メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

現代人の不調に。日本人にぴったりの知られざる最強デトックスレシピ「小豆かぼちゃ」の作り方

    TakiAki
    三重県鈴鹿市在住。 アパレル業界にて12年勤務後、マクロビオティックと出会い、本格的に学び薬に頼らず身体の内外に働きかけるナチュラルケアを提案しています。 happyをつむぐ料理教室「amiusa」の出店に向けて活動中。 さとう式リンパケア、薬膳コーディネーター、国際薬膳食育師の資格保有。

    最強のマクロビオティックレシピ「小豆かぼちゃ」をご存知ですか?

    マクロビオティックに親しい方ならあずきかぼちゃはご存知かと思われます。
    一般的に小豆はあんこや和菓子に使われる存在、という認識ですよね。
    食事で食べるなら赤飯くらいでしょうか。

    hinamatsuri-1235341_640
    マクロビオティックでは小豆を食養として食べたり、食箋・お手当として用いられます。
    この場合、もちろんお砂糖は使用せず、小豆とかぼちゃを天然塩だけで炊き上げるものです。

    アジア諸国以外あまり食べられることのない小豆ですが、昔から日本人は好んで食べていました。
    今、小豆をおすすめしたい理由をお伝えしていきます。

    小豆に秘められるパワー

    小豆は昔から、邪気払いやお祭りごとに使われてきました。

    原産国の中国では古くから特徴的な赤い色が、太陽・生命を象徴し、魔除けなどの力もあると信じられてきました。
    日本でもお赤飯をお祝いごとで食べたり、厄払いに用いたりするのはこう言った理由からでしょう。

    古くから小豆は親しまれ、特別な日は小豆を炊く。
    洋菓子がない時代、砂糖と小豆を炊いたものはとてもおいしく、贅沢な食べ物だったのではないでしょうか。

    red-beans-587592_640
    昔から食べられているものには必ず理由があると考えます。

    小豆の小さな粒に詰まっているパワーを順に挙げていきます。

    小豆のすごいパワー

    脂質・糖質を分解するビタミンB1・B2が豊富

    玄米に匹敵するほどのビタミンB1が含有されており、炭水化物や糖質の代謝を助けます。
    糖質が蓄積されることを防ぎ、疲労回復や倦怠感、筋肉痛の改善に効果が期待できます。

    ビタミンB2は炭水化物・タンパク質・脂質を分解。
    肌・髪の毛・爪・粘膜を強化します。
    このB1・B2がセットになることでより分解力が高まり、糖質・脂肪の代謝をよくします。

    また、脳や神経系にも働き、精神の安定にもつながります。

    血流の循環を促すサポニンを含む

    ファイトケミカルの一種、サポニン。
    あずきを茹でると発生する泡がサポニンです。
    マクロビオティックではアク取りをほぼしないですが、この泡も取り除きません。

    red-beans-585489_640
    サポニンには血糖値を下げ、コレステロールを抑える、正常値に調整する効果があります。
    血液促進作用があり、悪玉コレステロール値を下げ、血液中の過酸化物質を血管内に付着しない働きがあることから、生活習慣病を防ぎます。

    また、血管を広げ血流をスムーズにし血液改善効果があり、毛細血管も拡張するので冷え性にも効果が見られます。
    カリウムも豊富でサポニンとの相乗効果によって水分代謝を高める働きもあります。
    摂りすぎた塩分を排泄し利尿効果・むくみの改善を図れます。

    カリウムは血圧の低下、梗塞の予防、骨蜜度の増加に関わると言われています。

    食物繊維が豊富

    小豆は腸内環境の改善に欠かせない、食物繊維も兼ね備えています。
    食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維と二種類あり、どちらかに偏っても便秘は改善されません。

    小豆には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方をバランスよく含まれています。
    老廃物を排出する働きがあり、便秘の改善だけではなく、大腸がんの予防、動脈硬化の予防も期待でき、デトックス効果がとても高い食材です。

    マクロビオティック小豆かぼちゃのかぼちゃも水溶性食物繊維を含みますので、便秘対策や腸内環境を整えたい方にはおすすめです。

    o-WOMAN-DOING-YOGA-facebook

    抗酸化力の高いポリフェノールを含む

    赤ワインよりも多く豆類の中でもトップの含有量のポリフェノール。
    強力な抗酸化物質の効果で活性酸素を除去し、体の酸化を防ぎます。

    また、抗菌作用もあり免疫機能を高め、ウイルスや細菌から身を守る役目も果たします。

    小豆の赤い色はポリフェノールの色で、メラニン色素の生成を抑制し血行を促します。
    肌のシミ・しわを抑える効果や、肌の油分コントロールなどにも働きかけるので、まるで食べる美容液のようですね。

    ミネラルが豊富

    新しい細胞を作ったり、健康な体には欠かせないミネラル。
    このミネラルが不足すると老化が進むと言われています。

    小豆にはミネラルも多く含み、骨や歯の強化、貧血予防、便秘改善などにも効果が期待できます。

    マクロビオティックの食箋、小豆かぼちゃの効能

    小豆とかぼちゃを天然塩だけで煮る小豆かぼちゃですが、お塩だけとは思えないほど甘みもあり、おやつ代わりにもなります。
    腎臓の形に似た小豆は、腎臓の働きを高め、血液の浄化、利尿作用を促しむくみを改善。

