よみもの

マクロビオティックを楽しく実践するための8の秘訣。〜ストレスなく取り入れるためのヒント〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YdfKohaJbwczNcg1425227093_1425227165

こんにちは。
週末はいかがお過ごしでしょうか?
また新たな一週間が始まりましたが、寝不足にならぬよう、疲れをとって最高のスタートを切ってくださいね。
さて、本日はマクロビオティックを最近知った方も、今まさに実践しているという方にも是非知っていただきたいことがあります。
マクロビオティックを実践する中で、一部の方がつい陥りがちな状況としてよく見られるのが、「あれもダメ、これもダメ」と考えたり、ストレスに感じてしまったり、不健康なものを食べている人を見下したりすることで自分を追い込んでしまうこと。
思い当たる節はありませんか?
身の回りにも自分をルールで縛りつけてしまって苦しそうな方がいらっしゃるのではないでしょうか。
かくいう私も過去には健康のために始めた食事のはずが、自分と周囲を厳格なルールで縛りつけ、ネガティブなサイクルにハマってしまっていたこともありました。
しかしふと肩の力を抜くと、「食べることはとても楽しいのだ」ということに気が付き、自由で柔軟な考え方をすることができるようになりました。

本来マクロビオティックは当たり前のものや自然なものをいただくことで体内バランスを整え、より自分らしさを取り戻していくための食事療法や思想であり、上手く取り入れさえすれば、体調が優れ、様々な健康上のメリットがあります。
これがストレスになってしまっては本末転倒。
では一体、どんな風に考えればより楽しく取り入れることができるのでしょうか。
そこで今回はそんなネガティブな状況に陥らずに、ハッピーにマクロビオティックを実践するための8つのヒントをお伝えします。

1 基本を学び、自分に合ったスタイルを見つけること。

前述した通り、マクロビオティックはあれもダメ、これもダメ、の「だめだめ食事法」ではありません。
ルールに縛られるあまり、食べることが嫌いになってしまうのは考え物。
しかし、基本を知らずに自己流で好きなものばかり食べ、マクロビオティックのお菓子ならいくらでも食べてOKなど、偏った食べ方をしてしまうと体のバランスはかえって崩れてしまいます。
一度本やインターネットで正しい知識を得るなどしてから自分のやりやすいスタイルにアレンジしていくことが大事です。

2 楽しく笑って食べる。

マクロビオティックでもそうではない食べ物でも、感謝をして笑って楽しく食べることが重要です。
体に良いものでも暗い気持ちと明るい気持ちで食べた場合では体へのインパクトは全く異なります。
暗いニュースを見ながらひとりで食べたり、ネガティブな会話をしながら食べてはなりません。ひとりで食べるときは楽しい音楽を聴きながら美味しく食べたり、誰かと食べるときは好きな食べ物を笑いながら食べたりできる環境を作ることが大事です。

3 批判的なことを言われても流す。

cDGHUP3EkL0Han31425227189_1425227252出典:http://www.gatag.net/

マクロビオティックを取り入れていると、そういった分野に関心のない周りから変な目で見られたり、「面倒くさい」などと、ネガティブなことを言われることもあるかもしれません。
しかしあなたに敢えてそのようなことを告げてくるのはあなたに関心があるから。
そんな時、いちいち誰かの意見に惑わされたり、激怒したりしてはなりません。
人それぞれの価値観があることを理解し、自分の軸をしっかり持っていれば他人の意見に振り回されることはなくなります。

4 人と比べない。

YdfKohaJbwczNcg1425227093_1425227165出典:http://www.gatag.net/

マクロビオティックを実践するうちに、友人が食べているものが気になることがあります。
例えばファストフードの食べ物を食べている人を見下したり、嫌がっている人に無理やり説教することはお勧めできません。
人は人、自分は自分と割り切ることも重要。
勿論愛情をもって教えてあげることはOKです。

5 食べることを好きになる。

thai_tofu_and_noodle_salad_recipe 出典:ohmyveggies.com

一番はこれです。
いくら健康に気を使っていても、まずいと思うものをイヤイヤ食べていてはいつまでたっても健康にはなりません。
まずは自分が食べることを好きになることが大切。
食べることを好きになるということは、食に対してこだわりを持ち真面目に向き合うこと、すなわち自分の身体と向き合うことでもあります。
健康になるためだけに食べるということではなく、美味しく食べて健康になるという考え方になれるとベストです。

