IN YOUMarketの商品で作るレシピ

腸内環境の改善をなくしては健康はありえない。腸内フローラは1日では改善できません。すぐに食卓に取り入れられる最強モリンガ麹ドレッシングの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Minced_meat_noodles_004

野菜をたくさん食べているのに腸内環境が悪いその理由。

vegetables-3386212_640
以前マクロビオティックのメニュー開発と調理の仕事をしていた飲食店で、野菜が大嫌いという60代の日本料理のベテラン料理人さんがいました。
まかないの昼食を10人ほどで揃って食べるのですが、いつも小さな子供のように野菜をよけて食べていた姿が印象的でした。
野菜が大嫌いでも料理人が務まるんだ!と不思議に思ったものです。

魚をさばくその腕は、見とれてしまうほど鮮やかなものでしたが、体調を崩し1年ほどで辞めてしまいました。
彼のように全く野菜を食べないという人もいるのでしょうが、むしろ毎日の食事の中で、意識して野菜を摂るように心掛けているという人は増えているのではないでしょうか。

我が夫も、外食がちだと野菜が足りない。もっと煮物が食べたいのに、外食では思うように食べられないとよくぼやいています。

食べる順番を指す、べジ・ファースト(野菜が最初)という言葉も定着してきました。
(しかし、最近言われているのは、べジ・ファーストでもミート・ファーストでもソイ・ファーストでも、何でもいいらしいのです。血糖値を急激に上げてしまう糖質ファーストでなければ。)

腸が悲鳴を上げている

健康問題の根底にあるのは腸の管理のまずさにある!

800px-Intestinal_spirochetosis_-_high_mag
バーナード・ジョンセン医学博士は自身の著書の中で、50年にわたる医師としての治療経験から、
ほとんどの人の健康問題の根底にあるのは「腸の管理のまずさ」で、整腸を行わなければ健康の回復はあり得ないと言っています。

私たちの腸は、長さにすると10m位、腸内部の表面積はテニスコート1枚分位に相当し、
その中に300種とも3000種ともいわれる種類の細菌が存在し、100兆個~3000兆個の菌が生息しているといいいます。

腸内細菌は大きく分けて、善玉菌・悪玉菌、そのどちらにも分類されないが、
それらの菌の影響を受けてどちらにでも変化する日和見菌の3種類で構成されています。

腸は第2の脳と言われていますが、全ての病気の原因はビタミンやミネラル・食物繊維の不足によって、腸内細菌叢の腸内フローラ(花畑)が正常に機能しなくなります。

そして、人間の味方をしてくれる善玉菌より、体に悪さをする悪玉菌や有害物質の方がはびこる結果となって、腸が機能不全に陥り、体の全ての組織・腺・器官に影響を及ぼします。

結果、あらゆる部位にトラブルを起こしてしまうというのです。

一見関係がないように見えて、人間の体は全てつながっているのです。


運動不足も排泄機能に悪影響を及ぼす!

腸内フローラは1日では改善できない。長ければ半年も・・?

th0MFRPPJ9
運動不足も、新陳代謝の最終行為である排泄機能に影響を及ぼします。

筋肉組織のたるみは、筋膜でできている大腸の蠕動運動にも関係があり、
大腸がスムーズに正常に働かないと、発酵・腐敗した食物のカスを適正に排泄できず腸内に停滞してしまいます。

いわゆる便秘です。


そんな状態が長く続くと、消化吸収も効率よく行えず、体の組織は益々正常に機能できないという悪循環に陥ります。

吸収力が弱まると、食べているのに栄養が行き渡らず、栄養失調を起こしていしまうという結果にもなりかねないのです。
肉食中心の食事は悪玉菌の代表である大腸菌の格好のえさとなり、穀物や野菜など繊維質の多い食事は善玉菌をたくさん増やすといいます。

