お手当法

困った人を食い物にするビジネスはもう続かない?誰もが気になるサプリメント業界の裏事情。本物のサプリメントは極めて少数という事実。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160922-F-DB969-010

私が現在本業としてお仕事をさせていただいている所はいわゆる一般的な医療を行うところではなく、
お薬を使わずに治療をする、「代替医療」をメインとした病院です。

そのような環境で毎日お仕事をしていると、今まで見えていなかった世界が垣間見えることがあります。

dark-mood-food-2986532_640
その中の一つが、今回タイトルにも表記のある「本物の健康食品(サプリメント)は少ない」という事実なのです。
ただ、何をもって本物・偽物と判断するのかと問われると、簡単にお答えするのは少し難しいかもしれません。

そこで、今回は私が実際に体験、学習したことをベースに健康食品等にまつわるお話をさせて頂きますので、
皆さんにもサプリメント、健康食品というものについて、ぜひ一度お考え頂ければと思います。

世界中で加速する健康ブーム!流行品には気をつけよう。

dancing-206740_640
皆さんもご存じでしょうが、実は日本国内だけではなく、世界中において大規模な健康志向の高まりが続いています。
健康食品やサプリメント(以下、健康食品と表現します)に限って言えば、国内だけで数えても、過去から何度となくブームの到来がありました。
例えば、「昔、紅茶きのこが流行ったよね」と言われれば、少し懐かしい気持ちを感じる方もいらっしゃると思います。

昨今の目新しい話の中では、コンブチャと呼ばれる(日本のいわゆる昆布茶とは違います)健康食品が「セレブを中心に大ヒット」などのキャッチコピーと共に流行するといった現象もありましたよね。

food-produce-drink-beer-canning-flavor-67191-pxhere.com
海外から情報が発信される場合には、「○○が○○で大流行!ダイエットや美容に効果的!」というような内容で情報が出回ることが多く、
また、その発信源も流行を扱うメディアであることが大半です。海外で既に大きく取り上げられたと思われる情報が、後から日本に輸入されるといった構図も目立ちます。

これは一般的なマーケティングの手法であり、あくまでもイメージを作り上げ売り出しています。
決して「その製品の素晴らしさを伝えているわけではない」ことに注意をしておいた方がいいかもしれません。

ある商品が市場を変えながら売り続けられている、という構図はまさに典型例と思われます。

このような経緯を経て日本へ流れてきた製品が、果たしてどの程度私たちの健康維持に貢献してくれるのかと考えてみると、ピンと来ない、よく分からないという気持ちを、多くの利用者は抱えているのではないかと私は思います。

また、正直なところ「製品に関する詳細」がイマイチ見えてこないことが多いのも、一つの特徴として感じます。

健康食品業界の現場も色々と大変。だからこそ品質の低いものが流通する。

no-1532844_640
健康食品の販売そのものがビジネスチャンスとなっている今、本当に健康に良い商品を作るよりも、
消費者の健康食品に対する”いいイメージ”に訴求するための商品作りを行う企業が多いように思います。

実際、私も健康食品を製造する幾つかの企業の方と接していて、そのような考えが横行している現状を肌で感じています。

もちろん、お金を生むことを目的として運営されている企業も多いわけですから、目に見えない健康への寄与という実績よりも、
できるだけリスクを低くしながら、入ってくるお金を増やしたいと考えるのも、ある面から見れば当然だと思います。

でも、それで本当にいいのでしょうか。

doubt-2072602_640
確かに経営上の面からみれば、営利目的で粗悪な製品を低コストで生産し、販売することも仕方ないのかもしれません。
しかし、出来上がった製品は何らかの悩みを抱えている人の手に渡るのです。果たして、それでいいのでしょうか。

そもそも健康食品って何でしょう…?

