メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

ぜんぶ簡単!ノーワックス・無農薬レモン大量消費。レモン使い回し・活用レシピ10選!

    東京生まれ 牡牛座。 音楽・ファッション誌のライターとして経験を積む。 家族の介護、自分自身の食餌療法、日常生活を通じて、人間はこころとからだと命でできていることを知る。 現在は「cafeアルカディア」にて、お昼ごはん業を営む。

    さわやかさの象徴といえば、レモン。

    ほとばしる汗、真夏の太陽をあびながら、テニスコートでレモンまるかじり… 。
    昭和生まれのかたは、そんな映像がうかぶのではないでしょうか。

    ところが、この “レモンまるかじり” 。
    日本で、安心してできるのは、5月ごろまでなのです。

    国産レモンの旬は、冬から春にかけて

    表皮に強力な防腐剤(ワックス)をかけていない無農薬の国産レモンを、お手頃価格で購入できるのは、11月~5月ごろまでです。(品種や産地により多少の差異はございますが。)

    さわやかな酸味のレモンは、夏こそ重宝するイメージがありますが、おなじ柑橘類である日本のみかんの旬をかんがえれば、納得がいきます。
    かなしいかな、真夏にスーパーにならぶのは、収穫から数ヶ月たっても枯れない輸入レモンが主流になります。

    収穫前の農薬、化学肥料だけでなく、収穫後にも防腐剤、防カビ剤、へたの部分を新鮮な緑色にたもつ薬品が使われています。
    「よく洗う」だけでは、残留農薬が心配ですし、皮をむいても、果肉への農薬浸透は完璧にいなめないそうです。

    今回は、夏本番にむけて、いまストックしたい。
    ノーワックス、無農薬レモンの活用法をご紹介いたします。

    レモン

    まるかじりは大正解 “レモンの効能”

    マクロビオティックでは、酸味のある食べものは、血液を浄化して肝臓、腎臓を強化し、よぶんな水分や老廃物の排出、解毒をうながしてくれるといいます。

    「極陽」「極陰」にかたむきがちな、お肉やお魚料理、揚げものをとるとき、わたしたちがレモンをもとめるのは、とても理にかなった欲望でした。

    そして、マクロビオティック「一物全体」の考えかたとおり、やはり、レモンもまるごとひとつに、ありがたい効能があります。
    レモンの果肉、種、皮と果肉のあいだの白い部分、そして、皮すべてが栄養の宝庫なのです。

    レモンの果肉には、ビタミンB、ビタミンE、葉酸、マグネシウムなどさまざまな栄養がありますが、なかでも、すっぱさのもとである、ビタミンCとクエン酸が豊富です。

    ビタミンCは、解毒効果のほか、メラニン色素を抑制して、コラーゲンの生成をうながす美白、美肌効果があります。
    ビタミンCは、有酸素運動や紫外線、ストレス、パソコンやスマートフォンの使用でも消費されるので、ぜひ、毎日摂りたい栄養です。

    そして、クエン酸は、ミネラルの吸収をたすけ、疲労回復、新陳代謝を活発にする働きがあります。そのため、冷えや低体温の改善、夏ばて、ダイエットにも役立ちます。

    皮と果実のあいだの白い部分、そして種は、ペクチンがほうふです。
    ペクチンとは、植物繊維の一種で、腸の蠕動運動を促進してくれます。また、乳酸菌を増殖させ、腸内環境をととのえてくれます。
    血糖値の安定やコレステロール値の低下にも効果があるのだそう。

    そして、皮です。
    皮には、強力な抗酸化作用をもつポリフェノールの一種、エリオシトリンが豊富です。
    こちらは、脂質の酸化を防ぎ、がん、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的です。

    また、血管内、肝臓、腎臓で過酸化脂質の生成を抑制して、肥満、糖尿病の合併症、老化にともなう諸症状を予防してくれます。

    今回は、すばらしいレモンの効能をまるごといただくための、むかしながらの保存法、活用法をご紹介いたします。

    いろいろレモン

    夏にむけて元気をストック!
    ノーワックス、無農薬レモン 使い回し活用レシピ


    レモンのオリーブオイル漬けの作り方


    材料

    無農薬 レモン 2個
    エクストラバージンオリーブオイル 適宜(250ml~)