食生活を見直して体に良い食習慣に変えたとしても、腸内フローラが整うためには早い人でも3か月~半年はかかります。

抗生物質や薬剤の軽はずみな摂取が腸内を悪くしている。

332359
また、腸内フローラが整った人が、抗生物質や市販薬剤など、腸内環境のバランスを乱す強力な薬を飲んでしまうと、
これまたフローラをもとの状態に戻すのに最低でも半年はかかってしまうので、飲用にはとても注意が必要です。

腸内細菌叢のバランスの悪さが、体の抵抗力を弱め、老化を早めたり、発がん物質生成を助け、生活習慣病をはじめとした様々な病気を引き起こすことになると考えると、どちらが私たちの体にとって好ましい客かは一目瞭然です。

腸内細菌叢の善玉菌と悪玉菌の割合は、ライフスタイルやこれまでの食習慣によって人によって様々ですが、

より良い腸環境のために、1日も早く、ビタミンやミネラル・食物繊維をたっぷり含んだ安全なオーガニック野菜を積極的に摂ることが、
とても大切なことをご理解いただけたと思います。


そして、その選び方も重要だということを・・・。

若い世代こそ栄養不足?!

実際の野菜の摂取量を見てみると・・・


成21年3月、厚生省(現厚生労働省)が策定した「21世紀における国民健康づくり運動:健康日本21」では、一日に350g以上の野菜を摂取することを目標としていますが、国民1人1日の平均的な野菜摂取量は295gほどしかありません(平成21年国民健康・栄養調査)。特に若い世代ほど野菜や果物の摂取量が少なく、サプリメントや栄養補助食品でビタミンや食物繊維を補給している人も多いようです。しかし、そのような補助食品では、食べ物が含有する多様な栄養素とその相互作用までを、体内にとり入れることはできません。農林水産省

topics2_img4 (資料:厚生労働省 「平成21年国民健康・栄養調査」)

食生活指針
年齢別の棒グラフから、年齢が高くなるほど野菜を摂る努力をしている事がうかがえますが、それでも1日の目標値350gには届かず、特に20代では目標値の7割にも達していません。

自分では野菜を積極的に摂っているように思っていても、意外と摂取できていないのが現状なのです。

農薬が大量に使われた土壌ではミネラルたっぷりの野菜は期待できない

fc03b1d61d4dfbaf8940bd2a4ab663dd_s
さらに、農薬など化学的な方法で手を加えられた土地で育った作物は、昔のように大地の活力に富んだ地味滋養溢れる食物には育ちません。化学物質漬けのやせた土地で育った汚染された作物には、人間の健康に必要不可欠なビタミン・ミネラル・食物繊維などの必要量を満たすことは期待できないのです。

たくさん野菜を食べていたとしても、せっかくのミネラルが吸収できない、むしろ有害物質の摂取をしている・・となると本末転倒。

つまり、量だけでなく栄養すら欠乏している可能性が高いということです。


どんなに見た目は新鮮で規格通りに形が整ったきれいな野菜でも、栄養の質や味が低下していたり、農薬や化学物質で汚染されていたり、
運搬調理加工の段階で保存性を高めるための化学的処理や防腐処理が行われているとしたら・・?


体に入った時に、悪い反応が起こるかもしれないことは予想できても、良い反応を起こすとは考えにくいと思わないでしょうか?

Gastric_intestinal_metaplasia
昔は野菜を普通に摂っていれば自然に補えていた微量栄養素が足りておらず、有害なものばかり食べていることが、
原因不明の病気や不定愁訴といった体の不調・うつをはじめとした精神的疾患の一因になっていてもおかしくはありません。

