グルテンフリー

お砂糖なしでこの甘さ!素材の甘さを堪能できるノンシュガー・にんじんジャムの作り方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_5037

さて、前回のノンシュガー・アップルパイに引き続き、
今回はお砂糖なしで作る「にんじんりんごジャム」を紹介します。

お砂糖なしでもこの甘さ!

きび砂糖も甜菜糖もメープルシロップも羅漢果も甘酒も、甘味料は一切必要ありません。
冬に最も必要なビタミンAと、デトックス成分のペクチンがぎゅぎゅ〜っと詰まったジャムです!

img_5039
ビンに詰めて贈り物に差しあげたら、
きっと驚くはずです。

「本当にノンシュガーなの???」

はい、ノンシュガーです。

ジャムを砂糖なしで作るにはちょっとしたコツがあります。
そのひとつが「塩」です。
少しのコツさえ分かれば砂糖を使わなくても素材の甘さを最大限に引き出し、
濃縮させることができます。

img_5057
お砂糖不使用、素材そのままの栄養がをギュッと詰まっているので、
パンやスコーンやクラッカーにたっぷりぬって食べられますね。

img_5019
子供や妊婦さんにはこのくらいの「野菜のショ糖だけの甘み」が最も丁度いい甘さだと思っています。
大人はこれを機会に、素材の味を感じられるように自分の舌をリセットしてみるのもいいでしょう。

もし「もう少し甘みが欲しい」という場合は、
メープルシロップやアガベシロップなどお好みの甘さを足してください。
自分好みの甘さに変えられるのも手作りだからこそ出来る安心感ですね。

温めることで倍増するにんじん・りんごの免疫力アップ成分。

img_5035
最強の抗酸化ジュースといわれる「にんじん・りんごジュース」、飲まれている方も多いと思います。
ただ、冬になると冷えますから、ジュースやスムージー自体を体が欲しなくなる方も多いのでは?

むしろそれが体の自然な反応です。

スープや味噌汁、煮物、シチュー、ジャムなど、
寒い時期には寒い時期の「陽性の調理法」があり、陽性のビタミンの摂り方があります。
季節が変わっても、サラダやスムージーなど「陰性の強い調理法」を続けていたら
体調を崩す原因になりかねません。

冬に必要なのはにんじんの「ビタミンA」
ビタミンAは皮膚の粘膜を丈夫にし、
乾燥や紫外線やウィルスに強い体を作る「最強のウィルスブロッカー」です。

そしてもうひとつ必要なのは、にんじん・りんごを「温める」ことによって生まれる毒素排出成分「ペクチン」と、整腸作用の「オリゴ糖」。

cooked-apples-1102079_960_720
ペクチンは腸内の有害物質を吸着し、体外へ排出してくれるデトックス成分。
特にりんごは加熱することでペクチンが生の9倍に変化し、オリゴ糖も2倍以上に増えます。

ペクチンの作用で老廃物をお掃除し、キレイになった後の腸内に必要なのは、
善玉菌のエサになるオリゴ糖。
(ちなみにオリゴ糖は汚れた腸内環境の中では悪玉菌のエサになってしまいます!)

加熱したにんじん・りんごには、
毒素排出コンビ「ペクチンとオリゴ糖」が豊富なだけでなく、
免疫力を高めるビタミンAやβカロチンも凝縮。

生やジュースで摂るよりも吸収のよい状態で摂ることができるんです。

マクロビオティックのおやつでよく登場する
焼きリンゴや、りんごの葛煮、にんじんのポタージュなども、
お腹の調子を整えて、オリゴ糖の吸収を高めてくれます。

cake-453853_960_720
つまり、
生には生の、
加熱には加熱の良いところがあるということ。

一方で、生のりんご・にんじんには酵素が豊富ですから、
自分の体調によって「生か、加熱か」をチョイスするといいですよね。

「今日は無性に生のリンゴをかぶりつきたい」とか、
「今日は温かい焼きリンゴでお腹の調子を整えたい」
とか。

体の声は正直なので、その時食べたいものが、体が必要としている栄養素だと思います。

apples-1803044_960_720
このジャム作りには
畑の味が濃い自然栽培のにんじんを使うと、ほんとうに、ほんとうに美味しいです!!

冬の栄養がギュッと詰まったノンシュガー・にんじんりんごジャム。

img_5012

【材料】

・にんじん 2本
・りんご 大1個
・自然塩 小さじ1/3弱
・レモン汁 大さじ1
エキストラバージンオリーブオイル(フシコス) 大さじ2〜3
・バニラオイル(またはバニラエクストラクト) 少々


※しっかりした甘みが欲しいという場合は、メープルシロップやアガベシロップなど好みの甘さを足してください。


このレシピに使用したオリーブオイル


おすすめの良質なオリーブオイル


オイルの質にもこだわりたいところ。

今回はIN YOUでも度々紹介してきたフシコスを活用しています。

オリーブオイルの選び方については以下を参考にしてみてくださいね。

どんなオリーブオイル使ってる?安全と美味しさを追及して出会ったオリーブオイル「フシコス」
クリスマスのサイドディッシュは決まった?冬野菜の栄養素を効率よく摂れるオリーブオイルレシピ2選。〜『フシコス』エキストラバージンオイル〜


