メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

罪悪感なし!体の陰陽のバランスを整える養生夜食レシピの作り方。体重が気になる人も授乳中のママも安心!

    maejima kanako
    東京生まれ東京育ち、 保育園栄養士経験14年。 オーガニック料理ソムリエ。 シッター経験も含め500人以上の子ども達の (食物アレルギー相談、偏食・好き嫌い・障害児の食事のサポートをする) 食事は身体や心の形成にもっとも大切であるというポリシーをもとに ママや妊婦さんや、子ども の食事・栄養・子育てをもっと楽しくしたい人の手助けをしています。子どもの持っている生きる力は無限大、その力をもっと引き出してあげて、本能を伸ばしていけるコツが食と子どもとの関わり方にあると考えています。 小さい時、重度のアレルギー・アトピーの体質で産まれてきました。中学生になるころにはアトピーも治り、アレルギーも完治。自分の免疫で治していきました。今では何でも食べられますが、添加物・農薬には敏感で・身体の反応はすぐにでます。この経験からも、子どもを育てているママや、これから子育てしていく女性に大切なことを伝えていきたいと思っています。

    あなたは当てはまりますか?


    dinner-2065408__480
    日中にストレスを受け仕事をして、夜遅くに帰宅したとき。
    夜中も授乳で起きたり、寝たりで生活のバランスが崩れているママ。
    学校でも勉強し、夜遅くまでテスト・受験勉強をしている学生。
    無理なダイエットをしている方で、夜中お腹がすいて寝れない人。



    東洋医学では、私たちの生活する空間では陰陽のバランスで成り立つという考えがあります。このバランスが崩れたときに、身体は心に不調が出てきます。


    陰・・・
    暗い、重い、冷たい、下降、内向などがイメージです。
    陽・・・
    明るい、軽い、温かい、上昇、外向などがイメージです。
    では、今回は昼と夜、昼は陽に属し、夜は陰に属します。

    despair-513530__480


    夜食の時間は、昼(陽)から夜(陰)へ変わる時間。体も心も、活発な昼モードから、静かな夜モードへ上手に移行させてあげることが大切で、次の日に疲れを残さなくすることが大切なのです。
      


    せっかく夜食を食べるなら、季節の特性や食材の効能から選んで体調を整える時間にしてみてはいかがですか?


    rain-791893__480


    梅雨時期を迎える前に
    春は寒い冬が終わって色々と体調が崩れやすくなる季節の変わり目です。
    体調不良を未然に防いで、楽しい春を過ごし身体を中から整えて、夏を迎えましょう!!




    東洋医学では【春】は『陽気』が増える季節と言います。


    この陽気は私たち人の身体にはどのような影響をもたらすのでしょうか?


    flowers-722095__480


    『陽気』とは身体の気の巡りを活発化させます。


    ですが、この気の流れがうまくいかず体の中に留まってしますと不調が起こるのです。
    そして、その不調の影響を一番受けやすのが五臓の肝、【肝臓】なのです。



    春は肝臓を労り風邪(ふうじゃ)を予防することが大事!!



    春の季節は肝臓と関係が深く、肝の気血の通りが悪くなると身体に様々な症状が起こります。
    肝の気血の通り(胆・筋・目・爪・感情の怒)にトラブルが起こりやすい
    肝臓は気の巡りをコントロールしてくれて、血を貯蔵し全身の血量を管理する大事な臓腑です。

    風邪(ふうじゃ)により上半身にトラブルが起こりやすい


    chinese-medicine-2178253__480

    『六淫』と呼ばれる6つの邪気


    今回は、特に前者である外的環境にスポットを当てて、東洋医学の考える風邪の原因について、分かり易くお伝えしたいと思います。
    まず人が風邪を引いたり体調を崩したりする外的な要因を、東洋医学では「邪(ジャ)」と呼びます。そして、邪には六種類あり、「風・火・暑・湿・燥・寒」となり、これらをまとめて「六淫(リクイン)」と呼びます。

    六淫は『風などの自然現象、湿気や乾燥、寒冷刺激などの温度変化』のことを指します。

    http://kinkiisen.ac.jp/staff-blog/treatment-topics/cold-oriental-medicine-3こちらを参考に


    ふうじゃとは六淫りくいん(風・火・暑・湿・燥・寒)の内の1つです。
    身体のわずかなす間から侵入し、身体の表面を覆います。
    病状の進展が早く、変化しやすいので他の邪気を引き連れて侵入して身体に悪さをします。

    woman-699004__480

    風邪(ふうじゃ)が身体に与える影響

    ・頭痛
    ・くしゃみや、のぼせ、火照り・鼻などに症状が出るカゼや花粉症(鼻水、目のかゆみ、くしゃみ)

