メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

材料3つで作れる濃厚ヴィーガン・ホワイトソース。クリスマスパーティーで食べたいほくほくグラタンの作り方。

    伊賀るり子
    オーストラリアでのベジタリアン料理との出会いをきっかけに野菜コーディネーターの資格を取得。自分の体調や摂りたい栄養素によって食材を選び調理するという、レシピに固執しない柔軟性のある料理スタイルを提唱。現在はヘルシーで美容に良いレシピライターとして活動。 HP/INSTAGRAM

    寒い季節はあったかくてほっとする料理が食べたくなります。

    おなじ料理であってもひとりで食べるあったか料理より
    誰かといっしょに食べる方があったかさが増すような気持ちがするのはなぜでしょうか。

    寒い冬こそ、家族や親せき、友達を集めてホームパーティーをする機会も増えますよね。

    今日はパーティにおすすめな
    見た目も華やか、栄養もたっぷり、しかも簡単につくれるという
    レシピを紹介したいと思います。

    料理をぐっと華やかにしてくれるパプリカ。
    実は、トマトの11倍のビタミンCが含まれています。


    img_1649
    パプリカは赤・黄と鮮やかな色であることから
    料理に使用するとぱっと華やかに印象にしてくれます。

    しかしパプリカの魅力はそれだけではありません。
    実は、パプリカはトマトの11倍のビタミンCを含んでいます。

    パプリカはビタミン分野でとびぬけたパワーフードです。
    ビタミンC不足の方には是非おすすめしたい食材。効率的に、ビタミンを取ることができますよ。
    熟せば熟すほど栄養素も甘みも増すので、赤色が一番栄養価が高いといえます。

    パプリカは加熱料理に適している野菜

    img_1658
    パプリカに含まれているフラボノイドがビタミンCを熱や酸化から守ってくれる働きをします。
    その為、加熱しても栄養がすべて失われることがありません。

    加熱することで甘みが増し、さらにおいしくなりますよ。

    今回はパプリカを器の代わりにしていますが、
    オーブンに入れてグリルすることで、

    パーティらしい華やかさを演出するだけでなく
    パプリカの栄養は損なうことなく、さらにおいしさを引き出すことができます。

    野菜のパワーでつくるホワイトソース

    img_1829
    通常、ホワイトソースだと小麦粉や片栗粉でとろみを出したり
    マクロビレシピですと米粉などをつかってとろみを出しますね。

    今回つくるホワイトソースは、また少しちがった作り方。

    野菜の持つ力を利用してとろみを出します。


    里芋にはでんぷんが含まれています。
    このでんぷんの力を使って、豆乳にとろみを加え、シンプルなホワイトソースにしました。

    粉を使わずとも、野菜そのものがもつ力を有効活用してソースをつくることができます。

    おいしく、栄養があるだけでなく、とろみがついてそのままソースになるわけですから、添加物や植物性油脂が含まれる人工的な市販のホワイトソースは一切不要。

    自然の偉大さを感じますね。

    里芋は芋類の中でもカロリーが低く、さつまいもや山芋の半分ほど。
    ダイエットをしている方にはぴったりですよ。

    また、里芋のぬめりにはムチンが含まれているため、消化を良くして、胃腸の働きを活性化させる効果もあるため、便秘解消にもおすすめです。

    早速作り方をご覧ください。

    里芋と豆乳のホワイトソースの作り方

    材料

    有機栽培の里芋 4個
    無調整豆乳  200ml
    自然塩 ひとふり

    (お好みで玉ねぎを半分ほど入れると、ビタミンCの吸収率をあげてくれますよ)

    作り方

    里芋を細切りにし、フライパンで火を通します
    (でんぷんを利用するので水にさらしません)

    豆乳を少しずつ加え、とろみがつくまで火にかけて完成です

    次に、このホワイトソースを使って、パプリカグラタンをつくっていきます。

    ここで、新しい食材ローズマリーが登場します。

    img_1656

    ローズマリー

    ポリフェノールが多く、抗酸化作用があります。
    また、関節炎の外用薬や消化不良の内用薬に使われている程の、高い炎症抑制効果があります。

    私はローズマリーなどの料理に少しだけ使うようなハーブ類は
    自宅で栽培しています。

    苗を買うと手軽ですし、時期によりますが挿し木をしても育つので
    とっても簡単に栽培出来ますよ。

    一度に大量に使うものではないので
    自宅栽培しておくと、使いたい分だけ使うことができるので良いですよ。

    img_1655

    ビタミンCたっぷりのほくほくパプリカグラタンの作り方

    材料

    パプリカ(赤・黄)1個ずつ
    ローズマリー 適量
    自然塩・胡椒 適量

    作り方

    パプリカを縦半分にカットします

    img_1648

    パプリカの器にホワイトソースを入れて
    塩コショウをふりかけたらローズマリーをのせます

    200度で5分程予熱したオーブンに入れて20分ほど焼いたら完成です。

    img_1651
    オーブンをあけると、ローズマリーの良い香りがたちこめてきますよ。

    お客様が来る少し前にオーブンに入れておいて、
    丁度よいタイミングでオーブンから取り出して
    ローズマリーの香りを楽しみながら焼き立てを召し上がりましょう。

    img_1650
    野菜のパワーをたっぷり使ったパプリカグラタン
    是非つくってみてくださいね。

    クリスマスは、
    IN YOUMarketで自分や家族にギフトを送りませんか?


    クリスマスにもおすすめな商品が勢ぞろい!


    IN YOUMarket

    そのほかの記事

    自分の目で素材を選んで、安心・安全な完全無添加、自家製納豆の作り方~初級編~2016年12月4日 混ぜて焼くだけヴィーガン簡単レシピ。白砂糖も卵も乳製品も使わないグルテンフリー『焼きプリン』の作り方

    豆乳チーズがとろける!玄米ごはんでつくるグルテンフリー「玄米豆乳チーズピザ」の作り方

    クリスマスのサイドディッシュに。チーズ不使用で濃厚「酒粕チーズガレット」の作り方

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      伊賀るり子
      オーストラリアでのベジタリアン料理との出会いをきっかけに野菜コーディネーターの資格を取得。自分の体調や摂りたい栄養素によって食材を選び調理するという、レシピに固執しない柔軟性のある料理スタイルを提唱。現在はヘルシーで美容に良いレシピライターとして活動。 HP/INSTAGRAM
      ページ上部へ