お手当法

酸性に傾いた体に。自然治癒力を引き出すマクロビオティックお手当、基本中の基本「里芋パスター」の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Satoimo(Japan)

私たちが日常的に頼りとする現代医学は、さまざまな感染症や、
内科的・外科的における緊急時など、多くの深刻な事態において、適切に対処できる手段だと思います。


けれども、ぜんそく・アトピー性皮膚炎等、薬や手術で完治させることができない慢性病や難病指定の病気は、増え続けています。


現代医学は、こうした病気に対して症状を緩和したり、抑えようとしますが、薬で症状を封じ込めたり、根治治療にはならない一時的な対処に過ぎないものも多く、
それらが本人にとって本当に納得のいく治療法、本当に健やかな方法であるかどうかは疑問です。

病気と闘う、という言葉がありますが、
本当は、誰しも病と戦って消耗するのではなく、穏やかな回復を願っているのではないでしょうか。

私たちは長い間、「病気は薬で治すもの、医者に治してもらうもの」と信じ、自分の身体を医療にや第三者に任せきりにしてきたのかもしれません。
昔の人は、「自分のからだは自分が一番知っている」といったもの。

私たちの体には、もともと自然の回復力が備わっています。
体の不調と向き合うとき、自分が心地いいと思える方法を選びたいところです。

マクロビオティックお手当てって本当に効くの?

image1
ところで、皆さんはマクロビオティックお手当と聞いてどんなイメージをしますか?


「本当に効果あるの?」
「野菜なんか体に貼っても、意味ないんじゃない??」


やったことのある方であればおそらくこう思う方も多いのではないでしょうか。
こうしたお手当ては、実際に日常に利用している人は少ないため、本当に効くのか不思議に思われたり、信用しない人も多いでしょう。

前回しょうが湿布について取り上げました。

あらゆる不調や痛みに長く活用されてきた日本の知恵。最強のマクロビオティックお手当「生姜湿布」の効果・やり方とは。


今回は、しょうが湿布と組みあわせて、その効果を持続させる里芋パスタについて説明します。

何をどのように食べるのか、そして、それが体にダイレクトに影響することは誰もが経験を通じて、納得すると思います。

でも、その食べ物でお手当てもできることを当たり前に感じる人は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?
また、その働きや本当の力については、どれだけ知っていると言えるでしょう。

マクロビオティックやオーガニックな生活を送っていたとしても、「本当に意味があるのか?」というイメージを持つ方も少なくないはず。

しかし、食事だけではなくこのような自然にできる方法も使いながら、日頃から健康管理し、自分のことは自分で守ることができたら、
将来の不安が少なくとも半分はなくなると思いませんか?

人間はもっとすごい。自分の中に眠る自然治癒力を信じよう

image1-1
例えば、風邪をひいたときの症状を「病気」と見ると、薬を飲む必要があるとみなす人は多いでしょう。

発熱→解熱剤
咳・痰→鎮咳薬・去痰薬
頭痛・咽頭痛・関節痛→鎮痛・消炎剤
気道分泌物→抗ヒスタミン薬
胃腸症状→制酸薬・吐瀉薬
栄養補給→ビタミン薬



それぞれの薬によって症状は抑えられますが、自然治癒力は低下する恐れがあります。

これらの症状を、「自然治癒力」と読み直してみると、

ウィルスの繁殖を抑える→発熱
気管などの異物を外に出す→咳・痰
痛みは体に異常ありの警報→頭痛・咽頭痛・関節痛
ウィルスなどを外に出そうとする→気道分泌物
胃酸が抑えられると胃の中で細菌が繁殖しやすくなる→制酸薬・吐瀉薬
食べ物によって補給すべき→ビタミン薬


風邪の症状の一つ一つに意味があるとすると、薬で閉じ込めてしまうのはあまりいい方法とは思えません。
薬が手っ取り早いのはわかります。

けれども、リスクも含めて考えると、家庭でできるお手当ては、あらかじめ用意してさえおけば、迅速かつ安全に、確実に対処できる優れものです。
我が家は、このお手当てで何度も急場をしのいできました。