16046-two-bottles-of-dietary-supplements-pv
そもそも、健康食品はジャンルとしての定義が少し曖昧なものです。
ただ、基本的には食品として製造されているため、医薬品として効能をうたうことはできません。

そのため、栄養成分に関する表記を行いながら、あくまでも健康増進に関する内容をアピールすることが限界です。
また、基本的には治療のためというよりは、予防のために用いると考えるのが一般的です。

製造するメーカーサイドも生き残るのに必死。

健康食品は、確かな効果を説明することができないため、問題のない範囲で、期待される効果を誇張して表現することが多いと感じます。
また、大半の製品は、品質の高さや実績で売れているわけではなく、「なんだか体に良さそうというイメージ」で売れているのです。

特に国内では、体に良さそうという”イメージ”で購入する方が多いので、なかなか「健康食品やサプリメントってあまり体感ないよね」という印象がぬぐえません。
品質の良し悪しを判断するための確かな基準を持ち合わせている人が少なく、また、そういったことを知る機会が少ないことも、この状況を助長しているように思います。

困っている人を食い物にするマーケティングはもう古い

健康食品業界にも、もっと頑張ってもらいたい

13621543955_6be72d0f3c_b
たかが健康食品と考えている方も多いと思います。
でも、こういったものを買い求める方の中には、原因不明の病気で困っている方、病院でさじを投げられた方など、本当に困っている方が相当数おられるのです。
確かに、ビジネスとして考えればここに大きなマーケットが見えるわけですが、これからの時代には「困っている人を食い物にするマーケティング」は合わなくなってくると思います。

というのも、昨今は流通する情報量が圧倒的に多く、「何を信じたらいいのかが分からない」と感じたり、
不況が続く中「経済的に厳しい」という消費者が増えているからです。

こういった方は、身近な所で見聞きした口コミや体験談を信じる傾向が強く、メディアからの情報に対して懐疑的な気持ちを抱いています。

そのため、あまり実感できないと判断されたものは売れなくなってきているのも事実です。
今後は、このような傾向が更に強くなってくるのではないでしょうか。
だからこそ、こういった業界に携わっている方には、できれば「お財布に優しくて質の良い」健康食品を作り上げて頂きたいと思います。

結局、本当に実感できる健康食品なんてあるの?勿論あります!

leaves-15757_640
ここでは具体的な製品名を公開しませんが、やはり、世の中には「確かな体感があるもの」は存在しています。
私の周囲でも、「長年の不調があっという間に治まってしまったので、大変驚きました」という話をよく伺います。

ただ、どこまでいっても食品は食品ですから、一つの健康食品の効果を万人が同じように体感することは難しいのではないかでしょうか。

また、東洋医学における漢方薬の処方もそうですが、健康食品であっても基本的には自然の素材をベースに作られている以上人それぞれの状態や環境に適応したものがあります。

本来であれば、個人の性質や状態を慎重に判断し、その時のその人の身体に適したものを摂取していくことが、もっとも高い効果を得るために望ましいことではないかと私は思います。

実際、幾人かが同じ症状で困っていたとしても、体質や環境が違えば体に必要なものが変わってくることがあります。
例えば、同じ大腸癌であったとしても、人によって症状が発生・悪化する要因が異なることは多々あります。

「長期に渡る強いストレス」が原因とみられる場合もあれば
「不摂生や食品添加物」が、原因とみられる場合もあります。

これらを混同してしまうと、なかなか思ったような治癒効果を得られません。
病気と診断されると、私たちはつい○○を治療すればいいと考えてしまいがちですが、
これでは対処療法となってしまい、根本の原因が解消されないことがほとんどです。

皆さんも、もし何らかの病気になってしまったら、病気になってしまった背景を分析し、症状を抑えるためのお手当と共に、根本の原因を解消するための方法を模索してみてください。

これこそが、健康食品などが「効いたり効かなかったりする理由」の一つだと私は考えています。
しかし、実はもう一つお伝えしたい大切なポイントがあります。

腸内環境が悪ければ、有効成分が活用できない!?

bacteria-67659_640
実はこのポイントは、現代人にとってかなり深刻な問題です。
少し考えてみてほしいのですが、健康食品(サプリメント)はいわゆる食品である事が大半ですよね。

もちろん、中にはリポソーム化されたビタミンCやCBDオイルのように、粘膜吸収や血管吸収を通じて直接体に作用させるものもあります。
しかし、大半のものは食品ベースである以上、消化吸収を経て私たちの体に活用されるものです。

勘の良い方は既にお気づきでしょうが、実は腸内環境が悪ければ吸収効率が低下してしまうため「十分に成分を活かす事ができない」のです。
この場合は、その人に必要だと思われる健康食品と共に、腸内環境のお手当もあわせて行うことが賢明です。

もちろん、摂取するものは「質の良い製品」であることが大前提ですので、注意してくださいね!

