メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

何を食べても私は健康だから大丈夫!と思っていたら大間違いです。添加物摂取による味覚障害と亜鉛などの深刻なミネラル不足のリスクについて

坂本美恵子
50代の主婦です。子供が1人いましたが、生まれつき重度の肢体不自由で、今は天国にいます。子供はみんな元気に産まれて元気に育ってほしい…。元気な赤ちゃんを産むためと家族の健康のための情報を発信したいと思っています。 主人と時々、旅行に行くことが楽しみです。

暑い毎日が続きます。

暑いけど、会社に行かないといけない、仕事はしないといけない。

家にいたって、家事をしないといけない。

これはみんな一緒ですよね。

sky-2795517_640
毎日やらないといけないことで精一杯だから、食事はなるべく簡単にできるものがいいなあ、となるのは人間のサガ。

ありがたいことに、手軽に食べられる物が巷にあふれています・・・・。

だからと言って、コンビニやレトルト食品など簡単な物ばかりを毎日食べ続けていませんか?

ある日突然わからなくなる味。あれっ、大好きなケーキの味が…

restaurant-3037030_640
仕事や家事、子育てがひと段落ついて口に入れたケーキ。

ある日突然、「あれ、このケーキあまり甘くない!?」となったら危険信号です。
これは、気のせいではなくて、「身体のことを考えて」という身体からのメッセージかもしれません。

また、何も食べていないのに、口の中が苦い、変な味がすると感じたりすることはないですか?

最悪のケースでは、味覚障害の重要な前触れ・危険サインかもしれません。またはすでにスタートしている症状です

ice-cream-2588541_640
舌には味蕾という味を感じるセンサーがありますが、一つの味蕾には数十個の味細胞があり、だいたい10日間で入れ替わります。
ところが味覚障害は味細胞が新しくできなくて、少なくなっている状態を言います。これにより、味がわからなくなってしまうというのです。

味細胞が減る原因の一つは亜鉛不足。
亜鉛は細胞分裂や増殖に関係するミネラルです。


亜鉛に限らず、ミネラル全体が不足すると味細胞が新しく作られにくくなります。

亜鉛不足の要因である添加物


インスタント食品やレトルト食品にはもともと含まれている亜鉛が少ない上、値段を下げたり保存をよくするなどの理由で添加物が加えられます。それによりこのようなジャンクなものを食べる回数が高い人は比例して添加物摂取量が多いのは不思議ではありません。

例えばポリリン酸という添加物。

これは亜鉛を体外に排泄しやすくする作用があります。

ところが、このポリリン酸という添加物はインスタント食品だけでなく、実は結構いろいろな食品に入っています。

ハムやソーセージ、かまぼこなどの魚肉ねり製品、漬物、麺類などなど。
(東京都福祉保健局)

インスタント食品やレトルト食品は避けられても、これらの食品を避けるのはちょっと、難しいでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。


無添加オーガニックの食材を選べば添加物は含まれないものもあります。

添加物について、気にしすぎ、という意見を述べる人もいます。

確かに、厚生労働省が「人の健康を損なうおそれのない場合に限って」許可していて、また、「長期毒性や発がん性については医薬品以上に厳密に動物試験を通して確認している」とあります。そしてその動物試験から一日摂取量も算出されるそうです(一般財団法人東京顕微鏡院)

しかし、動物試験で本当に安心と言えるのでしょうか?

実際に添加物の多い食品ばかりを食べて病気になった、健康を害したという方は周囲にいます。
データ、科学的根拠という言葉が好きな方が多いですが、実際に食べるのあなたです。

