メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

「全ての物質は固有の周波数で成り立っている?」周波数を用いた医療機器が特許を取得できる理由

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab

「全ての物質は固有の周波数で成り立っている?」周波数を用いた医療機器が特許を取得できる理由


皆さんは医療機器として認可されている「AWG」と言う機器をご存じでしょうか。
現在、一般の医療はデジタルテクノロジーを駆使した
様々な治療法を模索しているところですが、
この機器はシンプルに69種類の周波数を組み合わせることで、
人々の健康増進に寄与することが可能な素粒子を照射し、
様々な不調の改善、自然治癒力の向上を促すというものです。

日本語では段階的波動発生装置と呼ばれているようですが、
このような周波数を用いた医療機器が国内における認可や
特許を取得するまでには、様々な問題があったと聞きます。
そこで、このような“前衛的な医療機器”がどのような過程を経て
開発されるに至ったのか、今回は特定の波長を用いた治療法の先駆者とも言える
レイモンドライフ博士の話を交えながら、少しご紹介してみたいと思います。

過去、特定の周波数を照射することでガン等を治療する技術が存在していた

特定の周波数をもった光でガンを含む病気が治るという事実


様々な病が“特定の周波数”を浴びることによって治癒するかもしれないとすれば、
私たちはこれまで治療が難しく、どうすることもできないとされた数多くの難病に対し、
新たな可能性を垣間見ることができるのではないでしょうか。

しかし、実は既に1900年代にはレイモンドライフ博士と呼ばれる方が、
画期的な光治療法を開発していたのです。
この光治療法は、“特定の周波数を照射するとウイルスや
細菌などがその形を維持することができず、崩壊してしまう”

という事実に着目し、開発されました。

1934年には、カリフォルニア大学で研究チームを結成し、
末期ガンの患者16人を被験者に同治療法を試みたところ、
わずか120日程度で全ての患者において“癌から回復した”
とする結果が出されました。
つまり、この実験では100%の治癒率だったということです。

しかし、ライフ博士の研究はその後様々な災難(研究所の放火等)のため、
続けることができなくなり、今日では抹殺された一つの医療として知られています。

ライフ博士の意思を継いだ松浦博士の研究と実績

1971年、10-12ミクロンの電子を用いてウイルスやバクテリアを
崩壊させることが可能だという事実に気付いた松浦博士は、
知人よりライフ博士の事を聞き、その技術を再現するために研究を始めました。
その後、1~10000Hzの中より、生命体にポジティブな効果を与える周波数を69種特定し、
それらの周波数を照射する事が可能な電子照射機という機器を開発します。

この機器による効果はすさまじく、
余命1週間と言われ立ちあがることもできなかった方が
普通に仕事に戻る等、華々しい実績を残していますが、
実は医療機としての申請や国際特許への申請を行った後、
警察に突如押収されることとなり、
一時は全てが頓挫するまでに追い込まれています。

今では、富山薬科大学、ハンソ大学においてその有効性が認められ、
アメリカやロシア、カナダを始めとする12カ国での特許が取得されており、
厚生労働省からも正式に医療機器として承認が下りていますが、
実はこのAWGと呼ばれる機器に認可が下りるまでには、相当なことがあったようです。

医療機器(クラスⅡ)で承認を受けた段階的波動発生装置AWGとは?


様々な周波数を発することの可能な波動発生装置AWGですが、
実績としては5000人以上に渡り、
癌患者、難病とされる患者を救ってきた実績があります。
また、乳がんで乳房を全適した女性がAWGの継続的照射により、
乳房が徐々に再生されてきた
という結果までもが公表されているのです。

AWGでは69種の周波数を組み合わせ、人体に照射を行うだけであるため、
非侵襲性で副作用もなく、利用者には負担がありません。
バイオレゾナンスやPRA、メタトロンなどによる特定周波数の照射と同様、
乱れた波長を戻す、自然治癒力を活性化させる、
有害な存在であるウイルスやバクテリアなどを共振させ
崩壊に導く等の効果を得ることが可能とされています。

あらゆる物質は固有の周波数を保持している

私たちが考えているよりも、物質は波長から様々な影響を受けている


今では、“あらゆる物質は固有の周波数を保有している”という事実は、
科学界において常識となりつつありますが、
決して私たちにとってそう遠い話ではありません。
今回のAWGの例が示すように、
“様々な周波数帯の波長が私たちの身体に影響を及ぼしている”
というのが現実だからです。

このような療法は、レメディを使用するホメオパシー等にも通じるところがあり、
基礎的な原理においては、極めて近い部分があるのではないかと私は考えています。
周波数と言ってもあまりピンと来ないかもしれませんが、
例えば様々な電波(携帯、WIFI、デジタル放送)、私たちの身の回りにある音楽、
様々なところから発される“光”もそうですね。
今では、光や音を始め、特定の波長を用いる療法を見かけることが多くなり、
実際に不調から回復されている方も少なくはありません。

私たちの身体は様々な元素で構成されていますが、
水分も占める割合がとても高いですよね。
水の結晶を写真で確認する時、
その水が浴びた周波数によって結晶の形が明確に変わるという事実は
既に広く知られているところですが、
私たちの身体においてもそのような変化が常に起きているのだとすれば、
できるだけ心身によい周波数を取り入れたいと多くの方が感じるのではないでしょうか。

病気になる波長、健康になる波長とは?


