メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

電磁波対策の超後進国、日本。体調不良を訴える人が増加中。一家に一台ある、超強力な電磁波を出すスマートメーターの位置を確認してみよう。

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。

電磁波、気にしたことありますか?


今やどの家電からも放出され、空間を飛び回り、私たちの生活を無意識に支えている電磁波。

もはや現代の生活に電磁波なしの生活など考えられないのですが、どうにもこうにも体調がすぐれない、
という原因不明の体調不良がしばしばおこる人が増えている原因の背景には、電磁波が絡んでいる可能性があるかもしれません。

めまい、バランス感覚がおかしい、頭痛、目の乾燥、睡眠障害、鉛のような倦怠感、耳に残るノイズ・・・
などなど。ここ数年で原因不明の不調を訴える人が増加中なのです。

症状は自律神経失調症や鬱とよく似ているので、治療をしてもまったく良くならないという事も。
そんなことがあったら、それは電磁波過敏症かもしれません。

電磁波過敏症って何?電磁波は有害なの?

2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_s
日本では特に気にしない限り、電磁波について考えることもしないでしょう。
ましてや、「最近調子が悪いのは電磁波のせいかもしれない」なんて、夢にも思わないかもしれません。

今のところ電磁波過敏症を裏付ける科学的根拠はないとして、電磁波の影響による健康被害は特に考えない、というのが世間の見方となっています。

ところが昨今の欧米の動きによると、電磁波は「害」であると考えられるようになり、WHOによる世界中の科学研究院たちによって、
長期間にわたり電磁波を浴びた際の健康被害について研究されているところです。

つまり、まだ電磁波の害についてきっぱり結果が出る「途中」なんです。

これは、世界中の多くの人々が電磁波による体調不良を訴えたり、
安全性への疑問を投げかけることにより発足したものが、WHOの電磁波プロジェクトである「国際EMFプロジェクト」。
だから、今の段階では決して電磁波は安全とは言えないのです。

未だに電磁派過敏症の治療の方向性が病院では確立されていないし、電磁波の影響を考えた診察をしてくれる病院もほとんどないのが現状です。
自律神経失調症と似た症状という事で片付けられてしまうこともあるほど。

がしかし、電磁波が原因ではないかと思われる事例がかなりたくさんあることも事実なのです。

強い電磁波を出すスマートメーターから身を守る

img_0694.jpg

スマートメーターって知っていますか?

知らず知らずのうちに、屋外に設置されている電気メーターがデジタル化されているはずです。
先に設置されたアメリカでは、その健康被害が続々と報告されています。

電磁波は科学的に健康被害が証明されていないといっても、現実に体調が悪くなり、訴えている人が多くいるという事はそれが真実という事でもあります。
海外のスマートメーターによる健康リスクについてリサーチしてみると、物凄い量の報告を読むことができます。その一部を和訳してみました。

I had no idea that a smart meter would pose a hazard to my health when I agreed to let them install one on my home. Shortly after the smart meter was installed my health took a terrible downturn. I began having heart palpitations, trouble sleeping, unexplained anxiety attacks, dizzy spells, nausea and fatigue. I have been battling anxiety for months and I had no idea why. I’ve never had these types of symptoms plague me like this before. Then I found out that so many others have had the same reactions to smart meters in their homes and neighborhoods. Smart meters need to be outlawed and all of them must be removed at once. There are enough toxins in our food and the environment without this happening too.


私がスマートメーターのに賛同した時に、スマートメーターがまさか健康を害するなんて思ってもいませんでした。
スマートメーターが設置されてすぐに、体の調子が悪くなったのです。

動悸、睡眠障害、突然の不安、めまい、吐き気や倦怠感。数か月は不安と闘い、
なぜだかもわかりませんでした。私は以前このような症状が出たこともありません。

そして、他の人々もスマートメーターを設置した人や、近所に設置してある人が同じような症状で苦しんでいることを見つけました。
スマートメーターはすぐにでも取り外して禁止するべきです。


Ever since the Smart Meter was installed in my home in California, I have experienced major interruption of my sleep…..waking up several times during the night with feelings of agitation and unable to go back to sleep right away – sometimes I lay there for an hour or more – and sometimes I am so restless that I have to just get up!! (even if it’s in the middle of the night).
I also, frequently experience tingling sensations in my lower legs through-out the day and night along with pulsating “siren-like” noises in my ears.
I never experienced any of these problems BEFORE the Smart Meter was installed. I always considered myself very fit and healthy, and could always sleep through-out the night!!!


