メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

辛い花粉症の時期に手放せない「点鼻薬」に潜む意外と知らないリスク。点鼻薬に含まれるステロイド成分の依存性。症状が改善した人多数・リスクなしの「鼻うがい」とは。

工藤 万季
ナチュラルライフアドバイザー 株式会社BHCL代表取締役 一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事 1987年生まれ、愛媛県出身 アーユルヴェーダのデトックスメニューをベースにした 「キッチャリークレンズ」をプロデュース、指導。 SNSでは食べて痩せると話題に。 夫婦で40kgのダイエットに成功。 本当の健康とはカラダとココロが調和してこそ。 自然に沿って暮らすための知識やコツを都会的で洗練された暮らしに無理なく 取り入れる。内側からの綺麗になりたいナチュラルライフを求める人たちへの 情報を発信している。その他、日本各地で料理教室やイベントを開催する他、 メディアへの出演等、精力的に活動。現在は1児のナチュラルママとしても活動中。 http://bhc-life.com

こんにちは。
ナチュラルライフアドバイザーの工藤万季です。

「暖かい春になったのはいいものの、今の時期は花粉症が辛くて仕方がない」という方も多いと思います。
私自身は花粉症ではありませんが、夫や周りの知人など花粉症の人を見ていると相当苦しいだろうな、と思います。

この時期は毎年鼻がつまって食べ物の味がわからない、くしゃみのしすぎで体力が奪われて疲れる、コンタクトレンズも入れられないくらい目がかゆい…
今年は特に花粉の飛翔が多いそうで、日常生活に支障をきたすほどの弊害と戦っている人もいるかと思います。
街中にも大きなマスクで顔を覆った人がぐんと増えますね。

先日知人に教えてもらった「点鼻薬」

allergy-18656__480
さて、先日知人が「これを鼻のなかに噴射すると一気に通りが良くなるんです!春はこれがないと生きていけません」と教えてくれたアイテムが、花粉症用の点鼻薬です。

「噴射して一瞬で鼻の通りが良くなる?そんなのちょっと怖い」とつい思い、裏の成分表示を見たところ、この点鼻薬に頼りきりでは危ないのではないかと思い至りました。

今日は市販の点鼻薬のリスクと、薬に頼らない花粉症対策をお伝えしたいと思います。

知っていますか?花粉症のメカニズム

green-1072828__480
花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきた時に、それを排除しようとする免疫反応によって鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることを言います。

花粉症の主な原因は、「抗原抗体反応」によるものです。
空気中に浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻の粘膜に付着すると、体内に「抗体」が作られて、その抗体が「肥満細胞」という名の細胞とくっつきます。
 
その後再度アレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体と呼ばれるものと結合して鼻水、鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー反応を起こします。
 
花粉症以外のアレルギー症状も同様のメカニズムです。
外敵が体内に侵入してきた時に、抗体を作ってそれを排除しようとする免疫システムが備わることで起こります。

この免疫システムが、身体を外敵から守ろうと特定のアレルゲンに対して過剰に反応することでアレルギー症状が起こるのです。
 

なぜアレルギーの人とそうでない人がいるのか

tissues-1000849__480

肥満細胞が正常な状態であれば、抗原が入ってもアレルギーは発症しません。
アレルギー体質の人というのは、肥満細胞が正常に働いておらず、免疫のバランスに偏りがある人のことと言えます。

花粉など本来有害でないものに対しては、身体は無用な抗体を作らないように調整しています。 
ですが肥満細胞が正常な状態で作られていないと、本当は有害でない花粉を身体は敵とみなしてしまいます。

肥満細胞が正常な状態で作られるかどうかは、普段の食生活が大きく関わっています。
食事が大切というのは、食べたものから細胞が作られるからです。
身体に毒素が多かったり、身体を構成する脂肪にプーファ(不飽和脂肪酸)があると、肥満細胞がきちんと作られにくくなります。

毒素

毒素は体内にたまった未消化の食べ物などのことを指します。
普段の食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎや添加物をふんだんに使った加工食品をよく食べていることでたまります。

プーファ(不飽和脂肪酸)

プーファはオメガ3(あまに油、えごま油、フィッシュオイルなど)やオメガ6(サラダ油や菜種油など。外食でも非常によく使われています)に含まれています。
これらがなぜ身体に良くないかはこちらの記事に詳しいです。

花粉症に苦しむ人が欠かせない点鼻薬、やはり成分は〇〇だった

つらい花粉症の症状を緩和させるために点鼻薬を使っている人もいるかと思います。
私の知人も使用していたので、見せてもらいました。

img_7515-e1522556209807
「これを噴射すると鼻の通りが一気に良くなるんです」とのことだったので、
一体どんな成分が入っているのかと思い調べてみると、以下の様な説明がありました。
 
「鼻噴霧用ステロイド薬(点鼻ステロイド薬)という種類のお薬です。
鼻腔の中にスプレーすることで、鼻粘膜のヒスタミンを減少させ、
抗炎症作用、抗アレルギー作用を示し、
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状を改善します。
アレルギー性鼻炎の治療に使われています。」

http://kusurigsk.jp/pc/al/qa/より引用)
 
使われていたのはステロイドでした。
ステロイドといえば、アトピーや喘息などのアレルギーにも使用されています。

ステロイドの副作用

ステロイドとはどんなものか、ここで説明したいと思います。

先ほど述べたように、私たちの身体は外界から入ってきたものに対して
「身体にとって良い影響を与えない」と感知すると、それを排除しようします。

外から入ってきた敵を排除しようとする。
これは人間の身体が本来持っているメカニズムですが、その働きを抑えるために使用されるのがステロイドです。


ステロイドには、炎症や抗原抗体の反応を抑えるという作用があります。
「外から敵が入ってきたとしても、それに対して処理をしたり抗体を作ったりしないように!」と命令を出すのがステロイドの働きなのです。