    つくりかた

    1 レモンをスライスして、煮沸消毒した清潔な瓶にいれて、かぶるくらいのオリーブオイルをそそげば、できあがり。翌日からつかえます。

    炒めもの、ドレッシング、マリネ、パスタなど、レモン風味ゆたかなオリーブオイルとして、活用できます。

    ドレッシングにつかうときは、1ミリ弱の、とてもうすいスライスが、果実、皮ごといただけるので、おすすめです。

    また、香ばしく、焼き色をつけて使用する場合は、3~5ミリのあつめが使いやすいので、さまざまなかたち、あつさを混合して漬けると便利です。

    冷蔵庫で2~3ヶ月保存できます。


    トマトとミントのサラダ

    トマトとミントサラダ


    お皿にもりつけたトマト、ミント、紫玉葱にレモンオイルと果肉、バルサミコ酢、海塩をふりかけました。
    こちらでは、お野菜といっしょにむしゃむしゃいただける、うすぎりストックをつかいました。

    サーモンマリネ

    サーモンのマリネ


    サーモンに塩をして、ディル、ケイパー、黒胡椒、輪切りにして漬けたレモンとオリーブオイルをかけました。
    こちらは、3ミリほどのあつさです。

    種からもおいしいエキスがでるので、種ごとつかいましょう。

    おとうふマリネ

    おとうふマリネ


    こちらは、オーブンまたは、フライパンで、唐辛子とともに焼き色をつけたレモンの果実をつかいました。
    水切りをした木綿豆腐を手でちぎり器にいれて、しっかり塩をしてから、レモンオイルをたっぷりかけます。

    冷蔵庫で、ふた晩、ねかせます。
    レモンに焼き色をつけることで、全体が味わいふかく、レモンもおいしくいただけます。
    おとうふなのに、チーズのようなコクと酸味がたのしめます。
    ワインに、よくあいます。

    塩レモン

    塩レモン


    材料

    無農薬レモン2個
    自然塩 適宜(目安はレモンのおもさ30%ほど)


    つくりかた

    1 レモンをスライスして、煮沸消毒した清潔な瓶に、レモンと塩を交互にかさねて、さいごに塩でレモンをうずめます。

    2 一週間ほど直射日光をさけて、常温で保存します。きちんとふたをして、瓶の天地を毎日かえします。

    3 その後、冷蔵保存をして、1カ月ほどからつかえます。

    こちらも、いろいろなおおきさにレモンをカットすると、使いがってがよいです。スライス、くし切り、みじん切りなど、瓶ごとに切りかたをかえると便利です。

    種からもおいしいエキスがでるので、種ごと塩づけします。
    1年以上成熟させると、レモンの皮が、ゆびでほぐせるくらい、ねっとりした質感になります。

    炒めても、焼いても、和えものでも、塩とおなじ要領で使います。
    お肉やお魚のグリルにも最高。
    脂なじみがよく、みずみずしいレモンのかおりがすばらしいです。

    タルチーヌ

    初夏のタルチーヌ


    トーストしたパンに、おとうふマヨ、スライスしたきゅうり、ゆでた空豆、みじん切りにした塩レモン、くるみとミントの葉をあしらえばできあがり。

    かぶ檸檬マヨ

    かぶサラダ


    かぶを5ミリほどのスライスにして、すりおろしニンニクをまぜた、おとうふマヨをのっけます。

    みじん切りにした塩レモン、黒胡椒をあしらいます。

    芽キャベツレモン

    芽キャベツ レモン

    芽キャベツの芯に十字の切りくちをいれて、1分~2分ゆでます。

    芽キャベツがあつあつのうちに、
    無農薬ココナッツオイル、みじん切りにした塩レモンで和えます。

    季節の温野菜でどうぞ。

    自家製レモンソーダ

    レモンはちみつ漬け


    材料

    無農薬レモン2個
    無農薬はちみつ 適宜(250ml~)


