メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

白砂糖なし!作業時間5分で「しっとりバナナのソフトクッキー」の作り方。子どもも安心、栄養豊富で幸せに導くおやつ。

    ayukotaniguchi
    管理栄養士 インナービューティープランナー オーガニックパーソナルシェフ オーガニックナチュロパス(取得中) 東京・福岡・長崎にて、料理教室Cucina_di_ayukoを主催。 管理栄養士として病院・施設などで給食業務に携わり、毎日の食事で最高の健康を目指したいとインナービューティープランナーへ。2017年 3月に男の子を出産。「*幸せごはん届けます*」をモットーに、家族が最高に健康で笑顔で過ごせるための、食を中心としたライフスタイルをお伝えしています。 [BLOG] http://ameblo.jp/ayuko325 [HP] cucina-di-ayuko.weebly.com

    子どものおやつにどんなものを選んでいますか?

    candy-2644168_640
    我が家の息子は1歳を迎え、朝・昼・夕のごはんにおやつをあげています。
    どんなものをあげてよいのか悩むところです。

    私が息子にあげるおやつといえば、こんな感じで

    バナナ、りんごなどのフルーツ
    焼き芋
    おにぎり
    蒸しパン
    ゼリー
    フルーツと野菜を入れたスムージー
    もらいもののお菓子 


    など・・・

    あまり、レパートリーがないなと感じます。

    おやつは甘いお菓子でなくても、食事と食事の間にあげる軽食という考え方もあるため
    甘くないものでも大丈夫ですが、子どもはクッキーやおせんべいなど甘みのあるものが大好きですよね。

    ナチュラル志向のお母さんが子どもに食べさせたい、安全なおやつとは?

    child-1871990_960_720
    「市販のおやつは白砂糖や添加物が入っているから、あまり食べさせたくないんだよね!」
    砂糖は血糖値の乱降下でイライラしやすく、気持ちが安定しない
    添加物は体内にたまりやすく、成長期の子どもにとらせたくない
    と、思っていても便利だから市販のお菓子食べさせている。

    「本当は白砂糖や添加物が入っていない手作りおやつが一番安心してあげられる」


    そう思っているお母さんが多いのではありませんか?

    でも、手作りは時間がかかる
    白砂糖なしのおやつってどうやって作ったらいいの?
    材料揃えるのが大変そう


    同時にそんな疑問が浮かびます。

    私もそう思っていました。

    なぜなら市販のお菓子作りの本には、砂糖を使うレシピがたくさん載っているから、
    お菓子には砂糖を入れるのが当たり前だと思いこんでいたのです。


    でも甘みをつけるのは砂糖だけではありません。

    手軽に入るものとしては、
    バナナ、甘酒、はちみつ(1歳未満は使用できません)、メープルシロップ、ドライフルーツ

    ・・・これらは手に入りやすく、十分な甘味がつけられます。

    砂糖がなくても、大丈夫なのです。

    大人が食べると少し物足りなさを感じる甘さでも、子どもにとっては十分甘味を感じています。
    白砂糖などの生成された糖分を使用しなくても、自然な甘味を使って子どものおやつを手作りしてみませんか?

    そうは言っても、時間がとれない?!

    子どもがいて、忙しい・・。
    もしくは毎日働いていて、とても忙しい女性読者も多いと思います。


    作業時間が5分の簡単おやつなら忙しくてもできますよね!

    では、

    作業時間5分



    ならどうですか?

    これなら、作ってみよう!と思いませんか?

    マヤナッツ入りバナナフェンネルのソフトクッキーの作り方

    LRG_DSC05750
    LRG_DSC05758
    【材料】
    LRG_DSC05695

    有機米粉・・・50g
    無農薬マヤナッツパウダー・・・5g
    オーガニックフェンネルシード・・・小さじ1/2
    ベーキングパウダー・・・小さじ½(アルミフリーのもの)
    有機バナナ・・・1本
    有機レモン果汁・・・小さじ1/2
    有機菜種油または無農薬ココナッツオイル・・・大さじ2


    (トッピング用)
    有機バナナ・・・1本

    【作り方】
    1.ボウルに米粉、マヤナッツパウダー、ベーキングパウダー、フェンネルシードを入れよく混ぜ合わせる。

    LRG_DSC05696
    2.フードプロセッサーにバナナ、レモン汁、菜種油を入れ滑らかになるまで混ぜ合わせ、1に入れる。

    LRG_DSC05702
    LRG_DSC05711 (1)
    3.ゴムベラでサックリと混ぜ合わせる。

    LRG_DSC05722
    4、170℃でオーブンを予熱する。

    5.絞り袋に口金をつけ、クッキングシートを敷いた鉄板に絞り出す。(口金がない場合は、スプーンですくって並べても大丈夫です)

