くらし

TPP11は日本にとって第三の敗戦?6月に批准された場合、あなた方の暮らしはどう変わるか予測します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kinds-of-food-3320746_960_720

☆坂の上零の「TPP11と種子の危機の真実シリーズ」 No.1

2018年5月18日に、まともな審議もなく、強行採決されたTPP11協定その内容とは?

知らなかったでは済まない。日本はこのままだと、国ごと大きな収容所にされる日も近い・・・?

cotton-farm-image-no-pesticide
2018年5月18日という日を忘れてはならない。
TPP11協定が強行採決されてしまった日、日本の第三回目の敗戦となった日である。

この日を境に、日本は加速的に激変してゆくだろう。

筆者である作家・ジャーナリストの私、坂の上零はこれからTPP11協定に関しては、今後このIN YOUにおいて、シリーズで報道させていただくが、
これから日本社会が「主権放棄させられ、下層化してゆく現象」が随所に現れてくることになる。

これを読んでいる皆様であれば、日本の食が今後どうなっていくか気になるはずだ。

オーガニックなライフスタイルを紹介するIN YOUでは、特に、次の5つの危機について、報道していきたい。

carrots-2387394_640

①日本の農業
②日本の種子
③日本でも起こる遺伝子組み換え農法と巨大資本
④日本の水
⑤日本の雇用減少と日本人の貧困化 = TPPによる労働者という商品の自由化という移民問題。


⑤はカテゴリーが違うとご指摘されそうだが、
日本の食の安全性とも大きくかかわってくる問題なので、触れざるを得ない。

食料、農業の安全性は、それ自体だけで維持できるものではなく、他の様々な要素と連動して、はじめて成り立ってゆくもの。
そうであれば、⑤も、日本の食糧事情に密接にこれから関係してくるので、筆者としては記事のテーマをして食と連動して書いていきたい。

TPP11で、日本は本格的に貧困化!?農業も壊滅的打撃を受ける可能性がある。


農水省によると、TPP11により日本の農業が受ける損害金額は、およそ1500億円程度だと言う。

しかし、この数字は嘘だと思う。実際には、この程度の損害では収まらないはずだ。

経済学者の植草一秀先生と筆者、坂の上零との対談をさせていただいたのだが、
植草先生が大蔵省勤務時代、経済の指数や統計数値を算出する際に、「こういう政策を施行することが決まっているので、政策が通りやすい経済指数を出してほしい」というような依頼をされることがあり、最初から「結論ありき」であることが多々あったという。

現在、国が出す公文書改ざんや偽造により、国民はこれらの数字が信用できないことにやっと気がつき始めた。
ウソがまかり通り、公文書改ざんを散々しても誰も責任を取らない。そんな、異常な国となった日本。

世界から見た日本の認識は、表現は無礼かもしれないが、
ある種、ジンバブエと同じレベルの腐敗的な政策がおこなわれている正義と司法、政府不在の国として、急速に下がっていっている。

今日では、まるでファシズム北朝鮮さながらの国家異常事態となっているが、これに危機感を覚えて、国民がアクションを起こさないとしたら、どうなるのか。
国家としても、国民としても、日本は先進国ではなくなっていき、これから世界の三流の国に落ちてゆくことになる。

これは明白だ。

官邸が官僚組織の人事権を握ることで、官僚が官邸の言いなりとなって、不正に手を染めやすい状況におかれ、
それゆえに、国が出す数字や資料が信用できない事態となっているが、こういう事態は、実は以前からずっとあったことだ。

従って、このような国の出す試算や数字、公文書が信用できない日本では、
当然、国民に内緒で、TPP11終結ありきで焦って進めてきたことにより、TPP11によって、
どれだけ日本の農業が破壊され、損失を受けるかなど、真実の数字や本当の情報など、国民に公表するわけがないのである。

だからこそ、私、坂の上零は、TPPや種子法に関する真実の記事を書いて、
みなさまに本当の情報を報道させていただきたいと、使命感で書かせていただいている。

29791804_2102158790098334_8936091372461490176_n

TPP11協定が施行された後の日本の行く末とは?