6 ルールを厳密に考えすぎない。

マクロビオティックでは基礎的なルールや考え方があります。
しかし、何度もお伝えしている通り、決してあれもダメこれもダメ、という食事法ではありません。
ルールを守ることはもちろん素晴らしいことではありますが、やり過ぎは禁物。
たとえば魚が食べたければ良質な魚をありがたくいただけば良いですし、鰹節の出汁が必要なら使っても構いません。
もちろん化学調味料が入ったものやコンビニ食品も、食べたければ食べていいという意味ではありませんが、基本的に自然に近いものを食べようにするといいでしょう。

現に私も普段は有機野菜やオーガニックの調味料で揃えるなど食材には気を付けていますが、同時に和食が大好きなので気が向けば外では動物性食材を食べることもあります。
しかしそこで自分を責めることはしません。ありがたく、そして美味しくいただくようにしています。
また、マクロビオティックでは基本的に生野菜は身体を冷やすとされていますが、私個人の意見としては生野菜でしか摂取できないビタミンなどの栄養素もあると思っています。
ですからサラダが必ずしもNGだとは思いませんし、サラダが食べたいと思えば食べればいいのです。
同様にローフードもマクロビオティックとは完全に対極の位置にありますが、体質に合えば取り入れることは問題ないと考えます。
本当に大事なことは正しい知識を自分自身で調べ、取り入れることです。
それぞれの利点を上手く取り入れ、偏らないように、本当に自分の体質にあった食べ方を探求することが大切です。

7 身体が欲するものを察知する。

rudT94OmQ7LXqAe1425226972_1425226985出典:http://www.gatag.net/

何よりも大切なことは、今自分の身体は何を欲しているのかということに気持ちを傾け、気が付くことです。
時にそれは水分や塩分かもしれませんし、時にそれは「何も食べないこと」であるかもしれません。ただ単に毎日玄米を食べていれば健康になるということではなく、自分の身体の身体の調子を自分で知ることが大事です。

8 ストレスを感じたら、いったん休憩してみる。

3FMqGeDuqe5fLxU1425227011_1425227073出典:http://www.gatag.net/

1-7のことに気を付けたにも関わらず、マクロビオティックの食事を取り入れることでどうしてもストレスになるのであればいったん中断しても構いません。
そしてストレスになっている原因を考えてみてください。
もしかするとそれは食事自体に問題があるのではなく、あなた自身にあるか、あるいはあなたの周囲にあるかもしれないからです。

以上がマクロビオティックを実践する上で是非、知っていただきたい事項でした。
あなた自身が本当にヘルシーになることはそう難しいことではありません。
自然なものを美味しく食べ、ハッピーでいることが一番の近道です。

それでは素敵な一週間をお過ごしください。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

松浦愛
facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長。 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 日頃の癒しは読者からのメッセージを読む時間。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オンラインマーケットIN YOU Market。 そのほかコアな読者向けに有料オンラインサロン 「IN YOUリアルタイム通信」なども運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. japan-1546767_960_720 「疲れが取れない」「だるい」「風邪が治りにくい」身体からのサイン…
  2. #6_0004 【混ぜるだけで疲労回復】黒米ごはん
  3. groats-1459940_960_720 「気にしていたら食べるものがなくなる」は思考停止のサイン。これか…
  4. 2954739641_85ff1731f6_b その服、大丈夫?経皮毒は化粧品だけじゃない!化学繊維が健康に悪影…
  5. FotorCreated 自然とかけ離れた利益追求型工業オーガニックが流行するアメリカと同…
  6. 222e 免疫力を高め「病気を未然に予防する」ために。日本のスーパーフード…
  7. harmony-1229892_960_720 数々の著名人も実践する「マインドフルネス」から紐解く、現代人に最…
  8. mv 食事の「間」

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • IN YOU 編集部
  • まどか
  • 越野美樹
  • izumi
  • ami tominaga
  • kimuratomomi
  • TakiAki
  • 佐次本陽子
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • 山口菜摘美
  • yuko matsuoka
  • 金戸 隆雄
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • 村井砂織
  • 加藤美希
  • 伊賀るり子
  • 増田佳子
  • 小池 桃香
  • Shoko Fujii
  • 穴沢悦子
  • 青山 ひかり
  • 佐野亜衣子
  • 水川美希
  • 山田朋枝
  • 千原 清花
  • 湊 綾香
  • 赤嶺 福海
  • 黒澤彩
  • yuko funatsu
  • MADOKA TSUJIMURA
  • 上村 歩
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • tori
  • 廣瀬花
  • iisa
  • kei
  • 室谷 真由美
  • 弛津ひなこ
  • TakeuchiMariko
  • タカ大丸
  • 倉岡生夏
  • あおき ヒカリ
  • kanaho takahashi
  • takayamarie
  • 大沼翼

カテゴリー

PAGE TOP