メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

市販の「グラノーラバー」。実はお菓子を食べているのと変わらなかった!材料5つで簡単!プレゼントにも使えるグルテンフリー玄米グラノーラバーの作り方。

    riko tanaka
    料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。

    忙しなく時が過ぎていく現代・・。

    あまりの忙しさにエナジーバーや、グラノーラバーなどで食事を済ませる方、
    または手軽で健康的なおやつとして取り入れている方もいるんではないでしょうか?

    玄米粒 busy

    「プロテイン補給」「1日分の食物繊維」「手軽に栄養補給」などとうたっている市販のグラノーラバー

    でも・・・・現実は??

    SONY DSC
    たしかに小腹が空いた時、急いでいる時、
    さっと食べれて、しかも同時に栄養まで取れちゃったら一石二鳥だけど、、、

    でもそのグラノーラバー、本当に健康的と言えるのでしょうか?

    今回は忙しい朝に、ちょっと小腹が空いた時に、
    添加物・白砂糖不使用、玄米粒を使用したグルテンフリーグラノーラバーの作り方をご紹介します!

    栄養のプロから見たグラノーラバーの真実は意外なものだった!

    granola bar image
    多くの人から健康的なおやつ、または手軽な朝食として知られるグラノーラバーですが、実は栄養士さんたちの見方は意外なものだったのです!

    アメリカのTIME誌が2016年に行ったアンケートによると、
    70%以上のアメリカ人がグラノーラバーを健康食品と捉えているのに対して、30%以下の栄養士さんしかこの考えに賛成しなかったのです。

    アンケートリンク
    https://www.nytimes.com/interactive/2016/07/05/upshot/is-sushi-healthy-what-about-granola-where-americans-and-nutritionists-disagree.html?mcubz=3&_r=0


    理由としてあげられていたのが、その加糖の多さ

    sugar image
    日本でも話題となった映画「あまくない砂糖の話」の監督デイモン・ガモーは、
    自らが実験台となり、

    「人間が平均1日に摂っていると言われるスプーン40杯分の砂糖を、
    60日間摂取し続けたら体にどうんな影響が出るのか」


    という実験を行いました。

    この実験の注目すべき点は、
    甘いお菓子やジュースなどから砂糖を摂るのではなく、

    一般的に「健康」と思われている食品(グラノーラやシリアル、エナジーバーなど)から
    砂糖を摂取したということ。


    本人も自覚するほどのその実験結果とは、、、

    この実験を監修していた医師によると、

    実験開始から間もなく、内臓脂肪が増え糖尿病の初期段階に。
    実験の中盤には、デイモン自身もお腹が出る、肌が荒れるなどの体の変化はもちろんのこと、
    気分が落ち込むといった精神的な変化にも自覚があったといいます。


    さらには、砂糖が欲しくてたまらない砂糖中毒にまでなったと言います。

    玄米粒 フルーツ
    本来ならば穀物やフルーツ、ナッツなどから取れるたんぱく質、脂質、食物繊維などを効率よく取れるはずのグラノーラバー。
    これではもったいないですよね。

    実はお家でもとっても簡単に作れてしまうグラノーラバー、
    それならよりヘルシーな材料で栄養満点の自家製グラノーラバーを作ってしまいましょう!

    今回グラノーラバーのベースとして使ったのが、
    ミネラルが豊富な玄米を焙煎してつくられた玄米粒。

    玄米粒 1
    カリカリと香ばしく、自然な甘さが感じられる玄米粒は
    食べ始めるとクセになる美味しさ。

    玄米粒を使うことでグルテンフリーを実践中の方にも、
    また、子供に手軽でヘルシーなおやつを探していたお母さんにもピッタリ♪


    参考文献
    TIME Health, 5 of the Healthiest Granola Bars, According to Nutrition Experts, 2017 (http://time.com/4914384/healthy-granola-bar/)
    2016 New York Times survey, Is Sushi ‘Healthy’? What About Granola? Where Americans and Nutritionists Disagree (https://www.nytimes.com/interactive/2016/07/05/upshot/is-sushi-healthy-what-about-granola-where-americans-and-nutritionists-disagree.html?smid=tw-nytimes&smtyp=cur)

