その他

惣菜、市販弁当・・・、日本人の食事はおかしくなっている。手作りの食事の価値を見直そう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sushi-2462710_960_720

日本の素晴らしい食文化

日本で生活するのはなんと17年ぶりの私。

久しぶりに暮らす日本の生活はとてもありがたく日本人特有の細やかな文化や生活習慣に改めて驚かされます。


特に野菜やお豆腐やお魚をふんだんに使ったヘルシーな日本の食文化は海外でも注目される日本人が誇るべき伝統です。

20170531-00071571-roupeiro-000-2-view

日本人の食事はおかしくなっている?

ところが今回日本で暮らして目に付くのが実にたくさんの人がいわゆる中食、つまりお弁当や出来合いのお惣菜などを買っていることです。


スーパーやデパ地下などでは生鮮食品を売るコーナーより広い面積で夕方時の混雑も目を見張りますしコンビニでもお弁当、おにぎり、麺類、サラダからデザートまでいかに中食産業がビジネスのメインになっているかがよく分かります。

素敵に着飾った若い女性がバスに乗り込んできて
横に座った拍子にバッグの中にカップヌードルが入っているのを見て驚いたり
おしゃれに決めたパパとママと一緒にショッピングモールのファーストフードでバーガーとフライドポテトを食べている幼児も。


burger-1140824_640
そんなにおしゃれにする時間とお金があるのなら
どうしてそんな食べ物を食べるの??と不思議に思わざるを得ません。


欧米型の肥満の出現

それから気になるのが以前に比べて肥満の人を多く見かけること。
特に子供の肥満を見かけます。

昔、学年に一人はいたちょっと太っちょさんというタイプではなく欧米人にいるような明らかに不健康な肥満です。


イギリスの杜撰な食文化

17年前夫と一緒にイギリスに渡って暮らし始めた時私はその食生活に驚きました。

冷凍食品やReady mealと呼ばれるあらかじめ調理されていて、オーブンにつっこむだけで食べられるようなピザやパイ、カレーなどが日常的に食卓に乗ります。

ready meal
スーパーで見かけるReady Meal
Take awayと呼ばれるカレーや揚げ物や中華料理などを持ち帰り専門のお店もたくさんあります。そういった加工食品に使われる安価な油や白砂糖の量、添加物に化学調味料。
比較的食品添加物などに関する規制が厳しいイギリスでも健康に良いはずはありません。

Take_Away_Food_Dishes_Indian_Curries
インドカレーのTake away

生鮮食品も下ごしらえをした野菜、きれいに切り揃えたいんげんや人参、パックから出して盛るだけのサラダや生野菜、ジャガイモなども冷凍したものなどが主流の商品です。

その他、パスタやカレーのソースも瓶詰めのものが主流。
「新鮮な野菜をたっぷり使った無添加」などと謳っていても洗ったり切ったり皮をむいたりした途端に鮮度が落ち栄養価の下がる野菜や果物をそんな形で摂取しても身体にそんなに良いものではないはず。


potato
冷凍のポテト

そしてその肥満率の高さ。当然健康問題も深刻です。

知人の間だけでも30代で脳溢血で亡くなった人もいたし
20代前半で脳梗塞を起こした人も間接的に知っています。


人気シェフ、ジェイミーオリバーの戦い

イギリスではセレブ人気シェフのジェイミーオリバーが
3歳の子供が肥満が原因による成人病の合併症で死亡したというニュースをきっかけに

「この国の食生活を変えなければならない」とキャンペーンを繰り広げました。


jamie at school
学校で子供を指導するジェイミー

当時の首相トニーブレア氏の協力も得て
まず学校の給食を変革しようとすると思いがけない親からの抵抗に遭います。

学校で炭酸飲料やチョコレートバーなどの販売を禁止することに反対する親
学校の前で抗議集会を開いたのです。「禁止されたら子供が食べられるものがなくなる」!!



イギリスの深刻な問題は何世代にも渡って
家庭で料理をしない伝統(伝統と呼べるなら??)がすでに出来上がっていることです。


親から改革しなければならないと気付いたジェイミーが
国民に手料理の文化を広める目的で始めたテレビ番組「Ministry of food」に出演した2児の母親の女性は娘が7歳になるまで一度も家で料理をしたことがないと涙で告白しジェイミーに料理を教えて欲しいと依頼しました。

ずっとTake awayやReady mealばかりで暮らしているのです。


「私のお母さんも料理をしなかった。だからまったく料理の仕方がわからないのよ」


女性の社会進出の反面も?

