スープ汁物類

ビーツは血の薬。天然のサプリ、ビーツとココナッツミルクのクリーミーポタージュ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
17264767_1225224487585342_5624424498856221002_n

最近、自然食品店などでよく目にするビーツ。
赤カブの一種です。

beets-1368370_960_720
その真っ赤な色がサラダや付け合わせなどにカラフルな色味を添えてくれますね。

eatandsmile.net出典 eatandsmile.net

ロシアの伝統料理「ボルシチ」も赤いビーツの色を活かしたスープです。
ビーツには血行を促進して体を温める効果もあるので、
まさに極寒のロシアで生まれた身土不二の根菜です。

cookingloverskitchen.com出典 cookingloverskitchen.com

薄切りにして生で食べると、シャキシャキ甘くて少し土の香り。
オーブンでゆっくりローストして食べると、中はほくっと柔らかく、とろけるような味わいに。
ぬか漬けや浅漬けにしても美味しいんですよ。

beet-545775_960_720
ビーツの赤色は、もちろんポリフェノールの色。
抗酸化作用は他のどんな根菜類より、ずば抜けています!

その他にも、鉄分、カリウム、マグネシウムなど、ミネラルを豊富に含んでいることから、
ビーツは「血の薬」とか「飲む輸血」などと呼ばれています。

貧血気味の方は、ビーツとお肉を合わせたボルシチスープで効率良く鉄分を摂取すると良いかもしれません。
というのも、ビーツの栄養素は「水溶性」なので、生で食べるよりもスープにして栄養素を溶かし出して摂るのが効率的だからです。

他にもビーツにはこんな成分が豊富です。
【NO(一酸化窒素)】血流量を増やして体内の酸素が効率よく使われる手助けをする。
筋肉増強効果や持久力のアップが期待できるだけでなく、疲労を回復させる効果も。
【オリゴ糖】ビーツには天然のオリゴ糖や食物繊維が含まれているので、腸内の善玉菌のエサになり、老廃物をスムーズに排泄する働きがある。
【パントテン酸】血液中の善玉コレステロールの合成を促す。また、パントテン酸は美白成分としても有名。お肌の張りとツヤを保つ力が期待できます。
【ナイアシン(ビタミンB3】ナイアシンは疲労回復効果があるだけでなく、アルコール成分を分解してくれる働きがあるため、二日酔いの予防に効果があります。

ビーツの栄養素は熱に強いため、加熱しても損なわれません。
その代わり、水溶性という弱点があるので、スープにしてしっかり飲めるよう工夫すると効率よくフィトケミカルやビタミン・ミネラルを摂取することが出来ます。

今回は、そのビーツの特性を生かして、とってもクリーミーで見た目も鮮やかな
ピンクのポタージュスープを作ってみましょう。

17309075_1225224494252008_4170542064430232106_n
牛乳の代わりに、乳糖ゼロ、低糖質、電解質や中鎖脂肪酸が豊富な「ココナッツミルク」を使います。
ココナッツミルクの脂肪酸は糖質の燃焼を助けてくれるだけでなく、
豊富な電解質がビーツのミネラルの吸収を高めてくれます。


ビーツのスープを美しいピンク色に仕上げるコツは、
「加熱しすぎないこと。」
水からゆっくり煮出して、一気に火を通しましょう。

とっても簡単!飲むサプリメント、ビーツとココナッツミルクのクリーミーポタージュ。

IMG_5534

【材料】

3〜4人分
・ビーツ 大1個
・玉ねぎ 1/4〜1/2個
・だし汁 1カップ〜好みで調整
・ココナッツミルク 1/2カップ〜好みで調整
・自然塩 小さじ半分
・バターまたはオリーブオイル 大さじ1


