メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

食欲がない時でも大丈夫!冷蔵庫にストックしたい簡単寒天ゼリーの作り方。モリンガを使って簡単栄養補給。

    オーガニックライフを選んだ私たちは、
    妥協せず、毎日の小さなことにも愛のある選択をしたいもの。


    冷蔵庫に何をストックしていますか?

    plant-2307261_640
    小腹が減った時、夕食で暴走したくない時、ちょっと甘いものが欲しい時・・・。
    冷蔵庫にこんな選択肢があったらスマートにやり過ごせそうです。
           
    美容効果が詰まったモリンガパウダーのおやつは、和風の味で炭水化物ゼロ甘味料ゼロ
    ほぼノンカロリーのプルルン!

    ダイエット効果を重視する人にもおすすめのレシピです。
    20180613_122742

    間食でも攻めのケアを!

    Moringa_oleifera2
    寒天は100%植物性で食物繊維が豊富。
    いらなくなったものを体外に排出するのを助けてくれます。
    しかも価格はお手頃!

    使い方は、基本的には水に溶かして熱するだけととても簡単です。
    「奇跡の植物」と呼ばれるモリンガと組み合わせて、おやつタイムさえ自分ケアの一部にしてしまいましょう。

    寒天とモリンガはどちらも整腸作用があるので、
    便秘気味の時にもおすすめです。

    私の場合、人に招かれたり、仕事で外食が続くとき、
    胃腸を休ませてリセットしたり、排出サイクルの回復を狙って消化の良いモリンガゼリーを活用しています。

    目的や体調に合わせて、トッピングやソースを足し引きすると、使い方に広がりがでますよ。

    ここでは、チアシード、マヌカハニー、玄米甘酒、ライムなど積極的に取り入れたい食材を使ったソース2種類も紹介します。
    低カロリーで栄養価の高いおやつレパートリーに加えてくださいね!

    20180614_112429
    =========================================

    材料 


    寒天パウダー    3g(水と寒天との割合は商品ごとの指示通りに) 
    良質な水         300cc
    無農薬モリンガパウダーor
    無農薬モリンガ茶     大さじ2 (好みで増減を)
    有機ココナッツフレーク ひとつまみ(オプション)

    ソースの材料

    ●ミルキーソース:


    無農薬玄米甘酒             大さじ1
    無農薬ココナッツミルクor 好みのミルク 大さじ2〜3

    ●さっぱり甘酸っぱいソース:
    ふやかした有機チアシード  大さじ2 (ここではこうじ水に浸けたもの使用)
    無農薬ライムなどの柑橘果汁  大さじ2
    無農薬マヌカハニー   大さじ1〜2


    =========================================
    20180613_100727

    [アレンジ1]


    モリンガパウダーの青臭さが苦手な人は、モリンガ茶の煮出し汁を使うといいでしょう。
    透明で、さっぱりした癖のないゼリーになりますよ。ココナッツフレークを加えてから冷やすと楽しい食感が。どちらのソースとも良く合います。

    冷蔵庫にストックしたい簡単寒天ゼリーの作り方。モリンガを使って簡単栄養補給。

    20180613_101425

    作り方:


    1. 水の分量300ccの内、200cc程の水でモリンガ茶を煮出しておく。
    2. 残った水100cc程に寒天パウダーを入れ、よく混ぜてから火にかける。
    水を火にかけてから、寒天パウダーを入れるとうまく溶けません。
    3. 焦がさないように弱〜中火で混ぜながら、寒天パウダーを気長に溶かす。
    この手間を省くと、仕上がりがおかしなことに。

    4. モリンガ茶の煮出し汁1を加えてよく混ぜる。オプションのココナッツフレークもここで投入。
    5. 容器に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。ガラス容器や陶器推奨。
    6. 甘みのソースを作る。


    玄米甘酒+ミルクのソース → 材料を混ぜるだけ!
    チアシードの甘酸っぱいソース → 材料を混ぜるだけ!