しかも、そのたびごとに原因となった食生活も見えてきて、方向転換をするためのシグナルになっていました。
体が健康のための舵取りを教えてくれる、そんな感覚です。

私が里芋パスタをやってみて思ったこと

“食べ物の力”について身をもって知ることになった

image1-2

「いうならば『自律神経失調症』ですね」と言われたのは、私が半年あまり病院や整骨院や針灸をまわってからのこと。


食生活を変えることで健康が回復できるという、マクロビオティックの考え方を教えてくれたのは、自然食品店の店主でした。
玄米と季節の野菜と海藻などの組み立ての食事をするようにと言い、加えて手当ての方法も教えてくれました。

私は、生前の母が民間療法の施術をしていたこともあり、抵抗なく受け入れることができました。
母の施術とは違うものでしたが、むしろ、そんな方法があるということに救われたことを覚えています。

民間療法が侮れないことは感覚的にわかっていましたが、しょうが湿布は的確に患部を捉え、
自分の中の元気な血を集め、滞っている患部を癒しているのがわかりました。

さらに里芋パスタをやってみると、明らかに患部に食いつくように張り付き、ぐんぐん酸化した体液を吸うため、
パスタは重くなり、場合によってはドロドロになってしまうことも。

マクロビに出会う前は、5分と起きていられなかった私が、しょうが湿布と里芋パスタの手当てをすると、シャンとします。
食事を変えて1ヶ月で随分よくなったのですが、手当ては続行。

スキーに出かけようと思えたのも、この手当てをすると別人のように体が軽くなり、なんでもできるような気がしたのです。
少なくとも里芋パスタの有効な4時間は魔法がかかったように元気でいられたのです。

手当てを根気よく続けていると、患部のあたりの皮膚は茶色いシミのようになり赤いポツポツが出ていました。
これが排毒と知った頃、体の症状は随分と軽くなっていました。

マクロビを始めて翌年の6月、子どもたちに祭りを見せたくて、街を練り歩く馬を追って歩きました。
自分の体力試しも兼ねて、一日中歩くことに挑戦したのです。

4時間の里芋パスタは、もうタイムオーバーでしたが、疲れて動けなくなることはありませんでした。

image1-3
結局、その日を境に手当ては終わりにしましたが、茶色いシミや赤いポツポツは自然に消えて行きました。
がんの場合は紫のシミになったり、重症の場合は患部がえぐれて再生することもあると聞いていました。

特に、重い病気でなければ、里芋パスタは患部のいらなくなった体液だけを吸ってはがれます。
多少、患部に酸化した体液が残っていれば、肌に里芋パスタが張り付いたまま残ることもあります。

image1-10
そうして、私は“食べ物の力”について身をもって知ることになったのです。

里芋パスタの目的

病巣部には酸化して疲弊した体液が澱んでいます。
そこに植物性のアルカリであるしょうがと里芋を当てることで、酸性の汚れを消すのが、しょうが湿布と里芋パスタの目的です。

しょうが湿布で血液循環を良くしておいて、里芋パスタを貼ると、皮膚からアルカリ分が浸透して、
患部の酸化した環境を良くすることに加え、毛穴から中の汚れた体液を吸い取ります。

里芋パスタは内臓の疲れを取り、気管支などの粘膜の腫れや炎症を取り除きます。
打撲や骨折などの外傷にも有効で、たくさんの手当ての中で最も重要なものです。


『嘉良の落書き』から引用

パスタは皮膚に直接
里芋パスタは皮膚から中へ成分が浸透し、皮膚から中の毒素を吸い出しますから、直接貼り付けます。
里芋パスタをさらしやガーゼで包んで患部に当てるのは大きな間違いです。
しょうが湿布で患部を温めた後に、里芋パスタを直接貼ります。

皮膚から毒が抜ける
里芋パスタを続けていくと、皮膚にニキビのような赤いボツボツが出てきます。
毛穴を通しての排毒です。これは排毒が始まったという初期的な目安になります。

胃腸の上は温める
里芋パスタは冷たいので、胃や腸に当てた場合に、冷えて具合が悪くなることがあります。
そこで、里芋パスタの上に小さな使い捨てカイロを乗せ温めます。胃腸以外の場合でも温めた方が楽なこともあります。

里芋パスタは4時間
里芋パスタはほぼ4時間で効力を失います。電池が放電して力を失うように、パスタも4時間の代謝でアルカリなどの有効成分が消失します。でも、4時間以上貼って有害なわけではありません。

