よみもの

意外と深刻な日本の「大気汚染事情」と私達の健康への影響。 大気汚染問題は食に直結している事実。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
130318-F-XR514-078

大気汚染と食とはどのように繋がっているのか?

composing-3200709_640

大気汚染と食について少し考えてみよう

thinking-272677_640
突然ですが、少し想像してみてください。

例えば、同じ自然農法で作られた作物があったとして、1つは自然豊かな山奥で作られたもの、もう1つは近隣に国道が通っている所で作られたもの、

もし同じ価格で販売されているとすれば、皆さんはどちらを購入しますか?


恐らく、多くの方は前者の環境で栽培された作物を購入したいと考えるのではないでしょうか。
これはあくまでも、私たちにとって想像しやすく分かりやすい一つの例です。

前者を選んだ方は、自然豊かな山奥で作られた作物の方が、栽培環境がより良いというイメージがあったため、
美味しそうだと考えるのではないかと思います。

実際、栽培環境は良いに越したことはありません。

人でも、植物でも、動物でも、生活する環境がより豊かな方が健康的になることは間違いないでしょう。
ただ、全国的な都市化、近代化が進んできている為、人や作物の健康面から見れば、環境的な格差が生じていることもまた、一つの事実としてあります。

私たち人にとって、大気とは生きるために必要なものです。
そして、私たちが思っているよりも「食」という点に関して、大気汚染問題は絡んでいるものと考えられます。

そこで、今回は大気汚染問題と食の繋がり、そして人の健康との繋がりについて、少しお話をしてみたいと思います。

大気中に放出されている様々な物質とは?

color-3327344_640
今、世界的な大気汚染は進んでいると言われていますが、具体的にはどのような物質によって汚されているのか、
その詳細のほとんどは明らかになっていないものと思われます。

ただ、その中で分かることは、私たちが考えているよりも幅広い種類の化学物質、重金属などが大気中に飛散しているということです。

全ての物質を捉えて公開されるようなことは恐らくないものと思われますが、
中には極小の化学繊維なども大気中に含まれているのでは?という情報を公開されている方もおられ、私たち一般市民からすると、何が何だかといった感じもあります。

以下は、私たちにとって身近な大気汚染の例です。

・PM2.5と呼ばれる様々な粒状物質(様々な化学物質・重金属類)
・気象のコントロールに使用されるドライアイスやヨウ化銀
・工場等からの排煙、・車などが出す排気ガス
・ケミカルトレイルからの飛散物(ネバダ市など、条例によって散布を禁止している都市も出てきました)


大気汚染物質は、大地や水源にも降り注いでいる

pollution-3075857_640
様々な動植物が、日々微量ながらも様々な有害物質を吸収していることは確かですが、
同時に、水源となる川や海、作物が作られる土壌等にも降り注がれています。

それらの有害物質は自然環境を循環している場合もあれば、沈殿している場合もあるでしょう。

これらは、自然環境によってある程度浄化されていますが、年々増加していると考えられる汚染物質に対し、
果たして自然界がどこまで耐えることができるのか、それは私たちにとって未知数な部分でもあります。

作物と聞けば、農薬、化学肥料、除草剤、ワックス、遺伝子組み換え、F1種問題、実に様々な問題があり、生産者も消費者も大変苦労しているところです。
最近では、自然農やオーガニック栽培に関する取り組みが国内全域でも増加しており、健康的で美味しそうなものを見かける機会も増えてきました。

しかし、作物を育てるために必要な土壌、そして水に様々な有害物質が混入していることは間違いありません。

例えば、水道水を使用している場合は塩素やカルキなどが作物に少なからず影響を及ぼすことが考えられます。
また、土壌に対して最善の注意を払う一般的な方法は「ケミカルなアイテムを使わないこと」というのが今の考え方です。

もちろん、これによって土壌の状態は大幅に違ってくるでしょう。
出来上がったオーガニックな作物は健康に良いだけではなく味わいも豊かで、その良さに魅了される方も増えています。

ただ、大気汚染物質は土壌や水源にも今も降り注がれており、もしかしたら、今後を考えるとオーガニックというだけでは不十分な時代も来るかもしれません。
それは、農薬等を使っていなくても、一定量の化学物質などが大気中から土壌へ浸食をし、作物に吸収されている可能性が十分に考えられるからです。

大気汚染と聞けば私たちはマスクをしてやり過ごしますが、田畑にマスクをかけることはありません。
現状では、それらを防ぐ方法がないという事実も知っておいた方がいいのではないでしょうか。

