お悩み別

花粉症・憂鬱・疲れやすさ・不眠。春特有の不快な不調を解消させるための東洋医学から見た、肝を養う生活法 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mandarins-2043983_960_720

花粉症・体のだるさ・不眠。
春特有の悩みに悩まされていませんか。

spring-1102667_640

春というと皆さんはどのようなイメージを持たれていますか。


動物たちは冬眠から目覚め、
桜に菜の花に、たんぽぽが咲き、つくしや山菜やよもぎも芽を出し始める。

明るいイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。
温かくなってなんだか心も軽やかにり、新しいことをスタートさせたくなりますよね。

でも・・春バテにご注意。

前向きなイメージとは裏腹に、
毎日の気温の変化が大きく体調を崩しやすい季節でもあります。



最近では、「夏バテ」ならぬ「春バテ」という言葉もあるようです。

例えば

・不眠、過眠などの睡眠トラブル
・イライラ、憂鬱、気分の落ち込み、やる気が出ない
・頭痛、便秘、体のだるさ、ドライアイ


などの症状がいつもより出やすい傾向にあります。

現代社会は、便利な世の中で、空調も湿度も調整できるうえ、食材も季節に関わらずほとんどの物が手に入ります。
そんな毎日の中では忘れてしまいがちですが、季節は変わり、気温や日照時間も日々変化しています。

春には春に適した生活を。

いくら便利な世の中になったとはいえ人間も自然の一部。

今回は、そんな春にお勧めしたい生活の送り方をお伝えしていきます。

東洋医学から見た
押さえておきたい 春の生活のポイント

DrumstickFlower
東洋医学の五行色体表を見てみると、春は木のグループに属しています。

木のグループである春は
動物や植物、自然界にある全ての生き物がのびやかに成長し、新陳代謝が活発になり
冬に溜まった毒素を排出するデトックスの季節です。


デトックスの季節である春は、
解毒や代謝の働きをする「肝」が調子を崩しやすい


東洋医学で言う「肝」とは、肝臓などの臓器の場所のことではなく、
次の3つの体内での働きを指します。

【肝の働き】
◎解毒・代謝
有害物質を無害化し、体外へ排出する。また、栄養素を分解・合成する。

◎疏泄作用
自律神経をコントロールし、全身に気を巡らせる。
全身の各機能を円滑に働かせ、情緒を安定させる。

◎造血作用
血を蓄え全身に栄養を送り出し、身体が必要な血の量を判断し、流れる血を調整する。



これら3つの役割を司る肝が不調をきたすと、

・イライラ 憂鬱
・頭痛
・のぼせ、目まい
・不眠または過眠
・かすみ目、目の渇き
・手足のしびれ、こむら返り
・月経不順、更年期障害
・髪や皮膚の乾燥 


などの症状が出やすくなります。

先述した「春バテ」の症状と重なる点も多いですね。

これらの春の不調を改善し、
気持ちよく過ごすための春の過ごし方のポイントは
以下の三点です。

◎デトックス効果の高い春の食材を取り入れる
◎気を巡らせる
◎血を養う


こちらのポイントを踏まえて、すぐに生活に取り入れられる方法を見ていきましょう。

食事でのポイント

山菜

デトックス効果の高い 春の食材を取り入れる


春には苦味を盛れ

昔からよく言われていることですが、その意味をご存知でしょうか?


春はヨモギやフキノトウやつくしなど、苦味のある食材が多く出てきますよね。
寒い冬は家でゆっくり過ごすことも多く、体を動かすことが少なくなります。
その結果、どうしても新陳代謝が鈍り老廃物が溜まってしまいます。