さらには、データにも落とし穴はあります。

データだけで全ての判断をするのは、危険だということを覚えておくべきです。


その理由は下記の記事を呼んでください。

「添加物が危険は嘘!」「添加物は安全」という意見に物申す。「添加物 安心安全論」において決定的に見落とされている3つのポイント。

スーパーやコンビニに潜む、特に避けたい危険な添加物リストと、安全な食品の選び方。「食品添加物は気にしすぎ」ても気にしすぎることはない。

市販のベビーフード・離乳食に含まれる遺伝子組み換え作物と添加物の実態。「着色料・保存料・香料・化学調味料不使用」に隠された落とし穴とは。


安全だと思い込んでいたものに、後から不安要素があるとわかったらどうしますか?
添加物の少ないなるべく安心できるものを食べたいですね。

亜鉛(ミネラル)のことはあまり気にしたことないですよね?ビタミンはとろうとする人が多いですが・・

salt-shaker-484958_960_720
亜鉛は普通に肉、魚、野菜などバランスよく食事をしていれば体に必要な量は摂れます。
ですが、食べることは二の次という生活をしていると、ミネラルや亜鉛は不足しがちです。
 

特にインスタント食品やレトルトに頼ってしまうことの多い人は注意が必要です。

 cup-noodle-1706149_640

インスタントもレトルトも身体に良くないことは知ってるけれど・・。
味がわからなくなる以外にもリスクがある亜鉛不足。


「でも少しくらい味がわからなくなっても大丈夫だよー」と思っていませんか?
 なんと、亜鉛不足は他にも困ったことが起こりやすくなります

味覚障害以外にも考えられる色々なリスク

woman-441413_640

免役力低下

風邪をひきやすくなったと感じることはないですか?
それから皮膚がカサカサで傷が治りにくくなったとか。
アトピー性皮膚炎の方も、亜鉛不足ではありませんか?

ミネラル不足が万病の元であることはすでにあらゆる書籍でも紹介されています。

ホルモンへの影響

children-2914357_960_720
亜鉛は成長ホルモンに関係しています。
特に、成長期であるお子さんは要注意ですね。

濃い味付けを好むようになり、それによる生活習慣病のリスクアップ


さらには味がわからなくなると段々と濃い味付けを好むようになることは目に見えています。
過剰に精製さえれた加工食品の塩分を取り過ぎる毎日が続けば、いうまでもなく高血圧や動脈硬化が心配になってきますよね・・・。

child-2553539_640
亜鉛やミネラル不足は思いのほか深刻です。
もし、「当てはまる」と思った方は今日からそして今すぐ、食事について「見直す時」のようです。

添加物を減らして、健康な食生活に戻しましょう

salad-1603608_640
添加物の多い食品をいきなり「あれもダメ、これもダメ」とすると、それだけでストレスになってしまうのも事実。
最初はまず添加物の表示が少ない食品を選んだりして「少しずつ減らしていこう」ぐらいに考えるのがいいかもしれません。

慣れてきたら料理でひと工夫。
例えばソーセージは味をつけたオーガニックのひき肉を丸めて焼けば、意外と簡単にソーセージもどきが作れたりします。

IN YOUレシピでもたくさんのレシピをご紹介しています。

IN YOUオススメのレシピ


中でも、味覚を養う段階のお子さんには是非、気をつけてあげてください。

忙しいからとお金を渡せば、子供はたいてい喜んで、食べやすいスナック菓子や菓子パン、清涼飲料水を買ってしまいますからね。
ですが、これらは添加物だらけです。

angel-1801884_640
成長期の子供がいる場合には手作りの料理を家族で囲って食べるように。
またお菓子を与える時にでも、なるべくオーガニックのものを食べさせてあげてください。
大人であるあなたが教えてあげましょう。

将来の健康や味覚を全て左右する時期です。
「面倒なこと」ではありません。ここは踏ん張りどころです。

IMG_4580

食品添加物以外でも亜鉛不足に

drink-beer-alcohol-alcoholic-beverage-distilled-beverage-pint-us-111196-pxhere.com
また毎日お酒をたくさん飲む人は注意が必要です。
アルコールの分解に亜鉛が使われます。

それから無理なダイエット。
亜鉛不足を含めて栄養不足になりがちです。
スポーツを毎日かなり真剣にやっている人も、汗や尿から亜鉛が出てしまうそうです。

 自分だけは大丈夫と思いこまないで、身体がサインを出しているかどうかアンテナをたてて!