でも、品質の良し悪しなんて、どうやって判断したらいいの?

feedback-1977986_640
本当に良い製品は凄いよ!なんて言われても、ではどうやってそれを見つければいいの?と疑問に思われるのではないかと思います。
そこで、今回は私自身が判断基準としている幾つかのポイントを、皆さんと共有してみたいと思います。

有効成分の素晴らしさも大事。でも、品質のチェックはもっと大事。

◯◯病には◯◯が効く、なんて触れ込みでつい購入してしまいがちな健康食品。
確かに入っている素材や成分は大切です。

でも、大抵はそれ以外のものもたっぷり入っていますよね。
食品添加物や、記載されることのない残留農薬などもそうです。
あまりにも色々なものが入っていると、折角の有効成分が台無しになる事がありますし、逆効果が出てしまうこともあります。

そのため、購入時には最低限パッケージに記載されている原材料を確認してみる事が大切です。
あまりにも有効成分以外の表記が多ければ、それは避けた方が良いかもしれません。

元は奇跡のようなハーブでも、その品質はマチマチ!?

アメリカ市場で最も売れたサプリメントの一つに「キャッツクロー」と呼ばれるものがあります。

自己免疫疾患の改善に良いということで、世界中で取り上げられたキャッツクローですが、昔から自生しているものと、栽培されるようになったものとでは、有効成分の含有量が大幅に違うという事実が明らかとなっています。

もちろん、それで効果が消えるわけではありませんし、成分が減少した原料を使用していても、それで救われている方も沢山おられます。
一概に良し悪しを語るほどの差が出るかは分かりませんが、製品の品質差が原料一つでそれだけ変わるわけですから、「◯◯(原材料や成分)は凄い!」というような見方をするのは、少し安易かもしれません。

checklist-1622517_640

詳細はホームページで確認するという手段も!

farmer-works-on-a-tomato-harvest-in-a-greenhouse-in-jayaque-la-libertad-southwestern-el-salvador-725x544
良い製品を作っている誠実なメーカーさんは、大抵ホームページなどに「こだわりのポイント」を掲載しているものです。
原材料や製造行程などに関して、以下のようなポイントに関する記載があるかをチェックしてみてください。

これが全てというわけではないのですが、明快に記載されている項目が多いほど、信頼性の高い傾向があります。

▼チェックポイント表▼

・農薬や化学肥料、除草剤などの使用不使用について
・原材料の産地や生産者に関する情報
・原材料に関するこだわり
・生産者や開発者が見えるか
・製造行程が明快に書かれているか
・油脂成分に関して言えば、高温が加わる製法を避けているか
・乾燥加工が必要な場合、低温乾燥あるいは天日干しにしているか
・何よりも製品への愛があふれている


個人的にはこうやって判断しています!

上記のようなポイントの他にも、自身が一つの判断基準としている見方があります。
私自身は、販売している業者さんの、製品に対する熱意や、利用者の皆さんへの思いやりがどのように表現されているのかをいつも気にしています。

ちょっとした手紙が添えられていたり、製品に対する熱い思いが込められた冊子がついていたりと、
真剣に利用者の健康を願って活動されている方の製品は、経験上とても良いものが多いと感じます。

かなり個人的なことですが、購入した際、同封の手紙や冊子等に書かれた素敵な内容に感動を覚えたという経験が何度もあります。
本当に素敵なものは健康食品に限らず、細部にまで生産者、開発者のこだわりが見えていて、心を動かされるものだなと、私は思っています。

そもそも、人の健康とは生命活動に直結しているものですから、できれば本当に素晴らしい製品を作りたいと強い信念をもって、
やり遂げてくださる企業様が更に増えてくださることを願っています。