腸内フローラに、更に一役買っているのが、微生物による発酵食品

beaf77acdfbd45b76c4be95cbfea4863_s
IN YOU読者ならすでにご存知の方も多いかもしれませんが、念のため、おさらいを。

■腸内フローラを実現するために昔から私たちが取り入れてきたものに

乳酸菌があります。
野菜などの植物や空気中・土の中・人の腸などあらゆるところに存在し、ヨーグルト、味噌・醤油・漬物を作るときに活発に働きます。

■野菜や果物・穀物・空気中や土の中にいる酵母菌は、パン・味噌・醤油・ワイン・ビール等の様々な発酵食品を作りだします。

酢酸菌は、アルコールから酢を作ります。
米酢・りんご酢・ワインビネガー・バルサミコ酢・黒酢など様々なお酢を作ることができ、発酵過程でナタデココを作ることもできます。

納豆菌は、枯草や落ち葉に生息する枯草菌の一種で、稲わらにいるものを納豆菌と呼びます。
とても熱に強く、大豆のたんぱく質をアミノ酸=うま味に変え、ムチンという粘り成分を作りだします。

■そして、忘れてはならないのが日本の国菌・麹菌です。加熱した穀物に繁殖するカビの一種です。
でんぷんを糖化してぶどう糖に、たんぱく質をアミノ酸に変えて、甘みやうま味を増やし、味噌・醤油・日本酒・甘酒・塩麹・醤油麹など、日本の食文化にはなくてはならない存在です。

微生物の働きによる発酵のパワーとは

2f9c384f0b14c8e9cee239a47cba8c39_s

発酵食品のパワーはどんなところにあるのでしょう。


1、食べ物を美味しくする(でんぷん→ぶどう糖=甘み・タンパク質→アミノ酸=うま味)

2、栄養を高める(大豆が納豆になることで、ビタミンKや葉酸が増えたり、ムチンやビタミンK2など新たな栄養素を作りだす)

3、免疫力を維持、サポート(体に良い微生物を入れることで、悪い微生物をやっけるる手助けやバリアを張ってくれる)

4、体の代謝を維持、サポート(酵素を持った微生物を摂ることで、体内にある酵素にプラスしてエネルギーを作りだす力が強くなる)

5、食べ物の保存性を高める(発酵食品についている微生物が、その食べ物を自分たちの住みやすい環境に変えてしまうことで、他の雑菌を寄せ付けなくしてしまう)


こんな良いこと尽くめの麹菌のパワーを借りない手はありません。

この上でオススメな食材としてピックアップしたいものがあります。

それは、

モリンガ

です。

1101170134_59f97f5ecc955
奇跡の植物といわれ、南国フィリピンのミネラル豊富な土壌で、 強い陽射しを浴びて農薬や化学肥料などを使わずに すくすく育ったモリンガ。
その栄養価は地球上の植物の中でも一番と言われ、90種類以上とも言われる栄養成分をバランスよく含んでいます。

インド伝統医学のアーユルヴェーダでは、薬にかわる万能な食材として親しまれてきました。まさに奇跡の植物です。
栄養バランスにも優れ、現代人に不足しがちなビタミン、ミネラルをはじめ、ポリフェノール、GABAも含まれています。
また、杉の木の50倍ともいわれるCO2の吸収力を持っていて、 地球環境にも良い植物です。


奇跡の植物といわれるスーパーフードモリンガ麹菌の発酵の力で腸内環境を整えるドレッシングをご紹介します。


モリンガ麹ドレッシングの作り方


<材料>

無農薬モリンガパウダー・・・小さじ1
有機塩麹・・・100g
無農薬自然栽培玄米甘酒・・・80g
有機純米酢・・・40g
無農薬菜種油・・・110g

<作り方>
全ての材料をフードプロセッサーに入れて、乳化させます。

米麹の粒が気にならない方は、保存容器に入れてよく振り混ぜるだけでもよいです。


■無農薬塩麹の作り方


<材料>

無農薬米麹100g+天日塩30g+水150g


<作り方>
★ヨーグルトメーカーがある場合は、材料を合わせてよく混ぜ、タイマーを52度・5時間でセットします。

☆ヨーグルトメーカーがない場合は、煮沸消毒をした瓶に材料を入れてよく混ぜ、キッチンの窓際などに置いておきます。1日1回かき混ぜる。夏場は1週間程度でできます。

■無農薬甘酒の作り方


<材料>

無農薬米麹250g+無農薬玄米ごはん100g+水450g


<作り方>
★ヨーグルトメーカーがある場合は、
①ご飯を鍋に入れ水50㏄(分量外)を加え火にかけ、かき混ぜながらどろったしたお粥状態で火からおろし冷まします。
②ヨーグルトメーカーにお粥と無農薬米麹と水を加え、58度・8時間にタイマーをセットします。