kinds-of-food-3320746_960_720
2018年以降のTPPが施行された日本では、わたしたちの生活はじわじわと、
しかし加速的に追いつめられてゆき、あらゆる面で、わたしたちを病気にさせるような事態となってゆく。

それは、結果として、あなたや私の主権と生存権さえ奪いかねないものである。
では、どうやってTPP11協定が、あなたの生活にどんな影響を与えるのだろうか。

下記に挙げてみたい。

TPP11により、あなたの生活はこう変わる!

white-rice-2907724__340

1.コメ、小麦などの主要穀物、肉、野菜果物などの食料の関税大幅撤廃(数年後に全撤廃)


2.遺伝子組み換え農業、食料が推進されてしまう。


3.日本の農家が守ってきた農業も「産業」と位置付けられる。

農水省が経済産業省の配下に入ることで、日本の農業が株式会社化され、日本の農地、農業にモンサントやバイエル社などの巨大資本企業に参入される可能性。
つまり、それぞれの個別の農家では、巨大資本の大企業に対して、もはや太刀打ちできない。

4.TPPのために国内法を整備した「種子法改正」により、天然古来の種子が無くなる危険性。

遺伝子組み換え種子、自殺する種子(種をつけない種子)、F1種子の食べ物ばかりが流通されてしまう危険性。

5.TPPのために国内法を整備した「水道民営化」により、日本の水の質が外資に売られ、水道料金が上げられる。さらに日本から水を盗まれる危険性。


6.遺伝子組み換え表示を無くす政策の可能性。

遺伝子組み換え表示を強化するとして、「ほんの少しでも遺伝子組み換え原料が入っていれば、遺伝子組み換えと表示させることとなった」制度改正がいわれるが、
これによりむしろ遺伝子組み換え食品であっても、食品会社は「遺伝子組み換え」と表示しなくてもよくなる可能性がある。

つまり実質上の、遺伝子組み換え表示を無くす政策の可能性。(なぜなら、完全に遺伝子組み換え原料を省くことは現在ではほぼ不可能である。)

7.自殺する種子、虫が食べたら死ぬ植物、種子なのに、種を残せない種子の作物を中心に、多国籍企業から種子を日本の農家が毎年購入させられる。

それを農薬とセットで栽培する農業をする農法が優遇されてゆくとすれば、
日本に住む民は、人間が食べてもよい食料を買うことができなくなってしまう。その結果、日本でのガン患者数や病人数が爆発的に増えてしまう危険性。

(また、TPPで医療費が高くなり、保険対象外の医療も増えて、病気になっても、
保険料を払っていても、医療を受けられない人、多額の医療費で生活困窮する人が続出してゆくことを予測する。)

8日本の農業自体が、外資企業などに牛耳られ、古くからの高い農業技術も盗まれ、日本の農家が日本古来の安全な農業を続けられなくなる危険性。

廃業を余儀なくされ、遺伝子組み換え作物の花粉が飛んできて、無農薬で育てている天然種の作物の田畑に、舞い込み受粉してしまい、無農薬の作物の収穫を妨害してしまう危険性も。

因みに遺伝子組み換え種子を使っている田畑の花粉が飛んできて、無農薬の田畑が迷惑をこうむっている側であっても、
企業側から訴えられたら、多額の賠償金を支払うはめになり、農家が廃業を余儀なくされる被害ケースが、相次いでいる。

もちろん、アメリカ企業を国が訴えたとしても、どれだけ理不尽な内容であっても1回もアメリカ企業側が負けたことはない。
すべて国が敗訴している。それが日本でも起こることになるだろう。

9.枯葉剤を製造していた関連会社の除草剤や、原発作業員のように防護服を着ないと生命が危険になる可能性。

強い毒性のある農薬を使わないといけなくなる危険性がある。

10.天然古来の安全な種子が、モンサントなどの大企業の地底財産権の侵害を理由に、使えなくなる危険性大。

すると、農家も一般家庭も、家庭菜園による、家庭採種も実質上、違法となってしまい、日本の天然古来の種子が消えてしまう危険性が高い。

11.家庭菜園により、家庭採種をして、天然の種子を守れなくなる。

それをすれば、懲役10年と1000万円の罰金の2つを同時に課すことができると言う厳しい罰則付きである。実質上、天然の種子を無くそうという意図。

如何だろうか? 