    LRG_DSC05734
    6.トッピング用のバナナを薄く輪切りにし、5の上にトッピングし、170℃で15~20分程度焼く。


    LRG_DSC05743
    焼き上がりが近づくと、バナナの香りが部屋中に充満し幸せな気分になりますよ。

    焼き上がりはこちら


    LRG_DSC05748

    栄養満点で幸せに導くスーパーフード


    バナナフェンネルシードのソフトクッキーが栄養満点で幸せに導く秘密は

    マヤナッツパウダーとフェンネルです。

    マヤナッツパウダーは、タンパク質・食物繊維・マグネシウム・ナイアシンなどが含まれ子どもの成長に欠かせない栄養素が含まれています。

    また、毎日とらなくてはいけない必須アミノ酸の1種であるトリプトファンを含んでおり、
    「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを作り出す栄養素として注目されています。

    またフェンネルは魚料理やブイヨン、カレーなどに使われるハーブですが、消化促進や老廃物の除去、ストレスの緩和効果があり、マヤナッツパウダーと組み合わせてとれば、なんだか幸せだなとリラックスした気持ちで過ごせます。

    子どものおやつだけではなく、お母さんも一緒に食べたい おやつです。

    LRG_DSC05775

    さっそく、作りたい!と思ったら。
    バナナフェンネルシードのソフトクッキーの材料はこちらで揃えられます。


    無農薬・NONGMOのスーパーフード!
    マヤナッツコーヒー&あらゆるものに振りかけたり料理にも使える幸せマヤナッツパウダー

    DSC_4447
    1128115806_5a1cd0be0a931 無農薬・NONGMOのスーパーフード!マヤナッツコーヒー&あらゆるものに振りかけたり料理にも使える幸せマヤナッツパウダー今すぐここをクリック!

    天然のマヤナッツ100%。深煎りと浅煎り、2種類のタイプがあります。
    小さなお子様から、 アレルギー・農薬・遺伝子組み換えなどの心配は一切なくお楽しみ頂けます。
    ちょっぴり疲れてしまった時に、特におすすめ。
    古代から変わらず自然に存在しているものなので、 昨今の栽培品とは異なり、残留農薬や遺伝子組み換えの不安は一切ありません。
    古代マヤ人が飢饉の時にこれだけを食べて生き延びられた、歴史あるスーパーフードです。
    タンパク質・ビタミン・ミネラルをバランス良く、また 食物繊維やマグネシウム、またナイアシンなども豊富に含んでいます。
    必須アミノ酸の1種であるトリプトファンを含んでいることも、特徴です。
    トリプトファンは、脳内でナイアシンやマグネシウムと共に 「幸せホルモン」と別名を持つ、セロトニンを作り出すことで知られています。
    現地グアテマラでは、母乳の分泌を促す作用があるという研究報告もあるそうです。
    真正のナッツ(堅果類)とは異なるので、アレルギー成分やアルカロイドは一切含んでおらず、アレルギーの心配なく召し上がって頂くことができます。


    IMG_1832 自然栽培ならではの味わいと コールドプレス製法一番搾りという贅沢さを兼ね合わせた最高級キングココナッツオイル今すぐここをクリック!

    オススメの記事

    夏のお弁当に「ミニトマト」は食中毒の恐れがあり危険!?安全にミニトマトをお弁当に入れる裏技。まるでデザート「ミニトマトのはちみつ漬け」の作り方

    グルテンフリーで発酵いらずの即席パンを。オレンジパンの作り方。

    この季節に起こりやすい「適応障害」。ストレス対策・疲労回復に最強の組み合わせ「はちみつ梅」の作り方とその活用法

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ayukotaniguchi
      管理栄養士 インナービューティープランナー オーガニックパーソナルシェフ オーガニックナチュロパス(取得中) 東京・福岡・長崎にて、料理教室Cucina_di_ayukoを主催。 管理栄養士として病院・施設などで給食業務に携わり、毎日の食事で最高の健康を目指したいとインナービューティープランナーへ。2017年 3月に男の子を出産。「*幸せごはん届けます*」をモットーに、家族が最高に健康で笑顔で過ごせるための、食を中心としたライフスタイルをお伝えしています。 [BLOG] http://ameblo.jp/ayuko325 [HP] cucina-di-ayuko.weebly.com
      ページ上部へ