☆ヨーグルトメーカーがない場合は、炊飯器を使って作ります。
①炊飯器にご飯を入れ、無農薬米麹を入れて混ぜ、水を60度位に温めて混ぜます。
②炊飯器の内釜に布巾をかぶせ、保温スイッチを入れ、60度以上に上がらないように炊飯器の蓋を少し開けた状態で調整しながら、常に55~60度をキープで8時間保温する。時々温度を測りながらかき混ぜると甘くなります。

野菜嫌いのお子さんには、食物繊維も一緒に摂れるモリンガパウダーを入り1口サイズの「さつまいもの茶巾しぼり」をおやつにいかがでしょうか!!


<材料>6個

有機さつまいも・・・100g
無農薬モリンガ・・・小さじ1/2
農薬不使用ヘンプシードナッツ・・・少々

甘みが足りない場合は、
無農薬はちみつ・・・適量


<作り方>
①さつまいもを輪切りにして、蒸し器で7~10分程蒸します。
②温かいうちに皮を取って、マッシャーで潰し、甘みが足りないなら無農薬はちみつを加え、半量にモリンガパウダーを混ぜます。


③ガーゼの布巾か破れにくいキッチンクロスを水で濡らしてよく搾り、中央に1口サイズ位になるように2種のさつまいもをのせて、布巾orキッチンクロスの口元をを絞って形を整え、器にのせて、農薬不使用ヘンプシードナッツをのせて完成です。



「モリンガ麹ドレッシング」や「さつまいもの茶巾しぼり」を試すなら、今すぐIN YOUMarketへ!

1101170129_59f97f594c97c
重金属土壌検査、水質検査をクリアーした農場で
有機栽培したモリンガ。このモリンガパウダーとモリンガタブレットは、フィリピン農務省認定からオーガニック認証を受けた化学肥料や農薬などを一切使用しない農法で作られています。もちろんポストハーベストなども行われていません。
とはいえ、細菌などいらない菌の殺菌はとても重要です。
このモリンガパウダーとモリンガタブレットは安全面を考えて日本で殺菌し、粉砕しています。
日本国内高度な技術によって加工されていて、いい菌まで殺さないように殺菌されているから、 安心して取り入れられます。
モリンガの育った環境は理想的で、その植物の生育に一番適した環境や製法だから、 最高の品質なのです。
モリンガの安全性試験・急性経口毒性試験=LD50テストを受験実施済みで、日本国内でモリンガの安全性が証明されています


オススメの記事

ありそうでなかった!使い方に困る奇跡の植物モリンガを徹底的に使い回す6つの方法・アレンジレシピ完全版。忙しくてもびっくりするほど簡単に栄養補給できる!