「苦味のある食材を食べることで、冬の間に溜まってしまった老廃物を出しましょう」ということです。

この「苦味」の正体は

「植物性アルカロイド」と言われる成分。

・体の外に老廃物を出してくれる解毒作用の働き
・新陳代謝を促進する働き

が期待できます。

タラの芽やフキノトウ、ぜんまいやワラビ、ふき、菜の花

などに含まれます。
普段あまり調理しなれないものが多いかもしれませんが、

山菜おこわやフキノトウの天ぷら、菜の花のお浸しなども美味しいですし
わらびをさっとゆがいて、ごま油で炒めナムルにしたものも美味しいですよ。

春の短い時期にしか味わえない、贅沢な旬の味わい「苦味」
ぜひ取り入れてみて下さいね。

気を巡らせる食材 血を補う食材を取り入れる



また、春に不調をきたしやすい肝の働き

・疏泄作用
・造血作用


をサポートするためにも
気を巡らせる食材や、血を補う食材を取り入れることが有効であると考えられます。

◆肝の疏泄作用が不調をきたし、
気の巡りが滞ると


イライラや不安感、憂鬱、集中力の低下、不眠などの症状も出やすくなります。

げっぷやため息が出やすくなる
のどや胸がつかえるような感じがする
頭が重くだるく感じる
おなかが張って苦しくなる


など、様々な不快な症状が現れます。

食事方法・食べるべきもの

食事でのケアとしては、気を巡らせる効果の高い次のような食材を取り入れる方法が有効です。
mandarins-2043983_960_720
【気を巡らせる食材】
◎香りの強い食材 
菊花、ニラ、たまねぎ、ニンニク、春菊、セロリ、しそ、八角、バジル、三つ葉、クレソン、ローズマリー、パクチー、フェンネル
◎柑橘系
みかん、きんかん、グレープフルーツ、レモン
◎クコの実 陳皮(みかんの皮を乾燥させたもの)

◆肝の造血作用が不調をきたし
肝に血が不足すると

肌が乾燥する、髪がパサついて抜けやすい
爪が割れやすくなる、爪に縦じわができる
かすみ目 目の乾燥
しびれ けいれん
月経不順 更年期障害
などの症状が現れやすくなります。

食事でのケアとしては、血を補う効果の高い次のような食材を取り入れる方法が有効です。
GomashioZacin3-1024x682
【血を補う食材】
◎赤い食材
 クコの実、なつめ、小豆、赤身の牛肉、カモ肉、マグロ、レバー
◎黒い食材
 黒米、黒豆、黒ゴマ、黒キクラゲ、ぶどう、プルーン
◎野菜類
 かぼちゃ、ニンジン、れんこん、ほうれん草、金針菜、白キクラゲ
◎ナッツ類 胡桃、クコの実、松の実
◎魚介類 アサリ、イカ、カキ、タコ、ホタテ


また、血を補うためには質の良い睡眠が不可欠。

◎寝る前の三時間前までに夕食はすませておく
◎寝る前に強い光(テレビ パソコン 携帯)を見ないようにする

など寝る前の習慣を見直すことも大切なポイントです。

気の巡りを良くするために
爽やかで心地よい香りを味方につけて


気の巡りを良くするには、リラックスした時間を過ごすことが重要です。
生活の中に、音楽や香りを取り入れて「心地いいな」と感じる時間を作りましょう。
ジャスミンティーや菊花茶、ローズティーなどの香りの良いお茶を飲んでリラックスするのもおすすめ。

また、気の巡りを良くすると言われる種類のアロマオイルをいくつか常備しておくと、
様々な場面で活躍してくれるため便利です。

◎入浴時に
一掴みの自然塩にアロマオイルを5~6滴混ぜ合わせたものを浴槽に入れます。
すっきりと汗をかくことができ、デトックス効果があるうえ、香りも楽しむことができておすすめです。

入浴時に使いたい気の巡りを良くするバスタイムグッズ

lemon-1024x682
入浴時にはかんきつ系の香りやラベンダーなどがおすすめ。
それらの香りが入っている入浴アイテムを使うことで一日の終わりを気持ちよくリセットすることができます。
ただし、使うものは人工香料や石油由来の成分が入ったものではなく
必ず体に有害な物質を含まない無添加でオーガニック原料を使ったものを選ぶことをおすすめします。


【気分をリフレッシュしたい時】自然農法の植物をたっぷり使用!ボディソープジェル

【リラックスしたい時に】世界基準より厳しい!自然農法の植物を使用したボディソープジェル

◎睡眠時の枕元に
アロマディフューザーがなくても、ハンカチやティッシュに安眠効果のあるアロマオイルを2~3滴たらしたものを
枕元に置いて眠るとリラックスして眠ることができ、睡眠の質を上げる効果が期待できます。
ラベンダー、スイートオレンジ、ゼラニウム、ベルガモット、カモミールなどがリラックス効果が高くおすすめの香り。