    ●身体が悪化する前にそのトラブルに負けないように対抗している状況です。

    血の貯蔵に影響が出ると

    ・目の充血や疲れ、乾燥、かすみ目、暗がりで見えにくくなるなど。
    ・筋肉が痙攣、しびれ、震え、関節を曲げ伸ばしがしにくくなる。

    ●寒暖差が激しく、それが体に自律神経の乱れとなるトラブル症状が出てくる。

    girl-1166842_1280

    肝の気血の巡りが低下すると

    ・気持ちの面では、精神的にすぐイライラしたり、怒ったり、憂鬱やストレスなど。
    ・身体への影響は下痢と便秘の繰り返し、ガスが出るなどの症状が出てきます。

    ●新入社員の人がまず仕事を『辞めたくなる』時期、モヤモヤとやる気が出なくなる季節。

    girl-1721432__480
    ストレスや過労、ダイエットによる食生活の乱れ、不規則なライフスタル、加齢による代謝の悪化、脱水症状などあり、肝の気血の巡りが悪化すると体にだるさや火照り(ほてり)を感じるようになり、時間が経過するにつれ「水」が不足するため、1日のうちでも就寝時に火照りを感じる人が多いです。

    pot-883036__480
    お鍋の中に水を入れて沸騰させたとき、少ないとすぐに沸き、蒸気が一気に上がりますよね?

    身体の中でも同じことが起こっている状況です。

    こういった症状が出る前に身体を中から整えましょう。

    夜食で気を付けること。それは消化時間がかからないものを選ぶことです。


    内滞留時間

    20分~30分・・・・・果物

    果物は、消化にほとんど時間がかからず、果物自体に食物酵素が豊富に含まれているので、人間のもつ体内酵素も無駄使いしない食べ物。

    1時間~2時間・・・・・・野菜

    野菜も、消化にあまり時間がかからず、食物酵素を豊富に含んでいます。

    2時間~4時間・・・・・炭水化物

    炭水化物(米、パン、パスタ、麺類、調理済みのイモ類)の消化には、時間がかかります。でんぷん質を分解するための酵素が必要になります。

    4時間~6時間・・・・タンパク質

    タンパク質(肉、魚、卵、乳製品、木の実、種子類)の消化には、最も時間を要します。タンパク質を分解するための酵素が必要です。
    http://ogurikinshi.com/column/?p=1390こちらを参考に

    fruit-1987195__480
    果物は消化する時間が短いですが、夜中に食べるものは身体を温めた方がゆっくりと睡眠が取れます。

    身体を温める果物・・・


    •りんご
    •ぶどう(乾燥でも〇)
    •いちじく(乾燥でも〇)
    •あんず(乾燥でも〇)
    •プルーン(乾燥でも〇)
    •さくらんぼ
    •オレンジ

    りんごは、コレステロールの吸収をおさえるはたらきや整腸作用があります。

    ぶどうには、眼精疲労をやわらげるはたらきもあります。
    巨峰のような皮の黒いぶどうならアントシアニンによる抗酸化作用も期待できますね。

    オレンジは、体を冷やすイメージがあるかもしれません。
    しかし、血行をよくし、体を温めて汗を出すことで風邪などの熱を下げる効果もあります。

    基本的に、果物は南国の果物は身体を冷やすので、あまり食べすぎないことをおススメします。

    次に消化しやすい野菜ですが、生ではなく必ず茹で・蒸したものが身体を温めるので良いです。

    beans-2140656__480

    この時期に身体に余分な水分を尿などで排泄する食べ物


    豆類(赤小豆、黒豆、大豆、そら豆、枝豆、グリーンピース、緑豆など)

    豆乳や豆乳ヨーグルト、豆乳パウダー

    とうもろこし

    はと麦、冬瓜など


    〇豆類は水毒の予防と解毒に最適ですが、甘く似た物は逆効果で、糖が水分を溜め込む作用があるので、甘く煮ない調理法がよいです。

    barley-2336205__480

    身体を温め、気を巡らせ汗などで湿を乾燥させる食べ物

    生姜、ネギ、紫蘇、三つ葉、みょうが、香菜、パセリなど

    〇食べ過ぎると、逆効果なので薬味程度に使うことをおススメします。

    potherb-992902__480
    香りにより、気を巡らせて余分な湿を散らす食べ物
    陳皮、みかん、オレンジ、きんかん、レモン、玉ねぎ、紫蘇、ミントなど。
    〇香りが強いものも食べすぎは注意です!!

