メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

材料たったの3つ!乳製品不使用「豆腐ホイップクリーム」の作り方 + 豆腐ホイップで作るフルーツサンド。

    riko tanaka
    料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。

    お菓子のデコレーションに欠かせないホイップクリーム。乳製品不使用でも濃厚なホイップクリームを作る方法とは

    フルーツサンド ホイップクリーム
    お菓子やケーキのデコレーションには欠かせないホイップクリームですが、
    市販のものはほとんど乳製品使用

    たまに乳製品不使用のものも見かけるものの、
    お店によってあったりなかったり。

    大事な時にクリームがない!
    なんてことは出来たら避けたいですよね、、、


    そんな今回は材料たったの3つで出来る乳製品不使用「お豆腐ホイップ」の作り方をご紹介!
    さらにこのお豆腐ホイップで作るフルーツサンドの作り方も合わせてご紹介します。

    お豆腐の臭みもない、ふわふわで濃厚なホイップクリームは、
    様々なシーンで使える万能ホイップです♪

    超簡単「お豆腐ホイップ」で作るフルーツサンドの作り方。

    【材料】

    お豆腐ホイップ

    – 有機木綿豆腐:300g
    – 無農薬ココナッツオイル:大さじ2
    – 有機甜菜糖または無農薬ココナッツシュガー:大さじ2(甘さ控えめ)
    – 有機バニラエッセンス(なくても良い):2〜3滴


    その他

    – 有機いちご:小さめ12粒
    – サンドイッチ用有機食パンまたは有機パン(厚さはお好みで):2枚

    【作り方】

    お豆腐ホイップ

    1)豆腐はキッチンペーパーで包み、重しを乗せて約30分ほど水抜きをする。
    2)豆腐の水抜きができたら、すべての材料をミキサーやフードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜたら完成。
    このままでも使えますが、冷蔵庫で15〜30分程度冷やすと少し硬くなり扱いやすくなります。

    7583871600-IMG-4450 7583871600-IMG-4454

    フルーツサンド

    1)いちごは洗ってヘタを切り落とし、水分はよくふきとっておく。
    2)片方の食パンにお豆腐ホップを満遍なく塗り、いちごを並べていく。

    7583924160-IMG-4480
    3)いちごの上からさらにお豆腐ホップを重ねる。隙間ができないようにたっぷりめに乗せると綺麗な仕上がりになります。

    7583924160-IMG-4481
    4)もう一枚の食パンを重ねたら、ラップで包み冷蔵庫で約30分冷やす。
    (この工程は必須ではないですが、冷やすことで切りやすくなり、綺麗な断面が作りやすくなります。)

    5)丁寧に対角線上に切ったら完成。

    7583871600-IMG-4457
    7583924160-IMG-4494
    可愛いいちごの断面が綺麗に出た時は満足感100%♡
    いちごの並べ方とクリームを乗せる工程を丁寧にやっていくのが可愛い断面のコツです。

    7583924160-IMG-4495
    7583924160-IMG-4490
    このお豆腐ホイップ、まるでクリームチーズのように濃厚
    お砂糖は少なめですが、お豆腐の自然な甘さのおかげで満足感が感じられます。

    ココナッツオイルが入ることでよりホイップのようなふわふわの食感に、

    さらに豆腐の臭みを消してくれるので、
    お豆腐スイーツにありがちな「大豆感」がありません。

    チョコバナナサンドにアレンジ♪

    7583924160-IMG-4470
    【材料】
    – お豆腐ホイップ:出来上がった量の半分
    – 有機カカオパウダー:小さじ2〜3
    – 有機バナナ:半分

    【作り方】
    1)出来上がったお豆腐ホイップにカカオパウダーを混ぜる。バナナは約1cm程度に切ったものを12個用意する。
    2)あとは基本の作り方と同じです。

    7583924160-IMG-4475
    子供が大好きなチョコバナナの組み合わせです。
    この他にもお好みのフルーツでアレンジ自由なので、
    季節の果物で試してみるのもいいですね♪

    出来上がったフルーツサンドを持ってピクニックに出かけよう!

    フルーツサンド ピクニック
    おしゃれなカフェもいいけど、
    天気のいい日はピクニックもいいですよね♪

    彩りも鮮やかで可愛いフルーツサンドを持っていけば、
    喜ばれること間違いなし!


    でもちょっと心配なのが運ぶ時!?崩れてしまうのが心配!