    つくりかた

    1 レモンをスライスして、煮沸消毒した清潔な瓶にいれて、かぶるくらいのはちみつをそそげば、できあがり。

    冷蔵庫で、2~3ヶ月保存できます。
    うすくスライスすると、レモンも皮ごと食べられます。

    紅茶や無糖の炭酸水、カクテル、自家製のアイスクリームやスムージーに、しぼりたてのレモンのかおりがひろがります。

    ミキサーやブレンダーで撹拌すれば、栄養吸収もさらによくなります。

    レモンマーマレード

    レモンのマーマレード


    材料

    無農薬レモン 2個
    きびさとう 適宜(目安はレモンの重さの60%以上)
    自然塩 ひとつまみ


    つくりかた

    1 写真のように、レモンを皮と果実にわけます。

    2  皮を2~3ミリのせん切りにして、水からゆでます。煮沸後5分ほどしたらざるにあげます。

    3 鍋に2の皮、包丁でうす皮からそぎとった果実、きびさとう、塩ひとつまみをいれて、弱火で15分、あくをとりながら、甘さをみながら、こがさないように弱火で煮込みます。
    (種をとりのぞいても、種ごと煮て、あとからスプーンでとりのぞいても、おいしいです。)

    4 煮沸消毒した瓶に保存してできあがり。

    さわやかなにがみが、くせになるおとなのジャムです。
    できあがりが、さらさらしていても、冷蔵庫で冷やすとゼリー状になります。
    はちみつ、黒糖、てんさい糖など、お好きな甘みでおためしください。

    生姜、シナモン、リキュールなどをくわえて、さらにおとなのアレンジもたのしめます。

    ノーワックスレモン活用術
    ノーワックス、無農薬のレモンは、かたち、おおきさ、表情が、それぞれちがって、かわいらしい。
    表面がごつごつでも、ざらざらでも、皮があつめでもだいじょうぶ。
    いえいえ、それどころか、皮こそがおいしい、むかしながらのストック法でした。

    お料理に、お菓子に、おのみものに。
    ひとつ、つくると、じぶんの生活スタイルにあった、おいしいアイディアがうかんでくるから不思議です。
    自然のめぐみと、先人の知恵に感謝です。

    これから、暑くなります。
    どうぞ、おからだをたいせつに、お過ごしください。


    美味しい無農薬レモンと、一緒に食べたい「天然塩」 By IN YOUMarket

    0511125722_5af514a23c223 6月初旬で一旦終わり!皮まで食べられる奇跡のレモン!完全無農薬の安心レモンとそこから生まれたレモンジャム今すぐここをクリック!

    国内全体のレモン流通量の0.1%以下、大変希少なレモン
    神奈川県小田原の海の見える農園で、菅原さんが想像を絶する自然の厳しさと向き合いながら
    太陽と潮風をたっぷり浴びて育ったレモン。 愛情もたっぷりと注がれています。
    農薬・化学肥料・キャリーオーバーリスクがある動物性堆肥・除草剤・防腐剤は一切使用されていません。
    放射能検査も行なわれ、結果が公表されています。
    皮・種・綿まで、丸ごと安心してお召し上がり頂けます。
    果汁を料理に振りかけて使用するだけでなく、皮ごとぜひ!
    スムージーやデトックスウォーター、酵母・酵素液作りにも良いですね。
    丸ごと安心して頂ける醍醐味を、ぜひお楽しみ下さい。


    1124163907_5a17cc9ba1004 一振りするだけで料理のランクが劇的にアップする!伝統的な製法で作られたこだわりのフランス産オーガニックハーブソルト 世界的に環境保護されているクリーンなフランス・カマルグ地方の塩田で、
    伝統的な手法で海水を蒸発させて、手作業で採取された天然海塩です。

    甘み・苦み・旨味が深い極上の塩に、 フランスのキッチンで常用されるハーブをミックスしました。
    化学添加物は一切使用されていません。 汚染検査・残留農薬の検査も行われており、 こちらもエコサートと有機JAS認定を受けています。
    普段の料理がワンランクどころかスリーランクくらいアップする、このおいしいハーブソルトを試してみて。


    この記事を読んだ人におすすめしたいほかの記事
    混ぜるだけ!焼くまで2分でできる簡単グルテンフリー&ヴィーガンのチョコレートケーキ(動画あり)

    その皮、捨てないで。「玉ねぎの皮」茶は現代病を防ぐ最強な万能薬だった!

    【春野菜を食べよう】仕上がりが全然違う!今さら聞けない『おひたし』の基本&アスパラで絶品おひたし。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      東京生まれ 牡牛座。 音楽・ファッション誌のライターとして経験を積む。 家族の介護、自分自身の食餌療法、日常生活を通じて、人間はこころとからだと命でできていることを知る。 現在は「cafeアルカディア」にて、お昼ごはん業を営む。
      ページ上部へ