亜鉛は牡蠣や肉、魚、豆類などに多く含まれています。
味が少しわかりにくくなってきたと感じたら、まずミネラルが豊富に含まれる食材を積極的に食べてみましょう。

味覚障害の診断

何を食べても味がわからない…、甘いものを食べているのに甘くなく感じる。
スポンジを食べているようだ、となったら食生活の改善とともに専門家に相談を、おすすめします。

味覚障害は薬の副作用やドライマウスでなることもありますし、鼻が悪くなって起こることもあるようです。
さらには糖尿病を治療しないでいたり脳出血など深刻な場合もあるとのこと。

大きな違和感がある場合は、きちんと原因を調べてもらうことが大切だと考えています。

doctor-1822340_640

健康な食生活で明るい未来


 一生懸命仕事をするのは素晴らしいことです。
でも、一生懸命に仕事をすることと同じくらいに体のことを考えましょう。

 「自分を大切にする」ということは、やりたいようにやっていいということではないのです。
 体が必要としている栄養を考えながら料理をして食べることが、「自分を大切にすること」で5年、10年後の健康へとつながります。

family-1599825_640
ましてや子供に食べさせる食事はなおのこと。
たとえどんな有名私立中学校や名門大学に合格できても、子供の人生はそれで終わりではないのです。その後病気になったら本末転倒。

ずっと健康でいてほしいですね。

子供の体を考えながら、季節感を楽しみながら料理をしていけば、子供の心も健やかに育っていきます。
あなたの健康も子育ての結果も10年、20年先に出てきます。


ミネラル不足大丈夫ですか?
ミネラル対策アイテムを買ってみよう。

1216184107_5a34ea337d554

ミネラルは体内で作ることが出来ないため食物から摂取する必要があるのですが化学肥料や農薬などで合理的な農業を実現してきたため
農作物のミネラル含有量は減少傾向にあり 普通に食事を摂るだけでは、ミネラルが不足しがちになっています。
また国が推奨する一日の野菜の摂取量は350gですが 年代別の野菜摂取量を調べても、どの年代も一日の野菜摂取量350gには達していません。 米国の量子化学者、生化学者であり1954年ノーベル化学賞、1962ノーベル平和賞受賞した ライナス・ポーリング博士はこう言っています。
「すべての病態、すべての疾病、すべての病気を追求するとミネラル欠乏にたどりつく」
ミネラルを補うことが体の調子を整え 病気になりにくい体をつくる上でいかに重要かわかります。
ミネラル(無機質)は、五大栄養素の一つで体内で生成することは出来ません。
人の身体には約70種類のミネラルが必要と言われています。
ミネラルは単体で長期間にわたり摂り過ぎた場合に 他のミネラルの吸収を阻害し、健康に悪影響を招く恐れがあり ミネラルを総合的にバランスよく摂取することが重要になります。 このフルボ酸は70種類のミネラルのハーモニーが整っているもので調和のとれた形の天然水ですから安心です。
キレート作用によりミネラルのイオン化を続けることで 体内への吸収率は98%と高く 人体にとって調和のとれた理想的なミネラルの集合体となっています。 非常にバランスが取れており特定のミネラルの過剰摂取になる心配もありません。 医療現場でも紹介をされるなど確かな品質を保っています。



オススメの記事

レトルトカレーで頭痛やめまいに!健康に悪いレトルト食品は添加物や電子レンジ調理で生命エネルギーを低下させます。保存食品をやめて手作りすれば元気になれるオージャスの秘密。

散々ブームになった市販酵素ドリンクの多くはただのジュースで効果なし?遺伝子組み換え、添加物、人工甘味料の問題も。ズボラな人でも簡単に酵素を取り入れる方法と安全な酵素ドリンクの見分け方。

添加物やアルコール入りの偽物酢に騙されないで!本来の酢の効果を体感できる最高の酢の選び方と本物の酢の見極め方。

いつ災害が起きるか分からない日本。添加物が含まれない安全な非常保存食の知識をもち、備えよう。

この記事のタグ
お気に入り登録する
FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

坂本美恵子
50代の主婦です。子供が1人いましたが、生まれつき重度の肢体不自由で、今は天国にいます。子供はみんな元気に産まれて元気に育ってほしい…。元気な赤ちゃんを産むためと家族の健康のための情報を発信したいと思っています。 主人と時々、旅行に行くことが楽しみです。
関連記事
ページ上部へ