    ふわふわと柔らかいクリームがたっぷり詰まったフルーツサンド、
    ラップで包むだけじゃ崩れてしまうのが心配。
    それに市販のラップは有害物質の危険性もあり、避けたいところです。

    かといってかさばる容器はピクニックに不向き。


    安定感抜群でかさばらない「エコラップ」が便利。

    7583924160-IMG-4497
    崩れてしまう心配とかさばる問題を同時に解決してくれるのがこの
    エコラップ」。

    素材にはコットンを混合した生地を使用し、
    表面のコーティングには、ミツロウ・ホホバオイル天然のダマール樹脂が加えらています。

    7583924160-IMG-4499
    一見ただの布のように見えますが、食べ物を包んでみると、その包んだ時の形をしっかりと維持してくれる優れもの。
    表面のミツロウのコーティングのおかげで、包んだ後に開いてきてしまうなんてこともありません。

    食べ終わったら小さく折り畳めてかさばらないから、
    ピクニックには嬉しいですね♪


    1年以上繰り返し使える「超エコ」なラップ。
    しかも環境にも配慮されているから買うだけでも社会貢献になるすごいラップ

    ソーダブレッド ラップ1
    また、このエコラップ水洗いで繰り返し約一年間使用可能

    このエコラップを使い始めると、
    今まで自分がどれだけのラップをゴミとして捨てていたか驚かされます、、、

    さらに、程よい通気性が自慢のこのエコラップでおにぎりやパンも包んで持っていけば、外出先でも鮮度を保ったままの美味しい状態で食べることができます。

    また、チーズも食べかけを包めば、乾燥せず良い状態を保てます。

    他にも、フランスパンは食べきれないからと冷凍したりすると、
    冷凍焼けしてしまいますが、風味を落とすことなくふかふかのまま翌々、翌々日もお召し上がり頂けます。

    このエコラップの特性を生かしたパンの保存方法はこちらから。
    手作りパンを美味しく冷凍保存するとっておきの方法と、発酵のいらない乳製品不使用「ソーダブレッド」の作り方。グルテンフリーバージョン有り。

    ぜひあなたも試してみては。

    今回レシピに使った、洗って何度でも使える「エコラップ」をIN YOU Marketで買ってみよう!

    ソーダブレッド ラップ2 ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ今すぐここをクリック!

    みなさんは、「フードロス」または「食品ロス」(以下フードロス)という言葉を聞いたことがありますか?
    “まだ食べられるのに廃棄される食品のこと”を指し、現在とても重要視されている言葉です。

    日本では、その量なんと年間約632万tにも及び、その半分は、家庭からの廃棄なのだそうです。
    一人に換算すると“お茶碗約1杯分(約136g)の食べ物”が毎日捨てられている計算になるとのこと。*
    *WFP発表の数値

    フードロスの主な原因は「鮮度の低下」 日本は自給率が低いものの、廃棄率がとても高いため、フードロスは昨今注目されてきました。
    多くの原因は、「鮮度の低下」

    例えば、「鮮度の低下、腐敗、カビの発生」「消費期限・賞味期限が経過」が理由なのだそうです。
    食材別にみると最も多いのは野菜、次いで調理加工品、果実類、魚介類なのだそう。

    この問題を解決しようと、様々な取り組みがなされています。
    それは遠くカナダでも、早くから取り組まれて来ました。例えば、廃棄したものでフードを作ろう!など。


    そんな中、「そもそも廃棄を無くそう!」と出来上がったのが、今回の

    ミツロウでできたラップです。


    オススメレシピ

    保存食こそこの世で一番の時短料理!? 試さないともったいない、超時短の手作り野菜保存食レシピ・テクニック集

    長寿村の住民が食すヘンプシードの栄養素に隠れた驚くべき効果効能。「ヘンプシードの白和え」の作り方。普段の食材の代わりに使って栄養価アップ!

    ビーツの食べ方がわからないビーツ初心者にオススメ。ビーツポタージュ・万能ビーツ味噌・ビーツマッシュポテトの作り方。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      riko tanaka
      料理上手の母親の影響から食に興味を持ち、オーストラリアで栄養学を専攻する現役大学生。 私生活ではアニマルライツの観点から3年ほど前に動物由来の食品に頼らない生活にシフトする。当初は限られていた料理のレパートリーも、オーガニックやヴィーガニズムの考えが発達するオーストラリアでの暮らしの中で現在では ”ヴィーガン=限られた食事” という概念を崩すことが目標。 様々な食文化に柔軟に対応するオーストラリアで学んだ知識を生かし、どなたでも美味しく楽しめる料理のレシピをお届けします。
      ページ上部へ