イギリスは言わずと知れた男女平等の先進国で社会への女性進出は目覚ましいものがあります。

引用元:photoAC



その反面母親が子供の世話をするために自分のキャリアを犠牲にするということは、どちらかと言うと恥ずかしいこと、意識の遅れた人のすることという見方が存在します。

その結果、家で子供のために料理をしたり手作りのお菓子を作るお母さんは
オールドファッションという風潮
が助長されすぎたような気がしてなりません。
(その割にお父さんがお料理やお菓子作りをするとカッコイイお父さんなのですが)


もちろん生活のコストの高いイギリスの庶民は共働きでなくては暮らしていけないという現実も目を背けられません。

2児の母親も生活保護を受けて暮らしているので決して余裕のある暮らしではありません。
それでもジェイミーは彼女にこう言います。


「毎日Take awayで12ポンドも使っているならそのお金で十分美味しいものを作れるんだよ」


<div

食育の重要さも

イギリスでは食に関する教育も大変遅れています。

ジェイミーが生のジャガイモを児童に見せて「これは何だ?」と聞いて
答えられる児童がほとんど居なかったという衝撃的な場面もありました。


日本人の友人はスーパーでおばあさんに話しかけられて
「あなたは日本人だから知ってるでしょ?生の鮭と缶詰の鮭とどっちが新鮮なの?
と真顔で尋ねられたことがあるそうです(!!!笑ってはいけない)


日本の食は大丈夫??

そこまでひどくはなくても、日本でもその傾向が年々高まっているような気がしてなりません。

女性には仕事も家庭も両立させなければというプレッシャーも強く経済的にも専業主婦が出来る女性はよほどの余裕のある人か’甘えた’女性というイメージが強いのではないでしょうか?


Dollarphotoclub_66432117-1-1
みんな時間や生活に余裕がなくなって
料理や野菜の下ごしらえに時間をかけるのは無駄なこと、そんな労力は省くのが現代生活だと思っているようです。


この夕ご飯の価値は?もしお金に換えられるなら


でもお母さんが働いて夕方お弁当やお惣菜を買って帰ると
半額セールになっていても家族3、4人分で2000円以上になってしまいます。


野菜だって下ごしらえしてあるものは下ごしらえしていないものより割高だしパスタソースや缶詰やレトルトのカレーだって
野菜を切って炒めて煮詰めただけのソースのほうがよほど安くできて栄養価も味もずっと勝ります。


毎日のお味噌汁だって昆布や煮干しや椎茸を水に放り込んでおくだけでミネラルと栄養価の高い(そして美味しい!)万能お味噌汁ができるのに
化学調味料を使っただしの素を使うなんてもったいない。


6930083804_f5595822b6_b
(確かに化学調味料のだしの素安いですね。でも身体に悪い。

天然のだしの素を袋に入れたものが出回っていますが高いですね。
昆布や煮干しや干し椎茸を買ったほうがずっと安くつきます。


ちょっとした手間を省略するために割高な材料を買ったり栄養価を落としたりする。
そして安くはないお金を払って質の悪い油と砂糖と添加物を身体に無制限に摂取しているのです。



ちょっとだけの手間で経済的で栄養価のある食事が摂れてそこに健康のことを考えて長い目で見れば医療費の削減にも!

(我が家の医療費は必要な検診や歯の検診などを除けば毎年ほとんどゼロです)


共働きで忙しくして料理をする時間も元気もなくなって
お弁当や加工食品を買って食事を済ませるそんな生活は外で働いてお金を稼ぐ経済活動の他に価値を認めない資本主義の歯車にうまくはめ込まれてしまっているだけではないでしょうか?


