メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

寒い冬、唐辛子効果で冷え知らず!おでんにも活用できる洋風からしの作り方。いつもの料理に唐辛子をちょい足し!

    riko tanaka
    料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。

    スコッチボネット 上から
    日に日に寒さが増してきたこの頃、
    いくら着込んでも、暖かい室内にいても手足だけなかなか暖まらない・・・

    そんな冷え性に悩まされている方も多いんではないでしょうか?

    そもそも冷え性って何で起こるの?

    冷え性
    冷え性とは血行不良によって足、手、腰などの血管の少ない部分に送られる血液が少なくなることで引き起こされます。

    その症状として、手足や腰の極端な冷えが挙げらる冷え性ですが、
    悪化すると、めまい、頭痛、便秘、関節痛、また寒くて寝付けない
    などといった症状が現れることもあります。

    ひどくなる前にどうにかしたいものですね。

    唐辛子のカプサイシンで血行促進、体ポカポカ!

    陰陽
    漢方デスクによると

    唐辛子は身体を温める作用が強い食材です。
    また気を発散させる作用、消化を助ける作用、水毒(すいどく)を改善する作用もあります。

    参照:https://kampodesk.com/eat_methods/63567

    とのことで、薬膳・東洋医学には体を温める作用があるとされているものです。
    寒い季節にもぴったりですね。

    ちなみにマクロビでは反対に陰性より、とされている唐辛子ですが、温かいものと一緒に食べるなど使い方を工夫すると良いでしょう。

    美味しく手軽に取り入れたい唐辛子だけど


    普段の食卓に、美味しく手軽に取り入れたい唐辛子ですが、
    もともと辛いものにはあまり慣れていない日本人。

    「辛いものって刺激が強くて肌やお腹に悪そう、、、」
    「そもそも辛いものがあんまり得意じゃない」

    こんな悩みを抱えている方もいるんではないでしょうか?

    今回はそんなお悩みを解消するべく、

    どなたでも手軽に美味しくカプサイシンを摂れる、
    スコッチボネットトウガラシのホットソースを使った
    洋風からしの作り方をご紹介します!

    参考文献
    成美堂出版「栄養の基本がわかる図解辞典」2015年8月20日発行、中村丁次 監修


    今ヘルスコンシャスな人たちの間でも話題の、スコッチボネットトウガラシって何?

    pepper
    スコッチボネットとはカリブ海ジャマイカからやってきた激辛唐辛子。

    その可愛らしい見た目がスコットランドの帽子に似ていることから、
    スコッチ(スコットランドの)ボネット(帽子)と名付けられました。

    winter
    スコッチボネットトウガラシはただ辛いだけではなく、
    そのフルーティーな味わいが特徴です。

    参考文献
    Scotch bonnet Japan, what is scotch bonnet pepper? (https://www.scotchbonnet-japan.com/what-is-scotch-bonnet-pepper)


    豆乳マヨネーズでまろやかに!混ぜるだけ簡単な洋風からしを作ってみよう!

    ボネットソース 横
    【材料】(作りやすい量)

    – オーガニック・スコッチボネットトウガラシのホットソース:大さじ1
    – 有機豆乳マヨネーズ:小さじ2豆乳マヨの作り方はこちら
    – 有機白味噌:小さじ1


    【作り方】
    全ての材料を器に入れてよく混ぜるだけで完成!

    冬といえばあったかおでん!ヴィーガンおでんに洋風からしを添えてみました!

    おでん ソースあり

    出汁から具材まで全て植物性食品で作ったヴィーガンおでん

    おでん アップ
    出汁は野菜出汁で洋風に、

    具材は体の温まる大根や人参、蓮根、カブ


    もちもちに炊けた雑穀米にごま油をあえてキャベツでくるっと巻いたベジロールキャベツ


    などなど、、、

    季節にあった食材で自由自在にアレンジ可能です♪

    やさしい野菜出汁の味がしみた具は洋風からしと一緒に食べることで
    ピリッと辛いスコッチボネットとニンニクの風味が
    さらに食欲をそそります!


    和・洋・中何にでも合う万能洋風からし

    今回はおでんと合わせてみましたが、

    他にも中華ならば、餃子炒飯
    洋食なら、グラタンカレーなどなど

    どんな料理にもちょい足しすることでいつもの味のアクセントに♪

    寒いこの季節は美味しいおでんと洋風唐辛子でおいしい食卓を囲んでみませんか?

    In You Marketでスコッチボネットトウガラシのホットソースを買ってみよう!

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA


    今回ご紹介するのは、スコッチボネットという唐辛子を使ったホットソース。

    ジャマイカなどのカリブ海ではメジャーなスコッチボネット、
    その辛さは世界でも5本指に入るほど

    神奈川県の湘南国際村で農薬や化学肥料を使わずに育てられた
    スコッチボネットを使っています。


    激辛のスコッチボネットですが、
    このホットソースは辛さが得意でない日本人が作っているから、日本人の舌に合う、まろやかな辛さ。

    スコッチボネットは辛味だけでなく甘味も兼ね備えているから、
    旨味のあるホットソースに仕上がっています。

    原料はすべて無添加、無農薬。
    安心、安全なホットソースです。


    オススメレシピ
    朝に飲むだけで、風邪知らず、肌荒れ知らず!冬でも体が冷えない最強の簡単デトックスドリンクの作り方。

    大根を使ったおばあちゃんのお手当て。女性なら知っておきたい不調にオススメなマクロビオティックお手当「大根干葉湯」の作り方

    毎日食べたい!体に嬉しい効能満載。ヘンプシードオイルを使った簡単美味しい万能ドレッシング4種類の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      riko tanaka
      料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。
      ページ上部へ