メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

気をつけて!体に悪いチョコレートを買う前に。正しいチョコの選び方と、バレンタインデーに食べたい、「チョコがけクッキー」の作り方

    越野美樹
    アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」をはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢。IN YOU公式ライター。ウーマンエキサイト、オリーブオイルライフ、お味噌汁復活委員会ライター。 ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp

    chocolates-563386_640
    もうすぐバレンタインデー
    デパ地下に国内や世界のパティシエが作ったチョコレートが並ぶ季節になりますね。

    パッケージはスタイリッシュで華やかですが、商品の裏側をちゃんとみて買っていますか


    どんなに有名なパティシエが作ったチョコレートであっても、流通にのるようなものは
    長期保存するうちに何かあってはいけないので、保存料などが入っていることもあります。

    valentines-day-2057745_640
    また、華やかさを演出するために、人口着色料などが使われることも。

    友チョコだから安いのでいいや、なんて選んだチョコレートは特に、
    もはやチョコレートとは言えない原材料が入っているのを知っていますか?

    原材料に使われているカカオマス自体の質も粗悪だったり、
    フェアトレードされず、現地で働く人が搾取されているものかもしれません。

    チョコレート一つでも、裏側に書いてある原材料はもちろん、
    その商品の背景まで想像を巡らせて買って欲しいと思います。


    低温で作られ、材料が厳選され、フェアトレードされているチョコレートを選ぶ

    chocolate-520797_640
    それでは、本来のチョコレートって、どんなものでしょうか?

    チョコレートは昔、マヤやアステカの古代文明の頃には、薬として食べられていたのです。


    いまやチョコレートは「ニキビができる」「太る」「鼻血が出る」など、
    子どもには食べさせたくない、というようなイメージがあるかと思います。

    カカオ豆には食物繊維やミネラル、カカオポリフェノール、テオブロミンなどの機能性成分も含まれているのですよ。
    チョコレートを買うときは、以下の3つのポイントを守って選ぶと、カカオの機能性成分を効率的にいただけます。

    1.低温で作られるチョコレート

    カカオ豆を48℃以上に加熱せずに作られるチョコレートは、酵素が生きた発酵食品と言えます。
    加熱に弱いフェニルエチルアミン(PEA)やトリプトファン、オメガ6脂肪酸などの
    カカオに含まれる機能成分がそのままいただけます。

    2.余計なものが入っていないチョコレート

    白砂糖や合成甘味料、乳製品、植物性油脂、乳化剤など、
    体に悪影響を及ぼす成分が含まれないもの。

    3.フェアトレードで取引されているチョコレート

    生産者がせっかく丁寧に育てたカカオ豆も、ほとんどが買い叩かれ、搾取されているのが現状です。
    フェアトレードされているカカオ豆を使ったチョコレートを選ぶことで、
    生産者と消費者の良い循環が生まれます。

    そして、カカオ豆を一つずつ皮をむいて、低温乾燥させ、精錬、テンパリング、型へ流し入れ…と言う具合にカカオ豆から全て手作りで板チョコにされている
    ビーントゥーバーで作られたチョコレートを選べば最高です。

    オススメのローチョコレートはこちらを見てくださいね。


    ー とは言っても、どんなに良いと言われる食品も食べ過ぎたり、依存したりしては
    偏った食になって体への負担になってしまいますので、ほどほどにいただくのが良いと思います。

    安心のチョコがないなら、手作りしよう!

    dessert-2307587_640
    流通しているチョコレートの中でも、もちろん質の良いチョコレートはいくつかあります。

    でも、チョコレート菓子になってしまうと、なかなか市販のものでは、納得のいく材料や作り方をされているものを探すのは至難の技。

    cookies-2209236_640
    私は、クッキーにチョコレートがかかっているあのお菓子が時々食べたくなるのですけど、
    懐かしいからと時々食べてみるとがっかりの味だったり、体に負担を感じたり。

    先日、娘に「あのお菓子が食べたい!」と指さされたものの原材料を見たら、
    「ごめん、ちょっと無理!」な材料のオンパレードでした。

    それなら余計な材料がない、ローチョコで手作りのチョコがけクッキーを作ってみようと思い、
    作って見たらとても娘に好評だったので、ご紹介しますね。

    ローチョコがけヴィーガンシナモンクッキーの作り方

    IMG_5135

    材料

    IMG_5124

    ・地粉 80g

    ・無農薬玄米粉 20g
    ・シナモンパウダー 小さじ1/2

    ・有機菜種油 30g
    ・ブルーアガベシロップ 30g
    ・塩 ひとつまみ
    ・ノンシュガーオーガニックチョコレート


    作り方


    1.ボウルに地粉、玄米粉、シナモンパウダーを入れて泡立て器で混ぜる。

    2.別のボウルに菜種油、アガベシロップ、塩を入れて泡立て器で乳化するまでよく混ぜる。

    3.1に2を入れてゴムベラで切るように混ぜ、ひとまとめにする。

    4.麺棒で薄く伸ばし、型抜きする。

    5.170度のオーブンで12分ほど焼く。

    IMG_5127
    6.ヴィーガンチョコレートを細かく刻んでまず半量をボウルに入れ、50℃のお湯を入れたボウルの上に乗せて湯煎して溶かす。

    7.残りのチョコレートを加えてさらに溶かす。

    8.5のクッキーにかける。

    IMG_5130
    チョコレートのテンパリングは一度50℃にしてから32℃に戻す手間があるのですが、
    チョコレートの半量を後から加えることでちょうど良い温度になって、
    簡単にチョコレートを曇らせることなく美しくかけることができます。

    良質なクッキーが手に入ったら、質の良いローチョコを溶かしてかけるなど、
    工程を省いても、大丈夫ですよ。

    市販のチョコがけクッキーで安心なものって、なかなかないですからね。

    IMG_5131
    自分へのご褒美にはもちろん、おもたせにもオススメです。

    IMG_5132
    今年のバレンタインデーには、ぜひ手作りしてみてください!

    バレンタインデーにも食べたい美味しいオーガニックおやつを買ってみよう!

    Recommended items by IN YOUMarket
    IMG_4318 オーガニックローカカオの魅力を最大限に!
    美味しいローチョコレート今すぐここをクリック!

    0530103028_592ccb343b135 お口の中でとろける!ノンシュガー&ノンミルク。私のローチョコレート。全6種類 お得なセットあり。今すぐここをクリック!
    IN YOUMarket では安心して食べられる厳選チョコだけをオススメしています。
    ぜひこだわりのオーガニックチョコレートを買ってみませんか?

    オススメの記事

    お礼ギフトやバレンタインにも作りたい!失敗なし。簡単美味しいグルテンフリーのドロップクッキー。

    乳製品・卵不使用!ギフトやバレンタインにもぴったり。はちみつで作る、ビターな大人のコーヒープリンの作り方。

    『チョコレート依存』の悪循環にはまっていませんか?砂糖・乳不使用。ヴィーガンくちどけトリュフチョコレートの作り方を初公開!

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      越野美樹
      アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」をはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢。IN YOU公式ライター。ウーマンエキサイト、オリーブオイルライフ、お味噌汁復活委員会ライター。 ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp
      ページ上部へ