私たちは肉体を持って物理的に存在していますが、
前述のように“波長”にとても敏感な存在です。
空気や行間を読む能力に長け、
人の発する感情なども常に感じとっているのです。
イライラした人に囲まれればイライラを感じ取り、
不快な気分になりますが、逆に穏やかで安心感を持つ
人々に囲まれればそのような気持ちを共有することもできます。

このように、私たちは身を置いている環境から、
無意識の内に影響を受けているのです。
そう考えれば、仕事場も、プライベートも、
できれば心地よいと感じる空間に身を置きたいですよね。
そこで、どのような波長が健康や病気に繋がるのか、
私の主観ではありますが、少しご紹介したいと思います。

病気になる波長とは

あなたの心身に“負担になる、あるいはネガティブな影響を及ぼす周波数”と言えます。
少なくとも、あなた自身の心身が傷つくような言葉や感情に触れる機会を避け、
不健康な生育過程を経た食材を避けることが大切
です。
野菜も、果物も、穀物も、卵やお肉も、生育過程によって様々なものが濃縮されていきます。
不自然で不健全な環境の元で育成されたものを食べるということは、
そのエネルギーを成分として取り込むことです。
だからこそ、オーガニックで健康的に、
大切に育てられた食材を頂いた方がいい
のだと思います。
その他、住んでいる家屋や土地が、
病の原因となる波長を放っていることもあるので、注意が必要です。

健康になる波長とは

健康でいるためには、
あなたの心身に“ポジティブな効果をもたらす周波数”にこそ、
注意を払って頂きたいところです。
自然が豊かな場所、丁寧に作られた食事、楽しい・幸せな雰囲気など、
「心地よい」と感じられる様々な波長は、
人の健康状態にポジティブな影響を与えます。

また、様々な検証がなされていますが「祈りの波長」も
素晴らしい影響を与えることが分かっています。

私たちがあらゆる病を克服するために意識しておきたいこと


「病・病気」という存在が、生きていく中で
一切縁がないという方はなかなかいません。
病は、外的要因・環境下によってもたらされることも少なくありませんが、
基本的には“自分の中に何らかの病の因子がある”
という事実は覚えておきたいところです。
つまり、病は罹った側にも何らかの要因が潜んでいるということですね。

そのため、『病気=医者等の誰かに治してもらうもの』と考えるのではなく、
自分の力で病を克服しようとする姿勢が大切になります。
心の中に引っかかっていた過去の出来事が時を経て、
病として体に現れる場合もあれば、
単純な生活習慣が病を呼んでいたという場合もあるでしょう。
ただ、いずれにせよ基本的には『自分の身は自分でしか治せない』のです。

また、そのためのサポート行う治療家は時代のニーズに合わせ、
増加しているものと思われます。冒頭でご紹介したAWGを始め、
周波数(特定の波長)を扱う新たな技術も広がりを見せている今、
治療が難しいと言われてきた様々な病を、
多くの方が克服できる時代が近づいているのかもしれません。

今回の記事を読んだ方にオススメの商品



私たち人間の体は、大人の場合には6〜7割、子供なら8割が水でできています。
ですから、日頃どんな水を飲んでいるかが、私たちの体調を大きく左右することはご存知ですね?
今回ご紹介する水は、「思いやりウォーター」というニックネームから分かる通り
体への思いやりがたっぷりと含まれた天然水です。
このお水の取水地は、由布院温泉です。
由布院温泉のお水は、アルカリ度が高い軟水のため、とてもまろやかで飲みやすいお水です。
これを、天孫降臨の地とされている高千穂の神聖な気の元でボトリングします。
このお水が特別なのは、ボトリングの際に特別な鉱石を使った装置に通水させることで
水に含まれたミネラルをイオン化しているからです。



今回の記事を読んだ方にオススメの記事

医療もついに「波動」のステージへ !?最先端科学と東洋/西洋医学のハイブリッド「量子医学」が提案する健康で幸せな人生とは

ついにEUでゲノム編集作物規制の判断が下る! 世界の流れと逆行するアメリカとの間で農作物関連企業には困惑が広がっているのか?

ついコンビニやスーパーのおやつを食べてしまうあなたへ。脳の仕組みを利用して不健康な加工食品を避ける方法

この記事のタグ
お気に入り登録する
FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab
関連記事
ページ上部へ