パスタは薄くする
里芋パスタの厚みですが、厚くすると体温で里芋パスタがゆるんで流れ落ちます。
5ミリほどに薄く作って使うと、喉や胸などにもぴったりと張り付いて落ちてきません。
症状が重い時、厚めの方が効くこともありますが、例外的なことです。

パスタをハサミで切る
薄いパスタの上手な作り方です。冷凍した里芋パスタのかけらを薄いビニール袋に入れ、解凍したら袋に入ったまま薄く伸ばします。
パスタを袋ごと、調理用のハサミで必要な広さに切り取ります。パスタが冷たいとビニールはきれいにはがれます。
ビニールの片面を剥がし、さらしに貼り付け、残った片面を剥がして、患部に直接貼り付けます。

かゆみの対策
里芋に負けてかゆいときには、純正のゴマ油を患部に塗ったり、パスタに自然塩を少し混ぜますが効果は弱い。
かゆくなる時は生の里芋は使えないので、きゅうりかジャガイモをおろしたものに1割ほどのしょうがおろしを加え、里芋の粉を入れて練り固めます。
里芋パスタの代用ですが、生の里芋を使わないので、かゆみが出ません。
それでもかゆくなる時は、この「里芋パスタの代用」を作る時に少量の食塩を加えておきます。

腹帯と「貼る包帯」
里芋パスタは腹帯や包帯で固定します。腹帯は、十分な長さのさらしの両端の真ん中を、20センチほど裂いて作ります。
腹帯の中ほどでパスタを抑え、両端の上下をそれぞれ結んで固定します。

パスタの押さえが十分でない時には小さなタオルなどを補助的に使うと効果的です。
場所によっては腹帯が使いにくい時には、市販されている「粘着包帯」を使うと便利です。
これをバスタの外縁に貼っていくと、どんな場所でもパスタを固定できます。

パスタの冷凍保存
里芋パスタはまとめて作って冷凍保存しておくと便利です。冷凍したために効力がなくなるということはありません。
風邪で喉が痛むとか、打撲したとか、急に手当てが必要になった時、里芋パスタを冷凍しておけば、すぐに使えます。

冷凍保存もできる 里芋パスタの作り方

<用意するもの>

無農薬里芋400g(皮をむいた重さ)
無農薬根生姜40g
無農薬小麦粉480g
フードプロセッサー(以下FP)
大きめのボウル
菜箸
さらし
ジップロックの冷凍保存用袋 大サイズ2枚か、中サイズ4枚
麺棒


① 根生姜は皮付きのままFPに入れておろす。
里芋は皮を厚くむいて、水気と汚れを拭き取り、半分量をFPに入れて。一度ボウルに開けて、残りの里芋も同様におろして合わせる。

image1-6
image1-7
② ボウルにおろした里芋と根生姜、小麦粉を入れ、菜箸で荒くまとめる。

image1-8
③ その場で使いたい時は、必要な量だけこねて耳たぶくらいの固さに仕上げ、さらしにのばして使う。

image1-9
④ 残りはジップロックの袋に入れて、麺棒で伸ばしながら厚さ5ミリほどに薄くのばす。急ぎでなければ、そのまま冷凍庫で保存。

image1-4

里芋パスタの使い方

冷凍パスタをジップロックごと割り、必要な大きさだけ取り出す。
患部より少し大きめのさらしを用意し、患部に合わせた大きさの里芋パスタを乗せておく。

しょうが湿布で十分に温めた患部に直接ぺたりと貼り、さらしで作った腹帯や「貼る包帯」で固定する。
この時、通気性のないビニールなどで覆ってはいけない。

里芋パスタの効果は4時間。その後、続けて里芋パスタを貼る時には、必ずしょうが湿布で改めて患部をしっかり温めてから、パスタを貼る。
夜は新陳代謝が遅いので、朝までそのまま貼り続けてもかまわない。

改良を重ねた故人の知恵

マクロビオティックのお手当ては、桜沢如一氏から大森英櫻氏へと受け継がれました。
大森氏は書籍を残しませんでしたが、実践してきたことは語り継がれてきました。

それは、その時代その時代で陰陽原理を駆使して考え続けることが大切という教えだったと理解しています。
大森氏の講義原稿をボランティアでリライトしていたのは、私の命の恩人であり師匠の遊座嘉良さんでした。
自然食の店をしながら、大森さんの考え方を客観的に検証し、実践しては練り直し、現代にマッチした手当て法も探り続けていました。