    orange-15047__480

    身体に優しく、身体のバランスを整えてくれるオススメの夜食Recipe


    お豆と甘酒のスープ【一人分】

    豆(枝豆、ソラマメ、茹でた小豆、グリンピース、お好きなもの)20g

    玄米甘酒(なるべく水分が少ないもの)50cc

    豆乳パウダーを水で溶かしたもの 50cc

    水 (野菜を茹でた汁があれば良し)100cc

    海塩 少々


    soup-570922__480
    【作り方】

    豆はペーストにする。
    お鍋に水、甘酒。豆のペーストを入れて加熱。
    沸騰してきたら、豆乳パウダーを水で溶かしたものをを入れて、弱火で温める。(焦げやすいので注意)

    海塩を入れて味を調えて出来上がり。


    ★豆をペーストにすることで消化しやすく、甘みは自然な甘みで甘酒効果は腸内環境も整え、豆乳は身体を冷やしますが、飲みすぎず温めること回避できます。豆乳や大豆には幸せホルモンのセロトニンが含まれますので、リラックスして眠りに就けるでしょう。
    授乳中も安心!良質の母乳も作ってくれます!夜中お腹が空いたときにも食べられます。

    スープだけで物足りないときは・・・


    ハト麦と温野菜サラダ・玉ねぎドレッシング


    材料

    冷蔵庫にある無農薬野菜(にんじん・大根・小松菜など・・・)手のひらに乗るくらいの量。

    無農薬ハト麦 大さじ1

    【たまねぎドレッシング】

    無農薬玉ねぎ 1/2

    無農薬りんご 1/4

    有機しょうゆ 大さじ2

    玄米甘酒 大さじ1

    酢 大さじ1

    オーガニックオリーブオイル 大さじ1

    steam-1269716__480

    【作り方】

    野菜を蒸します。
    ハト麦は鍋で柔らかくなるまで茹でます。

    玉ねぎ、リンゴはすりおろして、水を鍋にひたひたにお入れて辛みがなくなるまで煮ます。
    オリーブオイル以外を入れて水分が半分になるまで煮詰める(弱火~中火)
    味を調え、火を消してオリーブオイルを入れます。

    蒸した野菜と茹で上がったハト麦を水分を切り、お皿に盛り付け、ドレッシングをかけて食べる。

    玉ねぎドレッシングは、作り置きできます。

    お好きな方は、みょうが・パセリ・三つ葉・パクチーなどを少量蒸した野菜と混ぜ合わせても良いです。
    お腹が空いているときにも、ハト麦を入れることでボリューム感も出て満足度も高いです!


    woman-2197947__480

    罪悪感なく、夜食で余分な水分を排出して、肝の気血の巡りを良くして、翌日に疲れを残さず、良い睡眠をとり夜中に身体の中も心も整えましょう!!


    beautiful-woman-1435546__480

    そして、ついでに腸内環境も整え美肌を作りましょう!


    IN YOUMarketでおすすめの便利な低糖質「豆乳パウダー」を買ってみよう!

    IMG_8501




    ご紹介するのは、北海道産の遺伝子組み換えの心配がない大豆を微粉末にした、
    無添加の丸ごと大豆粉。
    たんぱく質、ミネラル、食物繊維など、
    大豆の栄養が丸ごととれます。

    温度管理により大豆特有の青臭さを抑えているから、
    豆乳嫌いの方にこそ試していただきたい一品です。
    水に溶かせば豆乳状のドリンクに、
    小麦粉などの代用としてお菓子やお料理にも使える!
    小麦粉の代わりとしても使える優れもの。微粉末だから消化吸収にも優れた大豆粉です。

    お勧めの記事


    東洋医学から見た、薄毛の3つの原因と対処法。栄養不足、ホルモンバランス、それともシャンプー?

    あらゆる健康被害と精子減少・不妊も危惧される消臭スプレーの実態。春の不調にも効く、東洋医学的手作り消臭スプレーの作り方

    毎日の水分補給どうしてる?東洋医学・薬膳から見た体質別・体調別お茶選びの方法を教えます。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      maejima kanako
      東京生まれ東京育ち、 保育園栄養士経験14年。 オーガニック料理ソムリエ。 シッター経験も含め500人以上の子ども達の (食物アレルギー相談、偏食・好き嫌い・障害児の食事のサポートをする) 食事は身体や心の形成にもっとも大切であるというポリシーをもとに ママや妊婦さんや、子ども の食事・栄養・子育てをもっと楽しくしたい人の手助けをしています。子どもの持っている生きる力は無限大、その力をもっと引き出してあげて、本能を伸ばしていけるコツが食と子どもとの関わり方にあると考えています。 小さい時、重度のアレルギー・アトピーの体質で産まれてきました。中学生になるころにはアトピーも治り、アレルギーも完治。自分の免疫で治していきました。今では何でも食べられますが、添加物・農薬には敏感で・身体の反応はすぐにでます。この経験からも、子どもを育てているママや、これから子育てしていく女性に大切なことを伝えていきたいと思っています。
      ページ上部へ