計り・ボウル不要!必要なのは計量スプーンとマグカップだけ!「奇跡の木」モリンガを使ったズボラさんでも簡単に作れるマグカップケーキの作り方

ヴィーガンなのとろーり濃厚!クリーミーなデトックススイーツ『くちどけモリンガ葛プリン』の作り方 



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

小西 尚子
調理師。食育インストラクター。 誰でも簡単に作れる心身にやさしい料理研究家。 社団法人ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士。 祖母の作る味噌・甘酒・漬物といった発酵食で育ち、子供の頃から 料理好き。7年程前からびわ湖畔で暮らすようになり、本当に私た ちの心身に必要なものは何なのか?という自問から、50代半ばにし て一念発起、正食協会マクロビオティックを学び、師範科を卒業。 飲食店にて、マクロビや発酵食のメニュー開発・調理を担当。ジェ イアール京都伊勢丹にて天然調味料を使った簡単・おいしい・ヘル シー料理教室やジェイアール京都伊勢丹・ヤマカ醤油と共に日本の 調味料<A/F>シリーズの商品企画にもたずさわる。 全てにおいて大切なのは、バランス感覚。こだわり・囚われ・偏り すぎない事。 元フリーアナウンサ-。趣味は陶芸。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スーパーの野菜コーナー_2008_(2785121488) スーパーの市販野菜を普通に食べていたら健康になれない!?なぜ最近…
  2. pregnant-1246237_960_720 妊婦だからこそできる貴重な体験を楽みませんか?お腹の赤ちゃんと会…
  3. 消費者ニーズに応えた結果、農薬を長期間大量に使用せざるを得なくな…
  4. IMG_5234 ひな祭りやパーティーのデザートに。白砂糖、動物性食材不使用!苺と…
  5. IMGP9128 古来からの自然の万能薬「ドクダミ茶」づくりは、薬効の高い6~7月…
  6. 完成2 ほんとに簡単!ミネラル麺レシピ、海苔と大葉のジェノベーゼそうめん…
  7. FullSizeRender-1 これ1つあれば全てが美味しくなる!人参をまるごと2本使ったキャロ…
  8. stomach-2437890_960_720 痩せ体型=綺麗?若者に悪影響を及ぼす日本のファッション業界に物申…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • ZuYu
  • yuriesasaki
  • 前之園知子
  • 福原真一郎
  • amikuwamura
  • 煙山 昭子
  • 松橋佳奈子
  • yokosato
  • 池田 歩
  • 中村 りえ
  • 霜崎 ひろみ
  • Kawasaki Mariko
  • hata ikue
  • Akitsu Kitahara
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • 永樂茶百合
  • ayukotaniguchi
  • 井村 政子
  • 柳千妃路
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 滝野 清
  • みずしま さちの
  • mamiko
  • 加藤 晴之
  • 古村優里
  • MARIE
  • 柳原 里実
  • YoshiAraki
  • 清岡 美音
  • ゆみえこば
  • AYANO
  • Kayo
  • 加藤 貴大
  • 小西 尚子
  • 山﨑 拓
  • UharaRisa
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 山口 りりこ
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • Ayako Endo
  • 豊池 晃
  • 大矢 純子
  • arikawatoshiko
  • 深井ゆきえ
  • keiko nakagawara
  • 袴田 はるか
  • AKIKO MIYAKAWA
  • joko
  • yumi
  • 鈴木 こなみ
  • jyuan
  • 栞
  • 小泉 沙耶
  • Mao
  • LEONA
  • みふすや
  • 神戸 貴子
  • InayoshiKyoko
  • 坂田 まこと
  • 佐藤いづみ
  • 関塚 祥子
  • 佐々木 里奈
  • kana akiyama
  • akemi
  • 野上 きよ
  • kanekoyuka
  • ami iwasaki
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • 石井ゆかり
  • 桜桃
  • 高波 紗希
  • Ninomiya Koji
  • Nomura Yoshimi
  • 阿南 まどか
  • 三浦 郁惠
  • Nanas
  • nana
  • 高根 佳子
  • yoko
  • 平野浩靖
  • 水鳥川崇春
  • 瀧島 有
  • yoshimike
  • 山片彩乃
  • ELINA HARMONY
  • suzuki ayuko
  • 岡田ゆみ
  • oyue
  • 藤本まりん
  • NORIKO
  •  肖瑶
  • 池田 純一
  • ayumifukuda
  • 齊藤幸恵
  • 日向葵
  • Jurio Miki
  • 細川 夏実
  • 原田 美穂

カテゴリー

PAGE TOP