    腎臓はホルモン系・泌尿生殖器系、免疫系とも密接な関わりがあるため、婦人科系のトラブルや膀胱炎、糖尿病予防にも効果があります。
    解毒の働きをする腎臓は体内の水分調整や肌・髪の毛・耳・脳・骨や歯、生理機能にも影響が出てきます。

    加齢で腎機能が弱ってくると、老化が進むように、腎臓機能を高めるということはアンチエイジングにも効果的と言うことにつながります。
    腎機能が弱る理由は加齢だけでなく、コーヒーや精製砂糖の含まれるもの、果物など陰性食品の摂りすぎが原因と考えられます。
    ホルモン系のトラブルは牛乳・乳製品・卵の摂りすぎなど動物性食品に加え、甘いものの食べ過ぎが原因と言えます。

    coffee-1587078_640
    腎臓病、糖尿病を患っている方は一日に小鉢で一杯ほど摂ると、血糖値を抑える、解毒作用など効果が期待できます。
    また、小豆は陽性の食材、かぼちゃは中庸なので血流改善とともに、体を温め冷え性にも効果的です。

    マクロビオティック小豆かぼちゃの作り方

    asuki2

    材料

    ・あずき  1cup
    ・かぼちゃ 150g
    ・天然塩  小さじ1弱
    ・昆布   5mm角 1~2枚
    ・水    3カップ

    作り方

    1.小豆は洗っておく。かぼちゃは2センチ角に切っておく。
    2.小豆と昆布、水を鍋に入れ強火にかける。(蓋はしない)
    3.沸騰したら中弱火にする。
    4.水分がなくなってきたら、分量外の水を足す。3回ほど繰り返す。

    asuki1
    (この写真のように焦げない程度で水分を吸わせたら、差し水をする。)

    5.小豆を箸でつまんで柔らかくなったら、塩を入れかぼちゃを入れ強火。(水がなければかぼちゃが煮えるくらいの水を足す)
    6.かぼちゃが煮えたら完成。

    ※かぼちゃがない時期は昆布だけでもよい。
    小豆は浸水せずにそのまま使えます。早く煮たい方は浸水も可。小豆は浸水も使って大丈夫です。
    冷え性がきつい方や陰性に偏っている方はかぼちゃを入れずに小豆昆布にするとよいです。
    冷蔵庫で3日ほど日持ちします。

    小豆かぼちゃでデトックスしよう

    小豆かぼちゃは解毒作用がとても強いので定期的に摂られることをおすすめします。
    特に女性は月のサイクルに大きく影響するので、月のサイクルに合わせたデトックスが効果的です。

    a-total-solar-eclipse-1113799_640
    満月・新月の日には浄化やデトックスをすると良いと知られていますがファスティングしなくとも「小豆かぼちゃ」を使えば空腹感を感じずに気軽にトライできます。

    体内の浄化とホルモン系も整え、余分なものをリセットする働きがあるので、浄化アイテムの一つとして加えてみては。

    しっかりとデトックスされたい方は食事の代わりにされても良いですが、食事を軽めにして副菜の一品として小豆かぼちゃを食べることでデトックスと体のケアをすることができます。咀嚼はしっかりするように意識してくださいね。

    ちょうど旬のかぼちゃとともに、夏に溜め込んだ余分な水分や、滞る気、クーラーや冷たい飲み物・食べ物で冷やされた内臓など、この小豆かぼちゃを使って体内の一掃を図ってみてはいかがでしょうか?

    最後に

    太古から薬として用いられてきた小豆を活用して老廃物デトックスしてみよう

    71492377_624
    前回の葛を使ったデトックス方法に引き続き、日本に古くからある食材を使ったデトックス法をご紹介しました。
    小豆も太古から薬として使われてきた歴史があります。

    葛を使ったデトックス方法の記事はこちら。
    体の老廃物を排出しよう!日本の万能食「本葛」を使った新しいデトックス方法、「葛デトックス」のやり方。

    それほど効能が高い小豆ですが、小豆かぼちゃの他に市販されているあずき茶を飲むのも効果的ですし、あずき水は韓国でも人気のダイエット法だそうです。

    白い砂糖が含まれている小豆には上記で挙げた効能は得られませんので、小豆を食べている、という安心はしないでくださいね。
    ぜひ天然の塩とかぼちゃだけで炊いた小豆かぼちゃを食べてみてください。
    秋口は特にほくほくとしたおいしさがきっと得られるはずです。

    効果や効能は大事だけれど、まずおいしいを大切にしてみてください。体がよろこぶか、そうでないか。
    必要なものは体もこころも喜ぶはずです。みなさまの大切な人に届きますように。

    あなたにおすすめ「デトックスのレシピ」

    これ一つでOK。日本が誇るスーパー調味料、梅酢でつくる最強の『デトックスウォーター』の作り方。

    あらゆる不調時に飲みたい万能スープ!手作り常備薬&飲む点滴「玄米スープ」の作り方。

    あらゆる慢性病に効くといわれた凄い薬効がつまった「びわの葉」のチカラとは?

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      TakiAki
      三重県鈴鹿市在住。 アパレル業界にて12年勤務後、マクロビオティックと出会い、本格的に学び薬に頼らず身体の内外に働きかけるナチュラルケアを提案しています。 happyをつむぐ料理教室「amiusa」の出店に向けて活動中。 さとう式リンパケア、薬膳コーディネーター、国際薬膳食育師の資格保有。
      ページ上部へ