メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

【ハロウィンレシピ】ほんっとーに簡単!白砂糖・乳製品を使わない栄養満点パンプキンタルト。

    くみんちゅ
    家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ

    ハロウィンといえば、かぼちゃ。
    かぼちゃのお菓子の定番といえば、パンプキンパイ(=パンプキンタルト)ですね。

    ただしお菓子作りをする人なら分かると思うんですが、タルトって、
    生地にもフィリングにも以外と大量の乳製品と砂糖を使うのです。
     
    そこで今回は、私が毎年作り続けている、白砂糖も乳製品も使わない、
    簡単なパンプキンタルトの作り方をご紹介します。
    卵アレルギーのある方は、卵不使用でも作れますよ!

    油脂はたった大さじ3だけでサクサクに作れてしまう、秘密の配合です。
    (ちなみに通常のタルト生地にはバターを約100g使います。バター1/2箱!)
     
    出来上がり
    面倒な泡立ても、
    バターのすり混ぜも、
    温度管理も必要ないんです。
    だから初心者でも失敗がほとんどありません。
    タルト生地は麺棒やマットを使わずに、手のひらでペタペタしながら作ってしまうので、
    洗い物も道具も最小限。
    手順も最小限なので、たぶん1時間ぐらいあれば作れちゃいますよ。

    だって、パイ生地を薄く伸ばすのって、大変でしょ?
    まずレシピ本を開いて、
    「冷えたバターを1cm角に刻む」…。
    その時点で本を閉じてしまう方、多いのでは?
     
    このタルト生地は、そんな手順をぜ〜んぶ省略できてしまう。
    道具はタルト型1台と、手のひらと、ボウルだけ。
    タルト型がなければグラタン皿や耐熱容器を活用してもOK。
    小麦粉をすべて米粉に置き換えれば、グルテンフリーのタルトになりますよ。
     
    今回はハロウィン仕様のトッピングもご紹介しておきます。
    こんなふうにかぼちゃの絵を書いて、切り抜いたら、
    7e666266d8a0ee17b6bbee8dfd652e32
     
    紙をタルト面にのせて、
    茶こしで粉糖をふるだけで。
    ハロウィン感がアップしますね!
    表紙1
     
    粉砂糖を使いたくない場合は、てんさいから作られたビートグラニュー糖にコーンスターチ(または葛粉か片栗粉)をスプーン1杯ほど混ぜてミルで挽くだけで、
    あっという間にパウダーシュガーが作れますよ。
    もちろんきび砂糖をミルでパウダー状にしてもOKです。
     
    自分の身体をつくるものは、たったこれだけ。シンプルなおやつ。
    なのに、しあわせの味。
     
    濃いめのストレートティーや、フレンチプレスのコーヒーが合います。
     

    栄養満点!白砂糖・乳製品を使わないパンプキンタルト。

    cake

    By くみんちゅ

  • 出来上がり量: 18cmタルト型1台分
  • 材料

    • 【タルト生地】
    • 全粒粉(またはスペルト粉や米粉でもOK) 80g
    • アーモンドプードル(または素焼きアーモンドをミルやフープロで細かくしても。) 30g
    • 片栗粉(またはくず粉) 大さじ1
    • 豆乳 大さじ1〜2(粉のまとまり具合によって調整)
    • オリーブオイルやココナッツオイルなど好みのオイル 大さじ3
    • ひとつまみ
    • 【フィリング】 
    • かぼちゃ 約1/4個(正味220〜250g)
    • ココナッツミルク(または豆乳) 1カップ
    • ココナッツシュガー(またはメープルシロップなど好みの甘味料) 大さじ3〜好みで調整
    • 1個(卵アレルギーのある方は、米粉or葛粉or小麦粉大さじ2で代用を。)
    • ふたつまみ
    • シナモンパウダー 小さじ半分
    • クローブ、ナツメグパウダー お好みで
    • 【トッピング】 
    • 8分立てに泡立てた生クリームや、豆腐クリーム、またはバニラアイスなど 好きなだけ



    作り方

    1. かぼちゃは蒸して柔らかくする、
      またはレンジで加熱してやわらかくする。
      フィリングをオレンジ色に仕上げたい場合は皮を除き、正味220〜250g用意する。
      タルト型には薄く油をぬっておく。
    2. 【タルト生地を作る】

      タルト生地の材料すべてをスプーン等で混ぜ合わせる。
      ダマになってきたら、手でひとまとまりにする。
      (最初はボソボソしてまとめづらいですが、すぐに油と豆乳がなじんでまとまってきます。)
      まとめる
    3. ひとつにまとめたらタルト型にのせ、 あとは手の腹と指を使って、押さえつけながら型に合わせていきます。
      なるべく均等に伸ばすように、足りなくなったところは他の場所からちぎって持ってきて、ペタペタと。
      粘土遊びみたいで楽しいですよ。
      のばす
    4. 膨らみ防止のためにフォークで生地にプツプツ穴を開けたら、
      170℃に予熱したオーブンで10分空焼きする。
      (ここでは表面が乾く程度に火を通すだけ。)
      フォークで
    5. 【フィリングを作る】

      タルト生地を空焼きしている間に、かぼちゃとフィリングの材料をすべてボウルに入れ、
      泡立て器でつぶしながら混ぜ合わせる。
      かぼちゃがなめらかになったらOK。
      混ぜる
    6. 空焼きしておいたタルト生地にフィリングを流し入れたら、
      180度に予熱したオーブンで40分焼く。
      焼き上がりの目安は、生地の表面をさわってみて少し弾力があればOK。
      中がトロッとしていても美味しい。
      焼き上がり
    7. ※かぼちゃのフィリングは少し余る分量なので、余った分はココットなどに入れて焼いてください。
      粗熱がとれたら好みのトッピングを。
      冷めてから豆腐クリームをのせてもよし、焼きたてにバニラアイスを添えて食べるのも最高です!
      ef8fe2f39270d629d0bcb7a048140e97
    ページ上部へ