メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

卵・乳製品不使用!タルト型要らず!マフィン型で簡単。水切り豆乳ヨーグルトで作る「ヨーグルトタルト」の作り方。

    ami kuwamura
    米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。

    IN YOU読者の皆様、こんにちは。
    米国NTI認定栄養コンサルタントの桑村です。

    市販のタルト、大好きだけど、どっしり重い・・・

    pie-1442276_640
    いちごタルト、ブルーベリータルト、フルーツタルト・・・
    さくさくのタルト生地に、濃厚なカスタードクリームやクレームダマンド、
    そして、ぎっしりとフルーツが敷き詰められたタルトは、私が大好きなケーキの一つです。

    しかし、フレッシュなフルーツが、ふんだんに盛り付けられているとは言っても
    土台のタルトとフィリング※(※詰め物のこと)には、
    卵、バター、生クリームなどの乳製品、白砂糖がたくさん使われています。

    非常に高カロリーですし、消化に時間がかかるので、
    最近は、1ピース全て食べきると「重たいな~~」と感じることも。
    また、身体に良くないものを一気に食べた気分になり、
    罪悪感でいっぱいになってしまう日もあります。

    タルトは洋菓子店で買うもの?手作りのハードルは高め??

    いいえ、お手軽に作れます!

    ケーキ作りの中でも、タルト作りは、難しいイメージがありませんか?

    バターと砂糖をクリーム状になるまですり混ぜる、
    生地を休ませる、麺棒で均一に伸ばす、
    綺麗にふちをカットする、重石をのせる・・・

    さらに、フィリングも手作りしようと思ったら!
    工程の多さに、ストレスを感じてしまうかもしれません。
    道具をいきなり揃えることも、難しいですよね。

    私も、初めてタルトを作ってみようと思い立った時、
    レシピ本を見て、ハードルが高いように思いました。
    上手くできる自信がなかったから、道具を買い揃える勇気もありませんでした。

    今回、ご紹介するのは、バターをすり混ぜる手間も、
    麺棒を使って生地を伸ばし、型にしきこむ手間もなし!タルト型も、重石も要らない。
    超簡単!なのに、軽くて美味しい。お手軽タルトのレシピです。


    家庭でつくるからこそ、材料もとことんヘルシーに。
    豆乳ヨーグルトとはちみつを使った爽やかなクリームは、絶品です。



    卵・乳製品不使用!タルト型要らず!
    マフィン型で作る、キウイとブルーベリーの豆乳ヨーグルトで作るレアチーズタルトのレシピ

    P1020741

    ■材料(マフィン型6個分)

    紙のマフィンカップでも同様に作ることが出来ます。

    【タルト生地】
    (A)
    有機薄力粉・・・80g
    アーモンドパウダー・・・20g
    有機甜菜糖・・・20g (または無農薬ココナッツシュガー)
    アルミフリーベーキングパウダー・・・少々
    天日塩・・・少々

    ※少々・・・親指と人差し指でつまむ程度

    (B)
    有機無調整豆乳・・・20cc
    有機ごま油・・・35g
    有機バニラオイル・・・数滴

    【豆乳ヨーグルトクリーム】
    有機豆乳ヨーグルト・・・100g (豆乳ヨーグルトの作り方はIN YOUレシピで検索してね♩)
    有機はちみつ・・・小さじ2(ヴィーガンの方は、アガペシロップなどで代用)
    有機ココナッツオイル・・・15g

    【トッピング用フルーツ】
    お好みのフルーツ
    今回は、有機栽培のキウイ、有機ブルーベリー

    ■作り方

    【事前準備】
    ●オーブンの予熱【180℃15分】をしておく。
    ●豆乳ヨーグルトは、2~3時間、水切りをしておく。
    ●マフィン型に、太白ごま油などのオイル(分量外)を薄く塗っておく。(紙型の場合、なし)
    ●ココナッツオイルは、湯煎で溶かしておく。