スマートメーターがカリフォルニアの自宅に設置されてから、睡眠障害を経験するようになりました。
夜中に何回も目が覚めてしまい、それからなかなか眠ることができません。
横になってから、一時間かそれ以上かかる時も。
時々は落ち着かずにそわそわしてしまい、真夜中にもかかわらず起きなくてはいけないことも!
また、頻繁に一日中チクチクした痛みを足に感じたり、サイレンのような耳鳴りがしたりします。
スマートメーターが設置される前はこんなことはありませんでした。


参照 EMF safty network smartmeter health complain より
http://emfsafetynetwork.org/smart-meters/smart-meter-health-complaints/


また、海外の医師は動画でこんな風に警鐘を鳴らしています。

Dr. Carpenter states, “We have evidence…that exposure to radiofrequency radiation…increases the risk of cancer, increases damage to the nervous system, causes electrosensitivity, has adverse reproductive effects and a variety of other effects on different organ systems. There is no justification for the statement that Smart Meters have no adverse health effects. “
Dr. Carpenter further advises, “An informed person should demand that they be allowed to keep their analog meter”


カーペンター医師は「私たちは電磁波が与える影響についての証拠を持っています。
癌リスクの増加、神経系のダメージの増加、電磁波過敏症の原因、そして多様な臓器のシステムについての影響。
スマートメーターが健康への影響について不利なような言及は、なされていないのです」カーペンター医師はアドバイスします


「今のアナログメーターを使うと主張すべきです」
mart Meters Pose Cancer/Health Risks- Medical expert warns より

アメリカではスマートメーターによる健康被害が続々報告。

今、スマートメーターのを設置がものすごい速さで行われている、フリーター歓迎の高待遇アルバイトに違和感。

77897ddced3a9627cb20ccd89ca8a15c_s
実は交換前になら、「アナログのままでよい、交換不要」と電話を一本入れれば、交換しなくても良いことがわかっています。
電磁波過敏症と思われる人の一部は、こうしたスマートメーター拒否の意思をはっきりさせることで、交換を免れています。

しかし不自然なほどに、すごい速さで全国的に交換されているスマートメーター。

先にアメリカでスマートメーターが設置されたことによる健康被害が続々と報告され、
スマートメーターを外すようにと要求する人々が増えたことにより、日本にもその悪い噂が入ってきてしまっては交換できなくなってしまいますよね。

国民がスマートメーターのリスクに気づく前に、電気会社がさらっとチラシを入れるだけで、勝手に敷地に入り勝手にどんどん交換していきます。
わが家も主人がチラシを見てそのまま捨てたという事で、気づいた時にはもうスマートメーターになっていました。

合意がないまま、選択肢もなく、説明もせずに勝手に交換してしまうんです。

求人募集で探すと出てきますが、このスマートメーターへの工事の人員確保に必死な様子。
続々と「フリーター・未経験大歓迎」と出てきます。

今現在仕事をしていない人々に対して、不自然なほどの好条件で、山のように募集をかけていることに対して不安しかありません。


img_0706.jpg
特に電気系統の工事ならなおさら専門の人であってほしいものですが・・・。
仕事をしていない人をたくさん雇って、一気に交換しようとする背景は一体、何か思わしくない背景があるのかとさえ勘ぐってしまいます。

WHOの見解から電磁波の害を考える

現代の研究と今後について


今現在急性の電磁波による症状というよりは長期的なばく露による被害が懸念されているために、
WHOでは国際EMF(Electro Magnetic Fields)プロジェクトを立ち上げ、その影響力を調査研究しています。

電磁波は、主に加熱の作用があり、電子レンジはその作用を利用して食品を温めます。
日常で浴びている電磁波は、この電磁波よりはるかに弱いものなので危険を伴うことはありませんが、そういわれるとちょっと怖いですよね。

基本的に電磁波が及ぼす身体への影響は、この加熱作用だといいます。
現在では生活環境において浴びるような低レベルの電磁波であれば、何ら健康に問題を起こす可能性はないとされています。

EMFプロジェクトの学術誌論文の中には、

「電磁波と脳腫瘍」
「EMFばく露が健康に及ぼす影響の評価」
「電力会社労働者における電磁界ばく露と心臓・血管系死亡率」
「携帯電話の人への健康被害」
「電磁界における小児の感受性」


など、上記の一部に加えて大変多くの研究論文が出されています。

しかし、わずかな人体への悪影響の可能性を残しているために、未だに壮大な研究が各国で続けられているのです。
主に、毎日ほぼ接して使用する携帯電話の影響、発がん性との関連について研究が続けられています。

強烈な電磁波から身を守る

今現在も研究が続いている状況、つまりは電磁波が長期的なばく露によって身体に悪影響がある可能性が残されているという状況で、WHOは電磁波から身を守るための勧告を出しています。


●強い電磁波周りに障壁を作ることによって強い電磁波を発生する域の立ち入りを禁止する
●新しい送電線や携帯電話基地局の決定に地元管轄と地元住民との協議を設ける


としています。

主に公共の施設について発生発生源となるものは、地域ぐるみで対策を、とのことでしょう。

では、スマートメーター対策も含め、私たちが個人的に家庭で気を付けるべきことって何でしょう?