家庭でできるお手当ては、自己治癒力を引き出して回復に向かうシナリオをいくつも持っています。
新薬や最新医療が開発されても、望ましいラストシーンは、自己治癒力による回復に違いないのです。病気と闘ったり、ケンカする必要はありません。

image1-5
私もこれまで、薬に頼らず自身の自然治癒力で病状を改善してきたハッピーなケースを見聞きしてきました。
自分で自分の体と対話しながらケアしていくと、確実に手応えが感じられるでしょう。

こうしたお手当ては、実践した人がシェアすることで広がり、フィードバックされるとさらに改善されて残っていくもの。
私は、これからもそうしたハッピーストーリーをシェアしていきたいと思っています。

昨年末、急逝した師匠に感謝と哀悼を込めて、たくさんの人にこのお手当てが伝えられることを嬉しく思います。

抗酸化作用たっぷりのエネルギーに満ち溢れた無農薬フルーツを食べてみない?

Recommended items by IN YOUMarket
1225175106_5a40bbfa8333f 【IN YOU限定】自然農法提唱者・福岡正信氏の血を引き継いだ農園で自然栽培で作られた季節の農薬不使用の果物セットとジャム今すぐここをクリック!
自然農法の提唱者である、福岡正信氏をご存知でしょうか?
お孫さんである福岡大樹(ひろき)さんが愛媛県伊予市の気候や豊かな自然を活かし、
福岡氏が説いた農法や想いを引き継ぎながら、一切の農薬を使用せずに育てた作物です。

果物のセットは、その時期にの旬のものを2−3種類詰め合わせたものとなります。
同じ果物でも、とびきり甘いものもあれば酸っぱいものも。大きさもまちまち。

人工的に画一化して作られたものでないからこそ、安全性と自然の中での循環性が実現されています。
自然資源の消費を可能な限り少なくすることが、追求されています。

生産者と購入者、お互いに持ちつ持たれつで生活を支え合う気持ちを持って頂ける方にご購入頂き、自然の恵みを堪能頂きたいです。

オススメの記事

家庭にあるもので今すぐできる!薬膳・マクロビオティックな症状別 お手当レシピ【腹痛・胃腸炎・胃の痛みに】

便秘だからと言って気軽に下剤を「絶対」使ってはいけない訳。キッチンにあるもので今すぐできる!マクロビオティック・薬膳 症状別お手当レシピ集【便秘・痔・下痢】

いざという時のため冬に常備しておきたいオーガニック野菜5選とマクロビオティックお手当法。風邪をこじらせる前に自然治癒を引き出すお手当を!



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

煙山 昭子
1990年マクロビに出会って自律神経失調症を1ヶ月で克服。子育て中に2児のアトピーの症状も1ヶ月間の食事と手当てで消失。入学当初から学校給食は断りお弁当持参、予防接種も受けずに小中学校へ通わせました。その間、マクロビサークルを主催、カルチャースクール講師も務めました。3・11を機に福島市から淡路市に移住。体験を踏まえて被ばくから身を守り、家族で元気に暮らす方法を伝えていきたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1313633f5cba45995a732f13005a5f08-1-940x627 気血水チェック表であなたの今の体調を知ろう!東洋医学マクロビオテ…
  2. red-blood-cells-3188223_960_720 血液検査しないとわからない?舌でドロドロ血かどうか分かります!舌…
  3. chicken-chicken-salad-mayo-1059912 こんなにある!肝臓が疲労する意外な理由。ガンのリスク大。お酒を飲…
  4. leek-640530_960_720 東洋医学から見た腎と子宮力とは? 今から考える更年期対策と腎精を…
  5. pomegranate-open-196800_960_720 原因不明の不調はホルモンバランスの乱れかも。クレオパトラも愛した…
  6. ぷれーん 甘酒とバナナの甘みだけ!ノンシュガー・グルテンフリー抹茶ラテ味の…
  7. fc31becbe89bad61ec929c40becdeb56_s ママも子どももストレスフリー!子どもの持って生まれた特性を見守り…
  8. green-422995_960_720 体質・タイプ別。効果抜群「お勧めのデトックス方法一覧」を作りまし…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP