メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

現代人は「酸性体質」?今更聞けない、酸性食品・アルカリ性食品のこと。手軽に作れるアルカリ・スムージーの作り方

    ami kuwamura
    米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。

    「酸性食品」「アルカリ性食品」とは?


    マクロビオティックの理論には、身体を冷やす作用のある「陰性食品」と、身体を温める作用のある「陽性食品」という食分類がありますが、
    最近では、健康的な食生活を送るための指標として、代謝によって酸を生成する「酸性食品」と、アルカリを生成する「アルカリ性食品」という食分類も、注目し直されています。

    今回は、どのような食品が、酸性食品、あるいはアルカリ性食品に分類されるのかという点と、
    酸性食品/アルカリ性食品がもたらすの身体への影響について、解説していきたいと思います。

    人間の身体に備わる
    「酸塩基平衡(緩衝システム)」


    細胞の生命活動が正常に営まれるためには、
    体液のpH値が、常に一定の範囲に保たれる必要があります。

    胃液は、強酸性、唾液は、弱酸性など、身体の異なった部位によって、正常な体液pH値は様々ですが、

    身体を巡る「血液」のpH値は、7.4が中性で、正常域は、7.35~7.45とされています。

    人間の身体には、このpHの正常値をコントロールするための「緩衝メカニズム」が備わっているので、
    どんな食習慣を送っていても、どんな生活を送っていても、この正常域を大きく逸脱することはありません。

    ちなみに、血液のpH値が7.35が未満になると、アシドーシスとなり、中枢神経系の低下とこん睡状態を招きます。
    一方、血液のpH値が7.45を超えると、アルカローシスとなり、痙攣、発作、硬直など、神経組織の興奮を起こします。
    どちらも、共に命に関わる重篤な症状だからこそ、「緩衝メカニズム」は生命維持に欠かせないのです。

    「酸性食品」と「アルカリ性食品


    酸性食品とは、体内で消化されると、身体が酸を生成する食品のことで、
    アルカリ性食品とは、体内で消化されると、身体がアルカリを生成する食品と言えます。

    よく誤解されやすいのですが「酸っぱいもの=酸性食品」は間違いです。
    例えば、レモンは、pH値を調べると酸性ですが、分類上は「アルカリ性食品」です。

    一般的には、塩素、リン、硫黄が多く含まれている食品は酸性、
    カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムが多く含まれる食品はアルカリ性になりやすい傾向があります。


    「酸性食品」の一例


    ●加工食品(特に保存料で使われるリン酸塩は、高酸性)
    ●合成甘味料
    ●清涼飲料水(リンは、高酸性)
    ●精製砂糖
    ●小麦・パン
    ●白米
    ●動物性食品(卵、肉、魚、乳製品)
    ●アルコール
    ●油(コーン油、ラード、ひまわり油など)


    「アルカリ性食品」の一例


    ●すべての野菜
    ●ほとんどの果物
    ●雑穀
    ●発芽豆、発芽種子
    ●オリーブオイル


    酸性食品/アルカリ性食品の分類は、ナンセンスなのか?


    「酸性食品は健康に悪く、アルカリ性食品は健康に良い」
    「食べ物によって血液のpH値が変わる」

    というのは、現代の医学や科学では否定された考え方です。

    なぜなら、血液のpHは、常に強力な緩衝システムによって、コントロールされているからです。
    食べたものが、酸性食品/アルカリ性食品だからと言って、即座に正常域から逸脱することはありません。
    (もし、食べたもので大きな変動があるのであれば、重篤な状態です。)

    しかし、現代人の食生活では、肉、魚介類、白米、パン、加工食品などカラダを酸性に傾ける食品が数多くありますし、
    タバコ、お酒、薬、環境汚染、ストレス、消化不良なども、酸発生の要因ですから、
    放っておけば、体内ではどんどん酸が生成されます。

    とすると、現代人は、軽度のアシドーシス(pH値が7.35に近い状態)である場合(酸性体質、などと言われる)が少なくないのです。

    そして、その状態をぎりぎり維持しているのは、緩衝システム酸性物質の処理を行う腎臓の働きということになります。

    そのため、酸性に傾いた食事を毎日続けたとしても、食べ物によって血液のpH値が大きく変化する可能性はありませんが、
    体内の緩衝システムや腎臓に負担がかかっている可能性は、否定できません。

    ということは、アルカリ性食品を摂ることは、酸性体質に傾きがちな現代人の健康のために必要なことと言えます。


    「アルカリ性食品」は、現代人が積極的に取るべき食品。


    長期間の微量なpHの変化は、即座に生命の危機につながるわけではありませんが、
    軽度のアシドーシスは、私達の社会では一般的で慢性病やがん、骨粗しょう症、関節炎などと関係があります。

    というのも、体液の酸性度が増すと、身体は、アルカリ性ミネラルで中和しなくてはなりませんが、

    これらのミネラルが食事から十分に供給されないと、骨や歯のような身体の貯蔵部分から取り出され、体内のミネラルが枯渇していくからです。

    そのため、アルカリ性食品は、加工食品、環境汚染、お酒やタバコなど様々な理由で酸性になりがちな現代人の身体のpHバランスを内側から整えるために、現代人が積極的に摂りたい食品なのです。

    忙しい現代人には、手軽に摂れる「アルカリ・フード」を。


    今回ご紹介する、INYOUおすすめのアルカリ・フード「アルカリ7.4」は
    小麦若葉、大麦若葉、スピルリナ、クロレラなど、色素豊かな濃緑色の野菜、葉類、単細胞藻類を原料としています。

    そのまま水に溶いて飲むことができますが、草独特の風味がありますので、
    その風味を和らげて、さらにアルカリ性の野菜や果物も摂れるスムージーのレシピを考案しました。

    今回は、飲みやすく用意しやすい食材として、豆乳を使用しましたが、
    より、アルカリ性食品を効果的に摂取するためには、
    豆乳を豆乳ヨーグルトにしたり(豆乳は、酸性食品ですが、発酵するとアルカリ性食品になります。)
    半量をミネラルウォーターやアルカリ水などに置き換えて調整してみてください。

    オーガニックアルカリ性パウダー。体の酸性防止に。有害物質や加工食品…酸性になりがちな現代人のpHバランスを整える 1〜3個(割引あり)

    ¥ ¥ 5,900 ~ ¥ 15,044 (税込)

    > 商品の詳細はこちら



    飲みやすさイチオシ!
    豆乳バナナのアルカリスムージーの作り方

      材料

    • ・有機栽培のバナナ・・・1本
    • ・有機無調整豆乳・・・120㏄
    • ・生はちみつ・・・小さじ1~2

    • ・オーガニックアルカリパウダー・・・小さじ1
       

    作り方

    1.バナナは皮をむき、厚さ1㎝ほどの輪切りにする。

    2.ミキサーに、1のバナナと、豆乳、はちみつを加え、滑らかになるまで攪拌する。

    3.2にアルカリパウダーを振りいれ、さらに滑らかになるまで攪拌する。


    このレシピを印刷


    高アルカリ性!!
    キウイとアボカドとライムの
    アルカリスムージーの作り方

      材料

    • ・有機栽培のキウイ・・・2個
    • ・有機栽培のアボカド・・・1/2個
    • ・有機栽培のライム果汁・・・1/4個分
    • ・有機無調整豆乳・・・120㏄
    • ・生はちみつ・・・小さじ1~2

    • ・オーガニックアルカリパウダー・・・小さじ1
       

    作り方

    1.キウイ・アボカドは皮をむき、1㎝の角切りにする。

    2.ミキサーに、1のキウイ・アボカドと、豆乳、はちみつ、ライム果汁を加え、滑らかになるまで攪拌する。

    3.2にアルカリパウダーを振りいれ、さらに滑らかになるまで攪拌する。


    このレシピを印刷



    ポイントアドバイス



    11種類のミネラル豊富な緑の藻類、葉類、草類をぎっしり詰め込んだ濃縮アルカリパウダー。

    緑草を細かく砕いてパウダーにするのではなく、緑草を絞って汁にし、その汁をパウダーにするというユニークな製法で作られており、
    1kgのパウダーを作るのに、なんと30kgもの草の汁を使っています。

    人間は牛や馬などと違い、セルロース(植物に含まれる繊維質、食物繊維)を分解する酵素を持ち合わせていません。

    そのため、緑草を砕いただけのパウダーからでは、大切な栄養素をカラダに吸収するのが難しいのです。

    アルカリ・フードは人間の身体への吸収性を考慮した商品なのです。

    現代人の食生活でよく摂取されてしまっている、酸性の食品
    肉、魚介類、白米、パン、加工食品などカラダを酸性にする食品が数多くあります。
    そして、もちろんタバコ、お酒、薬、環境汚染、ストレス過度の運動なども酸発生の要因です。

    アルカリ食品は、新鮮な野菜やある種の果物など。
    特に葉類の野菜、ブロッコリー、ケール、ほうれん草、パセリなどの緑の野菜はアルカリ化に最適な食品と言われています。

    アルカリ・フードは、加工食品、環境汚染、お酒やタバコなど様々な理由で酸性になりがちな現代人の身体のpHバランスを内側から整え、
    野菜不足、偏りがちな食生活のサポートに役立ちます。



    このレシピで使ったアイテムを
    IN YOU Marketで買ってみよう!

    オーガニックアルカリ性パウダー。体の酸性防止に。有害物質や加工食品…酸性になりがちな現代人のpHバランスを整える 1〜3個(割引あり)

    ¥ ¥ 5,900 ~ ¥ 15,044 (税込)

    > 商品の詳細はこちら

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ami kuwamura
      米国NTI認定栄養コンサルタント、料理教室講師。 結婚を機に、家族の健康と幸せを第一に考えるようになり、健康的な食生活について学ぶため、 米国コロラド州上級教育省認定校(Nutrition Therapy Institute)の日本提携校であるホリスティック・カレッジ・オブ・ジャパンに入学。 従来の栄養学だけでなく、体質による個体差や精神的な側面など「人間まるごと」を包括する「ホリスティック栄養学」を学び、上記資格を取得。 「身体に優しい食材選び」「栄養バランスを考慮した献立」「素材を活かすシンプルなレシピ」「心のこもった手料理」をモットーに、 日々、出来る限りの丁寧な食生活を実践しています。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