食べ物

身の回りに潜む、「危険な油」知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a0002_011233

重大な病気を引き起こす原因となる油


a0001_015516
何気なく注文している「から揚げ」
何気なく購入している「コンビニのお菓子」
何気なく使用している「サラダ油」
何気なく使っている「ドレッシング」


健康への近道は普段何気なく習慣的に食べているものから見直すことから始めるのがいいだろう。
その一つとして挙げられるのは、「油」である。

あなたが知らず知らずのうちに摂っている油が数年後、重大な病気を引き起こすとしたらどう思うだろうか?
現代人の病気の原因の多くは油にあると言っても過言ではないほど、この世には危険な油が多く存在し、それらはあらゆる深刻なダメージを与える。
油は市販の加工食品の中に含まれているし、あなたが料理をする時にも頻繁に使っているだろう。
あなたは油のリスクについてどれだけ知っているだろうか?
まずは油のどんな点に気をつけなければいけないのかをチェックしていこう。


特に危険な油とは何か?


トランス脂肪酸という言葉をきいたことがあるだろうか?
悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化の進行や心臓病、生活習慣病の直接的なリスクになることがわかっており、欧米諸国の一部では表示の義務化が必須となっている地域も多く、アメリカでは2013年に使用を全面禁止にする意向を示すなど、「健康に大きく支障をきたすもの」として広く認識されている。
非常に危険な物質であるにも関わらず日本では未だこうした「トランス脂肪酸」の表示義務はおろか、大量に含まれる食品がどこにでも販売されており野放し状態である。
油に限ったことではないが、消費者は常に用心深く「疑う癖」と「調べる癖」をつけなくてはならない。
下記は「トランス脂肪酸」が含まれている食品の一例だ。
下記のような食品は日頃何気なく食べてしまうことも多いのではないだろうか。


マーガリン
マヨネーズ
クッキー
ショートニング
植物性生クリーム
ホイップクリーム
ドレッシング
ラクトアイス
フライドポテト
菓子パン
スナック菓子
カレールー
チョコレート
ケーキ
クロワッサン
カップヌードル
コーヒー用ミルク
原材料に「植物油」と表記のある食品
デパ地下や居酒屋などの揚げ物
ファストフードの食品


酸化した油からもトランス脂肪酸が発生。


油はどんな油であれ時間が経つと早かれ遅かれ、酸化することがわかっている。
特に長時間の保存や、加熱によって酸化が早まる。
従って言うまでもなく市販の「お菓子」の油はだいぶ前に使われたものなので当然著しく酸化している。
さらに、酸化は口の中に入った後に止まるわけではない。そう、あなたの体内に入ってからも酸化し続けるのである。
また、加熱することにより油が変質してしまい、「トランス脂肪酸」が発生する。
一般的な揚げ物全般にはトランス脂肪酸が含まれていると思っていいだろう。

対策


危険な油を避けて生活することが必要だということがお分かりいただけたかと思うが、
そのために考えられる具体的対策をあげてみた。



wa-midori高熱で油を加熱しない。
油を高熱で温めると酸化が急速に進むので、できれば加熱自体せず調理が終わったあとにかけるなどの調理法を行う。

wa-midoriトランス脂肪酸の含まれた油は徹底的に避ける。

wa-midori油はできれば一ヶ月長くても二ヶ月以内のもののみ使い、それ以降は破棄する。
どんな油であれ、油である以上、空気に触れると必ず酸化する。
できれば小さめのボトルを購入し、早めに破棄をしよう。


選択肢があるのなら、時には「油抜き」の料理も取り入れてみよう。

1234

現代人が日常で口にしているものの中で「見えない危険な油」は多い。
揚げ物やスナック菓子はわかりやすい油だが、何気なく摂っている食品の中にも危険な油が含まれていることをお忘れなく。
日頃油を摂り過ぎている傾向にある方は、せめて自炊の時くらい「炒める」「揚げる」を極力避け、「茹でる」「蒸す」または生でそのまま野菜を食べるなど、油を抜いた料理を取り入れるなど工夫してみるといいだろう。

どんな油ならいいの?

123
とは言えバランス良く「安全な油」を体内に取り入れることは重要だ。
いい油も確かに存在するが、それを見極めるのは困難である。
また冒頭でもお伝えしたように、加熱することで油は変質してしまうのでどの油であれ、加熱することはおすすめできない。
下記のような油を厳選して選び、ごく少量、なるべく温めずに上からかけるなどして摂るのがオススメだ。


エキストラオリーブバージンオイル
ココナッツオイル
えごま油
アボガドオイル
マカデミアナッツオイル


同じ「オリーブオイル」でもランク偽装が行われていることも多く、製造方法によっては開栓前から既に劣化したものがあるなど大変危険なものも含まれるため、オリーブオイルなら安全という考えは捨てたほうがいいだろう。製造源や生産地もこだわった、信頼できるブランドのものを選ぶようにしたい。
油を変えるだけでも、あなたの健康状態は大きく改善されることは間違いない。


あなたが今口にしようとしているその食品、大丈夫ですか・・?


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

松浦愛
facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長。 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 日頃の癒しは読者からのメッセージを読む時間。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オンラインマーケットIN YOU Market。 そのほかコアな読者向けに有料オンラインサロン 「IN YOUリアルタイム通信」なども運営。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-31-15-21-37 スーパーの卵コーナーはほとんどが放し飼い卵!オーガニック先進国、…
  2. eat-191902_960_720 体を作る大切な栄養素「たんぱく質」と、良質なたんぱく質を多く含む…
  3. 798d2902850616d1a5c55aa6ae54bc22_s マクロビオティック&シュガーフリー!米飴とみりんでつくる絶品「大…
  4. 1 ノンシュガー調味料。麹糖と和の調味料でできる【発酵トマトケチャッ…
  5. DSC02087 夏のギフトに人気のオリーブオイル、贈り物だからこそ上質なものにこ…
  6. IMG_5645 サクサクしっとり!食べだしたら止まらない!ブルーベリー・グルテン…
  7. 腸が変われば人生が変わる!ファスティングでステロイド依存から抜け…
  8. 243967972_624 大腸がんで他界した母が頻繁に食べていた一般的に「腸内環境を整える…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 品川まどか
  • 佐野亜衣子
  • izumi
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • WakasugiHiroko
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 池田 歩
  • 齋藤 香帆
  • 細道眞希
  • EMI
  • yuriesasaki
  • jyunko
  • 室谷 真由美
  • maejima kanako
  • 加藤 晴之
  • ひかりあめゆうすけ
  • haruna
  • Mint
  • yokosekichiro
  • 桺町 瑠璃
  • Mao
  • lelien
  • 煙山 昭子
  • 岡田 恵子
  • 坂上恭子
  • 東條 由美子
  • 與儀俊一
  • maho tanabe
  • kajikawa akiko

カテゴリー

PAGE TOP