メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

火を使わないからビタミン・抗酸化作用が生きてるノンシュガー・ロージャムとココナッツミルクヨーグルトの作り方。

    くみんちゅ
    家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ

    今回は、暑い夏でも火を使わず、
    「作業時間5分でできるロージャム」と、
    ココナッツクリームで作るトロピカルなヨーグルトの作り方をご紹介します!

    表紙2_5270
    まずは、
    果物を煮込まず、加熱を一切せずに作るジャムです。
    加熱しないので酵素やビタミンがまるまる生きています。

    紫外線が強いこの時期には、抗酸化作用の高い果物が食べたくなりますね。
    でも、お鍋で煮込むジャムは、ビタミンも酵素も損失してしまうだけでなく、
    「大量の砂糖」を使わなければなりません。

    jam-428094_960_720
    でも、今回紹介するジャムは、砂糖は一切入れなくても甘くて美味しい!
    糖分接種が気になる方にはぴったり。

    しかも、酸化しやすい果物の果汁をオメガ3豊富なチアシードでゲル化させるので、
    生のフルーツよりも保存性が高くなります。

    IMG_5246のコピー
    冷蔵庫に入れておけば、4〜5日は持つので、
    食べたい時にスプーンですくって食べれば、冷たいおやつ代わりになりますね。

    手作りアイスやヨーグルトにたっぷりかけたり。
    ブランマンジェやプリンにトッピングしたり。
    好きなだけビタミン補給できちゃう。

    ラズベリー1_5251
    これは冷凍のオーガニックブルーベリーで作ったチアジャム。
    プチプチとろとろの食感がやみつきに。

    IMG_0251
    チアシードの使い道がなくて余らせている方、
    オススメですよ〜。

    ビタミン・酵素が生きてるノンシュガー・ロージャムの作り方。

    表紙1_5269
    作り方は、
    調理もなにもしないとゆう、レシピとは言えないほど簡単なジャム(笑)

    冷凍のオーガニックブルーベリーやラズベリーなどを使えば、
    解凍の際に果物の細胞壁が崩れて果汁が出やすくなるので、
    味が染み込みやすいです。

    いちごやベリー系だけでなく、
    マンゴーやパイナップル、キウイやぶどうなどで作っても美味しいですよ!

    【材料】

    ・いちごやブルーベリーやラズベリーなど、お好きなベリー類(冷凍のものがあるとベスト) 1カップぐらい
    ・レモン汁 少々
    ・チアシード 大さじ1強
    ・好みでハチミツやメープルシロップや羅漢果などの甘味料 大さじ1(羅漢果なら小さじ1〜2)
    ・好みでバニラエッセンス 少々


    「オーガニックではないイチゴやブルーベリーは農薬が心配」という方は、
    無添加の野菜洗いを使うことをオススメします。
    「ベジセーフ」は農薬・雑菌・放射性物質の除去だけでなく、果物や野菜の鮮度保持にもとても効果的。

    有機野菜だから無農薬という訳でははないって知っていましたか?残留農薬や雑菌除去、野菜の鮮度保持、オールマイティに使える野菜洗い「ベジセーフ」。


    作り方。

    【生のベリー類で作る方法】

    1、ブルーベリーやいちごなど、ベリー類をフォークなどで適当につぶして、
    果汁を出す(完全につぶさずに形が残る程度にすると美味しいです。)
    2、適当なビンに、つぶしたベリー、その他の材料をすべて入れて、ざっと混ぜる。
    3、30分ほど放置すると、チアシードがジェル状にふやけて、とろりとしたジャムの出来上がり。


    IMG_5246のコピー

    【冷凍ベリー類で作る方法】

    1、ビンに凍ったままのベリー類とその他の材料もすべて入れ、ざっと混ぜる。
    チアシードを入れる
    2、そのまま冷蔵庫でゆっくり解凍する。
    ベリー類が溶けてきたら少し果肉をつぶしながらかき混ぜて、チアシードが均等にふやけるようにする。
    完全に解凍されて全体がジェル状になったら出来上がり。

    一晩つける
    加熱していないジャムなので日持ちは4〜5日ですが、
    生のいちごやブルーベリーよりはずっと日持ちしますね。

    食べたい分だけ作れば、
    毎回フレッシュだし、甘〜いデザートを食べるより体にはずっといいかな。

    我が家では、夏になるとよく作ります。

    美味しいチアシードジャムが出来上がったら、クリーミーで濃厚なココナッツヨーグルトを作ってみよう!

    ラズベリー2_5252
    さて、続いては豆乳も牛乳も使わない、夏に不足しがちな電解質がたっぷり補給できる
    「ココナッツクリームヨーグルト」の作り方です。

    ココナッツミルクやココナッツクリームは、濃厚な甘さがあるにもかかわらず、
    糖質はほぼゼロ。

    そして脂肪燃焼効果のある中鎖脂肪酸や、
    免疫力を高めるラウリン酸が豊富。

    汗とともに流れ出てしまうミネラルも補給できるので、
    ココナッツの果汁は「天然のスポーツドリンク」としても知られています。

    coco-607349_960_720
    生クリームのように濃厚でなめらかなココナッツクリームに、
    腸内環境改善に効果的な乳酸菌「プロバイオティクス」を混ぜて、

    IMG_6322
    暖かい場所においておくと・・。
    かんたんに、動物性不使用のヨーグルトの完成!

    IMG_3274
    ココナッツヨーグルトは豆乳ヨーグルトのような豆臭さが一切ないので、
    ヴィーガンだけど豆乳は苦手、豆乳は消化しずらいという方にはぴったりです。

    大豆アレルギーのお子さんでも食べられますね。

    IMG_7327

    【材料】

    ・ココナッツクリーム 400ml
    ・プロバイオティクス(50億個以上含有)のサプリメント 4カプセル
    (または市販のヨーグルト菌を使ってください。)

    (注)クリーミーでなめらかな質感に仕上げたいのであれば、ココナッツクリームを使用することをおすすめします。
    ココナッツミルクでも作れますが、ココナッツミルクの場合は脂肪分と水分が分離しやすく、固まらない場合があります。
    固まらなくてもヨーグルトのような酸味が出ていれば完成です。味や発酵には問題ありません。

    【作り方】

    プロバイオティクスはカプセルから出して、ココナッツクリームに混ぜ込みます。
    ビンに入れてよく混ぜたら、温かい場所で半日〜一晩置くだけ。
    ココナッツの油脂の性質上、冷やすと固まってしまいますが、常温に戻してかき混ぜると、
    すぐにヨーグルトのようなクリーム状に戻ります。

    ビンにココナッツクリームとプロバイオティクスを入れて蓋をして、
    お湯をはったボウルなどに入れて、
    バスタオルやセーターでくるんでおけば、
    8〜10時間ほどで濃厚なヨーグルトになりますよ。


    IMG_0873
    豆乳ヨーグルトより、だんぜん私はココナッツヨーグルト派です!

    自分の目でみて、つくるごはんは、おいしい、しあわせ。


    shita_vegesafe

    野菜洗いのべジセーフを購入してみる。




    お勧めの記事

    卵・乳製品・白砂糖・小麦粉不使用!サックサク感がたまらない『ライスチョコスナック』の作り方。米粉でおいしいグルテンフリーレシピを作ろう。

    有機野菜だから無農薬という訳でははないって知っていましたか?残留農薬や雑菌除去、野菜の鮮度保持、オールマイティに使える野菜洗い「ベジセーフ」。

    粉と油の排出を小豆とモリンガが助けてくれる!ノンシュガー&ヴィーガンあんドーナッツの作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      くみんちゅ
      家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
      ページ上部へ