ということは、このステロイドを長期間使用しているとどうなるでしょうか。
そう、自分の身体を守るための身体の反応も全て一緒に抑え込んでしまうのです。

身体はくしゃみや鼻水だけでなく、炎症を起こしたり熱を出すことによって外からの有害物質を外に排出しようとします。
この働きをステロイドはストップさせるので、身体が本来排出すべきものを排出する妨げとなるのです。

ステロイドはその時の辛い症状を抑えることが出来ます。
しかし常用したり長期間使用することで、多くの副作用があると言われています。

checklist-3222079__480
ステロイドの副作用例

・皮膚萎縮
・浮腫
・糖尿病
・細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症の悪化
・骨粗しょう症
・胃潰瘍

 
(参照:東京女子医科大学病院 )

ステロイドは自分で作るもの

ステロイドの一番怖いところは、使い続けることで「これなしではいられなくなる」という依存性だと思います。
人工的に化学合成したステロイドを塗り続けると、自分の力でステロイドを作る力がなくなってしまい、免疫不全の状態になりかねないのです。

そう、人間には自力でステロイドを作る力があります。
一般に言うステロイドとはコルチゾールのことで、これはストレスを感じた時にそれに対応するために分泌される「抗ストレスホルモン」を指します。

私たちは、ストレスを調整するために自力で自然のステロイドを作ることができるのです。

ですが人工的なステロイドに頼りすぎている人は、次第にそれなしでは生きていけないような身体になってしまいます。
例えばアトピーで長年ステロイドを皮膚に塗り込んでいた人が、急にそれをやめて体質の改善をしようとしても、依存性から抜け出すことには難しさを伴います。
いきなりステロイドを止めることで、起き上がれないくらいになる人もいるそうです。

症状が改善した人多数!花粉症でなくてもお勧めしたい鼻うがい

person-2806280__480
花粉症などのアレルギーの症状は本人にしか分からない辛さがあると思います。
鼻が詰まっていると食事の味もわからないし、食事中に呼吸がままならなくて苦しいという知人もいました。
ですから点鼻薬などの薬を使うことが決していけないと言うつもりはありません。

ですが本来自分が持っている自然治癒力を引き出して症状が改善できるならば、それに越したことはないと思います。
私の夫もひどい花粉症に悩まされていましたが、食事改善など生活習慣を変えたことで辛い花粉症が改善されました。

また、ケアの一つとして行なっているのが「鼻うがい」です。
夫はこれを始めてからお医者さんに頼らず過ごせるようになりましたよ。

鼻うがいの方法

image-7
用意するものはこれだけです。

・ネティポット(鼻うがい用のポット。なければ急須でも代用可能)
・天然塩(私はヒマラヤピンクソルトを使用しています)
・ナシヤオイル(なければ省略しても良いです)

 
1.ネティポットに天然塩をひとさじ入れ、ぬるま湯を注いで溶かします。
 
2.ネティポットの先端を一方の鼻の穴のに当てて顔を傾けると、もう片方の穴から水が落ちてきます。これを両鼻行います。

最初は全く水が通らない人も多くいますが、これは鼻が詰まっているから。
続けているうちに解消され、気持ちよく水が通るようになります。

これはなければ省いても良いのですが、私はいつも鼻うがい後のケアにナシヤオイルを用いています。

IMG_1393
上を向き片方の穴につきオイルを1〜2滴ずつ垂らし、鼻の内側に浸していきます
この時指でオイルを垂らしていない方の穴を塞いでオイルを吸い込み、指で穴を押して塗りこんでいきます。
 
このナシヤオイルは、日々使うことで毒素を深層から溶かして排出する役割を果たしてくれます。
 
ネティポットで鼻を洗浄し、ナシヤオイルで鼻を潤し、毎日鼻をすっきりさせることによって花粉症などのアレルギー症状などだけでなく、風邪の予防にも効果があります。

鼻の粘膜は、外気に含まれる菌やウイルスをキャッチして体内に入れないようにする、防波堤のような役割を果たします。
ですからここを綺麗に保っておくことの効果は絶大です。
 

花粉症や鼻のトラブルに悩まされている方はもちろん、そうでない方も、これは是非ともお勧めしたい習慣です。


検索 鼻うがい 今年の花粉症対策はこれでもうバッチリ!今からでも遅くない。痛くない基本の「鼻洗浄・鼻うがい」のやり方とポイント

花粉症の薬にはうつ病リスクのあるステロイドが含まれるケースも。花粉症薬で重篤な精神症状の実態をご存知ですか?厚労省が警告しているにも関わらず、一般には認知されない他人事じゃない「薬剤惹起型うつ病」とは。

目を取り出して洗いたい程辛い花粉症の「目のかゆみ」と「充血」は東洋医学でこう乗り切る!目のかゆみにオススメの食材・対策

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

工藤 万季
ナチュラルライフアドバイザー 株式会社BHCL代表取締役 一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事 1987年生まれ、愛媛県出身 アーユルヴェーダのデトックスメニューをベースにした 「キッチャリークレンズ」をプロデュース、指導。 SNSでは食べて痩せると話題に。 夫婦で40kgのダイエットに成功。 本当の健康とはカラダとココロが調和してこそ。 自然に沿って暮らすための知識やコツを都会的で洗練された暮らしに無理なく 取り入れる。内側からの綺麗になりたいナチュラルライフを求める人たちへの 情報を発信している。その他、日本各地で料理教室やイベントを開催する他、 メディアへの出演等、精力的に活動。現在は1児のナチュラルママとしても活動中。 http://bhc-life.com
関連記事
ページ上部へ