    STEP1【タルト生地】を作る。

    1.ボウルに(A)をふるい入れる。
    P1020708
    2.別のボウルに豆乳を入れ、太白ごま油を少しずつ加え、泡だて器でしっかり混ぜ、乳化させる。
     あれば、バニラオイルを加える・・・(B)
    P1020709
    3.(A)に(B)の3分の1量を加え、全体がそぼろ状になるまで手早く混ぜたら、
     残りの(B)を少しずつ加えながら、ゴムベラで押し付けるようにして、1つにまとめる。
    P1020712
    4.生地を6等分して丸め、マフィンカップ用の型に入れ、指・スプーンなどを使って型に押し付ける。
     (高さは、1~1.5cmくらいあると良い。)
    P1020713 P1020716
     全体にフォークで穴を開ける。
    P1020717
    5.180℃に予熱したオーブンで、15分(※)焼く。
     ※焼き色を見て、+1.5~3分ほど追加する。
      途中生地が膨らんできたら、素早く取り出し、フォークを刺して、空気抜きをする。

    6.温かいうちに、型から取り出し、網の上などにのせ、粗熱をとっておく。
     (くっついている場合は、少し冷ましてから、叩くなどして衝撃を加え、外す。)

    STEP2【豆乳ヨーグルトクリーム】を作る。

    7.ハンドミキサーで、水切り豆乳ヨーグルトと有機はちみつを滑らかになるまで混ぜ、
     ココナッツオイルを少しずつ加えながら、滑らかなクリーム状になるまで泡立てる。
     仕上げまで冷蔵庫で冷やす。

    STEP3 組み立てる。

    8.タルト生地に、豆乳ヨーグルトクリームを敷き詰め、
    P1020728
     カットしたキウイ、ブルーベリー(またはお好みのフルーツ)を盛り付ける。
    P1020734

    色彩豊かなフルーツを用意すれば、簡単な盛り付けでも、とことん可愛いです!

    P1020738

    バターの代わりの油脂「太白ごま油」

    タルト生地に使った「太白ごま油」は、バターの代用品です。
    ”ごま油”と聞くと、「ごまのにおいがする?」というイメージをもたれるかもしれませんが、
    焙煎をしていないごまを”生のまま搾っている”ので、
    ごま油特有の色と香りがない
    のが特徴です。

    高級料理店では、太白ごま油で天ぷらを揚げているところも多いと聞きます。
    プロのパティシエも注目する「太白ごま油」。

    私は、バターの代用として、クッキーやシフォンケーキを焼くのに、愛用しています。
    夏、バターを使ったお菓子作りは、温度管理が大変。

    太白ごま油は、常温で液体ですし、バターより仕上がりが軽いので、夏のお菓子作りには、ぴったり。
    とはいっても、満足感がないわけではなく、焼き上がりは、まるでバタークッキーを焼いたときのような甘くていい香りが、部屋いっぱいに広がりますよ。

    生クリームの代わりの油脂「ココナッツオイル」

    ココナッツオイルは、冷えると固まる性質を持ちます。
    豆乳ヨーグルトとよく攪拌し、冷蔵庫で冷やすと、クリーム状に固まるので、組み立てしやすくなります。

    豆乳ヨーグルトだけのシンプルなフィリングもOKですが、
    ココナッツオイルは、滑らかさとコクをプラスしてくれるので、
    満足感のある仕上がりにしたい時にオススメ
    です。

    卵・乳製品不使用でも、満足感のある、むしろ夏には嬉しい、軽い食感・味わいのタルト。
    お気に入りのフルーツ、旬のフルーツと共に、夏のティータイムを楽しんでみてください。

    P1020747

    このレシピで使った商品をオーガニックストアIN YOU Marketで買ってみよう!

    塩 加熱処理なし。ギリシャの湖で採れた、海のミネラル成分たっぷりの天日塩今すぐここをクリック! ココナッツオイル 自然栽培ならではの味わいと コールドプレス製法一番搾りという贅沢さを兼ね合わせた最高級キングココナッツオイル今すぐここをクリック! はちみつ ハニーハンターが探し出した、人生未体験の感動の美味しさを叶えてくれる奇跡の無農薬はちみつ今すぐここをクリック!

    オススメの記事

    グルテンフリーで発酵いらずの即席パンを。オレンジパンの作り方。

    甘酒✖️味噌のダブル発酵食品で作る伝統万能調味料「くるみ味噌」の作り方と食べ方活用例。

    この季節に起こりやすい「適応障害」。ストレス対策・疲労回復に最強の組み合わせ「はちみつ梅」の作り方とその活用法

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      FavoriteLoadingお気に入りに追加
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ami kuwamura
      米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。
      ページ上部へ