これが私が考える、これから日本で施行されてしまうTPPの現状である。
日本の農業がどう変わってしまうか。

多種あるTPPの各分野の中で、農業だけ取ってみても、極めて深刻な事態となる。
政府の予測した損害金額の何倍もの被害が出てしまうこと、及び、日本がTPPにより多大なる不利益と損害を招くことになることは容易に想像がつく。

言い方を選ばなければ

もはや「日本古来の無農薬の農業よ、さようなら。日本の天然種子をつかった採種はさせない。 安全食料など日本では栽培も、製造もさせない。」と言われたも同然だ。
このTPPの恐ろしさがわかっただろうか?


ここではテーマが違うので報じないが、真実の記事を書くことも、制限されたり、監視されてしまうだけでなく、
他の記事や写真、データなどを引用することも共謀罪のような扱いとなってしまうと言う。日本が北朝鮮のような独裁ファシズムの国になってしまう可能性がある。

wheat-3420585_960_720
TPP11により、あなたやわたし、日本に暮らす日本国民は、
日本という大きな収容所に生まれ、奴隷のように生きるように運命づけられたも同然になってしまったと言っても過言ではない異常事態なのである。

国会議員に交渉内容を開示せず、再三再四要求したら、やっと出された資料は真っ黒に塗られた読む文章がほとんどない黒塗りの資料しか、開示されなかった。
強行採決に至るまで国民には絶対に知らせない。TPP11協定は、今年2018年6月に水面下で批准される予定である。

あと数週間後である。

ではどうすればいいのか。あなた方が声をあげる番です。

hands-1768845_960_720

お願い。皆さま、どうか声をあげて下さい!


ではどうすればいいのか。
坂の上零から下記をお願いしたいと思います。

地元の市、県、地元の自民党と公明党の議員の事務所にファックスとお電話、メールの3つを入れてくださいまして、
「TPPを批准しないてください! 我々の生存権を危険にさらさないでください!」と陳情を出してくださいませんか?
また、永田町の自民党本部、首相官邸、内閣府にもファックス、お電話をして同じように陳情を3点セットで出してくださるようお願いいたします。


まだもう少し時間があります。

TPP11は、悲しいことに5月18日に強行採決されてしまいましたが、それを施行するためには、
国内法の関連法案10法案ほどを国会で通さねばならず、これらはすべて、2018年6月に起こるのです。

国内法の整備も、TPP批准とならんで、一切内容を知らせないまま、議論も何もないままやってしまうプラン。
これは、国家反逆に匹敵する重大なファシズム売国政治であり、国民が無関心で、いまのまま黙っていたら、強行されてしまうのです。

あなたの行動に、あなたの明日がかかっています。

どうか、黙っていないで、あなた自身の生存権を放棄しないためにも、行動してください。


=この記事はあくまでも著者による見解であり、正確性、完全性、妥当性及び公正性について媒体が保証するものではありません。
ご質問やお問い合わせがある場合は、著者宛にお願いいたします。=



オススメの記事

アメリカを除く11カ国がTPPに署名!?TPP発効で私達の食卓はどう変わる?私達の健康は外国籍企業に委ねられる可能性も。早ければ年内に発効される可能性も。

TPPと野菜の「種」の関係性。TPPによって、私たちが毎日行くスーパーの野菜や、生活面に起こる影響とは?

日本の食卓がますます危なくなる?!4月1日に種子法が廃止されたの知っていますか。これからどうなっちゃうの?私たちが身を守るためにできること。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

