メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

たった30分間で!?卵、油、乳製品無し。デトックス・モリンガマフィンの作り方

    lelien
    IN YOUオーガニックアドバイザー。女子大の理学部で助手として活躍後、三人の子育てを通して30年以上、自然療法から始まりマクロビオティック、シュタイナー、エドガー、アロマセラピーなどを勉強または資格取得。LA在住4年目の娘からの情報も含め、様々な相談に対して知識と経験を活かし多方面からアプローチ。IN YOUではナチュラルフードライフを推進できるアイディアを発信していきます。 ナチュラルライフ応援サロンLe lien ルリアン主宰 ブログ http://lelienrumi.blog.fc2.com/  

    「春」は陰陽五行では「木」にあたり「上昇のエネルギー」を持つと言われています。
    つまり、春は今まで冬の間に溜め込んでいた「考えや思い」を芽吹かせることができる季節でもあります。
    皆様は何をスタートさせますか? 

    木の芽どき
    IN YOU オーガニックエキスパートのLelienルリアンです

    春は気持ちを実行するだけでなく体も冬の間に溜め込んだ色々なものも吐き出してきます。
    その助けをするのが肝臓。人の体の中の「化学工場」と言われるくらい血液に乗ってきたあらゆる物質を分解したり、合成したりして血をきれいにしています。

    これらが春になると活発になってきますから、それを助ける味は酸味ですから、梅干しやお酢がおすすめ。
    そして、色は青(緑)なので、当然、緑色野菜を摂りたいですね。

    例えば、アスパラガス。アスパラガスに含まれるアスパラギン酸はアンモニアを体外へ排出したりや水分をコントロールしてむくみをとってくれます。

    それから、IN YOUでもなんども取り上げられていて今話題のモリンガ
    モリンガの特徴はなんといっても食物繊維の多さ。しかも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが良いので、便秘解消効果とデトックス効果があります。
    モリンガはサプリとしても摂り入れることもできますし、お茶や菓子にして楽しむこともできます。

    又、胆嚢は肝臓の働きを助けます。従って、油物を摂りたくなりますが、負担がかかってしまうので注意が必要です。良質な油 オレイン酸の多いオリーブオイル、ごま油、米油など、また、オメガ3系脂肪酸の豊富な亜麻仁油、エゴマ油などを選びましょう。

    五行で「木」を養うのは冬の「水」に当たりますから、水の臓器の腎臓や膀胱も引き続き整えておきましょう。

    春の不調に関する記事は 2月にもアップしていますから参考にしてください。  こちらから

    卵を入れないとなかなかケーキの類は難しい思っているかもしれませんが、意外と卵の代わりになるものはあります。
    その中の一つにチアシードがあります。

    チアシードにもデトックス効果がありますから、モリンガとの相乗効果が期待できますね。
    甜菜糖を使ってますから、体を陰性にはしますが、白砂糖よりを摂取するよりはずーっと良いです。

    病気で摂取を制限されている方にはお勧めできませんが、
    甘味は取るのは精神的なサポートにもなるので無理しない程度に徐々に減らしていくことをお勧めしています。
    そんな段階の方にも今回のマフインはお勧めだと思います。

    卵、油、乳製品なしのモリンガマフインと桜風味のマフイン

    材料

    A 粉物
      有機薄力粉 1カップ
      アルミフリーのベーキングパウダー  小1
      農薬不使用のモリンガ  大1
      又は フリーズドライパウダー桜、カカオパウダーなど

    B 液体
      チアシード  小1
      水     大1
      有機豆乳又はナッツミルク 1/2カップ
      有機甜菜糖またはココナッツシュガー 1/2カップ
      塩   小1
      有機バニラエクストラ  少々
    C 飾り 桜の花の塩漬け   6個 


    下準備

    ① 小さじ1のチアシードを粉末にして水大さじ1でふやかしておく。
     (卵1個分として チアシード大さじ1に対して、水大さじ3が目安 )
    ② 桜の塩漬けをぬるま湯で軽く洗いし塩を落とす。

    桜漬け
    ③ オーブンを180度で予熱する。

    作り方

    ① Aの粉物は振るってよく混ぜる。

    材料
    ② Bの液体をAとは別のボールで乳化するように混ぜる。

    液
    ③ ①と②をこねないように手早く混ぜる。
    ④ マフイン型に8分目まで入れて、桜の塩漬けを載せる。

    型入れ
    ⑤ 180度のオーブンで17分(目安)

    ⑥ 竹串を刺して、何もついてこなければできあがり。

    焼き

    コツ

    ・ Aの粉はしっかり均一に混ぜましょう。BPが偏ると膨らみに差が出ます。
    ・ 液体と混ぜた時にさっくりと混ぜてグルテンの粘りを出さないように。

    春色マフイン
    モリンガに煮あずきを加えると腎臓の養生にもなります。
    甜菜糖を減らして、きんぴらやひじき煮を加えてお惣菜マフインにもできます。
    卵や乳製品のアレルギーの人も食べることができますから、試してみてくださいね。

    IN YOUMarketオススメのモリンガパウダー

    PR: Recommended items by IN YOUMarket
    1215114705_5a3337a918445
    モリンガは各種ビタミン、必須アミノ酸等、
    人間に必要なほぼ全ての栄養が豊富にバランスよく含まれています。

    また二酸化炭素(CO2)の吸収量が一般の木の20倍もあり、
    環境保全にも役立つ次世代のスーパーフードです。

    古代から多くの地域で食され、人々の健康や美容を支えてきたモリンガは、
    インドの伝統医学アーユルヴェーダでは”奇跡の木””薬箱の木”と呼ばれ
    300種類の病気を予防するハーブとして使用されてきました。

    モリンガのもつ栄養成分としては

    カリウムはバナナの15倍
    鉄分はほうれん草の28倍
    カルシウムは牛乳の16倍
    タンパク質はヨーグルトの9倍
    ビタミンAはにんじんの10倍
    ビタミンCはみかんの5倍


    そしてスピルリナやユーグレナといったスーパーフードの中でも
    モリンガは優れた栄養成分を含有しています。

    オススメの記事

    今年のお花見のお供はこれ!ビーツのピンクで春らしさ満点!ニンニク抜きのアーユルヴェディックフムスの作り方

    「梅干し」をリメイクして使いまわそう!日本の伝統食材を活かした「万能梅ジェノベーゼソースの作り方」とその活用法。

    卵・乳製品不使用でカフェインフリー・グルテンフリーなのに大満足!深煎り玄米コーヒーを使った「ティラミス・ミルフィーユ」の作り方。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      lelien
      IN YOUオーガニックアドバイザー。女子大の理学部で助手として活躍後、三人の子育てを通して30年以上、自然療法から始まりマクロビオティック、シュタイナー、エドガー、アロマセラピーなどを勉強または資格取得。LA在住4年目の娘からの情報も含め、様々な相談に対して知識と経験を活かし多方面からアプローチ。IN YOUではナチュラルフードライフを推進できるアイディアを発信していきます。 ナチュラルライフ応援サロンLe lien ルリアン主宰 ブログ http://lelienrumi.blog.fc2.com/  
      ページ上部へ