オーガニックを基準に、更に元気な状態を目指すという考え方も必要になるのでは?

runners-635906_640
ここで一つ、人に置き換えて考えてみてほしいことがあります。
例えば、ケミカルな物質は摂取せず、基本的にオーガニックのものしかとらない。

これでも十分に健康レベルを高めることはできるでしょう。
いわば、オーガニックの作物と同じような状態ですね。

私は、特殊な機器で患者様の健康状態、体質等を検査する仕事をしておりますが、オーガニックな生活を送る等、
心身に気を遣った生活をされている方でも、それほど健康レベルが高くない、また、症状は現れてはいないものの、
不調の芽が育ちつつあるというケースも少なくはありません。

もちろん、日頃から身体のケアをされていない方と比較すると、基本的な健康状態に大きな違いがあるのですが、
現代社会では人に対して強いストレスを与える要因があまりにも多いという事実もあるため、それだけでは健康維持に不十分という場合もあるのです。

これは何も、オーガニックな生活を送るだけでは不十分と言っているわけではありません。
ただ、それ以上に大きな問題を現代社会が抱えているのではないかと、私は仕事を通じて感じているのです。

そして、そのような不安を同じように抱えている方が、世界中に増えています。

オーガニックなものに囲まれるというのは、昔ながらの伝統的なスタイルに戻るようなものと言えるでしょう。
その分、私たちは心身ともに健康になることができます。

しかし、この現代に存在する問題はそれだけではありません。

食の他に、健康に影響を与える要因を挙げるとすれば、有害電磁波を中心とした目に見えないエネルギーが及ぼす問題、大気・水質汚染問題などがあります。「できる限り安全だと思われるものを摂取する」というライフスタイルは、心身を整えるための最低ラインだと私は考えています。

現代では、人によってはそれ以上のケアが必要である場合も少なくはないのです。

化学物質や重金属が飛散していなかった時代の健康状態はどうなのか

mill-3397791_640
昔々、農薬や化学肥料等がなく、大気や水が汚染されていなかった時代にも、
流行り病や病人をたくさん抱える村落があったという事実は多くの書物にも残されています。

また、認知症や癌と思われる病状の記述も、数百年前の書物には既に記載がなされています。
つまり、「化学物質や重金属は確かに病気の一因となるが、これらが全ての元凶とは限らない」という事実が浮かび上がってきます。

最近では、化学物質や重金属等があまりにも蔓延しているため、それらの物質に対する対策を最低限行わなければいけないという現状がありますが、
もしそれらの物質が無かったとしても、私たちは何らかの病状を抱える因子を持っており、それらに対するケアを必要とする存在である、という事が分かります。

細菌、ウイルス、健康維持に関する情報が現代のように行き届いていないといった要因もあるのでしょうが、
もしかしたら、今で言う所の「エネルギー的な要因」もそこには絡んでいるのかもしれません。

昔からエネルギー的な治療を行う職業も存在していた

portrait-3377271_640
昔の日本では、様々な問題をエネルギー的な観点から解決するための専門職も存在していました。
いわゆる拝み屋や祈祷師、霊媒師、陰陽師といった類の職業です。

現代社会では異端であり、オカルトにしか過ぎない過去の職業というイメージも拭えませんが、
私たちの多くがそのような「知識、知恵、経験」を持っていないため、良し悪しに関して正確な判断を下すことは難しいものと思われます。

そして、否定できない以上は、実態としては確かに存在し、目に見えないエネルギーを取り扱う分野が以前は発展していた、という可能性も十分に考えられます。
現代を生きる私たちにとっては眉つばのような話も多いものですが、近年では、目に見えないエネルギーを取り扱う分野に再び光が当たっています。

その中には「波長や光の照射を行う治療」や「祈りやイメージなどを用いて、エネルギーレベルに働きかける治療」などもあり、
いわゆる科学的根拠は?と考えてしまうものも少なくありません。

しかし、そのような治療で改善傾向がみられる方が数多く存在しているという実態があります。

また、物理的な療法では改善することが難しかった患者さまが、エネルギー的な治療を施した途端に回復するというケースも少なくはありません。

人でもこのような事実が出てきていることを考えると、「作物を育てるための土壌のケア」に関しても、ただ有害なものを入れないようにするだけではなく、もっと土壌が健康的で豊かになるための様々なケアが必要になるのではないかと、私は考えています。