◎カバンの中にも
ハンカチに2~3滴、アロマオイルを垂らしたものをカバンの中に忍ばせておけばふとしたときに香りを楽しむことができておすすめです。

気の巡りを良くしてくれるおすすめの香りはこちら。
・カモミールローマン
・カモミールジャーマン
・オレンジスイート
・グレープフルーツ
・ベルガモット
・ベルガモットミント


軽い運動や深呼吸で気を巡らせる


◎身体を動かすこと
◎深い呼吸をすること


この二点も気を巡らせる上では大切なことです。

わざわざ時間をさいて運動するのがハードルが高いということでしたら

朝一番にストレッチを取りれて、深呼吸をする

というだけでも違います。

また、複式呼吸を取り入れることができるヨガや太極拳もおすすめですね。

呼吸が口呼吸になっている場合も
呼吸が浅くなってしまうため、気が滞る原因となります。
鼻呼吸へと切り替えるよう意識しましょう。
口呼吸は気が滞りやすくなるだけでなく

免疫力の低下
虫歯の原因
歯並びの悪化
アトピーや鼻炎などのアレルギーの原因


など、身体に様々な悪影響をもたらします。

以前紹介した記事に鼻呼吸に切り替える方法をご紹介していますのでご覧ください。

呼吸から鼻呼吸に切り替える方法はこちらの記事でチェック

おわりに


季節が変わり
気候も大きく変わる時期
その変化に対応するために
身体が疲れる時期でもあります。

春には春に適した暮らしを送る

当たり前のことですが、忘れがちなこと。

先人からの知恵を借りて、
心も身体も健やかに、気持ちよく過ごしたいですね。

皆さまのより健康でより楽しい毎日のお役にたてますように。

IN YOUおすすめ!気の巡りをよくする「香り」のアイテムで
不調を気にすることなく、快適に過ごしませんか?



IN YOUおすすめのバスタイムグッズ


春の不調を改善するには、体質に合わせた食生活を送ることはもちろん
第一にリラックスをすることが何よりも大事です。
私たちがおすすめするアイテムは心から大切な人に送りたいと思えるくらい安全性の高いもののみ。
あなたのお気に入りの香りのグッズ、選んでみては。

お勧めの記事

あらゆる健康被害と精子減少・不妊も危惧される消臭スプレーの実態。春の不調にも効く、東洋医学的手作り消臭スプレーの作り方

免疫力を底上げして病気を寄せつけないバリアを。あらゆる不調の改善・免疫力向上に効果を発揮するプロポリスの効能と選び方

生活習慣病対策、肩こり、冷え、抜け毛まで。私が実践して効果的だった現代人の不調のための対策を教えます。今すぐ取り入れられる身近な食材のすごいパワー


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

松永加奈恵
薬膳料理やマクロビオティック、糖質制限食などを扱うカフェでチーフとして三年間勤務。病院が開催する食育講座で講師も務める。野菜ソムリエ資格所持
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. adobe-spark-79 2016年にIN YOUで最も読まれた人気話題記事14選。大発表…
  2. pickles-489066_960_720 現代にはびこる、なんちゃって「健康食」と「隠れジャンクフード」の…
  3. sinjitu 体に取り込んだ有害物質による病気は、あなただけでなく、子どもや子…
  4. o0800060013513396532 ねぎの辛味で免疫を高める。養生レシピ冷えとり「ねぎ味噌湯」の作り…
  5. IMG_4608 こねなくてもOK!ほったらかしでも最高に美味しい「基本のフォカッ…
  6. aloe-2163120_640 傷口は消毒しない・乾燥させないのが基本です。自然に治癒させる湿潤…
  7. IMGP6703 - コピー 雑草として捨てるのは勿体なすぎる驚くべきスギナのデトックス効能と…
  8. img_3657 甘味と塩味の絶妙なバランス!何にでも活用できる使いまわしに便利な…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuriesasaki
  • haruna
  • 加藤 晴之
  • 室谷 真由美
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • Mint
  • 桺町 瑠璃
  • クレイトンまき
  • 工藤 万季
  • yokosato
  • Mao
  • 横田 浩
  • 足立 由紀子
  • 佐藤いづみ
  • akemi
  • 坂田 まこと
  • 東條 由美子
  • yumi
  • yoshi.fukusawa
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 加藤 貴大
  • うちゅう
  • jyuan
  • Halu

カテゴリー

PAGE TOP