メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

もしもの非常時に力が出る!携帯保存食『干し梅』の作り方と、あまった干し梅の種を使ったアレンジお手当レシピ。

    前之園知子
    体に優しいごはんとおやつ料理研究家。 マクロビオティック講師。 シュタイナー教育での子育てを通じ、マクロビオティックの世界観の素晴らしさを学ぶ。 カフェやケータリングでの調理経験を通し、食による癒しの効果を実感。小田原で自然農の畑と子育てをしながら、料理教室を主宰。

    日の丸弁当は、深い「食の知恵」の詰まった究極の弁当だった!

    IMG_4466 (3)
    私たち日本人にとって大変馴染みのある、日の丸弁当。
    食文化が豊かになった現代の日本人にとって、今では昔懐かしいお弁当や質素な食の代名詞ともいえますね。

    白いごはんの真ん中に梅干しがのっている日の丸弁当は、実はとても深い「食の知恵」が詰まっているのを知っていますか?

    日の丸弁当に学ぶ「食の知恵」
    ・梅干しは、殺菌・抗菌作用にとても優れているため、ご飯にのせておくことで腐敗や食中毒を防ぐ効果がある。

    ・デンプンを分解する消化酵素をもつ”唾液”の分泌を、梅干しの酸の力が促したり、ごはんが体内で無駄なくエネルギー変換するのを助けてくれる。

    ・白米の酸性食品に対し、梅干しはアルカリ食品であり、体液を中和してバランスを整えてくれる。

    ・白米に足りないミネラルを補ってくれる。

    時代とともに子どもや大人のお弁当も様々な形に展開していますが、日本古来の伝統食”梅干し”の素晴らしさがここにあり、また日本の食の原点である”粗食”の素晴らしさが見えてくるのではないでしょうか。

    今回は、梅干しをもっと身近に感じて頂きたく、日常生活で摂り入れ易く、災害や急病などのもしもの非常事態に活用できる携帯「干し梅」の作り方と、簡単にご自宅で活用できる「梅干しを使ったお手当法」をお伝えいたします。

    血液浄化のスーパーフード「梅干し」こそ、薬に勝る薬!

    IMG_3148 仕事中や外出先で具合が悪くなった時に、横になって休むことも出来ず、とてもつらい経験をしたことはありませんか?

    健康意識の高いIN YOU読者の皆様であれば、そんな時に普段飲み慣れていない薬をドラッグストア買うことは出来るだけ避けたいと、我慢してやり過ごす事はありませんか?

    またはチョコレートやケーキなどのスイーツを食べ過ぎて、お腹を壊してしまったり、体がだるい時はありませんか?

    あるいは車の運転中に眠くて仕方がない・・など。

    そんな時にこそ、携帯「干し梅」が大変役に立ちます!

    梅干しは、殺菌・抗菌作用があるだけでなく、食生活の乱れた現代人の体の血液を浄化したり、抗酸化作用、腸内環境を改善するなど、食で身体を正すために相応しく、素晴らしい効能があります。

    また、体内の老廃物や毒素を排出させて、体の酸化を防ぎ、疲れにくい体作りや疲労によるダメージの早期回復に役立ちます

    さまざまな病気や症状を改善するための「お手当法」でも頻繁に使用され、マクロビオティックを実践している人にとってもなくてはならない食材、というほど身近な存在ではないでしょうか。

    梅干しは、日の丸弁当のようにご飯にのせなくても、もしもの時の非常事態に一粒食べるだけで、その効果は絶大です。
    ただし粒のままの梅干しは、全体的にしっとりと果肉が柔らかく、日常で持ち運び外出先でつまむにはちょっと不便ですよね。

    その点、干し梅は、持ち運びという点でも非常に便利です。

    キャンディーのようにバッグに忍ばせておくだけ。

    風邪の流行する冬の季節には、仕事中に乾燥する室内で喉の痛みを感じた時などにも、番茶に携帯干し梅を入れて水分補給するのも大変お勧めです。

    干し梅は天日で干すことで、土用干しや乾物と同じように効能も上がります。

    干す手間を惜しまなければ非常に簡単ですので、是非作ってみてください。

    携帯「干し梅」はこんな非常時に便利!
    ・外出先で具合が悪くなった時全般
    ・車酔い
    ・疲れた時
    ・寒い・体が冷えた時
    ・食当たり
    ・胃痛
    ・腹痛
    ・甘いスイーツを食べ過ぎた時
    ・眠気を覚ましたい時
    ・ちょっとしたおやつとして
    ※その他