    7. 固まったら、盛り付けてどうぞ。
    食べる10分前ぐらいに冷蔵庫から出しておけば、体に優しいですね。

    20180613_124330

    [アレンジ2]

    青汁やウィートグラスが平気な方、モリンガの味に慣れている方は、モリンガパウダーを寒天に混ぜ込んでどうぞ。
    寒天が固まるときにモリンガパウダーが底の方に沈みがちになりますが、その特徴を生かして、溶かした寒天にモリンガとミルクを混ぜて2層にするのも楽しいです。

    寒天の割合を気持ち少なくするとジュレになり、寒天を多めに使えばプルルンとした食感に。
    炊いた小豆や酒粕、甘酒などと合わせ、和風仕立てにすると相性がいいです。

    底に溜まるモリンガパウダーのザラザラ感や青臭さが気になる場合には、たっぷりのソースやハチミツを直接かけてどうぞ。
    ライム果汁を多めにすると夏らしいさっぱり味になります。

    20180613_090240
    20180613_094230

    作り方:

    1. 水の分量300ccの半分を沸かし、モリンガパウダーを入れてよくなじませておく。
    2. 残りの水150ccに粉寒天を入れ、よく混ぜてから火にかける。
    水を火にかけてから、粉寒天を入れるとダマになります。
    3. 焦がさないように弱〜中火で混ぜながら、粉寒天を気長に溶かす。
    この手間を省くと、仕上がりがおかしなことに。
    4. モリンガ液1を加えてよく混ぜる。
    5. 容器に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。ガラス容器や陶器推奨。
    6. 甘みのソースを作る。


    玄米甘酒+ミルクのソース → 材料を混ぜるだけ
!
    チアシードの甘酸っぱいソース → 材料を混ぜるだけ!

    7. 固まったら盛り付けていただきます。
    食べる10分前ぐらいに冷蔵庫から出しておけば、体に優しいですね。

    20180613_122511
     水300ccの1/3〜半分程度をミルクに置き換えて2層にしたモリンガゼリー

    20180613_125532

    ココナッツフレーク入りのモリンガ茶ゼリーに、玄米甘酒と好みのミルクで


    寒天について:
    寒天は紅藻類のテングサなどから作られる日本古来の食べ物です。
    中国から渡って平安時代から宮廷などで食されてきたトコロテンを、徳川時代になって冷凍乾燥させる手法を京都の旅館主人が偶然に発見したのが寒天の起源です。

    暑い夏の到来。

    食欲が落ちがちなこのシーズン、いくつかストックして栄養チャージのために活用してみてはいかがでしょうか。

    サプリメント、お茶など自分に合ったタイプを選ぶことができるモリンガを取り入れてみよう。

    PR: Recommended items by IN YOUMarket
    モリンガ マーケット
    モリンガには色々な加工をした商品があります。
    モリンガを乾燥させて粉砕したパウダータイプ、錠剤タイプのサプリメント、また葉っぱから作られたお茶などがあります。
    薬では無いのでどなたでも安心して使っていただけますが、何よりも続けることが大事。
    続けるためには自分のライフスタイルに合ったタイプを選ぶようにしましょう。

    忙しい人にサプリタイプ
    毎日に自然に取り入れるお茶タイプ
    料理などに使うパウダータイプ
    健康マニア・マニアックな方向けに、種タイプ
    美容に使いたい方向けに、オイルタイプ
    癖がなくて飲みやすいジュースパウダータイプ

    moringa-1506196_640

    時間が無い方、忙しい方ならサプリメントタイプ、お菓子などに加工して使うならばパウダータイプ、
    生活に溶け込むように取り入れたいならお茶など。好みのモリンガを見つけてください。飲みやすい錠剤タイプが人気ですが、クッキーやマフィンなどに使えるパウダータイプもレシピが広がって楽しいと思います。味は緑茶や抹茶、青汁を飲みやすくしたような大きな癖のない味です。

    モリンガ商品一覧のラインナップを見る。今すぐここをクリック!

    オススメの記事

    世界中が注目する”奇跡の木モリンガ”の驚異の魅力の全て。便秘対策、被曝対策や水質改善にも活用しました。

    アーユルヴェーダの書物に300もの病気を予防すると記載されるスーパーフードのモリンガを三週間家庭で取り入れたらこうなった。

    マクロビ和菓子レシピ。モリンガで栄養満点!香ばし「ゴマ団子」の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      ページ上部へ