坂の上零
一九七二年一月二五日、兵庫県生まれ。 幼い頃より自然にピアノを弾いて遊び自作の絵本や物語、絵画、マンガを書くようになる。六歳から本格的にピアノを習い始め、ジャズピアニストを志して上京。 18歳でジャズピアニストとしてプロデビューを果たす。 都内を中心にライブ、コンサート活動を行う中、その音楽性、独創性が評価され、広告代理店のサウンドディレクター、映像の作曲などを手掛けるようになる。不思議な縁があり、インドに呼ばれるかのようにインドにわたる。インドの古典音楽の声楽コースを専門大学で学びながら、デリーで唯一のジャズピアニストとして活躍する。ヨーロッパの国々の外交パーティーなどでも演奏活動をする。 マザーテレサから、世界でただ一人、マザーテレサの名前を冠した音楽を出してよいという許可をもたった人物。いろんな世界の有名歌手が尋ねたが、誰も許可を得られず、坂の上零のほかにはいない。 坂の上零が作曲した「Song for Mother Teresa」と「交響曲 マザーテレサと神にささげる 全5楽章」の楽曲の第3章のソプラノのパートに、マザーテレサからのメッセージを歌詞にして歌にしており、さらに、第4楽章のバラード版の楽曲を交響曲とは別に作り、2パターン造った。 音楽活動の場を海外に拡げたものの心の支えであった婚約者が悲劇に見舞われ、この出来事により音楽活動から離れてしまう。事故で顔を失った最愛の人の自殺未遂、生き別れなど大きな苦難に見舞われ、生きることに絶望してしまい、自殺しないために、自らの苦しみを吐き出すため、小説を書きだした。その最初の処女作が、大作「天使になった大統領 上下巻」となったのである。 あることがきっかけとなり音楽と全く関係のない国際金融に携わるようになる。 後に日本で初めて保険金受領権をつくり、保険受益権を誕生させた。 これら英国系オフショア金融などの経験を生かして、政治経済のライターとなり、新自由主義の間違いを指摘し、過剰なグローバル経済政策から日本を守るため、政策・法案提案などの政治活動を開始。 二〇一三年六月、まもる会【日本と皇室の伝統文化 をお守りする会】を立ち上げる。 一年後に6千人以上の会員を抱え、全国に拠点を持つに至る。 一般の方々に向けたセミナー、政治家・官僚を対象とした衆議院会館等での勉強会、法案の提案などを政界内で精力的にこなしている。 世界の深層、日本の現実、真実告知活動、人々の覚醒やリーダー育成、政治家、官僚などへの教育事業、映像や講演などのコンテンツ作成事業を幅広く行う。 「魂の次元上昇プログラム」を発案した坂の上は、これをカリキュラム化して、自分で自分を救い、人生を飛躍させる、日本病脱却のための24回セッション」を全国展開する予定でもある。 現在は、「日本の農業と食の安全、あなたの命をまもる会」と改名し、2018年、まもる会のリーダーである坂の上零は、絶部的な状況の中で日本と日本国民を救うための「新しい産業と新しいマネーに基づき、直接民主主義を提唱する自給自足のコミュニティーづくり」を試行錯誤の末、発案する。これを地方自治体などに対して、地方創生の政策とこれからのサバイバル方法としてカスタマイズした政策をご提案し、具現化する活動をする母体として、現在の「まもる会」は存在している。 また、音楽活動も再開し、ジャズ以外にも交響曲やピアノコンチェルト、ポップス、ハウス系ダンス音楽、アシッドジャズ、フュージョン、ラテン、サルサ、ボサノバ、バラードなど、幅広いジャンルの音楽を作詞作曲し、ライブ活動を行っている。 ホームページ:https://www.mamorukaisakanoue.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. eye-shadow-186756_960_720 毎日使っているそのコスメ、乳がんや子宮がんとの因果関係も?!環境…
  2. tractor-field-spray いまだ日本国内で使われ続けるネオニコチノイド系農薬 安全神話の崩…
  3. egg-1878039_960_720 賞味期限とは違う!消費期限を過ぎたら避けたい危険な食べ物10選と…
  4. 焼肉(カルビ) 激安店やチェーン店、外食産業で出回る信じがたいフェイク・フードの…
  5. 25074582082_ccc0dc185d_b 1秒ごとに100万円ず借金が増える借金大国日本。健康意識の低い日…
  6. copyrights: http://punchdrink.com えっ、ワインに血!?ワインに膀胱!?あなたのワインには何が入って…
  7. mint-1433826_960_720 鎮痛剤が手放せなくなっていませんか?リラックス効果抜群の万能ハッ…
  8. geruson1 がん治癒の実例がある「ゲルソン療法」でも推奨する、にんじんジュー…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP