選ぶ。
本物の調味料が少しだけあれば、他には何もいりません。

フシコスのオリーブオイルを使っていて思うことは、
「体の滋養になっているなぁ」とイメージできること。

そう思えるのは、フシコスの高い栄養価だけではなく、
本物を作り続けている作り手の愛情とエネルギーが注がれているからなんだと思うのです。

>>フシコスオリーブオイルの購入はこちら


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

オーガニック料理ソムリエ はりまや佳子先生の1DAYクラス

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMG_0903 目ざめの春にむけていただきたい、マクロビオティックな白菜のスープ…
  2. sl05 「サロン・デュ・ショコラ」で発見!バレンタインに贈りたい自然派チ…
  3. food-1022681_960_720 家族がガンになった過去を振り返って今、思うこと。病気に負けない生…
  4. 腸が変われば人生が変わる!ファスティングでステロイド依存から抜け…
  5. mv マクロビ大好きクラウドファウンディングに応募します!
  6. 12278828_943007265786308_7953103106486756247_n 【話題の美人女社長、加藤美佐子さんに訊く】人生の成功の秘訣とは?…
  7. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 肉不使用。簡単すぎる!食べたい時に15分でできる「グルテンフリー…
  8. jgFcWmJjHBTj6pq1413185810_1413185818 スタミナ満点ベジごはん「ナスとテンペの照り焼き丼」

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • まどか
  • izumi
  • 越野美樹
  • 佐次本陽子
  • TakiAki
  • IN YOU 編集部
  • 河口あすか
  • kimuratomomi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 前之園知子
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 山口菜摘美
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • 金戸 隆雄
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • yuko matsuoka
  • 村井砂織
  • 伊賀るり子
  • 加藤美希
  • 穴沢悦子
  • Shoko Fujii
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 千原 清花
  • 水川美希
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • 宮浦 浩美
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • Mika K. Alpay
  • iisa
  • isacoco
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • tori
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • 山田朋枝
  • タカ大丸
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi

カテゴリー

PAGE TOP