お勧めのオリーブオイルもCHECKしてみてくださいね。

おすすめのオリーブオイル


【だし汁のとり方】

1.5Lの水に昆布10cm、切り干し大根ひとつまみ、干し椎茸1個、無農薬玉ねぎの皮1枚を入れ、
一晩置いて水だしをとる。もしくは煮干しや鶏ガラ、かつお節など、好みのだし汁を使ってください。
ベジだし
※水だしは麦茶用などのピッチャーやビンに入れて、5日間冷蔵保存可能。
いつでも美味しい味噌汁が作れます。煮干しや削り節も水だしにしてOK。

時間がない場合は鍋に水と出汁の材料を入れて火にかけ、沸騰したら火を止めます。
15分ほどしばらく置けば、美味しいおだしがとれますよ。

【作り方】

1、鍋にバターorオリーブオイルを熱し、薄くスライスしたビーツと玉ねぎを入れ、塩をふり、しんなりするまで炒める。
2、全体に油が回ったらだし汁を一気に入れ、煮立たせる。
3、煮立ったら弱めの中火にしてアクをとり、ビーツが柔らかくなるまで5〜10分ほど煮る。
4、火を止め、煮汁がある程度冷めたらココナッツミルクと一緒にミキサーにかける。
5、鍋に戻し、スープが煮立たないように弱火で温め直す。濃度が濃ければココナッツミルクやだし汁を足してのばし、調整する。
必要であれば塩・胡椒で味を整えて完成。

IMG_5521
食べる直前にココナッツミルクや生クリームを浮かべても綺麗です。

17264767_1225224487585342_5624424498856221002_n
ビーツにかなりのボリューム感があるので、このスープだけでも立派な朝食になります。
しっかりお出汁をとれば栄養もたっぷり。

朝から元気になれるスープです。

じぶんの目でみて、つくるごはんは、おいしい、しあわせ。

おすすめ記事

こねずに簡単!デトックス食材を丸ごと頂く「薬膳あんぱん」の作り方。

市販カレールーの正体は「劣化した油脂と添加物の塊」カレールーの正しい選び方と日本人の体質に合わせたカレーの作り方。

マクロビ和菓子レシピ。モリンガで栄養満点!香ばし「ゴマ団子」の作り方


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

くみんちゅ
家族の体は、おかあさんの作るごはんでできている。 「こだわるけどとらわれない」をモットーに、誰もが作れる安心安全なレシピ作りを展開。 「もう何も食べられるものがない」から視点を変えてみる。 膨大にあふれる加工品や市販菓子より、 台所でにぎる塩おにぎりひとつ。 子供に、若者に、安全な食卓を。 さて、今日もごはんをつくりましょ。 FB ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. _mg_1610 栄養まるごと。ぷちぷち玄米で作るとろける「マクロビオティック・テ…
  2. IMG_6980 ジャンクな味もオーガニックで作っちゃおう!麺から手づくり、カレー…
  3. 641572_19163186 そんなに「咀嚼(そしゃく)」って大事なの?噛まないことであなたに…
  4. tee-1680861_640 僕を自然療法の治療家に転身させた経験。パニック障害を、僅か2週間…
  5. 10689798_710221582398212_7216819460539394367_n 意外な食材で簡単!イタリアンなデザート「チョコレートリゾット」
  6. 発酵なし。計量器もいらない。フライパンで作る簡単グルテンフリーピ…
  7. 3 【おせち料理】おせち料理をオーガニック・マクロ料理にする方法
  8. IMG_4936 お礼ギフトやバレンタインにも作りたい!失敗なし。簡単美味しいグル…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 室谷 真由美
  • 松橋佳奈子
  • 赤嶺 福海
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  •  とっくん
  • 上村 歩
  • kei
  • mimi saito
  • watanabe  
  • jyunko
  • 池田 歩
  • yuriesasaki
  • 飯塚 愛
  • Mai nakanishi
  • Mao
  • ookawahara
  • mariko ito
  • 加藤 晴之
  • Mint
  • 柿谷圭之助
  • emi tanaka
  • 齋藤 香帆
  • Nakamura Akitsu
  • ひかりあめゆうすけ
  • fujisakishun
  • 橋本佳子

カテゴリー

PAGE TOP