スマートメーターがどこに設置されているかを把握して、電磁波対策をしよう

b6ffe2289d25adf8772cc726c293d432_s
特に原因不明の体調不良が続いていた人は、このスマートメーターを疑っても良いかもしれません。

スマートメーターの位置を確認して、寝室を反対側の部屋にするとか、居住部屋を変えてみるとか言った対策を取った方が良さそうです。
これだけでも、眠っている時間の数時間は電磁波を軽減することができるのです。

ただ、あくまでも体調不良などの症状が出ている人が軽減措置を取る、ということで過敏症でない人はそこまで心配する必要もないでしょう。
スマートメーターの周辺は他の家電とは比にならないかなり強い電磁波となっていますが、50cmも離れればその数値も10分の1になることがわかっています。

むしろ、屋内を飛び回る無線LANやスマホの電磁波に気を付けるべきで、眠る時には枕元にスマホを置かない、
ワイファイは切るなどの日常的な工夫も大切になってきます。

日常でコツコツと対策しましょう


電磁波はむやみに怖がる必要がないものの、具合が悪くなる人がいるのも事実。
さらに、もはやなくすことができないレベルにまで、現代の生活は電磁波にまみれています。

日常のなかで、こまめに電源を消す、使わない家電のコンセントを抜く、スマホは体から離して置いておく、
IHヒーターを使用するときにはエプロンを着用する、など細かい配慮をしてみましょう。

節電や節約と似ていて、少しづつコツコツと行うことで電磁波もかなり軽減されるはずですよ。

また日頃から電磁波だけではない有害物質にさらされているということを自覚し
オーガニック食材を積極的に摂取するなどし、体を酸化や様々なストレスから守る努力は現代を生きる私たちにとって必要不可欠であることはいうまでもありません。


オーガニック抗酸化対策パウダー。スプーン1杯で1日に必要な【野菜果物に含むORACの量】に相当。

0621181614_5b2b6cde1a968

・身体の内側から若々しく!強力な抗酸化作用をもつ9種類の果物、ナッツがたっぷり。新鮮なフルーツの栄養素と酵素を凝縮。
・手の平8杯分の野菜と果物に含まれるアンチ・オキシダントの量に相当!小さじ1杯でORAC4000に相当。
・カラダの酸化は様々な病気を引き起こします。抗酸化物質を効率よく摂取し、様々な病気からカラダを守りましょう。
・抗酸化の美容効果で健康的な美しさを目指しましょう。カラダの中から若々しく。サビないカラダへ。

ACO(Australia Certified Organic)/USDA認定食品
フリーズドライで凝縮された9つの天然果実成分

・話題のアントシアニンを豊富に含むアサイベリー&ブルーベリー。
・βカロチンやゼアキサンチンの豊富なゴジベリー。
・ポリフェノールたっぷりのオリーブ、ラズベリー、ストロベリー。
・美容サポートにザクロ。
・栄養価に着目したコーヒーの実とカカオが含まれています。


オススメの記事

電磁波過敏症で辛い私の日々を救った最強のアルカリ性ドリンク。材料3つの「手作りレモンソーダ」の作り方。 酸性化した私たち現代人の体を救うお助けレシピ。

日本で遅れているのは「がん」治療や検査ではなく「がん教育」である事実。知って備えて選ぶ「検査」と「予防」にどう向き合うか。

あなたの健康を蝕む電磁波。スマホを買うならSAR値を調べるのが新常識?!あなたの携帯からはどれだけ出ているか知ってる?

この記事のタグ
お気に入り登録する
FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kanekoyuka
3児の母。 8年間の小学校教員生活を経て、主人の海外赴任の都合で渡米。4年間のアメリカ生活を経て、日本に帰国しました。 アメリカでは高額であることから、日本のように気軽に医療にかかれません。そこでホメオパシーやカイロなどのセルフケアの重要性、望めばすぐ手に入るオーガニック食材など、健康と真っ直ぐに向き合える環境に感動しました。 アメリカではアロマセラピーを学び、日常のセルフケアに取り入れています。
関連記事
ページ上部へ