今、土壌を健康にするために様々な農家が頑張っている

nature-3375247_640

伝統的な無農薬栽培、自然農法は今後のスタンダードへ

blind-stretch-comb-3344490_640
日本人はオーガニックに対する意識が低いと言われますが、それでも「身体には少しでも良い物を」と考える人が増えていることは間違いありません。
実際、健康食品・サプリメントに関する市場規模は相当なものです。

また、病院に行って治療を受けても改善せず、自分の力でなんとか治そうと考える方も増えています
様々な不調を抱えて困っている方は、老若男女を問わず増えているというのが国内の実情です。

その中で、「食べるもので身体が元気になっていく」という認識がもっと広がれば、今の健康食品業界からオーガニック食品へと、
そのニーズが更に移っていく可能性も十分にあります。また、国内でも「無農薬栽培、オーガニックの方がよく売れる」という意識は着実に広がっています。

世界中で「オーガニックがスタンダード」とされる動きが加速している中、日本の農業も必ず良い方向に向かうものであると、私は信じています。

土壌の状態を「より豊かにして」収穫量を増加させる画期的な水や肥料の存在も

ring-of-fertilizer-ling-2448768_640
農業において、無農薬・無化学肥料や自然栽培では収量が低下するといった話も聞きますが、
中には土壌自体が様々な要因で弱っているケース、あるいは土地の気の状態が乱れているケース等もあります。

仕事柄、少し変わったことをされている方とお会いする機会があるのですが、人を健康にする製品を販売する傍ら、
土壌の改良に有効な製品を販売されている方もいらっしゃいます。

その中でも、土壌の状態を改善するための製品の中には、とても興味深い成果を出しているものも少なくありません。

水、土、肥料、土壌細菌群を増殖させるものなど、実にいろいろな種類のものがあります。

人でも、悪いものを極力取り入れないようなオーガニックな暮らしをしていても、体調を崩してしまう、体質改善、症状の回復が難しいといった事もあります。
人間同様、土壌に関しても、本来は然るべきケアがされた方が良いケースも決して少なくないのではないでしょうか。

少なくとも、ここ数百年の間では、今ほど大気や水が汚染され続けていることはなかったものと思われます。
そう考えてみると、今の時代に合ったより良い方法を導入し、薬剤を使わないという伝統的なスタイルと共に併用していくことこそが、
より効率よく大地の健全化を進めることができるのではないかと思うのです。

食べものと環境問題は繋がっている

money-2724241_640
大気汚染問題と私たちの食べるものは、極めて密接に繋がっています。

例えば、中国の食材を購入しないと仰る方の大半は、土壌や水質汚染、農薬問題含め、食に関する品質が守られていないという事に対して大きな不安を覚えているからこそ、買わないという選択をされているのだと思います。

しかし、逆に日本で作られている作物の何%が安全なものかと問われれば、それも極めて微妙な結果が出るのではないでしょうか。

私たちは、オーガニックな製品を買うことで「薬品等を使わず、地球にやさしい活動をされている方を支援する」ことができます。
しかし、日本ではお金の使い方に対して学習をする機会が極めて少ないため、多くの方は「お金をどのように使うべきか」ということに、あまり意識が向いていません。

もしも皆さんが具体的な使途の分からないものに募金をされているのなら、オーガニックな活動をされている方への支援を兼ねて、
美味しい作物などを購入するというのも、一つの環境保護活動に繋がっていくのではないかと思います。

私自身、全てではないにせよ、できれば素敵な活動をされている方にお金を使いたいと思っています。
自分がお金を投資した先で、そのお金が何に使われていくのか。

考えてみると、興味がわいてきませんか?

「オーガニック製品を購入すると、健康に近付くだけでなく、活動を支援することもできる」
これまでオーガニックには興味がないと感じてらっしゃったのであれば、ぜひ一度お考えいただければと思います。


良質な生産者を応援。オーガニックアイテムを探してみよう

PR: Recommended items by IN YOUMarket
inyou_market (1) 全ての人にオーガニックな暮らしを
IN YOUMarket今すぐここをクリック!