    ※風邪などを含めて、あらゆる症状を改善したい時に食べてみて、
    その時に美味しく食べられているならば、症状に合っている証拠です。

    注意点としては、効能があるといえども毎日毎日食べ続けない事、美味しいと感じないようであれば無理をして食べない事です。

    非常事態に力が出る!究極の携帯『干し梅』の作り方


    IMG_3721

    ■材料

    有機梅干し  ・・・お好きな量


    ■作り方

    1、梅干しを指で少し揉みほぐして、中の種を外に取り出しやすくする。

    2、指で種を押し出して梅干しの皮を破り、取り出す。

    3、スプーンなどを使って、中の果肉を取り出す。

    果肉はそのままでもよいですが、取り出した方が早く干しあがります。

    梅干が硬いとか、水分が少ない乾いた梅干しの場合は、果肉を無理に取り出す必要はありません。

    IMG_3150

    4、果肉をとった梅干を平らにする。

    大きく破れてしまっていても大丈夫です。
    IMG_3152

    5、天気が良い日にお日様に当てて、天日干しする。

    夕方に一度室内に取り込み、翌日から天気の良い日に何日か干す。
    IMG_3195
    カラカラまたは、お好みの干し加減になったら出来上がり。

    夏の天気でしたら4,5日程度でカラカラになります。
    梅雨時でも雨の日は室内で干して、天気の良い日にまた天日に干すなどすれば大丈夫です。
    干し加減はお好みで。

    IMG_3763
    小袋に入れて、携帯すると大変便利です。
    IMG_4297 (4)
    種と果肉は使い易いように保存瓶に分けておくと良いです。
    IMG_3163
    果肉は梅肉ペーストとして、さっと使えて大変便利ですよ。
    IMG_3174

    梅干しの種はこんな風に使える!

    玄米ご飯を炊く際には塩を入れて炊くのが基本ですが、塩の代わりに梅干しの種を入れて炊いても美味しいです。

    またお醤油に種を漬け込むことで、梅風味の醤油調味料が出来上がります。

    こちらは長期保存可能、チャーハンや冷ややっこなどにかけて食べると美味しいですよ。

    洗って天日に干した種を日本酒に漬け込み、化粧品の原液としてグリセリンなどと混ぜて使用する人もいるようです。

    種にも効能がありますので、捨てずに是非活用してみてください。

    干し梅作りで残った梅肉・種の活用法!


    梅干しを使用した簡単なお手当方法です。
    是非ご参考になさってください。
    我が家でも梅醤番茶はとにかく出番が多いお手当です。


    お手当の定番!「梅醤番茶」の作り方

    梅干、生姜、醤油、三年番茶の有効成分が相乗的に体に良い作用を与えてくれます。

    ■材料

    有機梅干しペースト(または梅干し)・・・1個分
    有機醤油・・・小1.5
    生姜汁・・・2~3滴
    有機三年番茶・・・150~200cc

    ※この量を基本にして、お子様には半分を目安に、大人の方が飲む場合も量は加減しながら、美味しく頂ける味に作ってください。

    ■作り方

    1、湯呑み茶碗に梅干しペースト・生姜・醤油を入れて熱い三年番茶を注ぎ入れる。

    丸のままの梅干しを使用する場合は種から外して、お箸で突いてよく潰しておきます。

    よく潰すことがポイント。干し梅作りで摂り出した梅肉を使用すれば、その手間が省けますよ。
    IMG_3219
    ポイントは美味しく感じられるかどうかです。
    自分の体調に合っていれば美味しい、症状に対しても即効性がありすぐに効果があります。
    美味しく感じられないようでしたら、今の症状に合っていないと考えてください。

    IMG_3227

    こんなときにもおすすめ!梅醤番茶の使い方・一般的に言われる効果について


    梅醤番茶はあらゆる症状の対策にお勧めです。
    胃痛、冷え性、風邪、腹痛、貧血、下痢、動悸、息切れ、低血圧、血液浄化、疲れている時など。

    飲むと体が温まり、精神を、落ち着けてくれます。

    風邪の症状でも高熱の場合は、熱を下げてくれる第一大根湯を飲用してください。

    夏の冷房で体が芯から冷えてしまった時や内臓の冷えがある人、下痢や腸の痛みなどにもお勧めです。

    症状がひどい人には、葛入り梅醤番茶がお勧めです。

    「葛入り梅醤番茶」の作り方

    葛が入ることで長く胃腸にとどまり、内臓から体を温めてくれる効果があります。
    梅醤番茶で痛みや症状が治まらない時や、下痢などの症状にもお勧めです。

    IMG_4379

    ■材料

    有機梅干し・・・大1
    有機生姜汁・・・梅干しの10%
    有機醤油 ・・・小2~大1
    葛  ・・・大1(同量の水で溶く)