これまで「健康食品(サプリメント)なんて…」と思っていた方には、そういった素敵な方々が作られた製品があることを知っていただき、
機会があればぜひ体験して頂きたいと思います。

最後に内容をまとめてみました!

book-2484855_640
コレが凄いアレが凄いと、健康食品一つとってみても凄いものだらけの世の中になってきましたが、本当に凄いものは意外と地味であることも多いものです。
健康食品等を購入する際には、利用したい成分や原材料等が「健康的に作られているか」、「製造工程で成分が変質するような加工を行っていないか」という2点は、ぜひ押さえておいてください。

例えば、良い土地で良い生産者に育てられた原材料と、農薬や化学肥料たっぷりの土壌細菌も生き辛いような土地で栽培された原材料とを比べてみたら、何がどう違うか細かくは分からなくても、きっと違いが出るだろうということは多くの方が感じてくださると思います。

また、こだわりの素晴らしい製品は高いんじゃないかと不安に思われるかもしれませんが、
意外に良心的な価格で販売されている方も多く「これでやっていけているの?」と逆に心配になってしまうことがよくあります。

どうやって作られているのか、その過程に目を向けてみよう

social-1989152_640
長くなりましたが、キャッチフレーズやイメージに惑わされず、原材料名や成分表記に惑わされず
「これは、製品になるまでにどうやって作られてきたのだろう」と、その製品が生まれる過程に目を向けてみると、
とても分かり難かったものがシンプルに見えてくるかもしれません。

もし健康食品に対して、何らかの興味をお持ちでしたら、ぜひ製品選びの参考にして頂ければと思います。



ハーブ・オーガニックの食品から作られた良質なサプリメント:PR by IN YOU Market

p2_2のコピー 女性特有のお悩みに!自然の力100%でセルフケアができる4種類のオーガニックサプリ今すぐここをクリック!
ハーブの力をメインにしたオーガニックのマルチビタミン&ミネラルサプリメントです。
USDA・JAS認証で、世界中から取り寄せられる全てのハーブのトレーサビリティが明確になっています。
農薬や添加物などの化学品、遺伝子組み換え技術、放射線照射などは一切用いられていません。
ローフードの考えから低温加工で酵素を壊さずに製造し、動物実験は行わずに製品づくりをしています。

グルテンフリー,ヴィーガン。安全性に加え、効果と手軽な続けやすさも究極に追求されています。
初潮、妊娠・出産、閉経と激しい身体の変化、 またライフステージごとに環境への変化を求められる女性に。
体調を崩さず活き活きと毎日を送り続ける為に、自然の力100%でセルフケア。

オススメの記事

健康食品業界に約20年いる筆者がお伝えする、あなたが知らないサプリメントの裏側。2017年5月28日

中国がついに農薬規制の方向へ向かい始めた。が、一方規制が緩まっている日本は本当に大丈夫?お隣の国同士、それぞれの農薬事情。

一袋200円のサプリに意味はあるのか?国内に出回る市販サプリメントの実態。本物のサプリメントの選び方と、正しい摂り入れ方。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 3619527026_9b48dbf3f6_b 栄養が凝縮された天然のサプリメント 切り干し大根の知られざる底力…
  2. Vaccination_contre_la_grippe_A_(H1N1)_de_2009 症状は「病気」ではない!同種療法から見る、子供が7歳頃までに流行…
  3. みかん皮 みかんの皮は捨てないで!冷え性対策・風邪予防にも。漢方食材にも活…
  4. lemon-1578377_960_720 実は身近にあった!オートファジーとファスティング・断食の関連性。…
  5. 26644711720_db8a3e96eb_b 口の中の細菌を徹底的に除去!毎朝行うべき「オイルプディング」のや…
  6. P1020677 甘酒✖️味噌のダブル発酵食品で作る伝統万能調味料「くるみ味噌」の…
  7. baseball-1617620_640 お子さんの未来を潰さないで!グラウンド100周!?運動中の水分補…
  8. crayon-2009816_960_720 食べ物の陰と陽を知れば子育てがぐんと楽になる!食事で子供の性格が…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP