お悩み別

体臭や口臭は体からの異常のサインです。洗ってもうがいしても治らない体臭・口臭の本当の原因を東洋医学の陰陽五行から探る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bathroom-15612_960_720

こんにちは。IN YOUオーガニックアドバイザーのharunaです。

清潔にしているのになぜか、体臭や口臭が気になるときありませんか?
自分が臭うならまだしも、デリケートな問題なので友達には気付いたときに『くさいよ!』と教えてあげることも躊躇してしまいがちですよね。

でもそれは体からSOSのサインかもしれません。
だとすると少しでも早く対処したいものです。

IMG_0551

陰陽五行で考える『臭い』は『病気』のサイン

古代中国では宇宙のものはすべて陰陽五行に当てはめられ、すべてのものを解決するものとして考えられてきました。
歴史上でも諸葛孔明は陰陽五行の使い手であり、戦いが強かったそうです。

また身近なところでいうと、陰陽五行を使った『占い』もありますね!
なので『臭い』ももちろん陰陽五行に当てはめることができます。

本当に五行説は理にかなっており、面白いものです。
その臭いからどの内臓が弱っているか、または強過ぎてトラブルを招いているのか教えてくれます。

病気のときの体臭を指す【五臭(ごしゅう)】というものがあります。


数字の通り、五つあるのですが

●臊(そう)…生臭い
●焦(しょう)…焦げ臭い
●臭(こう)…香ばしい
●醒(せい)…豚の脂の生臭い
●腐(ふ)…腐った臭い


どれも嗅ぎたくない臭いですね…

ではどこの臓器を指すものなのでしょうか?

IMG_0552

【五臭】から内臓との関係を知る

【肝】=肝臓・胆のうの場合


まずは臊(そう)の生臭い臭いがした場合、【肝】=肝臓・胆のうのトラブルを指します。

肝臓というと解毒の働きがある臓器なので、自分を振り返ってみて肝臓に負担をかけていないか?セルフカウンセリングができます。

例えば

●お酒は飲み過ぎていませんか?
●添加物を取り過ぎてきませんか?
●外食が多くないですか?
●栄養剤を摂り過ぎていませんか?


IMG_0559

【肝】のトラブルとは


●怒りっぽい
●情緒不安定
●不眠
●神経過敏
●眼精疲労
●筋肉の硬直(こむら返り、肩こりなど)
●炎症
●皮膚病
●爪の病変など


こんな症状をそのままにしておくと、病気になりかねません。

臭いまで分かるほど近寄れない人でも、いつも眉間にしわを寄せている人は【肝】が弱っているのかも…!
これはマクロビオティックによる望診法のみかたです。

そして春は特に【肝】を崩しやすい時です。

IMG_0476

【肝】のトラブルの対処法

筋肉が硬直している場合は【甘味】で緩ませたり、【肝】が弱ったときは【酸味】をとることをお勧めします。
妊娠中に酸っぱいものを欲しがるのは、母体が胎児の老廃物まで処理をするためです。理にかなってますね!

お勧め食材は

●梅
●レモン
●りんご
●小豆
●黒豆
●クコ
●葛
●きくらげ
●ごま
●しいたけ
●春菊


などなど

このタイプにオススメの食材

無農薬のしいたけ
オーガニックバオバブパウダー


IMG_0511

【心】=心臓・小腸の場合


焦(しょう)の焦げ臭い場合、【心】のトラブルを指します。

【心】とは血液循環、意識や思考、精神の安定を司どります。睡眠とも関係があります。

【心】のトラブルとは


●舌がもつれる
●不眠
●不安感
●手足の冷え
●低血圧
●動悸
●息切れ
●心臓麻痺
●脳溢血

など

暑いところにいたり、喜びすぎたりすると【心】を悪くしやすくなります。

夏はとくに【心】に負担がかかりやすいとき。
舌先が赤くなるのが目印です。

こんなときは【苦味】がお勧め。沖縄でゴーヤが夏によく食べられているのは、この苦味で余分な熱や水分を尿や便などと一緒に排泄する役割があるからです。また「苦味健胃」という言葉があるように、消化を促します。

お勧め食材は

●ゴーヤ
●グレープフルーツ
●にがうり
●セロリ
●レタス
●パセリ
●わらび
●ふき
●ヨモギ
●緑茶
●ゆり根

などなど

このタイプにオススメの食材

万能野草パウダー


IMG_0557

【脾】=脾臓・胃の場合


臭(こう)の香ばしい臭いがした場合、【脾】=脾臓・胃のトラブルを指します。
【脾】とは胃や消化器系の働きを助けて、食べ物を消化し、その栄養素を全体に巡らせます。水分代謝とも密接な関係があります。

【脾】のトラブル


●消化不良
●胃のもたれ
●便秘
●下痢
●慢性の月経過多
●子宮出血
●疲れやすい
●口臭
●口内がねばる
●口内が乾く


IMG_0561
【脾】は季節の変わり目や、考えすぎたり、憂鬱になると【脾】を悪くします。
【脾】が弱っている人の顔色は黄色く、過剰な人は茶色いです。

お勧め食材は

●キャベツ
●白菜
●山芋
●ピーナッツ
●小豆
●黒豆
●さつまいも
●ぶどう
●かぼちゃ
●干ししいたけ
●栗

などなど

このタイプにオススメの食材

無農薬玄米

有機醤油


IMG_0558

【肺】=大腸・皮毛(肌)の場合

醒(せい)豚の脂の生臭いがした場合、大腸・皮毛のトラブルを指します。

【肺】とは呼吸の他にも水分代謝や様々なアレルギー疾患、免疫機能に関係しています。そして乾燥した環境、重度の悲しみや、秋口に呼吸器系が悪化しやすいのです。

【肺】のトラブル

●花粉症
●アトピー
●喘息
●ニキビ
●ポリープ
●咳
●アレルギー疾患


【肺】を鍛えるのには呼吸法が効果的。
または息が切れて苦しいほどのマラソンをしたらアトピーが改善された方もいます。

お勧め食材は

●里芋
●そらまめ
●春菊
●いちじく
●ねぎ
●生姜
●みょうが
●にら
●コショウ
●唐辛子
●しそ

などなど

このタイプにオススメの食材

豆乳パウダー

大豆ヨーグルト

マヌカハニー


特に【五菜】で【肺】を示しますねぎは重要と考えます。

【腎】=腎臓・膀胱の場合


腐(ふ)の腐った臭いがする場合、【腎】の腎臓、膀胱のトラブルを指します。

【腎】は腎臓や膀胱の泌尿器系を始め、ホルモンや骨や髪の形成などにも密接な関係があります。
老化現象は【腎】の衰えとも言われます。

冬に膀胱炎を起こしやすく、特に女性は【腎】が弱りやすいです。
物腰が柔らかく、こだわりがないのですが、こだわりすぎるようになると【腎】が弱りやすくなります。

【腎】のトラブル

●神経質
●臆病
●耳鳴り
●白髪
●月経不順
●不妊
●腰痛
●精力減退
●夜間の頻尿
●冷え性(特に足腰)
●むくみ


冷えた寒い環境や、驚き、恐怖は【腎】のトラブルを招きます。
悪化すると、よだれが出やすくなったり、塩辛いものを好みます。

お勧め食材は

●にら
●栗
●くるみ
●桂皮
●のり
●くらげ
●いか
●いわし
●海老
●塩


などなど

このタイプにオススメの食材

無農薬の味噌


IMG_0550

臭いは不調を教えてくれる!

こうやってみると『臭い』はいろいろ教えてくれますね!

このちょっとしたトラブルの段階で、内臓のどこが疲れているのか、どこに負担をかけているのか分析することができます。
もし臭っていることを面と向かっては言えない人間関係の方には『お勧め食材』として伝えてみてもいいかもしれませんね!

ぜひ臭いに敏感になって、健康管理にお役立てください。

自分と大切な人を守るため正しい知識を身に着けるオーガニックセルフセラピスト
IN YOU公式ライセンス認定講座のご紹介


INYOUオーガニックセルフセラピスト ライセンスについて見る

最新情報はこちらから


IN YOU公式ライセンスが取得できる1DAY認定講座を開催。
私たち現代人は色々な情報に振り回されがち。

添加物や農薬、様々な情報があふれている中、何を信じていいのかわからない・・そんな風になっていませんか?
でも、大丈夫。正しい食事法や体質に合ったケアがわかっていれば、そんなに恐れる必要はないんです。
2017年こそ、ぜひ取得していただきたいライセンスですよ。




【INYOUオーガニックセルフセラピスト認定講座お申込み方法について】

お申込みは下記メールアドレスまで

customer@macrobiotic-daisuki.jp


①名前(フルネーム)、
②メールアドレス、
③電話番号を記載の上参加の旨お伝え下さい。

今すぐLine@に登録!
友だち追加

もっと詳しい情報を知りたい方は、直接聞いてみよう!
Tel:03-6432-0155(平日10時から20時まで)


【料金】

45000円 税込み (テキスト教材・お手当に使う材料・オーガニックスイーツ代込み)

【開催場所】
INYOUエディターズ・オフィス
都営大江戸線「汐留」駅徒歩5分

オススメの記事

五臓六腑を触って東洋医学的セルフ健康診断!無意識の『感情のクセ』を読みとり、気づけてない自分の気持ちと向き合おう

秋は白い食材が基本!東洋医学から見る内側から潤いある肌になる方法と秋のおすすめ食材3選

東洋医学から見た秋の養生食。秋に活発になる「肺・大腸」を助ける!万能「梅酢生姜」寿司の作り方


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

haruna
エステティシャン、セラピストの仕事について10年以上が経ち、特別なマシンなどを使うよりも、もっと自然なもので体をケアしたい!という思いが強くなりアーユルヴェーダ中心のトリートメントをしています。オーガニックが大好きで、体の変化をたのしみながら、心も体も自分史上最高の状態を模索中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. aboutmilk05 【連載#05:牛乳神話を疑え】虐待を受けている乳牛がいる、という…
  2. e677 梅雨の不調とむくみの原因とは?体に溜まった湿気を出してスッキリむ…
  3. IMG_4923 乳製品・卵・白砂糖不使用!至極の玄米スイーツ!濃厚でクリーミーな…
  4. potatoes-1585075_960_720 危険な硝酸態窒素でメタボ化する現代野菜の深刻な実態。 慣行野菜だ…
  5. aaaaff 日本のオーガニック農地面積はたった0.1%。海外と比べ100倍の…
  6. 14209864494_477d04e0f0_ 上半身と下半身の姿勢悪化によって起こる2つのシンドローム。改善し…
  7. berries-1493905_640 【対談:庄野真代×松浦愛】「オーガニック」を選択肢にすることで、…
  8. sdg メタボ体型を軽く見てはいけない!肥満・糖尿病予備軍は「がんのリス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • 佐野亜衣子
  • izumi
  • hiroro
  • kahosaito
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • 池田 歩
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuriesasaki
  • jyunko
  • haruna
  • maejima kanako
  • 加藤 晴之
  • 室谷 真由美
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • yuko ueno
  • ひかりあめゆうすけ
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • akiko takishita
  • クレイトンまき
  • Mao
  • 坂上恭子
  • kajikawa akiko
  • 東條 由美子
  • yokosato

カテゴリー

PAGE TOP