    ■作り方

    1、 梅醤番茶を作って小鍋に入れ、水で溶いた葛粉を加えて1分火にかける。

    葛が透明色になりとろみがついたら出来上がり。

    IMG_4453

    「梅入り切り干し大根茶」の作り方

    体の中に溜まっている動物性食品や油を、切り干し大根と梅干しの酸の力で柔らかくして排出を促し、身体をアルカリ性に戻してくれるお茶です。
    IMG_4396

    ■材料

    有機切り干し大根・・・1/4cup
    有機梅干しの種(または梅干し・梅肉でも)・・・1個分
    水  ・・・1.5cup

    ■作り方

    1、鍋に材料を全て入れて、20分程弱火で煮る。
    ザルなどで濾して飲む。

    IMG_4392
    ポイントは梅干しは入れ過ぎない事。
    空腹時に飲むと効果的です。

    煮た後の切り干し大根は、料理で活用してください。

    梅干しは薬剤散布の出来るだけ少ないものを


    IMG_3009
    斑点などもなく、状態が綺麗な梅はいかにも美味しそうに見えますが、梅干しの効能を存分に体に入れたいのであれば、
    やはり出来るだけ農薬などの散布の少ないものをお勧めします。

    野菜と同じように、梅にも様々な微生物が住み着いていています。
    農薬などの薬剤によりそれら微生物は追い払われ、本来持っている梅干しの力が半減してしまうからです。

    また、市販の梅干しを購入する際も、余計な添加物が入っていないものでしっかりと天日に干したものを購入するとよいです。
    良い梅を選び、日々の食生活や暮らしに是非摂り入れてみてください。

    日本人には、「日本人が昔から食べてきたもの」が身体に合っている。

    IMG_3646
    日本人が長寿であるのは、”和食という名の粗食”をしてきたからというのは、間違いないでしょう。

    「食養」や「和の粗食」の観点から考えたときも、まず核となるのは、

    ”ご飯とお味噌汁、漬物”

    です。

    そこに旬の野菜と豆や海藻などの少量の副菜を考えます。
    漬物としては各地方の身土不二に即した郷土料理のほか、日本の代表的な伝統発酵食である梅干しも大変お勧めです。

    体の進化の過程や構造からも、私たちには日本人が昔から食べてきたものがなにより、身体に良い作用を与えてくれます。
    今回ご紹介した携帯「干し梅」やお手当で、日本の伝統食品である梅干しの素晴らしさを感じて頂けたら幸いです。


    この記事を読んだ人にオススメのオーガニックプロダクト

    1011121525_59dd8ccdc9bd1 添加物ゼロ!和歌山県熊野の大自然で育てられた南高梅のオーガニック梅干し今すぐここをクリック!
    1019142733_59e837c5be542 こだわりの梅酢と塩のみで作られた料理に使いやすいオーガニック練り梅ペースト今すぐここをクリック!

    オススメの記事

    小さな粒に秘められた驚異のごまパワー!白練りゴマを使ったカンタン胡麻豆腐の作り方。意外な白ごま・黒ごま使い回し大量消費レシピ

    旬のビーツ。どうやって使えばいいかわからない時にオススメな使い回し活用術・サラダレシピ

    そろそろ梅仕事の季節です。梅シロップ、梅ジャム、梅干し、味醂漬け。生梅の活用術・使い回しレシピ。


    オススメの記事

    「梅干し」をリメイクして使いまわそう!日本の伝統食材を活かした「万能梅ジェノベーゼソースの作り方」とその活用法。

    新定番!疲れた身体に染み込む万能調味料「昆布梅びしお」の簡単な作り方。梅干しの土用干しの前に!

    日本のスーパーから姿を消した「本物の製法で作られた梅干し」。梅干しはどこへ行ったのか?「偽物」が並ぶスーパーの梅干しについて。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      前之園知子
      体に優しいごはんとおやつ料理研究家。 マクロビオティック講師。 シュタイナー教育での子育てを通じ、マクロビオティックの世界観の素晴らしさを学ぶ。 カフェやケータリングでの調理経験を通し、食による癒しの効果を実感。小田原で自然農の畑と子育てをしながら、料理教室を主宰。
      ページ上部へ