【作り方】

1、鍋に薄切りにしたりんごとにんじんを入れ、塩をまんべんなくまぶす。
(両手で返すようにしながら塩が全体に行き渡るように。)

2、レモン汁をふり、そのまま10分ほどしばらく置いて、リンゴから水分を引き出す。
img_4993
3、鍋を中火にかけ、煮立ったら火を弱めてフタをし、全体がくったりと柔らかくなるまで蒸し煮にする。
りんごから出る水が多い場合は、最後に火を強めて煮詰め、水分をとばす。

4、あら熱がとれたらオリーブオイル、バニラオイルと一緒にフープロにかけて、
なめらかなペースト状にする。

img_4998
5、煮沸消毒したビンにつめて、空気を抜くようにトントンと落とし、フタをして冷蔵保存する。
冷蔵で2週間、冷凍で1ヶ月保存可能。


img_5057

美味しく食べるコツは、体に栄養素を吸収させるコツでもある。

img_5026
このジャムの「美味しさのポイント」は、最後に加える油脂

にんじんのβカロチンは脂溶性なので、
油脂と一緒にとることで体への吸収率が格段に上がります。
(つまり生でにんじんをかじってもビタミンは野菜の固い細胞壁で守られており、ほとんど腸に吸収されないのです。)

ジャムに限らずにんじんを食べるときは
ごま油できんぴらにしたり、
オリーブオイルや亜麻仁油と混ぜてにんじんドレッシングにしたり、
グラッセにしたり、
βカロチンには油を組み合わせることを意識してみると良いですよ。

脂溶性のカロチンを持つ野菜は他にも
カボチャ、ほうれん草、小松菜、パプリカ、ブロッコッリー、アスパラなどなど。
これらのカロチンは油脂と一緒に摂ることで吸収されます。

カボチャなら油を使ってグラタンやポタージュスープにしたり、

pumpkin-soup-1685586_960_720
小松菜やほうれん草、ブロッコリーは、ごまの油脂と合わせて「ごま和え」や「ナムル」にしたり、

パプリカやアスパラはオリーブオイルでサッと炒めたり。
おいしく調理することで、体への吸収がグンとアップするわけですね。

試してみなくちゃはじまらない。
まずはオーガニックのにんじんとりんご、買ってみる?

このレシピで使ったオイルを使ってみよう! IN YOUおすすめオリーブオイル「フシコス」


フシコスの購入はこちら


偽装問題が懸念される近年、本物のオリーブオイルを探すのは至難の業。
フシコスのクオリティは、食べたらすぐにわかると思います。
質は製造工程を見たら一目瞭然。

ギリシャクレタ島の由緒あるオリーブ農園と福岡の老舗油やがコラボし、長年築き上げた技術を駆使したこだわり商品。
少量生産で密閉・空輸された、またとない極上のオリーブオイルをお楽しみくださいね。

この記事を読んだ人におすすめのほかの記事

オーガニックりんごで作る、ノンシュガー・グルテンフリー「ふんわり玄米白玉団子と りんごぜんざい」のレシピ

ノンシュガーでも大満足。りんごの甘味だけでつくる「あんこ」と「おしるこ」の作り方。

パンに塗っても豆乳に混ぜて飲んでもOK!甘味料不使用。材料3つで、超簡単りんごクリームの作り方



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bc%93 ワインに合う持ち寄りレシピ。30分で作れる卵・バター不使用クリス…
  2. IMG_7221 秘めたるパワーが計りしれない「干し椎茸」の実力。旨味を最大限引き…
  3. おでん アップ 寒い冬、唐辛子効果で冷え知らず!おでんにも活用できる洋風からしの…
  4. IMGP8729 縄文時代から続く驚異の海の野菜。簡単「昆布水」の作り方とその活用…
  5. apple-juice-1473424003dlo お酢パワーで夏バテ解消!お家で簡単、白砂糖なしでもおいしい果実酢…
  6. 柿タルト 「柿が赤くなれば医者が青くなる」旬の柿を食べよう!柿をあれこれ使…
  7. IMG_6065 (2) 簡単!1分待つだけ。美味しすぎるグルテンフリー「乾物ヌードル」の…
  8. FullSizeRender 15 食欲がなくてもつるんと食べられる味噌と豆乳でつくる濃厚「ビーガン…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • hiroro
  • izumi
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 工藤 万季
  • 松橋佳奈子
  • 煙山 昭子
  • yuriesasaki
  • 前之園知子
  • lelien
  • riko tanaka
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yokosato
  • 桺町 瑠璃
  • 加藤 晴之
  • うちゅう
  • ゆみえこば
  • 霜崎 ひろみ
  • 室谷 真由美
  • 加藤 貴大
  • MARIE
  • 永樂茶百合
  • AYANO
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • Mao
  • 滝野 清
  • 山﨑 拓
  • 佐藤いづみ
  • hata ikue
  • AKIKO MIYAKAWA
  • akemi
  • 深井ゆきえ
  • arikawatoshiko
  • mamiko
  • 山口 りりこ
  • 小泉 沙耶
  • keiko nakagawara
  • chie
  • joko
  • 福原真一郎
  • jyuan
  • 安室 和代
  • UharaRisa
  • ami iwasaki
  • 高根 佳子
  • ayukotaniguchi
  • nana
  • 結緒織
  • 柳千妃路
  • yukiko
  • 福島奈央

カテゴリー

PAGE TOP