    産経ニュース「砂糖が多い健康食品を60日間食べ続けた男の記録 映画「あまくない砂糖の話」は日本人も必見?」2016

    自家製グルテンフリー玄米グラノーラバーの作り方

    玄米粒 バー前
    【材料】(小さめが5つできる量です)

    玄米粒 材料

    – 無農薬の玄米粒:60g
    – お好みのナッツ(今回はかぼちゃの種、ひまわりの種、くるみ、アーモンドのミックスを使用):20g
    – お好みのオーガニックドライフルーツ:8g
    – 無農薬ブルーアガベシロップ:30g
    – オーガニックココナッツオイル、または有機菜種油:小さじ1



    【作りかた】
    玄米粒 作り方1
    1)フライパンに菜種油をしき、油が温まったら玄米粒とナッツを入れて香ばしい匂いがしてくるまで弱火に近い中火で約3分ほど煎ります。

    玄米粒 作り方2
    2)香ばしい匂いがしてきたら火を止めて、ドライフルーツとアガベシロップを入れて手早く混ぜます。
    ※時間が経つとすぐに固まってきて混ぜづらくなってしまうのでアガベシロップを入れた後は素早く混ぜるのがポイントです!

    玄米粒 作り方3
    3)混ぜ終えたら用意しておいた容器に流し込みます。

    玄米粒 作り方4
    このように手で少し押すとより綺麗に固まります。

    4)涼しいところで冷ましてお好きな大きさに切ったら完成!

    出来上がったグラノーラバーで一工夫してみよう!

    そのままでも十分美味しいグラノーラバーですが、

    一工夫でさらに美味しく可愛く♪


    玄米粒 リボン

    リボンをかければちょっとしたプレゼントにも♪


    玄米粒 ヨーグルト
    植物性のヨーグルトとの相性もバッチリ!

    短時間で簡単に作れる玄米粒グラノーラバー
    作り置きをすれば忙しい朝や小腹が空いた時に、お菓子のヘルシーな代用品として便利です♪


    さっそく In You Marketで玄米粒を買って自家製グラノーラバーを作ってみよう!

    玄米粉 イメージ
    山形県で農薬を使わずに育てられた玄米を
    熱風で焙煎した深煎り玄米


    最近、無農薬のお米は増えて来ましたが、
    この深煎り玄米に使って煎るお米はアスリートの日本代表の食事に使われていて、

    口コミで引っ張りだことなっている、ミネラルが高い玄米です。

    今、土の中のミネラルが、昔よりだいぶ少なくなっています。

    このお米は発芽時に植物系のミネラルを施し、
    自家製ブレンドした有機堆肥を追加し、

    普通のお米よりも遅く収穫することで完熟させた、
    栄養が豊富なお米です。


    遠赤外線の乾燥機で乾かすなど、
    種から乾燥まで全てにこだわり抜いた薬元米。

    食べ物の中から失われた栄養素を補う
    農業を目指して研究されています


    オススメレシピ

    【クリスマスレシピ】インスタ映えバッチリ!生地からクリームまで完全植物性。ヴィーガンシュークリームの作り方。日本人の健康に欠かせない玄米からできた「玄米粉」を使って。

    意外とすごい薬膳から見たごぼうの底力。いざと言う時のお助け薬膳アイテム「ごぼう」を使った簡単養生スープ3種の作り方

    冬の過ごし方一つで見た目年齢に大きな差が出ます。腎力をアップさせる「ノンシュガー黒豆あんこ」の作り方とおすすめレシピ2つ

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      riko tanaka
      料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。
      ページ上部へ