だから私はこう考えるようにしています。
このお弁当を一時間かけて3つ作ったから私の時給は1800円。
今日の夕食は一時間かけて家族3人にパスタを作ったから私の時給は4500円。


そうすると主婦の仕事が時間の無駄遣いとは思えなくなりますね。

woman-1979272_640

日本の良さを失わないためにも

それでも日本の食生活とくに食育に対する取り組みは世界でも高い水準にあり日本の給食風景などのビデオがSNSで出回って賞賛されたり
手作りのお弁当が海外で紹介されたりしています。


時間やお金に変えられないもの、
家族の健康と手作りの食事を食べて愛情を分かち合う幸せや次の世代に自分で食べるものを自分で作るという当たり前の生活を伝えていくこと。



1199a690d18d2ce81b990ac0dc53656b_s
もちろん全ての人が「絶対こうしなくちゃいけない」ということはありません。


日本は多様性が認められにくい社会なので、どうしても「人と違うこと」が認められにくい傾向にあります。
働く女性も、社会に貢献していることを考えれば相応に評価されるべきですが、
家庭で家族を守る女性達にも、次の世代を担うための大切な役割があります。

働く女性がえらい、主婦がえらいという極論ではなく
どんなに忙しくても、それぞれのライフスタイルに適した健やかな食事があるはずです。

そして、こんな時代だからこそ、短い時間であっても、手作りの食事の価値が見直される時なのではないでしょうか。

毎日のほんの一工夫でもっと健やかに過ごせるかもしれないのですから。
全ての人が健やかになれることを願っています。


IN YOUMarketで手作りの調味料を買ってみよう!

0624213238_594e5be660b46



IMG_1862



インユーマーケットのコンセプトは

【家族、大切な人、親友にも自信を持っておすすめできる商品のみを掲載する、日本で唯一無二のLOVEが溢れるオーガニックオンラインマーケット】です。

【買い物は投票】という言葉がありますが、
私たちのところでお買い物していただくことによって大きく3つの良いことが起こります。


❶素晴らしいことを行う本物のオーガニックやナチュラルな事業を行う企業や生産者を応援することができます。

❷あなた自身が、オーガニックに触れることで、幸せになり、心身ともに健やかになります。

❸私たちの活動を応援することで、質の高いオーガニックや健やかに過ごすために必要な最新情報を年間1000万人以上の、多くの方にお届けすることが可能になり、さらにオーガニックが広まります。


よりよい生産者や私たちの活動に対して、一票を投票する気持ちで長い目でサポートいただけるとうれしいです。
あなたの一票をお待ちしています!

オススメの記事

所要時間3分!常備したいお助け調味料、抜群に美味しい「味噌ふりかけ」の作り方。

有害物質を口に入れるのは卒業!お家でできる安全で簡単な手作りエディブル歯磨き始めませんか?

岩塩と水だけでアトピーが治った奇跡の経験。食べられる原材料「玄米・岩塩・水」で出来る手作りコスメの作り方とエディブルスキンケア方法


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

クレイトンまき
大手雑誌などをはじめとしたフリーランスのライターを経験したのちにフランスに2年、イギリスに6年、ブルネイに11年。海外経験豊富。全米ヨガアライアンス200時間修得。ヨガ、マクロビオティックやナチュロパス、時事に精通する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. groceries-1343141_640 世界基準の食事管理ガイドライン「PFCバランス」で自分の体質やラ…
  2. Adobe Sparkt 4月21日(金) IN YOU主催 Veggieな友達を作れる「…
  3. fruit-1034203_960_720 「朝のフルーツは黄金」は本当に正解?本質を知らないと逆に不健康に…
  4. 麻婆麺4 【夏のカンタン辛うま麺!】高野豆腐ミンチを使った『汁なし肉みそ麺…
  5. rice-1451575_960_720 白米は体に悪い?我が家の食卓から白米を追い出したい方必見!夫や彼…
  6. fotorcreated 人生最大の優先事項に健康と安全を掲げる人が多く存在するサンフラン…
  7. 17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_s おつまみで翌朝の悪酔い・二日酔いを予防する裏技!二日酔い対策にお…
  8. chocolate-94784_960_720 今、食べたくなるもので身体に不足している栄養素が分かる!無性に「…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuriesasaki
  • haruna
  • 加藤 晴之
  • 室谷 真由美
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • クレイトンまき
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • 工藤 万季
  • yokosato
  • 横田 浩
  • Mao
  • 足立 由紀子
  • 佐藤いづみ
  • 東條 由美子
  • akemi
  • 坂田 まこと
  • yumi
  • Halu
  • yoshi.fukusawa
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 加藤 貴大
  • うちゅう
  • jyuan

カテゴリー

PAGE TOP