【家族、大切な人、親友にも自信を持っておすすめできる商品のみを掲載する、LOVEとHAPPYが溢れるオーガニックオンラインマーケット】です。

<商品選定基準>
・家族や大切な人にも自信を持ってお勧めできる安心な製品のみを選定しています。
・農薬・化学肥料、食品添加物、遺伝子組み換え由来原料、化学物質が使われていない商品、
または最大限に消費者の健康・安全面に配慮された商品だけを取り扱っております。
IN YOUMarketでお買い物していただくことによって大きく3つの貢献ができます。

❶ オーガニックやナチュラルな事業を行うメーカーや生産者を応援することができます。
❷ ナチュラルな製品に触れていただくことで、大切な人や家族の、心身ともに健やかな生活をサポートします。
❸ IN YOUMarketで買い物をすることで、楽しいオーガニックライフや健やかな暮らしに必要な年間2000万人以上の最新情報を、より多くの方にお届けが可能になり、最新のオーガニック情報を日本に広めることに貢献できます。 


IN YOUMarket


オススメの記事

水で洗っても食材の汚れのほとんどは取れず、むしろ有害物質が浸透する可能性も。世の中に蔓延する有害物質・大気汚染による食品汚染の危険性と対策について考える。

なんと!老化の速度は自分で変えられるという驚きの事実。DNAでなくこれからはテロメアに注目。テロメアを伸ばして健康に生きていく方法とは?

製菓メーカー勤務時代、目の当たりにした衝撃的事実を告白します。一円でも安く売るため、大量の添加物で汚染された食品を食べさせて利益を得る製菓メーカーの裏側



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 164786280_624 現代人の間に蔓延する突然死急増中の「脂質異常症」とは何か。東洋医…
  2. b779b8afd06846c7dce7f9b5dcab6b9f 計り・ボウル不要!必要なのは計量スプーンとマグカップだけ!「奇跡…
  3. rice-1451575_960_720 白米は体に悪い?我が家の食卓から白米を追い出したい方必見!夫や彼…
  4. spices-2419055_960_720 ちょっと痒い…!でも薬はできる限り使いたくない。ちょっとした肌の…
  5. 米 日本人の主食「米」が今、危ない。「グルテンフリー」の次に叫ばれる…
  6. tin-1568095_960_720 毒薬に等しい市販エナジードリンクの恐ろしさとは?カフェイン中毒で…
  7. salad-2197151_960_720 理想の健康食プレート「ハーバードプレート」の作り方。38年間病院…
  8. 5c4a3fc07fe23442e3ab1847d90d9ea2 腸活 万能発酵調味料「醤油麹」活用術教えます!醤油麹を使った大学…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • ZuYu
  • yuriesasaki
  • 前之園知子
  • 福原真一郎
  • 煙山 昭子
  • 松橋佳奈子
  • yokosato
  • amikuwamura
  • 池田 歩
  • 霜崎 ひろみ
  • Kawasaki Mariko
  • 中村 りえ
  • hata ikue
  • Akitsu Kitahara
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • 永樂茶百合
  • ayukotaniguchi
  • 柳千妃路
  • 井村 政子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 滝野 清
  • mamiko
  • みずしま さちの
  • 加藤 晴之
  • 柳原 里実
  • 古村優里
  • MARIE
  • YoshiAraki
  • ゆみえこば
  • 清岡 美音
  • Kayo
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 小西 尚子
  • UharaRisa
  • 山﨑 拓
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • 山口 りりこ
  • Ayako Endo
  • 豊池 晃
  • 大矢 純子
  • arikawatoshiko
  • 深井ゆきえ
  • 袴田 はるか
  • keiko nakagawara
  • AKIKO MIYAKAWA
  • joko
  • yumi
  • 栞
  • jyuan
  • 鈴木 こなみ
  • 小泉 沙耶
  • 佐藤いづみ
  • LEONA
  • みふすや
  • Mao
  • 神戸 貴子
  • InayoshiKyoko
  • 坂田 まこと
  • ami iwasaki
  • kana akiyama
  • 関塚 祥子
  • 佐々木 里奈
  • akemi
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • 野上 きよ
  • kanekoyuka
  • 桜桃
  • 石井ゆかり
  • Nomura Yoshimi
  • 平野浩靖
  • 阿南 まどか
  • Nanas
  • 三浦 郁惠
  • 水鳥川崇春
  • 高根 佳子
  • 高波 紗希
  • nana
  • yoko
  • Ninomiya Koji
  • 山片彩乃
  • 原田 美穂
  • ELINA HARMONY
  • suzuki ayuko
  • oyue
  • 藤本まりん
  • 池田 純一
  • NORIKO
  • 岡田ゆみ
  • 齊藤幸恵
  •  肖瑶
  • ayumifukuda
  • Jurio Miki
  • 細川 夏実
  • 日向葵
  • 瀧島 有
  • yoshimike

カテゴリー

PAGE TOP